人狼議事


244 原罪の伽藍テーブル

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


【人】 士官 ワレンチナ

―自室― 

朝か……

[車椅子に座り、自室の窓に掛かるカーテンを指でつかめばふわりと開かせて広がる陽の光。薄暗い部屋から姿を照らし浮かばせて左眼の義眼をグリーンに光らせる。
“ワレンチナ·イワコノフ“
彼女がここの施設に来てからは3年の月日が経とうとしていた。
厳しい訓練と環境で鍛えられた筋肉は今尚引き締まったまま、しかしそれを支える足首は悪夢のあの日からぴくりとも動かせぬ]

 

(14) 2017/03/31(Fri) 13時頃

士官 ワレンチナは、メモを貼った。

2017/03/31(Fri) 13時半頃


営利政府 トレイルが参加しました。


【人】 営利政府 トレイル

[ ここに来た時に手にしたものはたくさんある。
 名前をもらった。
 苗字ももらった。
 戸籍、というものを、改めてもらった。


 もらえるものもたくさん並べたてた書類を前に、
 あの人はどうなるのか、
 というようなことを聞いたが
 その答えはまだもらってない。


 もらってないけれど、数週間経った今、興味も失せた。]

(15) 2017/03/31(Fri) 16時頃

【人】 営利政府 トレイル

― 自室 ―

[真白の壁を飾る鏡に写り込む一糸まとわぬ躰。
腹部からはじまり、胸部へ絡み、上腿を舐る――
真新しい皮膚の引き連れた跡。
それを指先がなぞり皮膚の下に潜む筋へ触れる。

――たどる指先は3つ。
欠けた二指を埋める人工は、いまなお寝台の上にあった。]

[筋をたどり、引き連れる皮膚を撫で
指先はかんばせに至る。
そこに触れて、男はため息をついた。
出来栄えを認めるような、安堵するような吐息を深く。]



  ――……いつも通り、完璧

[損なわれた肢体を前に、男は小さく笑んだ]

(16) 2017/03/31(Fri) 16時頃

営利政府 トレイルは、メモを貼った。

2017/03/31(Fri) 16時半頃


【人】 流浪者 ペラジー

[謙遜するような態度も、言葉も(>>12)、笑みも、
 呉羽さんらしいな、なんて思ってしまう。

 穏やかな朝の空気のような彼
 身が凍るような事件の渦中にいたなどと>>2
 その雰囲気だけでは想像もできなかった。

 犀川の言動もまた、いつもの彼のようで>>#5
 特別気にかける者もそう多くはないのだろう。

 それでも心配するようにうかがい見る呉羽には>>12
 犀川に対する親しみと、
 もともと呉羽が持ちえる気質があるのかもしれないと、
 南は思うのだ]

(17) 2017/03/31(Fri) 16時半頃

【人】 流浪者 ペラジー

[ふいに犀川から挨拶が返ってくれば>>12
 南はピョッと飛びはねて]

 犀川先生!

[やわらかな微笑も満面の笑みへと変わる。
 いつもテレビで見ていたあの人が、
 大好きだった本を書いていたあの人が、

 目の前にいるなんて、一年経った今でも信じられないのだ]

(18) 2017/03/31(Fri) 16時半頃

【人】 流浪者 ペラジー

 ええ、ええ
 もうすぐお勤めも終わりです
 廊下にはチリ一つないくらい、ピカピカですよ!

[好きだね、という言葉には(>>13)誇らしげにうなずく。
 
 気づいたなら悲鳴を上げてかけつけるだろうが
 血塗れの廊下には、今はまだ知るよしもなく>>9

 犀川の挨拶を返してもらったのがよほどうれしかったのか、
 ほうきとバケツは廊下のすみに追いやって、
 パタパタと上着のほこりをはらうのを忘れずに、
 彼らの元へ**]

(19) 2017/03/31(Fri) 16時半頃

流浪者 ペラジーは、メモを貼った。

2017/03/31(Fri) 17時頃


【人】 営利政府 トレイル

[瑠東玲がこの施設に来たのは、ほんの数週間前だ。
 一通りの説明を受けた後、つまらない場所だと
 言いたげな表情をしていたのを知る者も多いだろう。

 不機嫌そうな表情でよく彩られる面貌は
 人と話すときばかりは薄く弓なりを描くが、
 それだけでは隠しきらない、
 一種の侮蔑のようなものがいつだって滲んでいる。


 その表情は、たとえばこうして
 >>8>>9廊下を汚す不揃いのドットを見つけたときに、
取り繕った笑みを突き抜けて彼の顔を歪めるのだ。]

(20) 2017/03/31(Fri) 17時頃

【人】 営利政府 トレイル

 うわ きったな……

 ちょっと おい ……ししむら、 さん

[纏った衣服に血液がつかないよう、
 彼は十全に注意した素振りで倒れ伏す肉叢へ歩み。

 数瞬の躊躇いのあと、
 歪めた顔のまま足先を伸ばし、蹴り揺する*]

 ちょっと、起きて
 自分のだしたものくらい自分で片づけてください

 自分でできなくても
 掃除婦さん呼ぶくらいはできるでしょ
 最低なまま寝落ちないでよ 

(21) 2017/03/31(Fri) 17時半頃

営利政府 トレイルは、メモを貼った。

2017/03/31(Fri) 17時半頃


営利政府 トレイルは、メモを貼った。

2017/03/31(Fri) 17時半頃


【人】 さすらい人 ヤニク

[倒れた後と言えば
放置されたまま、自然と目を覚ますか。
あるいは、今のように
誰かに起こされるかが大抵のこと>>21

ゆらゆら、ゆさゆさ
呻き声を漏らしながら
暫くすれば、ごろり
うつ伏せから、仰向けに。

切れてぼろぼろの布から、
傷だらけの腹部を晒す。]

(22) 2017/03/31(Fri) 17時半頃

【人】 さすらい人 ヤニク

ぁ   瑠東さん、おはよぉございます


[寝転がったまま、その姿を認めれば
いつか、テレビの中にあったのと
ほとんど変わらない笑顔。]

おれ、また 寝てました?
だめですね。また、二度寝、して
飯、食わないと 死んじゃうのに、 死んじゃったら
いたい、の、 できないのに っひ


[傍ら、落としたままだった鋏を、右の指で引き寄せる。
上体を起こせば、また、ごぽり
床の上へと零れていく汚れ。]

(23) 2017/03/31(Fri) 17時半頃

【人】 さすらい人 ヤニク

[肉叢藤也との会話は、高確率で成立しない、と。
職員には、とうに諦められていること。

座ったまま、瑠東を見上げれば
柔い薄金が揺れる。]


――今日の飯、 何でしょうね


[日常会話じみた声色に
ぐちゃり、粘着質の音。
右手に握ったハサミは
また、*腹へと埋まる。*]

(24) 2017/03/31(Fri) 18時頃

さすらい人 ヤニクは、メモを貼った。

2017/03/31(Fri) 18時頃


墓堀 ギリアンが参加しました。


【人】 墓堀 ギリアン

― 自室 ―

まま゛ぁ゛……、どご…………
あい゛だい゛よ……ぉ……

[部屋の隅っこで、シーツに包まり、大男が泣いている。
おろしたての布は零れる涙を受け止めて、随分と重たくなっていた。

幾ら泣けども、惑えども。
母を呼ぶ声に答える物はない。

この冷たい施設にギリアンを閉じ込めたのは、フォークである実の母だったからだ。]

(25) 2017/03/31(Fri) 18時半頃

【人】 墓堀 ギリアン

―回想・幼い頃の思い出―

[愛のある家族だったと思う。

父親と母親、そして幼いギリアン。
三人が写った写真は決してアルバム数冊に収まりきる量ではなかったし、祝日に皆で作ったあのシチューの甘さが今も舌に残っている。

母親は時にはギリアンの皮膚を剥ぎ、その下にたっぷりと詰まった血液を啜るが、微かに正気に戻るたびに懺悔を繰り返し、傷ついたギリアンを抱いて涙を流した。
父親は、幼いギリアンを守ろうと努めていたが、それでも母親を見捨てようとはしなかった。

……薄氷の上に築かれた幸せは、長くは続かない。
ギリアンの傷がどうしようもなくなった頃に、父親は二人を引き離した。

何があっても逃げるんだと言い付けられ、もう二度と惹きつけ合わないように新しい顔を受け取った。]

(26) 2017/03/31(Fri) 18時半頃

【人】 墓堀 ギリアン

[嗚呼、儘ならない世界だ。

母親から引き離されてなお、ギリアンは逃げ続けなければならなかった。
ケーキ相手に目の色を変え、追ってくる連中は少なくない。

その度に父親の言葉を思い出しては、逃げ出すために新しい顔を手に入れた。

数え切れぬほどに刃物が入れられ、作り変えられた顔。
噛み切られた喉笛は、歪な傷跡を残して元には戻らずに。
あの頃のまま、唯一変わらないのは、真実を受け止めきれずに退行した精神のみ。*]

(27) 2017/03/31(Fri) 18時半頃

【人】 墓堀 ギリアン

―現在・廊下―

せんぜーい゛
おはな゛ーおはな゛う゛え゛よー

[しばらく自室で一人泣いた後、何かを思い出したかのように立ち上がって廊下へ出た。
のろのろと亀のような足取りで、やがて辿り着いたのは六川の部屋の前。

そう呼びかけながら、六川の部屋の扉>>11を控えめにノックする。
自室を出る際には握っていたシーツ>>25は、何処かに落としてしまったよう。
もう手の中にはなかった。

ついこのあいだ、彼と、春に備えて花壇に新しい種を植えようと約束をしたはずだ。
もしかしたら先に行ってしまったのかと不安になりながら、辺りを見回す。*]

(28) 2017/03/31(Fri) 18時半頃

墓堀 ギリアンは、メモを貼った。

2017/03/31(Fri) 19時半頃


【人】 営利政府 トレイル

[>>22微かに聞こえる呻き声。
覚醒が近いのだと、揺する足裏に力がこもり、
それゆえか、伏した肉袋がころりと転がった。

赤く染まった服の合間から覗く、古傷も真新しいものも並んだ腹部。鮮血の新たに滲み出るそれを、見下ろす視線に、知らず険が混じる。
触れたままの足に余計な力が入り、]


……、……

 ……どぉも

[気の抜ける挨拶>>23で中断された。
新たに抜け落ちる赤い雫に触れないよう、足を降ろし距離を取る。

肉叢の手に納まった、刃の赤い鋏。
それへ一層忌まわし気な顔を向け]

(29) 2017/03/31(Fri) 20時頃

【人】 営利政府 トレイル

どうでもいいんですけど、
本当にそれ、止めたほうがいいですよ

廊下汚れるし、傷も汚いし、見栄えも悪いし、本っ当に汚いし
せめていつもおんなじ一か所だけ刺せばまだマシなのに
人の気持ちも考えない無神経だし

そういうとこ本当いやです
ゲンメツしてます 最低 


[入所して数週間。
赤く染まった肉叢とまともな会話ができた試しがない。
数度話しかけ諦めた後、面倒な笑みを載せることは止めた。話す言葉もほとんど一方的になった。無駄だと思ったからだ。]

(30) 2017/03/31(Fri) 20時頃

【人】 営利政府 トレイル

[だからこれは、気まぐれだった。]

でも俺、


[瑠東は血だまりの外から、再び足を持ち上げた。
腹の肉へなかば埋まった鋏の持ち手へ
足先を伸ばし――それが触れるか、上下へ揺らせるかは知るところではない。

柔らかな金色に、数週間ぶりに薄く笑んだ。弓なりに歪ませた眼差しを――ほのかな紫色が彩るそれを、金色にかちり、と合わせて]


 ししむらさんのその目は好きだよ


 いまの汚れちゃった腹よりよっぽどきれい 
 ずっと、ずっと見てた、
 テレビの中から変わらない
 氷の上で、きらきらして、柔らかくって、だから

(31) 2017/03/31(Fri) 20時頃

【人】 営利政府 トレイル

 本当、――残念 です

[瑠東の足先が鋏に触れていたなら、
視線を合わせたまま、きゅう、と少し踏み込んでいただろう。

 それから ぱちん、と手を合わせた。
 足指は廊下を踏みしめ、表情は表面だけは朗らかに。]

 俺、ししむらさんがモツ食べたがってたって
 職員さんに伝えておきます
 それともハラミ……ホルモン?とかかなあ
 
 ごはん、楽しみですね
 それじゃあまた **

(32) 2017/03/31(Fri) 20時頃

営利政府 トレイルは、メモを貼った。

2017/03/31(Fri) 20時頃


流浪者 ペラジーは、メモを貼った。

2017/03/31(Fri) 20時半頃


【人】 修道士 ムパムピス

[どれほどの間、神への祈りを重ねたか。
戸を叩く音>>28に思考をふつりと断ち切られ、私は漸く顔を上げる。
一枚壁を挟んだ向こうから聞こえてくる声は少々不明瞭だけれど、私はこの声を聴き違えたりなんかしない。]


ああ、ギリアンですね。
待ってください、今行きます。


[枕元に立てかけたチークの杖を手繰り寄せて、そっと身体を起こし、ゆっくりゆっくり声の方へ。
こつん、かつんと杖が鳴る音とともに歩み寄れば、そこには見上げるばかりの大男が頬を濡らして立っているのだろう。]


おはようございますギリアン。
せんせいはすっかりお寝坊をしてしまいました。


[窓から差し込む陽はもうとっくに高い。勤勉な者はとっくに働いている>>3というのに。]

(33) 2017/03/31(Fri) 21時頃

【人】 修道士 ムパムピス



さて、春には何の花が咲くといいでしょう?
桜は流石に無理でしょうが……ギリアンの好きな花が咲けば、春になるのがもっとワクワクしますね。


[ここに来るものに好んで外に出たがる者もそういなかろうが、せめてもの慰めになればと中庭に花を植えるようになってから何度か季節は巡っている。

春になれば菜の花の黄色が、夏には紫陽花の青が、秋にはコスモスの桃色が、冬には南天の実の赤が見る者の心の慰めになればいい。
今なら冬から咲き続けているパンジーのプランターがあったろうか。

初めて会った時には目を覆いたくなるような顔の傷に……或いは彼の口からか職員からの口伝かその傷の理由を知ることがあればなおのこと驚かされたけれど、今は彼がこうして遊びに来てくれることが楽しみでならない。

ゆっくりゆっくり、杖の音を廊下に響かせて、来たる春を思い描きながら、2人で中庭に歩いていこうか。]*

(34) 2017/03/31(Fri) 21時頃

【人】 士官 ワレンチナ

 歯がゆい…

[とうに傷は癒えたと言うのにその傷痕はいつまでもワレンチナの心に闇を落とす。晴れることのない絶対の悔しさと憎しみ
動かぬ足は戦争でも事故でも無く"拷問"によってつけられた深い傷痕・・・
忘れえぬ、足の腱を噛み千切り目玉をくりぬいたフォークの手先。

かつてワレンチナは捕虜となり、どういう経緯か上流階級のフォーク達が集まる晩餐会に連れられた。

全員が様々で無機質な仮面を被り、華やかなドレスと紳士服、中世を思わせる井出たちで着飾り談笑しながらテーブルを囲った]

 あれから三年か……

[縛られ抵抗出来ぬ者が真ん中へと運ばれる。
机に座る者どもは歓喜と狂騒を、運ばれる者どもは悲鳴と絶望の断末魔を叫んだ。
次は誰があの中へと運ばれるのか、あまりに狂気染みた地獄の世界。今尚あのときのことは忘れない]

(35) 2017/03/31(Fri) 21時頃

修道士 ムパムピスは、メモを貼った。

2017/03/31(Fri) 21時頃


【人】 士官 ワレンチナ

[ワレンチナが助かったのは偶然にしか過ぎないだろう。
拷問を受け散々に嬲られてから食べられる直前にたまたま警察が踏み込むタイミングが重なっただけだった。
晩餐会は中断し、参加していた者達は一気に四散した。

救出されて気づいたのはここは祖国とは全く離れた日本だったと言うこと。
大方、酔狂な金持ちのくだらない顕示欲と醜い食欲が、金にものを言わせてケーキ達をかき集めていたのだろう。
傷つき動けぬ私は祖国に戻されることもなく、戦争捕虜が日本にいるその事実はこの国には都合が悪いようで、もみ消すようにここへと運ばれた。今はただ、復讐を夢見ては何も出来ぬ日々に苛立ち続けるまま、毎日を送るだけ、それが私の一日である]

(36) 2017/03/31(Fri) 21時半頃

【人】 士官 ワレンチナ

――自室→廊下(書庫へと向かう途中)――

[部屋に陽光を差し込ませれば窓から離れ、ハンドリムを手で回して自走し、入り口へと移動していく。
もうすっかりとその取り扱いにも慣れたもので、簡単な障害物ならば一人でだって飛び越えられる。
階段こそ登れないものの特別用が無い限りは登る必要もない
扉をあけて廊下を歩けば近くの書庫へと向かって車椅子をゆっくりと走らせた*]

(37) 2017/03/31(Fri) 22時頃

士官 ワレンチナは、メモを貼った。

2017/03/31(Fri) 22時頃


友愛組合 チアキが参加しました。


【人】 友愛組合 チアキ

[広いとは言えない室内。
ベッドの下に押し込まれたスーツケースを引っ張り出して、
此処に入る時に持ち込めた物を、ひとつずつ取り出して床に並べる。

ネクタイ。ハンカチ。
ウォークマンにイヤフォン。左耳に繋がるコードが一部剥き出しだ。
黒い長財布の中には小銭と、少しばかりの紙幣。
文庫本が2冊。1冊は新品のように新しい。
封の切られていないCDに、ミントタブレットが1ケース。

それと、ベッド上できちんと畳まれたパジャマ。
今羽織っている薄桃色のカーディガン。
枕元に中身のほとんどなくなったハンドクリーム。
最後に、手帳が一冊。

それが、初野智秋の全てだった]

(38) 2017/03/31(Fri) 22時頃

営利政府 トレイルは、メモを貼った。

2017/03/31(Fri) 22時半頃


【人】 友愛組合 チアキ

[ひとつずつそれらを床にまっすぐに並べ、見下ろした。
再びしまい込むうちに、浅くなっていた呼吸は穏やかになっていく。
廊下から車椅子の走る音が聞こえた。>>37
一泊分くらいしか入らないような、小さいスーツケース。
私物を全て収め、ベッドの下に滑らせる。

膝をついた中途半端な体勢で暫く動きを止めた。

ややあって深く息をつくと、もう一度スーツケースを取り出し、何度も読んでくせがついている文庫本を取り出し、立ち上がった]

(39) 2017/03/31(Fri) 22時半頃

【人】 友愛組合 チアキ

[襟元を正す。
髪を手串で整える。
本を小脇に抱えて、片手ずつ指を広げて、また握りこむ。

それからようやく]

 わ らう

[呟いてから、廊下へ通ずる扉を開けた。
施設内で、誰かといる時の智秋は、常に笑顔だった。
相手が誰であろうと、すれ違えば挨拶をして
笑いかけて、 そして通り過ぎる。

かつての自分をなぞるように。
次の行動を自らに言い聞かせて、努めて「普通」を装った]

(40) 2017/03/31(Fri) 22時半頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

生存者
(3人 24促)

ワレンチナ
17回 注目
トレイル
28回 注目
メルヤ
17回 注目

犠牲者 (4人)

サイモン
0回 (2d)
ギリアン
7回 (3d) 注目
ムパムピス
11回 (4d) 注目
マユミ
14回 (5d) 注目

処刑者 (5人)

ペラジー
16回 (3d) 注目
ヤニク
2回 (4d) 注目
チアキ
15回 (5d) 注目
ロビン
0回 (6d) 注目
クレパスキュール
23回 (7d) 注目

突然死 (0人)

舞台に (0人)

村を出た人達

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.148 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび
下記の場所以外では、人狼議事内キャラチップ
の利用を許諾しておりません。ご了承ください。

議事総合トップ
人狼議事lobby
人狼議事morphe
人狼議事cafe
人狼議事perjury
人狼議事xebec
人狼議事crazy
人狼議事ciel

SoyBean
Sangria
@7korobi