人狼議事


252 Survivor's Guilt 未亡の民と永遠の呪い

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点: 人

全て表示


【人】 採集人 ブローリン

─ブローリン家─

[>>192>>193答えに一つずつ、ゆっくり頷きを返す。
村では死が近くにある。
ネルスのような若者でも、ひとりで生きていかなくてはならない状況にあっという間に陥ってしまう。
それでも、何とかやっていけるのは、助け合っているおかげだろうか。]

そういうのは、丁寧というんだろう。
慣れれば早さも変わってくる。

[ドナルドの依頼も、慣れへ一役買っているらしい。
今回はネルスに届けてもらったが、ドナルドの荷運びもネルスの仕事の届けに役立つことだろうし、弟がうまくやっているとわかるとなんだかうれしくなるものだ。]

(197) 2018/03/11(Sun) 23時頃

【人】 採集人 ブローリン


いいさ。
4人と5人、そう大きな違いじゃない。
それとも、見ないうちに、食べる量がものすごく増えていたりするか。

[煮付けといっても、魚が人数分ではなく、ぶつ切りにしたものを大鍋で煮付けるものだ。
兄弟のいる家としては、大皿料理から好きにとるスタイルはそう珍しいものではない、だろうと思っている。

毎日のことでもなし、ひとりの食卓は寂しいだろうという思いも、家族ならくんでくれるだろう。]

あとは、そうだな。
次にドンが何か壊してしまったときは、まけてくれると嬉しい。

[そのくらいの小さな頼みをくっつけて、箱で予備の椅子を用意し始めた。]

(198) 2018/03/11(Sun) 23時頃

【人】 小悪党 ドナルド

うちも人数は多いからな。
こんなもんで悪いが、女の多い家じゃ、甘いもんがあるといいだろ。

[>>196カトリーナがセレストのことを考えていることも、どうして自分の顔からセレストのことを思うのかもまるで知らずに、うまく話題をすり抜けた。
 見上げるような素振りには気が付きはするものの、己の身長のせいだろう、くらいにしか思わずに。]

んじゃ、おばさんにもよろしくな。

[クロックフォード母のことをおばさんと呼び慕いながら、特に用が無いようなら離れようとする。
 あまり暗くなると、女一人の帰り道にはよくない。
 送っていければいいのだが、あいにく俺の視界もあとしばらくの命なのだ。]

(199) 2018/03/11(Sun) 23時半頃

【人】 童話作家 ネル

―ブローリン家―

早く丁寧に、が理想なんだけどねえ。
数やってくしかないねえ。

[お世辞ではなく、本心から言ってくれているのだろうと受け取って、助言としてありがたく頂戴した。>>197

う、うーん?
育ち盛りは過ぎたなあ。
むしろ食べる量減った……?

……それじゃあ、お呼ばれします。

[へへっと照れ笑い。年齢の離れたお兄さんには、何かと甘えがち。>>198
他の人が作った料理を食べるのも久しぶりで、無意識にはにかんだ。]

(200) 2018/03/11(Sun) 23時半頃

【人】 童話作家 ネル

わかったよ。
でも壊さないのが一番だよねえ。

[次の注文の時には割引く約束をしながらも、可笑しそうに。]

あっ、別にドナルド兄さんの注文じゃなくても割り引きはするからねっ。

[食欲を刺激する匂いにお腹を押さえながら、予備の椅子ができたら其処に腰掛けるつもりで。*]

(201) 2018/03/11(Sun) 23時半頃

【人】 新妻 カトリーナ

ええ、みんなサルナシは大好きですから。
母にも伝えておきます。

[果実の話題を振っているうちにさらりと流されてしまいました。
踏み込むべきかどうか一瞬の迷い。じわじわ傾いていく太陽。

ままよ。]

……ドナルドさん。じ、実は相談したいことが。

[いつも村中を動いている彼ですから今を逃すとチャンスはないかもしれません。ここはひとつ、どーんと行ってみましょう。]

(202) 2018/03/11(Sun) 23時半頃

【人】 新妻 カトリーナ

もしかしたら誰かから聞かれてるかもしれませんが、実はお見合いをすることになって。
ただその、いざ、ってなるとまだよくわからなくて。

……ドナルドさんとか、レオスさんとか、リア姉さんとか、
わたしたちより年長の方の意見も聞いてみたくって……

[我ながらとてもわざとらしいですが、嘘は言っていません。わたし自身も気になるのです。ただその、そのついでに懐を探れればより良いなーってだけなのです]

(203) 2018/03/11(Sun) 23時半頃

村の設定が変更されました。


天のお告げ (村建て人)は、メモを貼った。

2018/03/11(Sun) 23時半頃


信徒 オーレリアは、メモを貼った。

2018/03/11(Sun) 23時半頃


魚屋 ワンダがいたような気がしたが、気のせいだったようだ……(魚屋 ワンダは村を出ました)


【人】 採集人 ブローリン


それもそうだ。
そのときは、古い皿の入れ替えをお願いすることにしよう。

[>>201ネルスのいう通りだった。

ずっと年下で、まとまって一緒に遊ぶよりは、遊んでいる様子を見守ったり、引率したりということが多かった子。
ドナルドならばもっとうまく溶け込んで遊べたろうと思ったこともあったけれど、見守っているだけで暖かくなる、居心地の良い空気を醸し出す子。
ひとりになってもこうしてやっていけているのは、身に着けた技術だけでなく、きっとこの気持ちよい気質もあったおかげだろう。]

そうだ。
皿に、飾り彫りを入れることはできるか。
その、祝いごとの贈り物に、もしかしたら頼むことになるかもしれない。

[ふと思いついたのは、フィリップたちの見合いの話。
それがうまくいくなら、何か祝いの品を贈りたかったのだが、ちょうどよい。]

(204) 2018/03/11(Sun) 23時半頃

魚屋 ワンダが参加しました。


【人】 魚屋 ワンダ

―回想―

[魔女の家と採集人の家は、昔から付き合いが深い>>181
秘薬に使う薬草や毒草の種類を把握しているのは、この二家だけだ。]

これかい。
これはね、希望の薬だよ。

[未来の採集人>>182の問いに、魔女の娘はそう答えた。
あくまでも、希望をつなぐために魔女はいて。そのために採集人に依頼をするのだ、と]

(205) 2018/03/12(Mon) 00時頃

魚屋 ワンダは、メモを貼った。

2018/03/12(Mon) 00時頃


【人】 童話作家 ネル

飾り彫り?
うん、あんまり難しくない絵なら出来るかな。

お祝い事、いいねえ。
誰か結婚とかするのかな?
……まさかドナルド兄さんが?

[家にこもりがちだったネルスは、村の中でもっぱら噂になっている話をまだ知らなかった。>>204

(206) 2018/03/12(Mon) 00時頃

【人】 小悪党 ドナルド

うん? 相談?

[>>202己に相談となると、荷運びくらいしか思いつかない残念な頭だ。
 去りかけたのを振り返って、足を止めた。]

あ、ああ、聞いたけど。

[触れなかった話題に自分から踏み込んでくるとは思わず、一瞬戸惑った。
 だが、まあ、実感がわかないのもよくわかる。
 自分でも、話が来たら困るだろう。
 兄のように円満に断る術を持たない。相手を傷つけたくはないからと、縁談はすべて断るように親に言ってあるほどだ。]

(207) 2018/03/12(Mon) 00時頃

童話作家 ネルは、メモを貼った。

2018/03/12(Mon) 00時頃


【人】 小悪党 ドナルド

俺はこんなだからよ、嫁さんだの何だのもらったところで迷惑しかかけねえし、どうにかなる気はねえんだけどな。
兄貴とかは、好きな女と一緒になりてぇとか言うんじゃないかね。
それがいつ出来んだ、って思わねぇでもねぇし、もう一回見合いでもしてうまいことなっちまえと思うんだが。

[所帯を持つ気はない、とあっさり言ってのけたことが、カトリーナにどう聞こえるかはあまり気にしていない。
 見合い自体を否定するつもりがないことは、兄へ言及したことで伝わるだろうか>>203。]

(208) 2018/03/12(Mon) 00時頃

洗濯婦 セレストは、メモを貼った。

2018/03/12(Mon) 00時頃


小悪党 ドナルドは、メモを貼った。

2018/03/12(Mon) 00時頃


【人】 採集人 ブローリン

花、とか?

[残念ながら、図案には詳しくない。
>>206ネルスへ問い返しながら、]

ああ、いや、そうでなくて。
まだ何も決まったことじゃないから、できるかどうか、まず知りたくて。
その、見合いが行われるらしいから。

[気が早い祝いの話で、祝福したい気持ちは伝わるだろうか。
誰かと問われるなら、フィリップとカトリーナの名前を出す。]

もし、あれだな。
暇なら、飾り彫りの練習をしていてくれるといい。
あまり複雑なものは、おれも知らんから、図は任せる。

(209) 2018/03/12(Mon) 00時頃

【人】 採集人 ブローリン

─回想─

[痣はずっとともにあったものだった。
話には聞いていたけれど、亡くなったと言われても遠い感覚で、やはり痣を忌み嫌う気持ちは特になかった。
親と弟、そして村の仲間、幼馴染と揃いのと思うと、絆のようにさえ思えた。

彼を、エリアスを亡くしたあの時、男の狭い世界の一部が大きくかけてしまった。
世界の変化に慣れなくて、わけがわからなくて。


 これがなければ、これからもなにも変わらないのでは。


採集用の小さなナイフで、手のひらを傷つけた。
すぐに後悔したけれども。

その傷は、今も残ったまま。
時がたっても、痣とともにそこにある。*]

(210) 2018/03/12(Mon) 00時頃

【人】 新妻 カトリーナ

[ごくごく真剣な顔で、ドナルドさんの言葉>>207>>208を聞きます。
聞く限りは……覚悟を決めてしまった方の人、のように思える言葉。]

こんな、だなんて。きっとそんなの、迷惑になんか……

[実感が湧かない、と言った口でつい言い過ぎそうになって、続きを飲み込みます。
それを迷惑と思わないのが恋なのだと、そう思いたいのはわたしの勝手なのです。]

(211) 2018/03/12(Mon) 00時頃

採集人 ブローリンは、メモを貼った。

2018/03/12(Mon) 00時頃


【人】 新妻 カトリーナ

……すみません。
けど、じゃあ、レオスさんもドナルドさんも、まだそういうお話はないんですね。
ああええと、急かしたりしてるわけじゃなくて。

[言い訳がましくあわあわしてから、続けるべき言葉を慎重に選びます]

今がまだなら、これからいいご縁があるのかもしれません。きっと。

[わたし自信がいくら急かされていても、彼らのそれを遅いとは言いたくないのです。]

(212) 2018/03/12(Mon) 00時頃

新妻 カトリーナは、メモを貼った。

2018/03/12(Mon) 00時頃


【人】 童話作家 ネル

花とか、鳥とか、動物とか?
お祝い事の内容にもよるねえ。
出産だとなんか、鳥とか好かれるよ。

[未来に羽ばたけますように……という願掛けらしい。>>209

お見合いかあ。
成る程、決まってないけどもしかしたら、なんだね。

相手の好きなものでいいとおもうけどねえ。
参考に、誰と誰なのか教えて。

[好みそうなものを探るつもりで。
そして、候補者の名前を聞いて……

ぽかんと口を開けた。]

(213) 2018/03/12(Mon) 00時頃

【人】 童話作家 ネル

え、えええええっ!!??


[だってその二人とは、さっきまで広場で草相撲やって遊んだりしていたのである。そんな素振りは全く見えなかったのだ。

あまりに身近な幼馴染の名前に驚きを隠せなかった。]

(214) 2018/03/12(Mon) 00時頃

【人】 鳥使い フィリップ

[カトリーナを見送って、そのままのんびりと村人達が家に帰るのを眺める。
子供とともに帰る母親。酒場に向かう仕事上がりの若衆やおっさん達。遊びすぎで遅くなり、急いで家へ駆ける子供。
そんな、なんでもないような時間の優しさは、一昨年に母親が死んでから知ったもので、あの時一番自分を慰めてくれたものだった]

家に誰かいるのは、安心するよなあ

[夕日の最後の光に透かすように、掌の痣を見る。
昔から、痣の形を何かに例えるのが好きだった。
自分の痣は鳥の羽根。父親は開いた片翼。母は木の枝。
痣が黒く染まったのは、祖父と父。母親は冬初めから引いた風邪をこじらせて、そのまま眠った]

俺は、あとどれくらいなんだろなあ

[飛んできたマルクトの背中を撫でる。夕日が沈めば夜の闇はすぐに忍び寄ってくる。そろそろ、自分も帰るべきだろう]

(215) 2018/03/12(Mon) 00時頃

鳥使い フィリップは、メモを貼った。

2018/03/12(Mon) 00時半頃


【人】 小悪党 ドナルド

そうなんだろうな。
きっと誰も別に、俺のことを迷惑だなんて言わねぇと思う。

俺が落ち着かねぇっていう、わがままみたいなもんだよ。

[>>211彼女が失言をしたとは思わない。今の流れならきっと、誰だって迷惑じゃないと言うだろう。
 それを迷惑と思わないのが恋だとして、己が恋をしない権利もあると思う。ただそれだけのことだった。
 カトリーナの言葉の裏側に特定の誰かがいるとは、知らない。]

はは、兄貴は存分に急かしてくれていいぜ。
言わなきゃいつまでも臆病風で動きゃしねぇ。

[ブローリン家は魔女に連なる採集人の家だ。
 兄はしっかりと採集人として森に潜っているが、それも世継ぎが必要だ。
 長男坊がいるから自由にやれるのに、と家を捨てようとする弟は考えていた。]

(216) 2018/03/12(Mon) 00時半頃

【人】 採集人 ブローリン

[>>214あまりの驚きぶりに、こちらが驚いた。]

え、あ。
ど、どうした?

[固まって、数秒。
やっと再起動したものの、何が何だかわからない。

理由を聞けば、なるほどお見合いで草相撲とはまた新しいことを、などと抜けた感想を返すことになるのだろう。**]

(217) 2018/03/12(Mon) 00時半頃

採集人 ブローリンは、メモを貼った。

2018/03/12(Mon) 00時半頃


【人】 新妻 カトリーナ

落ち着かない……ですか。それなら、ちょっとわかる気もします。

[誰かに世話を焼かれ続けるのは、きっと居心地が悪いのでしょう。それが後天的なものなら余計に。
だから、これ以上は踏み込むことも急かすこともできません。収穫は、今のところ特定のお相手は居なさそう……というところぐらいでしょうか。きっとそれで十分で、それ以上はそれこそ"余計なお世話"なのです]

(218) 2018/03/12(Mon) 00時半頃

【人】 新妻 カトリーナ

まあ、自分のことは棚に上げてしまうんですね。
分かりました、今度お会いしたらレオスさんにも聞いてみます。

[確かに、ドナルドさんが本当に結婚しないと言うのなら、レオスさんは結婚しないとまずいのでしょう。それこそ跡継ぎが居なくなってしまいます。
くすくす、と笑って、ぺこりと頭をさげました]

ありがとうございます。
すみません、引き留めてしまって。

(219) 2018/03/12(Mon) 00時半頃

【人】 小悪党 ドナルド

当たり前だろ?
年上の長男坊だ、そろそろどうにかなってくれねぇと、俺が好き勝手できなくなっちまう。

[理由を言えば、それにもまたカトリーナは笑うだろうか。
 笑ってくれるのが一番助かる。深刻な心配と忠告はたくさんだ。]

ま、俺らのことは置いといてもよ。
カトリがいいと思うようにするのがいいんじゃねぇか。

フィルも悪いやつじゃねぇが、お前さんが言うように他の縁があるかもしれねぇからな。

[無責任に選択肢を増やしながら、頭を下げたカトリーナ>>219にさて今度こそと手を振る。
 夕日の位置は随分と下になり、振り向けば濃藍が迫っている。
 手探りで家に帰りながら柱にぶつかるのはもう御免だ。]

(220) 2018/03/12(Mon) 00時半頃

【人】 新妻 カトリーナ

なるほど。たしかに、うちの母も一番上の姉の時が一番気合が入っていました。

[ドナルドさんが軽い調子で言ってくれたので>>220、わたしも笑ったままで聞くことができました。
実際のところ、わたしが今まで何も言われなかったのも、上のきょうだいが順調に結婚し子を成しているからではあります。]

思うように……ですか。難しいですね。
何がしたいことなのかわからなくなってしまいそうで。

[彼の調子がいつも通りだったから、こちらもあまり重くなり過ぎずに笑って言えました。さようなら、と手を振って、わたしも帰路に着きます。夕飯の支度はもう始まっているでしょう、早く手伝いに行かなければ。]

(221) 2018/03/12(Mon) 01時頃

【人】 小悪党 ドナルド

――自宅――

うーっす。ただいま。

[帰宅は遅くなると告げたとはいえ、ビアンカ邸との往復だけならとうに帰っている時間だ。
 買い物を頼まれたとはいえ、家の中に煮物の匂いが漂っている今では、せっかくの本日の食卓には並べないだろう。
 すっかり夜になった外と、灯りのある屋内との対比に眼の奥が痛んで、何度か瞬いた。]

……お? ようネルス。
もしかして、椅子持って来てくれたのか。

せっかくだしメシ食ってけ。作るの俺じゃねぇけど。

[客人に気づけば、気軽に片手を上げる。
 昼間にも会った相手だ、用件は何となくわかっていた。
 兄と同じ誘い文句を並べながら、友人と食卓を囲む。]

(222) 2018/03/12(Mon) 01時頃

【人】 童話作家 ネル

え、えっと、だって……
二人とは、ちっさい頃から友達で……

さっきだって、子供らと草相撲やってたよ?そんな風に見えなかったというか……うーん。

[うまく説明できずに口をつぐむ。
そうしたら、“新しい見合いの形”みたいなことをレオスは言う。>>217

なんか違う。]

うーん、そうなのか。

[やがて用意された夕食は美味しかったけれど、意識は半分友人のお見合いに気を取られていた。

何だか、さっきまで一緒に遊んでいた友達に先を越されて大人になられたような、そんな変な感じがしたのだった。]

(223) 2018/03/12(Mon) 01時頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点: 人


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

生存者
(2人 12促)

ドナルド
14回 注目
ワンダ
0回 注目

犠牲者 (1人)

サイモン
0回 (2d)

処刑者 (6人)

フィリップ
0回 (3d) 注目
カトリーナ
0回 (4d) 注目
ネル
2回 (4d) 注目
ブローリン
16回 (5d) 注目
セレスト
5回 (6d) 注目
オーレリア
15回 (6d) 注目

突然死 (0人)

舞台に (0人)

村を出た人達

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.14 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび