人狼議事


258 夏合宿はじめました

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


【独】 常世倶楽部 アオ

/*
悪鬼ほしかったナー(´・ω・`)

(-0) 2018/07/18(Wed) 23時頃

【人】 常世倶楽部 アオ



 今更過ぎて、面白くないかと思って。

[確かに、そう呟いてから続けた言葉は
星野>>5のアピールに意識を傾けた後落とされた。
身振り手振り、揺れる灯り
それらを眺めながらやはり、男の様子は変わらない。
前述のとおり、“オスカーくん”もまた既知の七不思議。

しかし、それだけで彼女の話が終わることはなく。]

(10) 2018/07/18(Wed) 23時半頃

【人】 常世倶楽部 アオ


 ……そうか、オスカーくんには続きがあったか。
 学校にも面白いことがあるものだ。

[この学校の七不思議に己の知らない話があるなんて。
瞬きを二度、三度。素直な関心を示した。

現代社会では遠い地方や異国のオカルトも
検索一つで部屋で目を通すことが出来る。
しかし、たまには内にも目を向けるべきかもしれない。]

 まるで神様か預言者だね。
 ああ、でも……
 それらもお化けも、結局は
 人間の扱い方次第で何にでもなるものか。

[顎に手を添え、少しの間語られた内容について思考した。

そうしている内にも、きっと
誰かが口を開き、百物語は続いたことだろう。]

(11) 2018/07/18(Wed) 23時半頃

【人】 常世倶楽部 アオ

── 百物語の後に ──

 さあ、行こうか。

[もう誰も声をあげなくなった頃か、
はたまた終わりを切り出す者がいたか。

横戸碧は立ち上がる。
眼鏡の位置を直し、それはもうにこやかに微笑む。

誰がメインイベントを塗り替えたのか、
誰が部員らにこの話を事前にしていたのか。
悪名高き部長その人である。

────「本当は心霊スポット巡りがしたかったんだ」
若干不服気な一言を聞かされた者もいただろう。
高等部の合宿としてはあまりにも無理があり、
喜ばぬ者も多いであろうこの提案は
その筆頭格である顧問によりなんとか却下されたわけだが。
ただでは転ばぬオカルトマニアは、代案を用意したわけだ。]

(12) 2018/07/19(Thu) 00時頃

【人】 常世倶楽部 アオ

[深夜のお楽しみについて話す幾つかの声は漏れ聞いていた。
部員も乗り気で喜ばしい限りである。
星野の件でよく聞き知った七不思議に新鮮さも見出し、
男自身の気分も高揚していた。

部室外で会うことのほうが多い二名も、
どう思っていようが連れて行く気満々でいる。

横槍を入れられ>>0:187頷き返す様を目にし>>1
その時はまあ、大きな大きなため息をついて見せたが。

一年時の部の環境を体験している現部長は、
自分と他者の熱意が同じでないことくらい流石に知っている。]

(13) 2018/07/19(Thu) 00時頃

【人】 常世倶楽部 アオ

[同じ学年、下級生より己の噂を耳にしているであろう二人
遊び目的であろうと、ふらっと現れてくれることが
嫌なわけも、無いのだった。

余談であるが、気ままな印象の生霊その2が
要望を受け入れてくれた後、意外な姿を見せた>>0:210
 
男は、作り話もオカルトであれば嫌いではない。
背後から震える肩をしっかり──英にしたように──掴み
それはもう、色んな意味で楽しませていただいた。

驚かせる演出ばかりじゃないホラーゲームも知っていたが
伝えることは今まで一度も選んでいない。
────そのほうが面白いのだから。]

(14) 2018/07/19(Thu) 00時頃

【人】 常世倶楽部 アオ


 ……連?

[そこで男は、ふと気づく。
各々反応を返す部員らの中、
明るい髪色の後輩の顔が伏せられていることに。

そっと歩み寄り、様子を伺ってぽつり呟く。]

 ふむ。九名になってしまったか。

[非常に残念そうな声音だった。]*

(15) 2018/07/19(Thu) 00時頃

【独】 常世倶楽部 アオ

/*
うーーーんもうちょい七不思議に乗り気であるべきだったかなすまん
碧は割と冷めてて、作り話ならそれはそれでみたいな感じなんだよなあ。
変人だけど、現代っ子。

(-20) 2018/07/19(Thu) 00時頃

常世倶楽部 アオは、メモを貼った。

2018/07/19(Thu) 00時頃


【人】 常世倶楽部 アオ

── 回想:星野と ──

 知らないことがあるほうが、人生は楽しいよ。
 全ての怪談を知ってしまったら、
 僕の生きる意味は半減以上のものになる。

 ああ、勿論それらの幽霊や妖怪が
 目の前に勢揃いしてくれるというなら話は別だけどね。

[言いつつも、否めないものは存在した。
伝統的言い伝えの怪異よりも、
生々しく身近に感じる死者を追い求める。
そうなった理由は確かにあって。

しかしそれは僅かな差。
恋した女性の長所全てを褒め称えるように、
オカルトと名の付くもの皆愛すのは当然のこと。
編入当初熱心に調べた七不思議たち
興味が無ければ、この後のイベントも用意しない。]

(27) 2018/07/19(Thu) 01時頃

【人】 常世倶楽部 アオ


 それは…………、

[熱を込めて語る口は忙しなく
どこまでも続く気配があったけれど、
その動きは星野に投げられた問いに>>18……ふ、と止まった。

二人の沈黙の合間、他の部員が百物語の続きを担い
男の目は少女から、そちらへと移り。
答えを告げることは無かった。]*

(28) 2018/07/19(Thu) 01時頃

【人】 常世倶楽部 アオ

── 現在 ──

[憂うような声、腰を上げる姿、元気な様子
その他諸々の反応を満足そうに眺め
一方的に“九名”と定め撤回しない部長は]

 可哀相に、連。
 これで七不思議に僕達だけが会ってしまったら
 きっと一生悔み続けるのだろうな……。

 せめて、しっかり記憶して聞かせてあげよう。

[さも怪異との遭遇が素晴らしいことだと言うように。
同情たっぷりに独りごちた。]

(29) 2018/07/19(Thu) 01時頃

【人】 常世倶楽部 アオ

[そっと廊下に顔を出し、十数秒。
霧島先生の気配も、足音も響かない。
やはり大人しく眠っているのだろう。

生徒の集まりから外れた場には、夜の静けさだけがある。
きっと外は、これから向かう場所はそれよりもずっと。]

 Ten little, nine little, eight little Indians,
 Seven little, six little, five little Indians,
 Four little, three little two little Indians,
 One little Indian boy

[壁に凭れ、部員達を待ちながら小さく口ずさむ歌
園家の言葉>>20を気に入ったらしい。]**

(30) 2018/07/19(Thu) 01時頃

常世倶楽部 アオは、メモを貼った。

2018/07/19(Thu) 01時頃


【人】 常世倶楽部 アオ

[自分と二人の三年が先導する形で、
細心の注意を払いながら研修センターの外へと向かった。

夏場とはいえ、幾分か昼間より低い温度の風が吹き付け
何処かの草陰から虫の鳴き声が聞こえる。]


 あまり派手に音を立てないでくれよ。

[そんな呼び掛けに効果はあったかどうか
何はともあれ、警備員の怒声は聞こえずに
侵入経路の発見を、英の声が告げた>>63

夕季の手柄だと>>61聞いたのなら、労いの言葉も掛けたかもしれない。]

(73) 2018/07/19(Thu) 22時半頃

【人】 常世倶楽部 アオ

[安全確認の為にと、早めの順番で中に入る。
そうして暗い廊下に視線を巡らせるが、
特に変わった様子は無いように自分には思えた。
──雰囲気が変わった夜の校舎は、男にとって恐怖ではなく
ひとまずは、見つかっていない。
外にまだいる面々に頷き、彼らが窓を越えるのを見守る。]

 ……大丈夫か。

[声を掛けたのは大人しい女子、この合宿唯一の一年生>>52
園家の様子はどうだったか。
反応次第では、手を貸しただろう。]

(74) 2018/07/19(Thu) 22時半頃

【人】 常世倶楽部 アオ


 よし、これより……

[そうして九名全員が無事に素敵な不法侵入を成したのなら
男はこの時ばかりは部長らしく、仕切ろうとしたのだが。

その声は全てを言い切ることはなく、はたと止まる。
そして皆が越えてきたばかりの窓に歩み寄り、
外に視線を投げ、不可解そうに眉を寄せた。

────先程まで鳴いていた虫の声が、途切れた。
暫しの間見つめ続けるも、夜の闇は沈黙を保つ。]

 ……気のせいかな。

[無意味に眼鏡のつるに触れながら、振り返った。]

(76) 2018/07/19(Thu) 22時半頃

【人】 常世倶楽部 アオ



 さて、……七不思議と言う以上、数があるのだけれど。
 何から探しに行きたいかな。

 色々、皆も話をしていたね。

[何事も無かったように常の調子で、静かに淡々と
これからのお楽しみの話を始めた。

人間が近寄れば鳴くのを止めるのは、普通のことだ。
そして、絶え間なく続くものでもない。
きっとその内、また軽やかに響くのだろう。
探索に出る自分達には聞こえないかもしれないが。

そう、考えていたわけだが。]

(80) 2018/07/19(Thu) 22時半頃

【人】 常世倶楽部 アオ

[それはどのタイミングだっただろう?
落ち着いた部長の声、静かな校舎────

小さな音は>>70遮るものなく、全員の耳に届いた筈だ。
細やかに響く物音、何がそれを立てたのか、何処からなのか
そこまでは男には分からなかったけれど。

目を丸くしたのは数秒、ふっと表情が緩んだ。]*

(82) 2018/07/19(Thu) 23時頃

常世倶楽部 アオは、メモを貼った。

2018/07/19(Thu) 23時頃


情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:アオ 解除する

処刑者 (5人)

アオ
26回 (4d) 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.125 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび
下記の場所以外では、人狼議事内キャラチップ
の利用を許諾しておりません。ご了承ください。

議事総合トップ
人狼議事lobby
人狼議事morphe
人狼議事cafe
人狼議事perjury
人狼議事xebec
人狼議事crazy
人狼議事ciel

SoyBean
Sangria
@7korobi