人狼議事


244 原罪の伽藍テーブル

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


[此方を窺う、犀川の顔を見る。精神の不安定から来る胃の荒れや、つい噛み締めたり爪で掻いたりする癖やのせいだろう、その薄い唇は荒れていて、隆起した中央や口角は些か皮も捲れ、今も僅かに血が滲んでいるようだった。
 ぎょろりとした目が、常に大きく開かれているのに案外乾かないらしい、常在の涙でつやつやとした目が、此方を見ている。
 見慣れた顔、此方を案ずるその顔を見て、思う。ああ、


 おいしそうだなあ。]


[刻々と温度を失っていく液体が、喉を滑り落ちる。不味い、――とも思わない。それは、ただ、無味だった。何の味も、其処には存在しなかった。目の前の皿に並ぶ肉も魚も野菜も果物も、みな、同じだった。全てが同じ味だった。全てが同じ、無味だった。

 おいしそうだなあ。

 犀川がミルクを口に運ぶ。男と同じように。少量の食事を、少しずつ、少しずつ、食べていく。細く長い指が、骨の形がはっきりとわかる痩せた指が、動かされる。唇が開閉する。喉元が蠢く。食欲不振な彼は、それでも何処か美味しそうに食べているように見える。調子が良い時は、良い方の時は、彼もそのように見えるのだ。そのように、食事を美味しそうになど、するのだ。その姿を眺める。それとなく見つめる。美味しそうな様子の彼を。美味しそうな彼を。美味しそうな。

 おいしそう、だなあ。

 …… *]


【人】 友愛組合 チアキ

 ― 屋上 ―

 やさしく ……ないよ

[完璧な笑みが眩しかった。>>1:189
あげられた笑い声が、突き刺さった。
智秋に変なことを言ったという自覚はない。
可哀想ぶってるのは、皆、そうだ。
悲しいことも痛いことも、別にケーキじゃなくたって沢山あるのに。―――そんなことは言わない。言っちゃいけない。
何も失っていない智秋には、口に出すことを許されない]

 玲って正直だよねぇ

[羨ましい。
まっすぐに見えた今は中庭にいない彼らとは違う眩しさ。
それはもしかしたら、彼を見下してのことかもしれない。
ぼんやり考えて、ようやく笑うことが出来た]

(47) 2017/04/02(Sun) 21時頃

【人】 友愛組合 チアキ

 いつか、 ……気が向いたらね

[笑われたのは、やっぱりあまり面白いことではなかったけれど、玲が落ち着いた頃に向けたのは、ようやく形になった笑顔と、さっきの二人に投げたのと同じ言葉。

立ち上がり去っていく玲を見送って、階下へ続く扉が音をたてて閉まってから、ようやくもう一度太陽を見上げた]

 俺は暇つぶしか、っての ……変なの。

[思い出したようにくしゃみをもうひとつ。
ぐう、と音をたてた腹をさすり、ようやく文庫本を開いた*]

(48) 2017/04/02(Sun) 21時頃

友愛組合 チアキは、メモを貼った。

2017/04/02(Sun) 21時頃


【人】 友愛組合 チアキ

[文庫本を読み終える頃には、朝食の匂いは遠くなっていた。太陽は少しだけ位置を変えていて、智秋は小さくくしゃみをして、大きく伸びをした。それからようやく立ち上がり、階下へ向かう扉を開けて、耳をすました]

 ……うん、 普通っぽい

[悲鳴も、笑い声も聞こえない。
平和な日常がそこにある。
今から食堂に行っても遅いかもしれない。
片付けが遅くなるから、残しておいてくれるなんてことは、そうそうないから、昼食まで我慢するしかないだろう]

 おなかすいたなー

[とん、とん、とん、
此処に来てより軽くなった身体で、軽快に階段を下りていく]

(50) 2017/04/02(Sun) 21時頃

 おなか、すいたなー

[とん、とん、とん、階段を下りる。
味のしないものを食べることに慣れないまま、智秋が此処にきてもう1年が経つ。

かつての恋人は言った。
「好きだから食べたいんだ」
「好きだから美味しいんだ」

智秋は笑って、「そんなの嘘だよ」と言った。
いくら好きでも美味しくなかった。
食べて、というから食べてみたけど、
不味くもないし、ただ味がしなかった]


[羨ましかった。
フォークでもないくせに、美味しいと言って人を食べるのが。

本当はその時自覚はなかったのだけれど、いつからか智秋の記憶の中ではそうなっている。
本当は、目覚めたのは―――
彼をほんの少し齧ってみてから、今まで美味しかったものの味がわからなくなったのだ。

ただの異常性愛者だった彼は「フォーク」と呼ばれた。
皆に「ケーキ」と呼ばれる智秋は、飢えを隠して自分を騙している。

「普通」を装っている]

 おなか、すいたなー

[とん、とん、とん、と階段を下りていく]


【人】 友愛組合 チアキ

[食堂のある階に降り立って、とりあえず廊下を歩きだした。
文庫本くるくると両手で回したりしても、手遊びは暇つぶしにもなりゃしない。

ふと、立ち止まる。
何かが聞こえた気がして>>55
近くにあるトイレを覗き込んだ]

 んー、と。
 だーれーかー、いますか?

[嘔吐する声が聞こえたわけじゃない。
その名残と、誰かの気配。
ほっといて欲しいなら、智秋は五秒で飽きて、そのまま顔を引っ込めるだろう]

(56) 2017/04/02(Sun) 22時頃

[気配とそれと、 場所にそぐわぬ甘い匂いに
智秋の機嫌は上向いて、空っぽの胃はぐうと鳴いた]


[相変わらず、
 いい匂いをさせて、
 困るなあ]


[食堂を出る前。
傷だらけの舌が、ちろりフォークを撫でる。

一度だけ、元作家と

「フォーク」へと、ちらり、視線を送って。]


[揺らぎ気味の瞳は、真っすぐに


にぃ、と、  わらった。]


【人】 友愛組合 チアキ

[智秋にとって六嶋は、貴重な自分より背の低い同性だ。
認識はそれくらい。
数週間前に来た玲と同じくらいの距離にいる。
そのいつもぶすくれたような顔に、いつも同じ笑顔を向ける。>>0:187
可哀想ぶってるとまでは言わないけれど、
少し、可哀想だなとは思っていた。


なんていったって思春期の真っただ中をこんな場所で過ごすのだ。
可哀想に。
それとも、  少し、羨ましい。
ずっと閉じ込められて、もし一生を終えるならば
楽しい思い出は少ないほうが、きっといい]

(68) 2017/04/02(Sun) 23時頃

【人】 友愛組合 チアキ

 やっぱり六嶋くんだ
 そんな気がしたんだよね

[それが彼ならば、心配は無用だ。
トイレで吐いている姿を見かけるのは初めてではない。
五年もいるというのに慣れないのか、と
ただ静かにそう考えるだけ]

 でもこの時間だと大変だよね

[朝食をとったすぐあとだろうに]

 水、とってこようか?

[今までならすぐに立ち去っていただろうに。
なんとなく。ただ、なんとなく。
心配そうな表情になるよう、今だけは笑みを消してみる*]

(75) 2017/04/02(Sun) 23時頃

チアキは、ロビン…六嶋くんとは、実際そこまで背は変わらないのだけれど。

2017/04/02(Sun) 23時半頃


[去り際、向けられる視線。
 笑いを作る瞳。
 それらを見送る目に過ぎったのは、犀川をじっと見つめていた刹那と通じる色だ。他の誰も気付きはしないだろうもの、

 他の誰も気付いてはいない。
 男の、また「彼」の、存在には。
 まだ気付いてはいないのだ]


【人】 友愛組合 チアキ

[六嶋の反応を介することなくまくし立ててから>>75
ようやく一息ついて、指摘された文庫本に視線を落とした。>>76]

 あー……  何、読む?
 っていっても、同じの書庫にあるかもだけど

[智秋が書庫に足を向けたのは、此処に来て1ヶ月くらいの期間だけだった。一周して、ぱらぱらとめくって、けして長居するわけではなく、施設の全体を歩くのと同じくらいの興味。
元より読書家なわけじゃない――と自分では思っているし
無自覚の執着が(あるいは自覚しているそれが>>0:38)過去の自分にあるのかもしれない]

 そういや、六嶋くんはあそこ、いつもいたような
 ……そうでもないような

[興味が薄いことが知れる、曖昧な口調だった*]

(80) 2017/04/02(Sun) 23時半頃

【人】 友愛組合 チアキ

 あー 肉叢さん
 今日も派手にやったっぽいねー 

[トイレで足を止めずに先へ進めば出会えたのかもしれないが、見かけたところで六嶋のように吐き気を催すことはなかっただろう。
智秋は、酷い時の肉叢には近寄らない。
いつも遠目から眺めているだけだった]

 自己犠牲の話と異文化交流の話。
 ……ああ、ジャンルでいえば、SFだよ

[自販機は角を曲がってすぐのところにあった気がする。
収容所ではない体裁を整えるためにしか見えない、些細な自由だ。
実際、持ち込むものだってよっぽど酷くなけりゃ(智秋はここで、再び肉叢の顔を思い出した)自由だった。
この本も、そのうちのひとつ]

(89) 2017/04/03(Mon) 00時頃

【人】 友愛組合 チアキ

 気に入ってるけど、別に。

 ……やることないからね

[あは、と笑って本を受け取れば、声もかけずに一度その場を後にする。自販機の場所ならば、六嶋の方が詳しいだろう。
すぐに水のペットボトルを持って戻って]

 はい、  吐き癖、つらくない?

[六嶋の、綺麗に拭われた顔をじ、と見た。
その時は真顔で。
見ていることに気付かれれば、ぱっと笑顔に変わるだろう*]

(90) 2017/04/03(Mon) 00時頃

[その望みが叶えばいい。
 そう思うのは、紛れもなく、事実だ。ケーキを喰らうフォークの宴、足を潰された元女軍人、陰惨を絶望を経てなお消えぬ強い意志、高熱の炎のようなそれを以て、血に彩られながら復讐を果たす――
 ああ、それは、とても胸躍る、
 とても美しい、復讐譚じゃないか。

 ……

 それが失敗に終わったとしても。
 たとえば彼女の悲惨な死で終わるとしても。
 それだって、美しい、素晴らしい、
 残虐劇だとは、思うけれど]

……、

[彼女は復讐の事を誰にでも話しているわけではない。むしろ男は特別に教えられた、立場らしい。
 よりによって、復讐すべき相手の同類を選んだ、選んでしまった、彼女の誤謬を思うと、それはあるいは喜劇めいているようで、今でもたまに少し笑いそうになってしまうのだ。
 無論それを本当に漏らしてしまう事はない。ただ神妙に彼女の相談相手つなるばかりなのだ、今日も]


[いつだって
歪む口唇が語るのは、事実ばかりだ。
嘘を吐けるほど
正常を残しているわけではない。


事実だ。真実だ。
どれも、これも。]


[風に紛れた小さなそれも]


“だいすきですよ”

“「フォーク」って存在が”


[いつか
誰かの前で零した言葉も。*]


友愛組合 チアキは、メモを貼った。

2017/04/03(Mon) 07時頃


友愛組合 チアキは、メモを貼った。

2017/04/03(Mon) 21時半頃


【人】 友愛組合 チアキ

 ― 廊下、六嶋と ―

[六嶋に向けたのは、薄い興味。
笑顔を間にした薄い関係でも、
例えば同じ本を持っていること。
例えば嘔き癖があること。
狭い世界。たった1年でもお互いのことは少しだけ知れる。

彼もまた、欠けた人だということも]

 ご飯食べたらすぐ書庫に駆けこんだほうがいいよ
 ……わかんないけど、多分。

 わざわざ本を汚しにいったりしないでしょ、  多分ね

[交わした多くない言葉の最後に、肉叢に関する根拠のない助言を添え、声をかけた時と同じくらいの気軽さで背を向けた。
ばいばいもまたねもない。
言葉を交わしたとしても、水を渡したとしても、それはただのすれ違いだった*]

(144) 2017/04/03(Mon) 22時頃

友愛組合 チアキは、メモを貼った。

2017/04/03(Mon) 22時頃


【人】 友愛組合 チアキ

 ― 食堂 ―

 こーんにちはー、 ご飯ある?

[食器を洗う職員は、しぶしぶと言った顔で、パンとチーズと卵をひとつ出してくれた。
表面上欠けていない智秋は、職員にとっては無害な収容者。
酷い遅刻でなければこうして食事を分けてもらえる。
極端に言えば、餓死されても困るのだ。
勝手に死ぬのは、きっと許されるけれど]

 ………飽きたなー

[智秋の食事は遅い。
ゆで卵を剥くのも下手だ。
さっきまで此処で行われていた会話の端々は知らないまま。
ゆっくり、噛みしめるようにパンを食べる。
目の前に無造作に置いた本を睨みつけながら]

(148) 2017/04/03(Mon) 22時半頃

[くちゅり くちゅり
粘着質な音を立て、咥内をかき回す。
口唇を開けば、その隙間から
真っ赤に汚れたフォークが顔を覗かせて。*]


【人】 友愛組合 チアキ

 おっはよー

[ちゃんとしたフォークでつつきすぎて無残な姿になったゆで卵を前に、現れた赤パーカーの彼に笑顔を向ける。
テレビで見たことのある彼を何と呼べばいいのか決めかねていて、あまり自分からは話しかけないが(テレビの中の存在はフルネーム呼び捨てだ。しかも彼は年下なわけで)
いつも血の匂いを漂わせる彼を]

 今日も、ご機嫌だねー
 ……ごはん、もう食べたの?

[忌避することも、嗜めることもなく。
それなりの好奇心を持って接していた]

(158) 2017/04/03(Mon) 23時頃

[食事は苦手だった。
味がしないものを飲み込むのは不自然なことで、
それを人前で上手くこなせる経験も演技力も足りなかったから]

 ……いちごジャム、みたいな

[甘い匂い。
果物を煮詰めて、香りを強くしたような、濃い匂い。
それが彼の血の香りで、
彼を目の前にすると、味のしないパンも、かつてジャムを塗って食べた時みたいな勘違いを起こすから。
食堂で会うには、最良の人だった]


いちご、じゃむ


いりますか?


[職員さんは厨房の中
食堂には二人きり。

真っ赤なフォークを差し出してみることも、少なくはなかった。
それをするのは
自分たち以外、誰もいないときに限るけども。]


― Page XX ―

有り体に言えば、勘というもので。
一目惚れとはこんな感覚なんだろうなぁ、なんて。
逆上せたような頭が考えていたのを覚えている。

他の誰も気づいていない。
まだ、気づいてはいない。


「たべないんですか、ケーキ。」


「おいしいですか。」



施設に来て、数か月も経たない頃。
そう、声をかけたことだって
他の誰も、知らないこと。*


【人】 友愛組合 チアキ

 屋上、 ……うん 行ったよ

[中庭の植物が朝の香りを放出していた。
玲の笑顔>>71に言葉が出なくて、悔しかった。
何度も読んだ本は、正直もう飽きていて
肉叢がにこにこ言うような「いーこと」なんて
ひとつもないように思えたけれど]

 そっかー、よかったね

[どうでもいいような、当たり障りのないようなそんな答えを返して]

(166) 2017/04/03(Mon) 23時半頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:チアキ 解除する

処刑者 (5人)

チアキ
15回 (5d) 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.14 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび
下記の場所以外では、人狼議事内キャラチップ
の利用を許諾しておりません。ご了承ください。

議事総合トップ
人狼議事lobby
人狼議事morphe
人狼議事cafe
人狼議事perjury
人狼議事xebec
人狼議事crazy
人狼議事ciel

SoyBean
Sangria
@7korobi