人狼議事


244 原罪の伽藍テーブル

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


流浪者 ペラジーは、メモを貼った。

2017/04/02(Sun) 01時半頃


[此方を窺う、犀川の顔を見る。精神の不安定から来る胃の荒れや、つい噛み締めたり爪で掻いたりする癖やのせいだろう、その薄い唇は荒れていて、隆起した中央や口角は些か皮も捲れ、今も僅かに血が滲んでいるようだった。
 ぎょろりとした目が、常に大きく開かれているのに案外乾かないらしい、常在の涙でつやつやとした目が、此方を見ている。
 見慣れた顔、此方を案ずるその顔を見て、思う。ああ、


 おいしそうだなあ。]


[刻々と温度を失っていく液体が、喉を滑り落ちる。不味い、――とも思わない。それは、ただ、無味だった。何の味も、其処には存在しなかった。目の前の皿に並ぶ肉も魚も野菜も果物も、みな、同じだった。全てが同じ味だった。全てが同じ、無味だった。

 おいしそうだなあ。

 犀川がミルクを口に運ぶ。男と同じように。少量の食事を、少しずつ、少しずつ、食べていく。細く長い指が、骨の形がはっきりとわかる痩せた指が、動かされる。唇が開閉する。喉元が蠢く。食欲不振な彼は、それでも何処か美味しそうに食べているように見える。調子が良い時は、良い方の時は、彼もそのように見えるのだ。そのように、食事を美味しそうになど、するのだ。その姿を眺める。それとなく見つめる。美味しそうな様子の彼を。美味しそうな彼を。美味しそうな。

 おいしそう、だなあ。

 …… *]


【人】 流浪者 ペラジー

― 談話室 ―

[扉のない高い天井の一室
 丸いテーブルが四つと、それぞれを囲むように椅子が並ぶ
 入口から左手には、壁に沿うようにソファーが四つ

 ところどころ赤い模様を浮かべた白いフードの掃除婦が、そこへ入っていく。
 
 ソファーのそばには小さなマガジンラック
 立てかけられる数はそう多くもない。

 目立つものといえば、入口正面の大きなガラス窓
 一面に木々の広がるそこへ近づけば、
 書庫同様、パンジーの植えられたプランターが見える]

(9) 2017/04/02(Sun) 02時半頃

【人】 流浪者 ペラジー

[掃除はもうほとんど行き届いていて、
 やることがあるとすればガラスの窓を磨くのみ。
 やろうと思えばすぐに終わってしまった。

 けれど陽がよく当たって冬の日でも明るくあたたかい
 この部屋が南は好きだった。
 新たに掘ったような形跡をそこに認めれば、
 目を細め、
 しばらく窓のそばでその風景を眺めているだろう**]

(10) 2017/04/02(Sun) 02時半頃

流浪者 ペラジーは、メモを貼った。

2017/04/02(Sun) 02時半頃


【人】 流浪者 ペラジー

― 少し後>>10 ―

[充分に花木を堪能すれば、
 自分の身なりをようやく気にしだして、

 着がえに自室へと足を進めた**]

(11) 2017/04/02(Sun) 02時半頃

流浪者 ペラジーは、メモを貼った。

2017/04/02(Sun) 02時半頃


【人】 流浪者 ペラジー

― 廊下 ―

[きれいだけれど今はもう人けのなくなった談話室を出てすぐ、
 誰かが呼ぶ声>>16
 上がる彼の左手とは反対の手を、ぶんぶんふりながら
 『瑠東さーん!』と満面の笑み。
 掃除婦さんと呼ばれればまるで本当にここで働いているようで、
 うれしくなるから、少しもいやでない]

 お掃除は別の方にお願いしたんですよ
 私は肉叢さんを医務室にお連れしただけで

 あ、やっぱり今日のはすごい日だったんですかね
 楽しそうでしたよお、とても
 医務室の後は、食堂に行かれると聞きましたが

[楽しそう、という言葉が適切かはわからないけれど、
 思い出してニコニコと笑いながら答える。
 当然のことのように、彼のトレーを受取ろうと両手を差し出して**]

(28) 2017/04/02(Sun) 13時頃

流浪者 ペラジーは、メモを貼った。

2017/04/02(Sun) 13時頃


【人】 流浪者 ペラジー


 『手伝ってあげた』>>30
 という言葉に、見逃せないひっかり
 さきほどまでの笑顔が、なかったことのように引っこんで、
 南は顔をうつむける。

 なんでそんなことをしたの。
 死んでしまっても、構わないと思ったの?

 鋭く光らせた瞳を一瞬だけ向けて、]

 ええ、でも、
 食堂からあの人の所までずっと血が続いていたんです
 それがなかったら、大変なことになっていたかもしれませんね

[事実と、脅迫じみたただの憶測をぽつりとひとつだけ
 あとはなにごともなかったかのように、また笑顔]

(37) 2017/04/02(Sun) 17時半頃

【人】 流浪者 ペラジー

 リクエスト、あるといいですねえ
 でも、食堂にちゃんとたどりつけてるかな
 探すついでに私もなにか食べますね

[お礼などもらえなくても変わりなく、
 『お気遣いありがとうございます』の言葉には、いつもの明るさがそこにある**]

(38) 2017/04/02(Sun) 17時半頃

流浪者 ペラジーは、メモを貼った。

2017/04/02(Sun) 18時頃


 おなか、すいたなー

[とん、とん、とん、階段を下りる。
味のしないものを食べることに慣れないまま、智秋が此処にきてもう1年が経つ。

かつての恋人は言った。
「好きだから食べたいんだ」
「好きだから美味しいんだ」

智秋は笑って、「そんなの嘘だよ」と言った。
いくら好きでも美味しくなかった。
食べて、というから食べてみたけど、
不味くもないし、ただ味がしなかった]


[羨ましかった。
フォークでもないくせに、美味しいと言って人を食べるのが。

本当はその時自覚はなかったのだけれど、いつからか智秋の記憶の中ではそうなっている。
本当は、目覚めたのは―――
彼をほんの少し齧ってみてから、今まで美味しかったものの味がわからなくなったのだ。

ただの異常性愛者だった彼は「フォーク」と呼ばれた。
皆に「ケーキ」と呼ばれる智秋は、飢えを隠して自分を騙している。

「普通」を装っている]

 おなか、すいたなー

[とん、とん、とん、と階段を下りていく]


[気配とそれと、 場所にそぐわぬ甘い匂いに
智秋の機嫌は上向いて、空っぽの胃はぐうと鳴いた]


[相変わらず、
 いい匂いをさせて、
 困るなあ]


【人】 流浪者 ペラジー

[歪んだ目元には気づかずに、>>41
 信じるのは言葉だけ。うわべだけ。
 彼の意図にも気付かずに
 顔を真っ赤にそめて頭を下げる]

 あ……そうだったんですね
 瑠東さんが……
 すみません、私、なにか勘違いをしていたみたいで

[思い込みだけで彼を悪者にしてしまったみたいで、
 恥じ入る気持ちは本心で、だからこそ、

 瑠東のことが一層わからなくなる]

(64) 2017/04/02(Sun) 22時半頃

【人】 流浪者 ペラジー

 私が肉叢さんにしたことと、
 肉叢さんがしなきゃいけないことに
 なんの関係があるんですか?

 商売じゃないんだから義務なんてない

[返ってこないことが当たり前で、]

 もらえることがありがたい
 それだけじゃ、どうしてだめなんですか?

[見返りがなければ、あなたはなにもしてあげないの?

 くり返す疑問は皮肉じゃない、
 瑠東が言わんとしていることが、南にはわからないだけだった**]

(65) 2017/04/02(Sun) 22時半頃

流浪者 ペラジーは、メモを貼った。

2017/04/02(Sun) 22時半頃


[食堂を出る前。
傷だらけの舌が、ちろりフォークを撫でる。

一度だけ、元作家と

「フォーク」へと、ちらり、視線を送って。]


[揺らぎ気味の瞳は、真っすぐに


にぃ、と、  わらった。]


[去り際、向けられる視線。
 笑いを作る瞳。
 それらを見送る目に過ぎったのは、犀川をじっと見つめていた刹那と通じる色だ。他の誰も気付きはしないだろうもの、

 他の誰も気付いてはいない。
 男の、また「彼」の、存在には。
 まだ気付いてはいないのだ]


[その望みが叶えばいい。
 そう思うのは、紛れもなく、事実だ。ケーキを喰らうフォークの宴、足を潰された元女軍人、陰惨を絶望を経てなお消えぬ強い意志、高熱の炎のようなそれを以て、血に彩られながら復讐を果たす――
 ああ、それは、とても胸躍る、
 とても美しい、復讐譚じゃないか。

 ……

 それが失敗に終わったとしても。
 たとえば彼女の悲惨な死で終わるとしても。
 それだって、美しい、素晴らしい、
 残虐劇だとは、思うけれど]

……、

[彼女は復讐の事を誰にでも話しているわけではない。むしろ男は特別に教えられた、立場らしい。
 よりによって、復讐すべき相手の同類を選んだ、選んでしまった、彼女の誤謬を思うと、それはあるいは喜劇めいているようで、今でもたまに少し笑いそうになってしまうのだ。
 無論それを本当に漏らしてしまう事はない。ただ神妙に彼女の相談相手つなるばかりなのだ、今日も]


[いつだって
歪む口唇が語るのは、事実ばかりだ。
嘘を吐けるほど
正常を残しているわけではない。


事実だ。真実だ。
どれも、これも。]


[風に紛れた小さなそれも]


“だいすきですよ”

“「フォーク」って存在が”


[いつか
誰かの前で零した言葉も。*]


【人】 流浪者 ペラジー

[大きくなった笑みに、ほっとして、>>71
 瑠東が抱いたかすかな失望も、その理由も、
 今はわからないままだったけれど思った。

 やっぱり、この人は、いやな人

 皮一枚の言葉を信じてしまう。
 その下にある歪んだものが、他の誰に透けて見えてしまうほどでも
 南は信じてしまう。紫色の、あまい誘惑
 
『お父さんもお母さんも、喜んでいたよ』
 そう言って南を、お茶会という名の監獄に誘った男の言葉を、信じたように]

(114) 2017/04/03(Mon) 02時頃

【人】 流浪者 ペラジー

[だけど、いつもらしからず、>>73
 話しづらそうに聞こえる彼の言葉を聞いたなら、
 先の思考は、消えることはなくても薄まって]

 そういうもの、なんですか

[それは瑠東にとってので、
 南にとっての、ではない。
 だけど首は決してふらず、うなずいて]

 食べられることは、ダメだとは思います
 だけど、ダメでも、いいんです

 面白ろくなければ触らなくていいって思います
 でも、“面白い”か関係なく、触ることが楽しいんです

(115) 2017/04/03(Mon) 02時頃

【人】 流浪者 ペラジー

[同じものなんてないから、
 一つ一つ触って、ケガをしてしまったとしても、
 形を確かめたい。
 どんな価値観かを知れることに意味がある。

 だからこれは決して押しつけでも、突き放しでもなくて、
 あなたがいいなら、それでいい
 いやな人
 悪い子でもいい。
 でも知れたなら、きっと下手な皮肉も返せるようになる
 
 持ち上げられた左手をじっと見つめる。
 その手でなでられたら>>71 *]

(116) 2017/04/03(Mon) 02時頃

ペラジーは、トレイルの指に触れてみたいと、思ったろうに*

2017/04/03(Mon) 02時頃


流浪者 ペラジーは、メモを貼った。

2017/04/03(Mon) 02時半頃


【人】 流浪者 ペラジー

[搔きまわされた髪のごとく>>110
 みだれてい彼の“言葉”が乱れていくようで
 瑠東の言葉になにも返せず、明らかに困惑の表情で、
 南は呆然と彼の顔を見つめていた。

 食い物だった。
 なにもかも、瑠東の言う通り
 それでもいいと何度も思った、けれど

 一度だけ、それじゃいやだ、と思ったのは、
 優しい言葉を信じてしまったあの男だけ。

 『むしろ、よく躰なくさずここにきましたよねぇ』

 瑠東の言葉は、一番触れられたくない箇所を的確にえぐって、
 変えられるはずのない罪をむき出しにした。
 顰められた顔に浮かぶどんなものも、耐えられないほど痛かった]

(124) 2017/04/03(Mon) 03時半頃

【人】 流浪者 ペラジー

[言葉の中にある棘>>111、それが皮肉なんだと気づいた時には、
 彼の背に、声をかける勇気なんてかけらも残っていなかった。

 フードの中に顔を深く深くうずめて、
 瑠東の姿を再度見ることはなく二階の自室へ走った**]

(125) 2017/04/03(Mon) 03時半頃

流浪者 ペラジーは、メモを貼った。

2017/04/03(Mon) 03時半頃


流浪者 ペラジーは、メモを貼った。

2017/04/03(Mon) 08時頃


【人】 流浪者 ペラジー

― 自室 ―

[余分なものがない、というより、
 一見して足りないくらいの荷物しかない部屋で、
 まだらに白い上着から着かえた。

 水で洗えば、たいていのものはなんでも落ちてしまう素材だから、
 汚れたものはそのままクローゼットにしまった。

 瑠東から預かったトレーを戻しに行かなければ
 だけど、それを見ていたら食欲も根こそぎ奪われて、
 吐き気すら覚えてしまったから、やめてしまうことにした]

(130) 2017/04/03(Mon) 15時半頃

【人】 流浪者 ペラジー

[掃除道具だらけの棚からふたつのびんを取り出す
 “まぜるな 危険”と汚い字で書いたものと、
 骨も金属も溶かすもの――本来は薄めて使うもの。
 既成品でなく、南が作った特別な漂白剤。

 テーブルに置いたトレーの上に、一緒に落とす。

 真っ白になって、ぶくぶくと泡を吹いてただれていく
 トレーだったものを、
 下に花壇がないことを確認して窓の外へ

 放り投げて木々のすきまに消えていくまで見つめたら、
 気持ちもすっきり、ふわふわして、またいつもの笑顔が戻ってくる]

(131) 2017/04/03(Mon) 15時半頃

【人】 流浪者 ペラジー

[一般人のために開いたお茶会の主催者
 “あの男”がお茶会で、本当はなにを求めていたのかは知らない。
 
 直接聞く機会を永遠になくしてしまったのは南のせい。

 だけどそれでもいい。
 きれいなものにはかなわない]

(132) 2017/04/03(Mon) 15時半頃

【人】 流浪者 ペラジー

― 自室を出て ―

[再び通りかかった談話室の方角へ
 人影を認めて>>120

 ギリアンさん! こんにちは!
 ちょっとお聞きしたいことがあるんですが、
 今、忙しい、かな?

[にこっと笑いかけて、敬語もくだけた言葉も、
 どっち混ぜて、声をかけた** ]

(133) 2017/04/03(Mon) 15時半頃

流浪者 ペラジーは、メモを貼った。

2017/04/03(Mon) 16時頃


流浪者 ペラジーは、メモを貼った。

2017/04/03(Mon) 16時頃


流浪者 ペラジーは、メモを貼った。

2017/04/03(Mon) 16時半頃


【人】 流浪者 ペラジー

[声をかけてから、ああ、そうか、と気づいて、
 ぴょんぴょん、と飛び跳ねてみたけれど、
 ちょうちょみたいな羽がないから、ずっとは飛んでいられない。

 南の言葉で困惑させてしまったようで>>136
 誤解からそんな顔をさせてしまっているなら、
 南にはあまり好ましくはなかった]

 いいえ、なにも
 さっき廊下でね、シーツ、拾ったんです
 もしギリアンさんのだったら、
 もう返せなくなっちゃったことを謝りたくて

[暇、という言葉をもらえたから、
 『座ってお話してみませんか』と談話室を指さす
 『マガジンラックに、楽しいご本も置いてあるよ』という言葉に
 彼が少しでも興味を持ってくれたらいいのだけど**]

(140) 2017/04/03(Mon) 21時頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:ペラジー 解除する

処刑者 (5人)

ペラジー
16回 (3d) 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.14 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび