人狼議事


252 Survivor's Guilt 未亡の民と永遠の呪い

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点: 人

全て表示


信徒 オーレリアは、メモを貼った。

2018/03/10(Sat) 07時頃


【人】 鳥使い フィリップ

--狩人小屋--

[今日は集中が切れててダメだとキリをつけ、捕まえた兎数匹を捌いていく。
早めに切り上げたとは言っても、村に獣が入らないようにする柵の点検や捌く時間でおやつついでの遅い昼飯の時間近くにはなってしまった。この時間に広場に行くと子供達におやつをたかられるので、少し寄り道をすることにする。
幸い、長く狩人の家系だったうちはこの狩人小屋や狩に関するあれこれのノウハウはあるので皮をなめしたりもできるわけだが、専業でやるよりも速度に長ける分、出来上がりに粗が出る。なので、自分用として使う以外の布が出たときなんかは布屋に頼むのだ]

あとは、あー
髪飾りかなんか売ってたりするかな。オーレリアの姉さんとこ、一人だと何かと大変だろうし、年の近い女の子のセンスとかで、それっぽく可愛いものとか作ってもらって…

(22) 2018/03/10(Sat) 07時半頃

【人】 鳥使い フィリップ

--オーレリアの家--

[脱脂までを終わらせてあるうさぎや狐の毛皮を持って、布を扱う商店の扉をくぐる。
幼い時分は上下5歳程度の子供たちで遊んで過ごし、それぞれの家の手伝いを始める頃にはなんとなく横の繋がりができているような、そんな村ののどかで優しい関係は、村のみんなを家族と思うようになるには十分だった。
遊び仲間は兄弟のように思っていたし、それは今も変わることはない]

オーレリア姉、毛皮持ってきた

[かたん、ぱたんと音が響く作業場>>21に声をかける。
見下ろせば服の裾に兎の血が飛んでいるのに気づいて眉をしかめた。一度家で着替えてくるべきだったかもしれない*]

(23) 2018/03/10(Sat) 08時頃

鳥使い フィリップは、メモを貼った。

2018/03/10(Sat) 08時頃


【人】 採集人 ブローリン

─山小屋─

[川の仕掛けから魚を数匹、小さいのは川へ戻す。
なじみの知識を照らし合わせ、木々から食用きのこと野草、果実を少し。
実の中で、虫に食われた部分を地へ返し、いくつかはつまんで味を確認。]

ん。

[軽く指で確かめた通り、甘味は十分だった。
これなら、野菜や肉とやり取りするのに事足りるだろう。
探し出すことはできても育てることができない身としては、食事の彩りは村人とのやり取りが肝要になる。

この甘い実は、友が好んだものの一つだった。
>>20彼お手製の皮袋を、思い出とともにやさしく撫でる。]

(24) 2018/03/10(Sat) 10時半頃

【人】 採集人 ブローリン

[きき、と小さな鳴き声がして視線を落とすと、小さな、いや、もうだいぶ大きくなった猿が男を見上げていた。]

よく嗅ぎつけてくる。

[怪我の手当をして以来、山へ入るとよくやってくる猿だ。
もう子猿と呼べる大きさは超えていた。
首元へ巻いた、赤いスカーフ越しに背を撫でてやる。]

フィリップのところへ行かなくていいのか。

[手当の知識は多くなかった男は当時、狩人のイーヨー家を頼った。
年下のフィリップが、獣に対しては自分よりも手慣れた様子なのを、感心して眺めたものだ。
こちらへ顔を出すのは、食べ物の気配のせいだろうか。]

これはだめだ。だめだ。あきらめろ。
だめだといったら、   あ。

[すばしこさと悪賢さが上がるのもいかがなものか。
ききき、という声にまで笑われているようだった。]

(25) 2018/03/10(Sat) 10時半頃

【人】 採集人 ブローリン

[手の果実を奪い取られた拍子にか、指に赤い線が引かれていた。
ぷくり。玉の形に変わったそこを、あきらめ顔で口に含む。]

まずい。

[ぺっと赤いつばを吐き棄て、しかめつらで籠を背負いなおした。

山を下り、荷を洗って、交換してくれる相手を探さなければ。**]

(26) 2018/03/10(Sat) 10時半頃

採集人 ブローリンは、メモを貼った。

2018/03/10(Sat) 10時半頃


小悪党 ドナルドが参加しました。


【人】 小悪党 ドナルド

[女は家を守り、男は狩りに出る。
 それが、古くからある生活のかたちだ。]

(27) 2018/03/10(Sat) 11時頃

【人】 小悪党 ドナルド

[とはいえそれだけがすべてだったのはもう昔の話。
 もちろん狩りに出る男がいなければ野生の食肉は手に入らないし、女が乳をあげねば子は育たないので、今もその生活をする男女は少なくない。
 ただ、選択肢は太古の昔に比べれば増えた。――らしい。

 事実己も、狩りに出ない男の一人。]

(28) 2018/03/10(Sat) 11時頃

【人】 小悪党 ドナルド

[それでも村では腕利きの方だ。少し前までは己も手斧を携え、村に害を成す獣を、そして時折野盗を討っていた。

 この村に住む村人を人と思わない輩が、外にはいる。
 その中でもつまらない輩が、徒党を組んで押しかけるのだ。
 そうなってしまえば、害獣と変わらない。追い返せれば良し、最悪は息の根を止めるしかない。
 加えて、内部で揉め事があった時も制裁する人間が必要になる。自警団と言うほど出来た組織ではなかったが、協力者を集めて内に外に意識を向けていた。]

(29) 2018/03/10(Sat) 11時頃

【人】 小悪党 ドナルド

[そんな己が手負いで気性の荒れた獣に目を潰されて3年になる。
 弓やら罠やらで捕らえる狩人と違い、短い得物で討ち取る以上、どうしても標的との距離は近くなる。
 一瞬の出来事だった。赤く焼いたナイフで斬り付けられるような感覚のあと、鮮血が溢れる。
 獣がその血に興奮している隙に他の仲間が鉈で討ち、狩りそのものは事なきを得たが、左目は二度と返らなかった。
 右の目も、はじめの半分くらいしか見えていない。村医者によると傷が膿んで三日続いた熱のせいだと言うが、原因などどうでもいい。

 己は戦えなくなったという事実だけが、揺るがない現実だった。]

(30) 2018/03/10(Sat) 11時頃

【人】 小悪党 ドナルド

[今はといえば、村じゅうの荷運びやら配達やらを手伝っている。
 力仕事は戦うだけではない。仕事に文句はもちろんないし、明るいところなら不自由しないくらいの視界はある。
 運ぶ間に呼び止められては仕事を頼まれる。歩き回れば村の中には前よりずっと見通しが効くようになった。
 当然己だけがこの村の男衆ではないから、護る面でも心配はしていない。]

あー、あー、はいはい、後でな。

[広場を通れば、この時間帯はさあ遊べやれ遊べと子供たちがたかってくる。
 万が一にも荷を手から落とせば、怪我もさせかねないし荷物にもよくない。
 今は勘弁な、と路地に抜けた*]

(31) 2018/03/10(Sat) 11時頃

小悪党 ドナルドは、メモを貼った。

2018/03/10(Sat) 11時頃


【人】 新妻 カトリーナ

―回想:自宅―

[母から告げられた見合い相手は、昔よく遊んで貰った少し歳上の男性>>12でした。
もちろん驚きました。けれど、物凄く歳上の方でなくて良かったという安堵もありました。そういうお話、よくあるでしょう?]

……えええ、あの写真……いえ、何でも。はい……。

[父が婿養子ということもあり、我が家において母は絶対の権力を誇っています。
ですので、下の姉の結婚式の時に"ついで"に撮られた写真がこういう用途に使われたとしても、文句を言う気にもなりません。
ただ、ちょっと。あの時はすこし、すこしだけ今より太っていたから、遠い目をせざるをえませんでした]

(32) 2018/03/10(Sat) 12時半頃

【人】 新妻 カトリーナ

―現在:商店付近―

……はあ。

[毛糸を買いに行く道すがら、わたしは今度のお見合い相手のことを考えていました。

フィリップ兄さん。友達というには少し離れた、四つ歳上の幼馴染。
結婚相手として見るには、意識の外に居た人で。好きか嫌いかでいえば好きだけれど、恋ができるかはわからないのが本音でした。

ああ、でも。お見合いで結婚するのなら、恋心なんて要らないのかもしれません。
そんなもの分からなくても、子を成すことはできるのでしょうから* *]

(33) 2018/03/10(Sat) 12時半頃

新妻 カトリーナは、メモを貼った。

2018/03/10(Sat) 12時半頃


【人】 信徒 オーレリア

─ オーレリアの家・作業場 ─

[お昼ご飯を食べて、さあ続きだ。
 そんな時分にやってくると共にある声がある。
 一緒に感じるのは血のにおいだ。>>23

あら、フィル。こんにちは。
兎と狐、今回は自分用じゃないのね?

[以前から、彼がここに頼みに来るのは
 自分用以外の布の場合だ。>>22
 売り物にするのかそれ以外かは解らないけど。
 しかし脱脂までを終わらせてくれた動物は、
 正直とてもありがたい。助かる。]

最近どう?
無茶してない?

[少し年下の彼もまた友人の一人で、
 どちらかと言うと友人よりは弟に近い。]

(34) 2018/03/10(Sat) 14時半頃

童話作家 ネルが参加しました。


【人】 童話作家 ネル

―自宅―

……うん、何とか完成かな。

[数日前に壊れたという椅子の脚の付け替えが終わり、ふっと息を吐き出した。

この村の大工は家だけでなく、家具の修理や木の食器の作成なども請け負う。父の仕事を継いだこの青年は、まだ見習いのうちに両親に先立たれた。木に関する仕事はようやく身についてきた、という所。]

……あんまり向いてないと思うけど、ねえ。

[体力仕事より、幼い頃から空想や物語が好きで、家の中にいる方が落ち着いた。正直作家になりたかったけど、それで食べていくのは難しい。**]

(35) 2018/03/10(Sat) 14時半頃

童話作家 ネルは、メモを貼った。

2018/03/10(Sat) 14時半頃


【人】 信徒 オーレリア


[無茶してない?は、
 同い年の友人が大怪我をした日>>30から増えた口癖だ。
 昔から言ってはいたが、明らかに増えた。

 発症からの薬で死ぬよりは、
 野生の獣に殺されるほうがまだ人間らしいとも思うが、
 やはり気心の知れた相手が居なくなるのはまた別問題。

 あの時は大量の布も用意したものだった。
 今は元気そうで何よりだし、
 男手が居ない現状、力仕事を頼む事もしばしばだ。]
 

(36) 2018/03/10(Sat) 14時半頃

【人】 信徒 オーレリア

[作業場の机や椅子は勿論木製であり、
 荒い作業もする事もある。

 また近い内にメンテナンスを頼もうか、なんて。
 *思いつくのはまたあとで*]

(37) 2018/03/10(Sat) 14時半頃

信徒 オーレリアは、メモを貼った。

2018/03/10(Sat) 14時半頃


洗濯婦 セレストが参加しました。


【人】 洗濯婦 セレスト

―水場―

ちょっとベッキー、お喋りしてないで手を動かしてよ。

[洗濯をする手は御座成りに、噂話に花を咲かせる同僚を窘める。彼女は構わず、”だって聞いてよセレスト、カトリーナがお見合いをするんですって!”等と楽しそうに続けた。]

結婚、かぁ…

[掌を見つめる。水仕事で荒れがちの肌でも分かる、特徴的な痣。母の心配する声があれど、この痣を見ると中々前向きになれないのだった。]

(38) 2018/03/10(Sat) 16時半頃

【人】 洗濯婦 セレスト

→広場―

[仕事の休憩中、広場で一息ついて居ると子供たちに囲まれる姿>>31が見えた。荷運び中である隻眼の青年に、声をかける。]

ドナルドさん…!
後で洗濯物を届けて頂けませんか!

[本日頼まれた洗濯物は、女の手で運ぶには量が多い。彼は気づいてくれるだろうか。路地へ抜けていく背中を追う瞳は、少し熱っぽくあった*]

(39) 2018/03/10(Sat) 16時半頃

洗濯婦 セレストは、メモを貼った。

2018/03/10(Sat) 16時半頃


【人】 小悪党 ドナルド

――広場で――

ん?
あいよ。今日は誰んちだ?

こいつ届けたらそっち寄るわ。

[足元の子供たちを蹴らないように散らしていたら、声が掛かった>>39
 洗濯屋はよく世話になる。人間誰しも多少なり汚れ物を出すし、村人は多い。荷運びも多ければ、自分も預ける。そういう関係だ。
 肩に担いだ木箱を軽く叩いて、こいつ、と示す。
 子供たちが「届けたら遊んでくれんじゃないのかよ」と文句を垂れたが、仕事が優先だ。]

(40) 2018/03/10(Sat) 16時半頃

【人】 鳥使い フィリップ

--回想--

「キキッ」

[オーレリアの家に行く途中、器用に勢いを殺して肩に着地する小柄な影>>25
自分とは種類の違う森の狩人の青年が駆け込んできたときは、まだ母がいた時期だったか。ブローリンと一緒に怪我の治療を終えて森に放してから、狩りに出た3回に1回ほどはこうして顔を見せてくれる]

よう、来たか。また怪我なんかしてないか?

[肩に乗ってすり寄ってくる猿を受け入れつつ、さりげなくマルクトを乗せた腕を離していく。マルクトとこの猿はなんというか、ライバルらしい。俺の肩の上や頭の上を舞台にキーキーガーガーと騒ぐので、耳が痛くなるのだ。お互い怪我をしないあたり、仲が良いのかもしれないが]

って、マルクト、マルクトさん。腕伝ってこないでください頼むから。ほらちびすけ、お前からもなんか…

[離した甲斐無く今日も喧嘩である。周りの獣避けには良いけれど、せめて俺の頭を挟まないでほしい]

…あーもー、今日は喧嘩終わり!
ちび、俺んとこには食べ物ないから、ブローリンの兄さんとこ行ってきな

[猿の頭をわしわしと撫でて送り出す。マルクトが頭に移動して巣で卵を温めるように落ち着いたのはもう何も言わずに流しておいた**]

(41) 2018/03/10(Sat) 17時頃

【人】 洗濯婦 セレスト

[>>40此方に気づき応えてくれれば、嬉しそうに]

ありがとうございます!
今日はビアンカさんのお屋敷です。
絨毯や御召し物の入れ替えがあって…

急ぎませんので…お待ちしてます。

[大きなお屋敷に住む老婦人の名を挙げる。季節の変わり目で、冬物のお洗濯を大量に頼まれたのだった。]

…ごめんね。ドナルドさんのお仕事増やしちゃって…
アタシで良かったら遊ぼっか。
休憩の間だけだけど。

[文句を垂れる子供たちには、膝を曲げて声かける。遊び盛りの子供たちは、満足してくれるだろうか。]

(42) 2018/03/10(Sat) 17時頃

【人】 鳥使い フィリップ

--現在/オーレリア宅--

無茶はしてないよ
オーレリア姉は心配しすぎ。
深追いはしないようにしてるし、ドナルド兄みたいな仕事も、幸い俺は後ろからの援助をさせてもらえてるし

[自警団>>29の活動にはドナルドが怪我をしてから誘われて、森の見回りなんかの哨戒なんかは狩りついでに行なっている。
村の中の騒ぎごとは、大概脱走者や、たまに酒場で盛り上がりすぎての大げんかくらいで、そのときは足止めや鎮圧用の煙玉投入が主な俺の仕事である。
自警団としてはドナルドが抜けて自分が入るという戦力ダウン甚だしい話だと思うけれども、年上のメンバーは大丈夫だと笑って酒をかっくらっわせられるようなそんな気のいい人ばかりだ]

毛皮は自分用も入ってるよ
一人暮らし同士助け合わないと生活も立ちいかなくなるし、自分で作った水袋がほつれて来たから、オーレリア姉の魔法の手でちゃんとした水袋が作ってほしいなあっておねだりと、あともう一つお願いがあってさ

[袋から干し肉も出してカウンターに乗せて追加のお願いを告げる。顔が赤いかもしれないけれど、気にしないことにした*]

えっと、20歳くらいの女の子が喜ぶような髪飾りとかってないかな。

(43) 2018/03/10(Sat) 17時頃

鳥使い フィリップは、メモを貼った。

2018/03/10(Sat) 17時頃


【人】 小悪党 ドナルド

[研いだ道具の詰まった木箱の行き先はネルスの工房>>35
 大工の棟梁の家、と言うのが本来は正しいのだろうが、木工細工がようやく、らしい年下の彼を棟梁と呼ぶのはまだ口がこそばゆい。
 暫く前に壊した椅子を預けたのがせいぜいだ。]

よう。
届けもんだよ。

[足元に木箱を降ろして、扉を叩く*]

(44) 2018/03/10(Sat) 17時頃

【人】 鳥使い フィリップ

--回想/カトリーナについて--

[4歳下のカトリーナを初めて見たときに思ったのは、テンの毛皮見たいだなあという感想だった。
柔らかな色合いによく売れるよう丁寧に手入れされたテンの毛皮は、何かあったときのために売って足しにできるようにと、家の壁に飾られて父や母が度々手入れしているのをよく見ていたから。
そのあと眺めていたらおっとりでのんびりな性格も見えて来たから、遊びに置いていかないようにと、よく見る癖がついてしまった。
かくれんぼの時などは一緒に隠れて、二人で息を潜めたりもしたものである]

いいか?こわーい呪術師に見つかったら、くらーい世界に連れてかれて、戻ってこれなくなるんだからな。
音を立てずに、じっと過ぎるのを待ってないとダメなんだ

[父に教えられた狩の教えや、母に教わった村の言い伝えを受け売りに、藪の裏で二人で笑いあったりもした思い出がある。
そのかくれんぼはマルクトが飛んできてすぐに見つかったというオチがつくけれども。

とにかく。
カトリーナは自分にとっては目の離せない妹分の一人であり、あまり恋愛感情とは結びついていないのが現状である*]

(45) 2018/03/10(Sat) 17時半頃

【人】 童話作家 ネル

はーい。

[一仕事終わって一服していると扉を叩く音。>>44
返事をしながら早速開けに行く。]

っと、ドナルド兄さん?
届け物……あ、前頼んでたやつか。

[足元に置いてある木箱を見つけた。
村の者で、一定の年上の男女には兄さん姉さんをつけて呼ぶ。昔はお兄ちゃんお姉ちゃんだったのが変化した。]

ありがとう。
そうだ、この前頼まれた椅子、ちょうど直し終わった所で……届けようと思ってたんだ。

このあと仕事とかで邪魔にならなければ、持っていってもらってもいいかな?忙しいなら僕が届けるよ。

[自分よりも背の高い男を見上げる形。
お届けも仕事の一環なので、持っていってもらうのはあくまでもドナルドが良ければ、のつもりで。*]

(46) 2018/03/10(Sat) 17時半頃

【人】 新妻 カトリーナ

―広場―

[毛糸を買った帰り道、なんとなく真っすぐ帰りたくなくて寄り道をしていました。
ただ、今思えば早く帰ったほうがよかったかもしれません。母と仲のいいおばさま方とか、噂話好きのベッキー>>38とか、いろんな人に順番に絞られてしまったものですから。]

ああ、もう。どうしてこう、心の準備よりも噂話の方が足が速いのかしら……

[ようやく解放されたころには少しぐったりしてしまって、いい加減帰ろうと足を動かした時。遠目に知り合いの背中>>39があって、少しだけそのやり取りが見えました]

(47) 2018/03/10(Sat) 18時半頃

【人】 新妻 カトリーナ

……セレスト?休憩中かしら?

[会話が終わった後も男性の背を見つめている彼女。ちょっとだけ出しゃばって声を掛けてみます。
黙って立ち去るには、何かのぞき見でもしてしまったような後ろめたさがあったりもしました。]

(48) 2018/03/10(Sat) 18時半頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点: 人


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

生存者
(2人 12促)

ドナルド
14回 注目
ワンダ
0回 注目

犠牲者 (1人)

サイモン
0回 (2d)

処刑者 (6人)

フィリップ
0回 (3d) 注目
カトリーナ
0回 (4d) 注目
ネル
2回 (4d) 注目
ブローリン
16回 (5d) 注目
セレスト
5回 (6d) 注目
オーレリア
15回 (6d) 注目

突然死 (0人)

舞台に (0人)

村を出た人達

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.125 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび