人狼議事


244 原罪の伽藍テーブル

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


【赤】 さすらい人 ヤニク

[くちゅり くちゅり
粘着質な音を立て、咥内をかき回す。
口唇を開けば、その隙間から
真っ赤に汚れたフォークが顔を覗かせて。*]

(*12) 2017/04/03(Mon) 23時頃

さすらい人 ヤニクは、メモを貼った。

2017/04/03(Mon) 23時頃


【人】 さすらい人 ヤニク

[口にフォークを入れたままに
空っぽのお皿が乗ったトレイは、職員さんに回収されて。]


今日ね 屋上、すごく気持ちよくてね
もう、行きましたか?
おれ、さっき、やえさんと 行きまして
がん、て してもらって して してもら 、 あ
ひ、今日 本当に、良い日で
ちかいうちにも いーこと、起こりそうだなぁって。


[避けるでもなく、普通に接してくれる彼へ>>158
一方的な言葉をぶつけることは、少なくもなかった。]

(160) 2017/04/03(Mon) 23時頃

【人】 さすらい人 ヤニク

おいしい ですか?

[本から、また、パンへと。
薄金の縁取るひとみが移ろう。]

(162) 2017/04/03(Mon) 23時頃

【赤】 さすらい人 ヤニク

いちご、じゃむ


いりますか?


[職員さんは厨房の中
食堂には二人きり。

真っ赤なフォークを差し出してみることも、少なくはなかった。
それをするのは
自分たち以外、誰もいないときに限るけども。]

(*14) 2017/04/03(Mon) 23時半頃

【赤】 さすらい人 ヤニク

― Page XX ―

有り体に言えば、勘というもので。
一目惚れとはこんな感覚なんだろうなぁ、なんて。
逆上せたような頭が考えていたのを覚えている。

他の誰も気づいていない。
まだ、気づいてはいない。

(*15) 2017/04/03(Mon) 23時半頃

【赤】 さすらい人 ヤニク

「たべないんですか、ケーキ。」


「おいしいですか。」



施設に来て、数か月も経たない頃。
そう、声をかけたことだって
他の誰も、知らないこと。*

(*16) 2017/04/03(Mon) 23時半頃

【人】 さすらい人 ヤニク

良いこと、何が起こりますかね。
俺は、毎日楽しいんですけど、
皆が、楽しいような。何か、あったら、多分
皆、笑えるような、何か。
トラックが突っ込んでくるとか


[赤衣の言う“良いこと”として
本人の口から語られるのは、常人であれば災厄とも取れることばかり。
聞こえてくる音は、少なくとも、怒ってはいないようで>>166
その場合は、変わらない表情と、変わらない明るい声が流れるだけ。]

(170) 2017/04/03(Mon) 23時半頃

【赤】 さすらい人 ヤニク

[差し出したカトラリー
美味しそうに、それへと這う舌を見れば


どこか、愛しげにも、優しくも見えるような
柔らかな微笑みを一つ。


木製がすっかり綺麗になれば
その柄へと、手を伸ばして。]

(*19) 2017/04/03(Mon) 23時半頃

【人】 さすらい人 ヤニク

――――へへっ



たのしい 楽しい、 だって
楽しくないと、生きてないのと同じですから
いたいの、楽しいですよ。いっぱい、お手伝いしてもらって、だから
ひ  ひひ、ひひひっ


[ふらり、離れていく。
握ったフォークは、職員さんに見つかって、奪うように取り上げられて。
それでも、気にも留めず
機嫌よく、食堂の出入り口へと。*]

(171) 2017/04/03(Mon) 23時半頃

【人】 さすらい人 ヤニク

―日暮れ―


  あはッ

おかしいこと 何から逃げるっていうんですか
どこから逃げろっていうんですか
おかしいですね


こんなに、すてきなばしょなのに。


それに――

(175) 2017/04/04(Tue) 00時頃

【人】 さすらい人 ヤニク

[徘徊する犀川の
すれ違って、離れていく背を振り返る。]


あなたは、にげないんだ。


っ あは、 あははっ はははははははっ!


[「お前らだけでも」>>#3
うわごとのよう、繰り返される声と
悦を隠しもしない笑声が重なる。
何も、この光景におかしなことはない。

心を欠いた二人
周りの認識は、そうだから
特段の異常とは、恐らく受け取られなかっただろう。]

(178) 2017/04/04(Tue) 00時頃

【赤】 さすらい人 ヤニク

[怯えた目に返すのは、どこまでも穏やかな色のそれだった。
慈愛にも似た、「フォーク」への好意を
何一つ、隠すこともなく。]


、 ないんだ、ないんですか
ひ、じゃあ ――――   


[半端に閉ざした唇は
深く、深い弧を描いた。]

(*22) 2017/04/04(Tue) 00時半頃

【赤】 さすらい人 ヤニク

[「ケーキ」を食べたことがない「フォーク」。
裂いた腹へ、彼の唇を誘い込み
味を教え込んだのは、そう遠くない日のこと。
指を刺した。飯へと注いだ。
職員は、奇人とは目も合わせたがらず
それが、好都合だった。

赤いフードの影に隠した表情は
日課のときより、痛みを与えられた時よりも
隠しきれない喜色満面。
「フォーク」を見たときは、いつも。*]

(*23) 2017/04/04(Tue) 00時半頃

さすらい人 ヤニクは、メモを貼った。

2017/04/04(Tue) 00時半頃


情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:ヤニク 解除する

処刑者 (5人)

ヤニク
2回 (4d) 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.164 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび