人狼議事


244 原罪の伽藍テーブル

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


【人】 閉鎖管理 クレパスキュール

ふふ。職業病かな。

[台詞のようだと言う八重には陰りもなく返して、 僅か追憶したのはその後の刹那。
 大丈夫かと窺う声、犀川にまでどうやら心配されたらしいのを見れば、ああ、とはっとしはにかむように]

ん。少しぼんやりしてたかな。
大丈夫だよ。まだ、ちょっと眠くてね。

[そんな風に返しなどした。
 次々に現れ去る面々、それらには挨拶や、笑みや、視線を向けて。その中で、問いの形の声――六川の反応には]

面白い話を……
しようとしていまいちうまくいかなかった。
そんなところだよ。

[そう、冗談めかし]

(4) 2017/04/02(Sun) 01時半頃

[此方を窺う、犀川の顔を見る。精神の不安定から来る胃の荒れや、つい噛み締めたり爪で掻いたりする癖やのせいだろう、その薄い唇は荒れていて、隆起した中央や口角は些か皮も捲れ、今も僅かに血が滲んでいるようだった。
 ぎょろりとした目が、常に大きく開かれているのに案外乾かないらしい、常在の涙でつやつやとした目が、此方を見ている。
 見慣れた顔、此方を案ずるその顔を見て、思う。ああ、


 おいしそうだなあ。]


クレパスキュールは、そうそう、と八重に笑いつつ、ミルクを一口*飲んだ*

2017/04/02(Sun) 02時頃


閉鎖管理 クレパスキュールは、メモを貼った。

2017/04/02(Sun) 02時頃


[刻々と温度を失っていく液体が、喉を滑り落ちる。不味い、――とも思わない。それは、ただ、無味だった。何の味も、其処には存在しなかった。目の前の皿に並ぶ肉も魚も野菜も果物も、みな、同じだった。全てが同じ味だった。全てが同じ、無味だった。

 おいしそうだなあ。

 犀川がミルクを口に運ぶ。男と同じように。少量の食事を、少しずつ、少しずつ、食べていく。細く長い指が、骨の形がはっきりとわかる痩せた指が、動かされる。唇が開閉する。喉元が蠢く。食欲不振な彼は、それでも何処か美味しそうに食べているように見える。調子が良い時は、良い方の時は、彼もそのように見えるのだ。そのように、食事を美味しそうになど、するのだ。その姿を眺める。それとなく見つめる。美味しそうな様子の彼を。美味しそうな彼を。美味しそうな。

 おいしそう、だなあ。

 …… *]


【人】 閉鎖管理 クレパスキュール

おっと。
それは心強いな、流石ギリアン君。

[ギリアン――厳つい巨体の姿、その声に其方を見ながら返す。容貌と裏腹、幼い子供のような言動をする彼に、男はそれにそぐう、純真な子供に対するような態度を取るのが常だった]

有難う。でも、心配はいらないよ。
かわりに今度、葡萄が出た時に頼もうかな。

[なんて。と、冗談に合わせるように言って笑った]

(34) 2017/04/02(Sun) 15時半頃

【人】 閉鎖管理 クレパスキュール

いやあ。
六川さんに言われると、心強いというか、励まされるというか。

[六川には、頬を掻きつつ]

日々精進あるのみですね。先生。

[やはり冗談に、あえての*呼ばわり*]

(36) 2017/04/02(Sun) 15時半頃

閉鎖管理 クレパスキュールは、メモを貼った。

2017/04/02(Sun) 15時半頃


 おなか、すいたなー

[とん、とん、とん、階段を下りる。
味のしないものを食べることに慣れないまま、智秋が此処にきてもう1年が経つ。

かつての恋人は言った。
「好きだから食べたいんだ」
「好きだから美味しいんだ」

智秋は笑って、「そんなの嘘だよ」と言った。
いくら好きでも美味しくなかった。
食べて、というから食べてみたけど、
不味くもないし、ただ味がしなかった]


[羨ましかった。
フォークでもないくせに、美味しいと言って人を食べるのが。

本当はその時自覚はなかったのだけれど、いつからか智秋の記憶の中ではそうなっている。
本当は、目覚めたのは―――
彼をほんの少し齧ってみてから、今まで美味しかったものの味がわからなくなったのだ。

ただの異常性愛者だった彼は「フォーク」と呼ばれた。
皆に「ケーキ」と呼ばれる智秋は、飢えを隠して自分を騙している。

「普通」を装っている]

 おなか、すいたなー

[とん、とん、とん、と階段を下りていく]


[気配とそれと、 場所にそぐわぬ甘い匂いに
智秋の機嫌は上向いて、空っぽの胃はぐうと鳴いた]


【人】 閉鎖管理 クレパスキュール

全く以て、その通りだね。
睡眠は大事、寝不足は万病のもとだ。
うん、有難う、気を付けるよ。

[八重に叱られれば、重々反省、というように返して。彼女が六川へ向けた要望を聞くと]

ああ、僕も聞きたいな、六川さんの話。

[そう同じに重ねなどした。
 此方から逸れる六川の視線には、彼がいつも通りそうであるように、男もいつも通り、何を言うでもなく]

またね。

[そうして、八重が場を辞するのに、
 微笑を向け、手を振った]

(60) 2017/04/02(Sun) 22時頃

【人】 閉鎖管理 クレパスキュール

[そうこうするうち、男も朝食を食べ終わって。ただ、もう少しらしい犀川を待つ事にした。
 食堂には尚新たに姿が現れる、
 車椅子に乗る異国の女性ワレンチナ、
 それに、]

…… 肉叢君。

おはよう。
大丈夫かい?

[先程また話に聞いていた姿。
 眉を下げ、つい声をかけた]

(63) 2017/04/02(Sun) 22時半頃

閉鎖管理 クレパスキュールは、メモを貼った。

2017/04/02(Sun) 22時半頃


[相変わらず、
 いい匂いをさせて、
 困るなあ]


[食堂を出る前。
傷だらけの舌が、ちろりフォークを撫でる。

一度だけ、元作家と

「フォーク」へと、ちらり、視線を送って。]


[揺らぎ気味の瞳は、真っすぐに


にぃ、と、  わらった。]


【人】 閉鎖管理 クレパスキュール

今日は……デザートは、林檎だったよ。

[と、終わりから述べたのは、先刻交わしたばかりの会話からだ。一つ、二つ、品目を連ねて口にし]

辛いの、好きなんだっけ。
……、

大丈夫なら、いいけど。
……大丈夫そうかな。

[ふらつくような、霞むような、否応なくそのようになる、肉叢とのやり取り。木製を手にした彼について零す、二つ目の言葉は、彼に向けるというよりは独りごちるように。
 気にかけるような表情のまま、去りゆく彼を見送った]

(74) 2017/04/02(Sun) 23時頃

[去り際、向けられる視線。
 笑いを作る瞳。
 それらを見送る目に過ぎったのは、犀川をじっと見つめていた刹那と通じる色だ。他の誰も気付きはしないだろうもの、

 他の誰も気付いてはいない。
 男の、また「彼」の、存在には。
 まだ気付いてはいないのだ]


【人】 閉鎖管理 クレパスキュール

ワレンチナさん。
犀川君は……今は、具合がいいみたいだよ。

[問いかけに返し、当の犀川の方を見やる。犀川はといえば、ワレンチナの方をちらりと見て、……すぐに俯き逸らしていた。
 かつての彼ならいざ知らずも。現状のところ、凛とした強さのある女性である彼女の事が、犀川は少々苦手なようだった。別に嫌いでは、ない、と男は聞いているが。
 その様子を見れば、男は彼女に肩を竦めてみせ]

(78) 2017/04/02(Sun) 23時半頃

【人】 閉鎖管理 クレパスキュール

……ん、

うん。わかったよ。
また後で。

[ワレンチナの去り際、かけられた誘う言葉に、男は微かな笑みと小さな頷きを以て返した。
 彼女がその身となった経緯を、おぞましい宴の話を、――そして彼女がその参加者に、己を貶めた「フォーク」達に復讐しようとしている事を、男は知っている。
 彼女から直接、聞いたのだ]

(101) 2017/04/03(Mon) 01時半頃

【人】 閉鎖管理 クレパスキュール



『……復讐なんて、やめた方がいい。
 ……そう言いたい気持ちもするのだけど。
 でも、それより、

 ――君の望みが叶えばと、思う僕がいるよ。

 僕に出来る事なら、協力させて欲しい。
 それで、……そうだな、……
 ……くれぐれも、無理はしないで欲しいけどね。』


[初めてワレンチナから復讐の件を聞いた時。
 男は驚いた素振りをして、悩む素振りをして、
 それから、眉をやや下げた笑い顔を、
 常なる柔らかな微笑を、形作ったのだった]

(104) 2017/04/03(Mon) 01時半頃

[その望みが叶えばいい。
 そう思うのは、紛れもなく、事実だ。ケーキを喰らうフォークの宴、足を潰された元女軍人、陰惨を絶望を経てなお消えぬ強い意志、高熱の炎のようなそれを以て、血に彩られながら復讐を果たす――
 ああ、それは、とても胸躍る、
 とても美しい、復讐譚じゃないか。

 ……

 それが失敗に終わったとしても。
 たとえば彼女の悲惨な死で終わるとしても。
 それだって、美しい、素晴らしい、
 残虐劇だとは、思うけれど]

……、

[彼女は復讐の事を誰にでも話しているわけではない。むしろ男は特別に教えられた、立場らしい。
 よりによって、復讐すべき相手の同類を選んだ、選んでしまった、彼女の誤謬を思うと、それはあるいは喜劇めいているようで、今でもたまに少し笑いそうになってしまうのだ。
 無論それを本当に漏らしてしまう事はない。ただ神妙に彼女の相談相手つなるばかりなのだ、今日も]


[いつだって
歪む口唇が語るのは、事実ばかりだ。
嘘を吐けるほど
正常を残しているわけではない。


事実だ。真実だ。
どれも、これも。]


[風に紛れた小さなそれも]


“だいすきですよ”

“「フォーク」って存在が”


[いつか
誰かの前で零した言葉も。*]


【人】 閉鎖管理 クレパスキュール

[彼女の、強い意志を、襲われた「ケーキ」にはごく珍しい、静かにも強かに燃える青い炎のようなそれを、男は好く思っていた。ある種の眩しさを、感じていた]

……あ。
うん、ごちそうさま。

[間もなく。食べ終えた犀川、その微かな声に続け、食事の終焉の挨拶を発した。食器類を片付けると、男は食堂を後にして。食後の散歩のように、あてもなく廊下を*歩き出した*]

(113) 2017/04/03(Mon) 02時頃

閉鎖管理 クレパスキュールは、メモを貼った。

2017/04/03(Mon) 02時頃


【人】 閉鎖管理 クレパスキュール

[廊下を進む、その狭間。
 男は、ふと足を止めて、窓の外を見やった。何も日々変わるようなものはない、平穏な景色。ケーキもフォークも其処には存在しないような、己が何であるかさえ、刹那忘れるような、安穏]

……

[倦み過ぎた、無音の悪夢のようだと、
 男は、時折、思う]

(142) 2017/04/03(Mon) 21時半頃

閉鎖管理 クレパスキュールは、メモを貼った。

2017/04/03(Mon) 21時半頃


【人】 閉鎖管理 クレパスキュール

あ、 ワレンチナさん。

[そんな刹那、向けられた声に意識が呼び戻される。見れば、中庭でリハビリに励む、先刻ぶりの彼女の姿を捉える。潰えないため、目的のため、ひたすら努力し続けるその姿を]

うん。勿論。

[了承を返し、男は中庭へと足を踏み出した。そうして求められるまま、その介助をしただろう]

(149) 2017/04/03(Mon) 22時半頃

[くちゅり くちゅり
粘着質な音を立て、咥内をかき回す。
口唇を開けば、その隙間から
真っ赤に汚れたフォークが顔を覗かせて。*]


[食事は苦手だった。
味がしないものを飲み込むのは不自然なことで、
それを人前で上手くこなせる経験も演技力も足りなかったから]

 ……いちごジャム、みたいな

[甘い匂い。
果物を煮詰めて、香りを強くしたような、濃い匂い。
それが彼の血の香りで、
彼を目の前にすると、味のしないパンも、かつてジャムを塗って食べた時みたいな勘違いを起こすから。
食堂で会うには、最良の人だった]


【人】 閉鎖管理 クレパスキュール

情けない、だなんて……
そんな事はないよ。

[ワレンチナの言葉に、柔らかくも確かに否定する意思のあるいらえを。間もなく返して。ただ、次の問いかけには、返すまで少し、間が空いた]

……僕は、もう五年近くだね。
五年前、フォークに襲われて……
そんなにしない内、此処に来たから。

満足は……しているよ、きっと。
襲われた時は、あの時は、もう、
二度と日常になんて戻れないように思ったから。
日常も、平和も、ないと思って……

ただ、此処には、それはあるから。
……かりそめでもね。

……、

[淡々と、其処まで語ると、一たび俯いて]

(159) 2017/04/03(Mon) 23時頃

【人】 閉鎖管理 クレパスキュール

…………

思いは、するんだよ。
たまにね。
もし、僕が、ケーキでなかったなら。
ケーキでなくなれたなら。

本当の日常に、平和に、戻れたのなら、

……

思う事もあるけれど。
それは有り得ないと、わかっているから。
受け入れながら、戦える、
君のような強さも……僕は、持てないから。

[そう零した声色は、表情は、
 一見いつものように平静で、
 ただ何処か、揺らぎみた気配があったかもしれない]

(161) 2017/04/03(Mon) 23時頃

いちご、じゃむ


いりますか?


[職員さんは厨房の中
食堂には二人きり。

真っ赤なフォークを差し出してみることも、少なくはなかった。
それをするのは
自分たち以外、誰もいないときに限るけども。]


情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:クレパスキュール 解除する

処刑者 (5人)

クレパスキュール
23回 (7d) 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.148 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび