人狼議事


268 Werewolves of PIRATE SHIP-V-

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点: 人

全て表示


【人】 墓堀 ギリアン

[背中を軽く(ギリアン談)叩かれて、荷物運び再開。
そうっと運べと言うからにゃ、ぶつけないよう慎重に。

エスルークとRedWolfの間を移動するお宝も随分増えていた。
下っ端の何人かはもう自船側に戻って、会計係殿の残した指示通りにあっちこっちと倉庫番ゲーム状態]

 ん


[ガストン印の戦利品は、ぶつけないようになアレやソレなので彼の作業場前まで直接運んだ。
とって返してまた渡り板に足をかける。

高いところがちょっと苦手になったのは、いつからだったっけ]

(197) 2019/03/11(Mon) 21時半頃

負傷兵 ヒューは、メモを貼った。

2019/03/11(Mon) 21時半頃


【人】 下働き ピスティオ

――船奥――

――ち。

[なーんだ、つまんねえの。
 と言いかけて、小さな舌打ちに留められたのは褒めてほしい。

 現場に辿り着けば、派手なドンパチどころか事切れた一人に寄ってたかって身ぐるみ剥いでる最中だった。
 死んだやつから盗ったって意味ないだろ、と思ってるのは、同じ下っ端の立場として異質なのかもしれない。
 すっかり拍子抜けして、腹いせ半分夢中になってるお仲間の腰に引っかかった首飾りを一本拝借して、その場を離れることにした。
 逃げた鶏も寄らなさそうな喧騒だ。長居しても仕方ない。

 それにしても、この首飾りのゴテゴテして趣味の悪いこと**]

(198) 2019/03/11(Mon) 21時半頃

【人】 墓堀 ギリアン

[のっしのっしのっし。
呼ばれた気がした、かどうかはともかく。

重そうな木製の檻>>153を見かける通りすがりですこんにちは。
その場はニールとグスタフと、医者殿か]


 うん?

[運びだすべきモノはあるんだろうか。
荷物になるからいらない?>>188
檻の中でもぞもぞ動いている塊をチラリと見た。あのちんこいふわふわがニワトリだったか]

(199) 2019/03/11(Mon) 21時半頃

下働き ピスティオは、メモを貼った。

2019/03/11(Mon) 21時半頃


【人】 墓堀 ギリアン

[別の檻からコケーッコッコの鳴き声がして、あ、こっちがトリだと首を回す。
ぴょーっぴょっぴょ、と口笛で真似して、ニールの顔を見た]



[何か重いのがあれば持って行こうか、の顔]

(200) 2019/03/11(Mon) 21時半頃

【人】 奴隷運び ヌヴィル

― 貨物船・どこぞの船室 ―

 あぁ?
 ひんにょうでもよーそろーでもどっちでもいいから
 早くやれ。

[と、めんどくさそうなシーシャを急かす。>>97
ヌヴィルに意味がわかっていなかったのは、
シーシャにとって幸いだったろう。

早速振りかぶったシーシャの斧が>>101
目の前をかすめる。]

 てめ、どこみてやがる。

[と悪態つきつき、戸が破れていくのを見守った。]

(201) 2019/03/11(Mon) 21時半頃

【人】 奴隷運び ヌヴィル

[やがて道が拓けると、ヌヴィルは満足げに笑う。]

 よぉし。
 とりあえず褒美をやろう。

 お前を今度から俺様の斧係にしてやろう。
 次からは斧の振り方に気を付けるんだな!

[勝手に決めて、部屋の中に入っていく。
想像通り上物だ。
ニタァと笑う口元から黄色い乱杭歯が見え、
中にいた男が悲鳴を上げた。>>111]

(202) 2019/03/11(Mon) 21時半頃

【人】 奴隷運び ヌヴィル

 
 男のストリップなんて見たかねぇが、
 脱いでもらった方が助かるなぁ。 

[男に血濡れたカトラスを向けると、
カクカクとうなずき男は服を脱ぎだした。
が、震える手ではなかなかうまくいかないようだ。
その横で早速シーシャが物色を始めている。>>118
ヌヴィルは舌打ちをした。]

 あーもういいわお前、
 勝手にぬいでろ。

[さっきのようにいい服を汚すのはごめんだ。
一応学習した。
カトラスをすぐそばの机に置き、
男を放って机の物色を始める。]

(203) 2019/03/11(Mon) 21時半頃

【人】 奴隷運び ヌヴィル

[刃物を下げられて多少落ち着いたのか、
男は少しずつボタンをはずしていく。
シーシャが時計について尋ねた時には
上着が半分ほどはだけていた。]

 「あ、ああ、高いとも。」

[その声にふと思いつき、振り返る。]

 なぁ、どこにいいもの隠してるか教えろよ?
 そしたら殺さないどいてやるよ。

[たぶん。]

(204) 2019/03/11(Mon) 21時半頃

【人】 奴隷運び ヌヴィル

[男が指さす先を漁ってみれば、
金ぴかの首飾りとよくわからない物体がでてきた。

シーシャはそちらには手を出してこない。
まぁそれもそうだ、間違いなく後が面倒くさい。]

 いいのあるじゃねぇか。

[嬉し気に金ぴか飾りを首に巻く。]

 で、こっちは何に使うんだ?

[よく磨かれた鈍い金色で、いくつかの弧や
のぞき穴のような物が組み合わさった物体。
要するに真鍮の六分儀をぷらぷらさせて
ヌヴィルは首をかしげる。
その隙に男は部屋を抜け出そうとしている。]

(205) 2019/03/11(Mon) 21時半頃

【人】 奴隷運び ヌヴィル

 
 てめ、逃げんな!

[ぽいっと六分儀を放り出し、男を突き飛ばす。
ゴン、という激突音と一緒にグキ、と鈍い音が聞こえた。]

 あーあ。

[男を見下ろしため息一つ。
生かしておけばもっと楽ができたかもしれないのに。]*

(206) 2019/03/11(Mon) 21時半頃

森番 ガストンは、メモを貼った。

2019/03/11(Mon) 22時頃


墓堀 ギリアンは、メモを貼った。

2019/03/11(Mon) 22時頃


奴隷運び ヌヴィルは、メモを貼った。

2019/03/11(Mon) 22時頃


【人】 墓堀 ギリアン

[そこそこ古株のニールとは、昔お喋りに興じたこともある。

手伝いというほどでもなく、たとえば麦の粉を水と塩で練りながら。
砕いて煮込んだ骨を絞りながら。
ニールも今ほどキャラが濃くなかったし(ギリアン談)それは毛がまだ──この話はやめようね**]

(207) 2019/03/11(Mon) 22時頃

銀行屋 ザーゴは、メモを貼った。

2019/03/11(Mon) 22時頃


【人】 弁務官 ジャーディン

[別段問い詰めたわけでもないがじっと見つめていれば、
 何やら抗弁めいた物言いで言い下がっている。>>188

 理由が見えない、と切り捨てるのは簡単だろう。
 グスタフが好きでなくとも他の者は肉を食いたがるし、
 荷物というなら食えば毛皮も骨も海へ沈むだけの話。
 加えて言うなば――]


 ここに放置しておけば船諸共彷徨って死ぬか、
 生き残った船の男に呈されるのは変わら無さそうだが。
 
 ……もしや毛皮にアレルギーでもあるのか。
 そうなら帰ったらすぐに血液を採らせてくれ。


[ごく真面目に口にするのは、
 この時代における医療とはかけ離れた発想でしかなく]

(208) 2019/03/11(Mon) 22時半頃

【人】 弁務官 ジャーディン

[――思えば、海賊船に乗った理由もこれだ。
 街で医者をしているだけでは手の出し辛い未知の治療は、
 治療しなければ悪化して死ぬ海賊相手でしか試せない。

 毒草が毒草だと知ることができるのは、
 その毒に侵されたものがいるからだと懇々と説いても、
 手足が腐って落ちる故に切断しろと親切に勧めても、
 或いは薬草を掛け合わせて新しい効果を見込んでいても。

 ただの医者では出来ない治療がここでは出来る。
 それだけの理由でしかないが中々に居心地は良く、
 嘗て問われたときも穏やかに返したものだ>>186


  “治せれば、どこでもいいよ”


 即ち、境界線のない治療を行えるならばどこでも、と]

(209) 2019/03/11(Mon) 22時半頃

【人】 森番 ガストン

――義肢と武器――

[ガストンは、趣味が仕事になった人間だった。
特段戦闘員として活動している訳でも、賭け事>>88に興じる訳でもないガストンには、時間が余りあるほどあり、
その時間をほぼ調整等に費やす。

船は、丈夫で長持ちし、襲われても簡単には壊れず、
スピードが出て、小回りが利くものがいい。
それらは基礎から外観まで、ひとつひとつ丁寧な調整で成り立っているので、毎日の作業に困ることはなかったが、
達成感を感じるには船は大き過ぎる。

不満がある訳ではない。
こうした大きな船の礎を作っている自負もある。

だが、それに固執するだけではなかった。]

(210) 2019/03/11(Mon) 22時半頃

【人】 森番 ガストン

[新しいものを試してみるのは好きだ。
そのため、ヒューからの申し出には、内心、心が躍った。>>131]

痛みは?

[仕込んだことで痛みが起きるようならジャーディンに怒られてしまうだろう。
義肢や義足は彼らの手足。
海賊である以上、痛みに気を取られたその1秒が命取りになりかねない。

なのでそう問うたのだが、
ヒューからは面白がる声が返って来た。

だから。]

(211) 2019/03/11(Mon) 22時半頃

【人】 森番 ガストン

錐を仕込んでみたらどうだ?

[ナイフや重り、フック状も十二分に凶器だろうから、
何か他のものを考えて、思い付いたもの。
銃はさすがに難しかったが、
飛び出すくらいなら?

すげ替えと言われ、着脱出来る義肢の存在に気付いて、考えを巡らせる。

新しいものを考えるのは楽しい。
常に寄らずに食い付いたのは、目に見える達成感を求めてだったのだろう。
乗り気になったガストンが、ヒューを時折呼び出し、
試作品を試してもらったことも多々あったかもしれない。]*

(212) 2019/03/11(Mon) 22時半頃

【人】 弁務官 ジャーディン


 どちらにせよ、私は鶏を手に入れらればそれで。
 きみが兎の毛皮に特別な拒絶反応を示すようなら、
 サンプルに毛を少し刈り取ってくれるのなら有難いが。


[などと問答未満をしていれば現れた影に、>>199
 やはり愛想のない顔で首を縦に振る。
 こんにちはの挨拶を返した心算だが通じないだろう。

 というより彼と会えば視線は常に傷痕に向けられて、
 頭の中にまだあるらしき鉛を取り出す方法を考え込んで、
 どうにも難しい顔で黙ってしまうからなのだけれど]

(213) 2019/03/11(Mon) 22時半頃

【人】 執事 ハワード


  それは良かった。
  もし使い物にならなければ
  貴方を魚の餌にするしか無いですからねぇ。

[ ヒューの返事に>>194
ほっとしたように頬を緩めつつも
ごく当たり前の事実を言うかのように
平然と言ってのけた

無抵抗の男に振り下ろされたカトラス>>108は見ていなかった
見ていたとしても、取り立てて騒ぐ事はなかっただろうけど]

(214) 2019/03/11(Mon) 22時半頃

【人】 執事 ハワード

[ 身体に欠損のある状態では満足に戦うことも出来ない。

前線に立てない男を副船長の座に据えることに
異を唱える者も居たし、今も全員が納得している
わけでもないだろう

だからこそ。
自分と同じく苦境に陥った彼が
再起する様を見たかった。

理由としてはそんな所。
といっても手助けしたのは義肢の手配や、ちょっとした
調整の手伝いだけだ

その後、今まで生き残ってきたのは彼自身の才覚だろう]

(215) 2019/03/11(Mon) 22時半頃

【人】 執事 ハワード


  はは、貴方のようなガキンチョに心配される程
  老いぼれてもないつもりですがね

[ うっすらとした笑み>>195に若干の苦笑を

詳しく聞いてみたことは無いけれど
確か親子ほども年が離れていたはずだ

彼が孤児だと言う事を訊いたことがあったかは、さておいて。
おっさん扱いされたならば、彼を子ども扱いし返す。
そんな場面も取り立てて珍しい光景でもなかった筈だ

そして特に引き止めることなく、再び船内へ*]

(216) 2019/03/11(Mon) 22時半頃

【人】 銀行屋 ザーゴ

 ― 閑話 ―

[Redwolf号には「海賊らしい」男も多いが「海賊らしくない」者もそれなりにいる。
勿論それは見方によるだろう。
あるいは副船長も。
あるいは医者も。
時には海賊らしく、大体はそれらしくない。

Redwolf号の会計係を自負するこの男は、どちらかといえば後者だった。海賊に必要でない役、と言ってしまえばそれまで。
金勘定なんてザルであっても強ければいい。
ものの価値がわかるやつが一人でもいれば、大きなヤマを逃さずにすむ。

では、何故この男が嫌な顔ばかり浮かべながら海賊の真似事をしているかといえば―――勿論、見方によっては実に「海賊らしい」一面を持っているからだった]

(217) 2019/03/11(Mon) 22時半頃

【人】 執事 ハワード

[ どのタイミングだったかな
船内を歩いていればピスティオ>>196とすれ違った

初めての出会いを思い出し思わず笑い出しそうになる

久々に船へ戻ってきたら見慣れない顔を見たものだから彼のことを新入りと勘違いしたのだ
勘違いしたまま船内を色々と案内しようと申し出て。

だって、思いもしないじゃない?
まさか悪名高い停泊中の海賊船にコソ泥が忍び込むなんて!!

どのタイミングでか、事実を知った時
彼の度胸を買ってスカウトした

会う度に笑いそうになるのは内緒の話だ*]

(218) 2019/03/11(Mon) 22時半頃

【人】 肉屋 ニール

― 貨物船食料(?)庫 ―

 あらあら?

>>179感謝の抱擁をしようとしたら、胸元をポンと叩かれた。>>181
 あまりにも淡白な反応に、若干拍子抜けしたが、彼が普段からこんなものだというのは今更のことだし。
 そして、卵料理にだけはとてもいい笑みを見せてくれる時がある>>150のも承知しているから、ならば彼に優先的にオムレツをと提案したわけなのだが。やはり鉄面皮が若干緩んでくれたようだ。]

 ええ勿論よ。
 卵もだけど、もし産めなかったとしても新鮮な生肉は海上じゃあ貴重品よ。

[たまーに、クジラやイルカを捕らえることもあったが、やはり鶏のほうが断然美味しい。]

(219) 2019/03/11(Mon) 22時半頃

【人】 弁務官 ジャーディン


 荷はその鳥や獣の檻と、あとはそうだな……
 一つ上の階にあるらしい医療室に、
 諸々済んだ後でもいいので来てくれるとありがたい。

 私は先に行き、適当なものを見繕って箱に詰めておく。
 忙しそうなら誰か下の者を派遣してくれればそれでいい。


[きみでもいいが、と視線はニールやグスタフへ。
 とはいえ、彼らも略奪に忙しいだろうことは知っている。
 混迷の極みである船内で、
 護衛もなしに歩き回るという躊躇いは一応あるものの――
 どの道、目的は鳥獣ではなく、医療具や薬品等々。
 ここで我らが海賊船へと帰る理由はなく、
 それだけ告げて、医務室を探すべく階段の方へ歩む*]

(220) 2019/03/11(Mon) 22時半頃

【人】 肉屋 ニール

[しかし彼の言うとおり、これをどう持ち出すかが問題だ。
 とりあえず、兎と鶏、それぞれひとつの檻に押し込んで運ぶにしても、できればもう二人くらいは人手が欲しい。]

 ピスティちゃんとフェルゼちゃん、引っ張ってくれば良かったわぁ。

[ここへ来る途中で出くわした二人も、鶏肉と卵に興味津々のようだったから、頼めばおそらく……と思ったが。
 きっと二人とも今頃ほかのお宝で忙しいだろう。]

 しょうがないわね、誰か、手の空いてそうなの探して……
 ……あら?

[ちょうどその時、欲しかった人手がやってきてくれた。>>177

(221) 2019/03/11(Mon) 22時半頃

【人】 森番 ガストン

――古株とか新入りとか――

[いい返事をくれたギリアンに頷く。>>193
リクエストをしたものの、ガストンよりもギリアンの方が断然古株だ。

ガストンは、ギリアンがふさふさなのも、ハワードの足が3,4本あったのも知らない。>>190

海賊船で年功序列はないだろう。
だが、いつからいたのか、古株なのか新入りなのか、
そこは、通常なら気にするところ…なのかもしれない。
が、ギリアンのキャラクターのせいか、交わす言葉が少ないおかげか、
聞こえてきた口笛にほんのりと口元が緩んだ。>>193]*

(222) 2019/03/11(Mon) 22時半頃

【人】 下働き ピスティオ

[今なお我先にと身ぐるみ剥いでる輩を背に、手の中で鎖をじゃらじゃら言わせつつ歩きまわる。
 別れたばかりだが、ニールの行った足取りを追ってみようか。
 食糧の在り処に鼻が利きそうなのはフェルゼよりもニールのほうだし、あっちにゃ何もいなかった、の報告にもなるし。

 ――取れる手柄を取らないのは、聞く奴が聞けば呆れるような悪癖だ。
 死体漁りより引ったくり。それで乱闘になろうが構いやしない。
 そこらの商船より肥えた海賊船>>218。あんときゃ確か、海の側から船尾に潜りこんだっだった。
 つまり、リスクが直接興奮に繋がる。相手が大事にしまい込んだものを、バレずにつるりと盗れたときなんか最高だ。

 だからこそ、船のやつに見つかったときは流石に死ぬと思ったし、コソ泥人生もようやく終わると思ったものだ。
 まさかそこから新入り扱いされて船の中を案内されるとは想定の範囲外だったけど!]

(223) 2019/03/11(Mon) 22時半頃

【人】 銀行屋 ザーゴ

 ― 貨物船、甲板 ―

 船に戻る? 戦利品を見せてみろ、……ああ、いいだろう
 お前は。
 は? ふざけるな。海賊なら海賊らしい仕事をしろ

 ああほら、そこ、
 とにかく海に逃げようとしてるじゃねーか。

 死ぬのは勝手だが身ぐるみ剝いでからにしろ

[下っ端の下っ端の下っ端、あたりに指示を飛ばす。
手には武器を持たず、
ペンと紙にて正しく記録しながら、
奪うなら骨の髄まで。
残すところなく、奪い尽くせ―――と。

Redwolfで古株というわけでもない。
普通の会社員として過ごした時間も多く、金を数えることも多くあった。ただし、そのほとんどが札束で、そして自分の金ではなかっただけのことだ]

(224) 2019/03/11(Mon) 23時頃

【人】 肉屋 ニール

 ちょうど良かったわグスタフちゃん。
 鶏と兎の檻、思ったより大きくて、どう運ぼうかって困ってたとこなの。

 ……えぇそうよ、兎。
 美味しいでしょ兎肉。
 ついでに毛皮もとれるわよ。

[食べるのか>>178と問われれば、当然でしょうと返す。
 けれどそういえば、彼はあまり兎を好んでいなかった気もする。>>187

 う〜ん、グスタフちゃんは嫌いかもだけど、これは貴重なお肉だし。すぐ食べちゃうから、たいした荷物にはなんないわよ。

[鶏はともかく、兎はなんなら、檻から出して兎だけ抱えていけばいいだろうと提案しつつ。
 彼にはひとまず、鶏運搬を手伝ってもらうべきだろうかと。]

(225) 2019/03/11(Mon) 23時頃

【人】 下働き ピスティオ

[どうせ街中でも名がしれてきて、やりにくくなっていた。
 そのまま話に乗っかって、別の港についたらとんずらしよう。
 なーんて考えたところで、船員じゃないとバレたのはそれからいくらも経たないころだった。
 そりゃあ誰も知らない奴が、我が物顔で乗ってたら気にする。
 逃げ場のない海の上、いよいよ終わりかと思っていたら奇跡の助け舟があって――

 そうして、俺のコソ泥人生はある意味終わった。
 海の男になったあと、会う度笑いを噛み殺されていることは、恩人の張り付いたポーカーフェイスゆえに知る由もないが。]

――おーい、ニール。
あっちはハズレだ、何もな……

なんだ、グスタフか。

[コックがいる方に当たりをつけて声を張れば、その手前に先ほど遊んだ仲間がいた>>177
 やるよ、と首飾り放り投げれば、キャッチされたか床が受け取ったか。]

(226) 2019/03/11(Mon) 23時頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点: 人


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

生存者
(5人 0促)

シーシャ
13回 注目
ギリアン
23回 注目
エルゴット
9回 注目
ニール
12回 注目
ザーゴ
16回 注目

犠牲者 (5人)

サイモン
0回 (2d)
グスタフ
16回 (4d) 注目
ヒュー
13回 (4d) 注目
ハワード
24回 (5d) 注目
ピスティオ
14回 (5d) 注目

処刑者 (4人)

ヌヴィル
26回 (3d) 注目
フェルゼ
0回 (4d) 注目
ガストン
0回 (5d) 注目
ジャーディン
12回 (6d) 注目

突然死 (0人)

舞台に (5人)

モンド
0回 注目
ブッカ
0回 注目
甚六
0回 注目
ボリス
0回 注目
ヨアヒム
0回 注目
村を出た人達

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.148 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび
下記の場所以外では、人狼議事内キャラチップ
の利用を許諾しておりません。ご了承ください。

議事総合トップ
人狼議事lobby
人狼議事morphe
人狼議事cafe
人狼議事perjury
人狼議事xebec
人狼議事crazy
人狼議事ciel

SoyBean
Sangria
@7korobi