人狼議事


261 Werewolves of PIRATE SHIP-2.5-

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


【人】 カミナリ族 フウタ

―日暮れ頃―


 随分と静かなもんだな……。
 いつもなら、飯だァ酒だァうるせぇのによ。


[仲間だった者たちを葬るので精一杯。
船の補修などは明日以降になるだろう。

甲板に来た誰もが目にしておきながら、
最後まで海に送り出すことができなかった、船長の骸の横。

リーヌスから受け取った酒を、
船長の口をこじ開けてちょろりと流し込んだ。

弔い半分。あとの半分は誓いだ。
自分たちをここまで追い詰めた敵船のヤツらへの報復。]

(10) 2018/10/15(Mon) 02時半頃

【人】 カミナリ族 フウタ

 ――殺してやる。


[ドスッと床板にカットラスを突き立て、
水筒を掲げた後、酒をごくりと流し込んだ。]

(11) 2018/10/15(Mon) 02時半頃

【人】 カミナリ族 フウタ


 あー、腹減った。 


[ごろんとその場に大の字で寝転がった。

腹の虫の声を聞きながら、
雲が色を変えて流れていくのを眺め、
食料の残りはどのくらいのものだろう、と思考が移る。

確かめに行くべきだろうか。

ぼんやりと暮れていく空を眺めていると、
唐突にヒステリックな声>>#0が聞こえたので、文字通り飛び起きた。]

(12) 2018/10/15(Mon) 02時半頃

【人】 カミナリ族 フウタ

[すぐに見張り台の方へ視線をやると、ツヅラの報告>>6が降りてきた。]


 うっせーぞ!サイモン!!


[壊滅の不安から気でも触れたのだろうか。
下へと降りていくサイモンの背中に罵声を浴びせて、息を大きく吐く。]


 ……飯、食うか。 期待はできねぇけど。

 ツヅラぁ
 俺、厨房行ってくるけど、お前飯どーするよ?


[起きたついでにと、厨房で何か腹に入れようと考えて、
ずっと見張り台にいたツヅラへと声をかける。
食事の運搬だろうが、
交代だろうが、依頼されれば受けるつもり。**]

(13) 2018/10/15(Mon) 02時半頃

カミナリ族 フウタは、メモを貼った。

2018/10/15(Mon) 03時頃


【人】 カミナリ族 フウタ

―回想・昼間の甲板―

[急かすヌヴィル>>8に軽く舌打ちしながら、
クリストファーの背中>>9から
羽交い絞めするように、骸を受け取った。]


 ――あンだよ……、それ後になって言うか?


[毒剣の話を聞くと、眉を顰める。
まぁ、先に言われたところでやることは変わらないのだが。

足の方をクリストファーが掴んだなら
船の縁まで運び、「離すぞ」と短く発して海へと送り出した。
「いい子だった」というクリストファーの言葉>>14を肯定するかのように、瞼を閉じて束の間の弔いを。]

(29) 2018/10/15(Mon) 22時頃

【人】 カミナリ族 フウタ

[次いで、イワンの番となる。
腹の辺りに腕を回そうとして、その巨体故に腕が回りきらなかった。
断じて腕が短いのではない。]


 動かなくなって、更にでかくなってねぇ?


[そんな戯言を吐きながら、
両腕を同じ方向からイワンの背と床の間にさし入れて支えた。
巨体が床から離れた頃、
瓶の破片が刺さったらしいヌヴィルがキレだして>>27、]


 おわ!?
 なんだよアンタ、力有り余ってるじゃねぇの!


[こんな時まで罵声を浴びせられた大きな体躯が
海へと、落ちる。]

(30) 2018/10/15(Mon) 22時頃

【人】 カミナリ族 フウタ


 「じゃあな…… 迷わず船長の元に行けよ」


[「馬鹿」だの「使えねぇ」だのと罵られ続けた男が
この船に乗っていられたのは、船長の懐の広さ所以だろう。

頭の弱い人物は、陸上でさえ冷遇を受けるのが常だ。
子どもの時分に虐待死させられることも、少なくはない。

海に出る前から、胸糞悪い死を嫌というほど見てきた。

それが過酷な海の上。
他の船だったなら、使えないと判断され、
即、海へと蹴り落とされていたかもしれない。]

(31) 2018/10/15(Mon) 22時半頃

【人】 カミナリ族 フウタ

[自分もまた、侮られないよう、切り捨てられないよう、
生きる術を模索した結果、ここに立っている。

見果てぬ夢を追ったわけでもなく、
「生きる場所はここしかない」と主張したガキを
置いてくれたのがこの船だったのだ。


奉公先の店主の折檻に逆上して人を殺したのは、
いくつの頃だったかは知らない。

本当の親の顔も、実際の年齢も知らないのだから。

船に乗って、それなりの時間を過ごした。
子どもと侮る者がいなくなるほどには、長い時間を――。]

(34) 2018/10/15(Mon) 22時半頃

【人】 カミナリ族 フウタ

[その後は、一度水浴びをして、付いたかもしれない毒と、
敵船で浴びた血、自分の血、仲間の血を洗い流した。

甲板の上にはまだ仲間の骸が残っていたが、
毒と言われては気味が悪かったもので。]


 ―――ィッつぅ〜〜〜


[ガシガシと顔の水を手で拭った勢いで、耳に触れてしまった。
傷を覆っていた瘡蓋が剥がれ、
じわと血が滲んだ水が耳を伝い、首筋へと流れた。

――耳が熱い。
再び、心臓が左耳へと移動してきたかのように脈打っていた。*]

(35) 2018/10/15(Mon) 22時半頃

【人】 カミナリ族 フウタ

―日暮れ後・甲板―

 あいよ。
 まぁ、この調子じゃロクなもんねぇだろうけどな。

 豆とか硬ぇパンとかならあんだろ。


[略奪が成功していれば
マシなものが手に入ったかもしれないが。
この有様では大したものは無いだろうと、
半ば諦めつつ船内へと降りる階段へと。

何かを思い出したような声>>20が聞こえて、
再び見張り台を見上げる。

船医への気遣いを漏らすツヅラに、
手を掲げて承諾を伝えた。]

(37) 2018/10/15(Mon) 23時頃

【人】 カミナリ族 フウタ

―厨房―

[鍋からのぼっている湯気>>19
ワッターの姿を認めて、歩み寄る。]


 ネズミと会話してんのか。
 アンタも大概頭おかしいよな。

 …………なんだこれ?食えんのか??


[ぐつぐつと煮える鍋を覗き込んで、訊ねた。]

(40) 2018/10/15(Mon) 23時頃

【人】 カミナリ族 フウタ

 あぁ、同類しかいねぇさ 
 海賊だァ名乗ってるヤツらなんかにはよ。
 
 なんだ、随分とご機嫌じゃねぇか。


[はいはい、と相槌を打ち、
どうせ酒でもくすねてたんだろうと、背後に回したままの腕>>41を見て。]


 ネズミなぁ…… アレ前に食ったけどよ……
 まぁ、ねぇよりはマシだが
 ”まだ”食わずに済むってんなら、上々ってなもんだな。

 あァ? 
 屁なんか気にするヤツぁいんのかよ、この船の上でよ。


[「食う食う」と頷きながら、
パンかビスケットの類を探そうと、厨房内を漁り始める。]

(43) 2018/10/15(Mon) 23時半頃

【人】 カミナリ族 フウタ


 食った、食った。
 
 嵐に遭っちまってよ。
 食うもん無くてなァ……
 あんときゃネズミだろうが取り合いよ。

 そのうち、人肉でも食い始めるんじゃねぇかって
 ヒヤヒヤしたもんだ。

 まだガキん頃だったもんで、
 「てめぇのケツぁ、柔くて美味そうだ」
 なんて言われてよぉ。
 ふざけんなってコレで目ぇ覚まさせてやったのさ。


[額を前に突き出す仕草をして見せる。
耳のことを指摘された>>44と気付いたなら、一気に眉間に皺を寄せて。]

(45) 2018/10/16(Tue) 00時頃

【人】 カミナリ族 フウタ



 冗談だろ、ネズミと一緒にすんな
 って、くっせーな!!オイ!!


[気にしないとは言ったが、
至近距離で放屁されたらダイレクトに臭気が鼻を突く。

声を上げるのは反射ってものだ。
しっし、と手で臭気を仰いで他所へ流す。

パンを見つけて立ち上がると、
厨房の外、食堂へとやってきたヌヴィル>>38に気付いて
その一つを放り投げた。]

(46) 2018/10/16(Tue) 00時頃

カミナリ族 フウタは、メモを貼った。

2018/10/16(Tue) 00時頃


【人】 カミナリ族 フウタ

[「ついこの間の話?」との声>>47に、
悪意はなかったのかもしれない。

だが、]


 ――まぁ、アンタにとっちゃあ「ついこの間」だろうよ。
 なぁ?……アンタの肉ァ、硬そうだ。


[表情を固くしながら、暗に「クソジジイ」と言い放った。]

(52) 2018/10/16(Tue) 01時頃

【人】 カミナリ族 フウタ

[ヌヴィルにパンを投げた後は、
鍋の中の食えなくはない物を、パンを齧りながら流し込んだ。

厨房の中で一人立食晩餐を終えると、
ツヅラに運ぶ分の食料を物色する。

汁物を持って見張り台まで登るつもりはないので、
適当に、豆やパンと干し肉を布袋に
朝までの番ならと、少し多めに入れた。]


 りんごなんてあんのかよ……?


[と、半ば諦めていたが、
一際軽い箱の中に、数個のりんごを見つけた。]

(53) 2018/10/16(Tue) 01時頃

【人】 カミナリ族 フウタ

[見た目には傷んでいる様子はない。

今朝までは料理人が生きていたのだ。
食材を無駄にすることはありえない。

残っているということは大丈夫だろうと、
一つ手に持って。
ヌヴィルと、それに絡むワッターに
一瞥をくれて厨房を後にした。]

(55) 2018/10/16(Tue) 01時頃

【人】 カミナリ族 フウタ

―医務室―


 クリストファー、ツヅラからの贈りモンだ。
 「かぜひくなー」だとよ。


[「医者のクセによー」などとからかいながら、
りんごを一つ手渡す。]


 あと何個かはあったからよ、
 アンタの判断で、
 必要そうなヤツに食わしてやってくれよ。


[残り少ないと聞けば口にしないかとも思ったが、
こんなところで嘘を吐いて、
いざ頼ろうとした時に足りない方が、
生きられるヤツが死ぬ可能性もあるというもの。]

(58) 2018/10/16(Tue) 01時頃

【人】 カミナリ族 フウタ


 ちゃんと届けたからなー。風邪なんかひくなよ。
 俺がアイツにどやされんだろ。

 あと、まともな治療なんか誰もできねぇんだ。


[「アイツがいれば違ったけどな」とは言わず、
クリストファーにくっついて歩いていた男は、
やはりここにもいなかったなと。

甲板で、
クリストファー自身が一人で遺体を運んでいた時から、
そうかもしれないとは思っていたが。**]

(59) 2018/10/16(Tue) 01時頃

カミナリ族 フウタは、メモを貼った。

2018/10/16(Tue) 01時半頃


【人】 カミナリ族 フウタ

―甲板―

[戻ってみれば、ツヅラは甲板に降りてきていて、
その隣のリーヌスのニヤけ顔>>74で陰謀の気配を察知し、眉間に皺が寄る。]


 あンだよ、手伝い?
 俺が今日一日、何人分働いたと思ってんだ?

 オイコラ、贅沢言ってんじゃねぇぞツヅラ。
 っあ〜〜〜〜 酒も持ってくりゃよかった。
 りんごに気ぃ取られてた。


[運んできた食糧にケチをつけられれば>>78
威嚇の表情でツヅラに顔を寄せ、

主食は酒だというリーヌスの言葉>>78
うっかりしてたと肩をすくめる。]

(90) 2018/10/16(Tue) 22時頃

【人】 カミナリ族 フウタ

[そんな中、「ちょうどいいところに」と
話を把握しないうちに、首に縄を掛けられてしまった。]


 ――は? オイ、勝手にかけんな。


[「上のアイツ」と言われ、つられて見張り台を見上げた。

そういえば、
見張りのアイツも見ていなかったなと息を吐く。

「わぁーったよ」と承諾するが早いか、
先に登って行ってしまうツヅラの後を追った。]

(91) 2018/10/16(Tue) 22時頃

【人】 カミナリ族 フウタ

―回想・医務室―

[「医者だって」との話>>66に、]

 へぇ……、
 俺からしたら魔術使いみてぇに思えるけどな、
 医者ってヤツぁ。

 触ったり見たりしただけで、どこが悪いのか、
 患者がでてめぇだって分からねぇ
 体ん中のこと、分かんだろ?

 そんで、それを直す薬や技術がある。
 

[「な、魔術みてぇだろ?」と、おどけた表情をしてみせる。]

自虐のようなことを口にする船医>>67は、
さすがに少しまいっているのだろうか。
「ひとりになってしまった」と嘆く声も、普段とは違って聞こえた。]

(92) 2018/10/16(Tue) 22時頃

【人】 カミナリ族 フウタ

[こちらもしんみりしかけたところで、
唐突に後継の話が出れば>>67、ハンと鼻で笑って]


 ――冗談。
 俺ぁ、好き勝手に真っ先に切り込むのが好きなんだ。

 医者になったら、好き勝手に死ねねぇだろ?
 医者が死んだら船員はどうなる?
 
 そぉんなこたァ、俺は背負いたくねぇな。


[「ま、その前に俺は馬鹿だからな」と、
ケラケラ笑い飛ばした。

そんな話をしているうちに、
クリストファーの腹の虫が鳴いた>>68ので、医務室から退散しよう。]

(93) 2018/10/16(Tue) 22時頃

【人】 カミナリ族 フウタ


 りんご以外も食っとけよ。
 今ならあったけぇモンも食えるぞ。


[出際に一言。味の保証はできないけれど。
生きる為には、食べることも必要不可欠なのだから。*]

(94) 2018/10/16(Tue) 22時頃

【人】 カミナリ族 フウタ

[身軽さには自信があったが、
仮に首の縄が無くても、
頻繁に見張り台に登っているツヅラほどの速さでは登れない。

時折風に煽られるのに耐えながら登っている中、
下から急かしてくるリーヌス>>97
チッと舌打ちを一つ。]


 るせぇ!! これでも飲んで待ってろ!


[腰にぶら下げていた水筒を、
本来の持ち主目掛けて投げ落とした。

まぁ、分け与えたり自分で飲んだり、
自分で飲んだり、自分で飲んだりしたので、
もう少量しか残ってはいないが。

酒が美味いのが悪い。]

(99) 2018/10/16(Tue) 22時半頃

【人】 カミナリ族 フウタ


 あ゛ん? 
 仕方ねぇだろが、お前一人じゃ下ろせねぇんだろ?


[まぁ、ずっと見張りをしてた男だ。
そこに置いておいて鳥の餌になるのも悪くはないかもしれないが、誰かが代わりに見張りをやらなければならない。

鳥についばまれて、或いは風雨や日光にさらされて、
しおれて形を失っていく元仲間を目にし続けるのは、
精神的によくないことくらい分かる。

先に登りきったツヅラが手を伸ばしているのを見て、]


 お前だって、悪かねぇだろ。


[その手を掴み、「よっ」と帆桁へと登った。
案山子のような男の姿>>49を見て、「お前な……」と声を漏らす。前言撤回をしたくなった。]

(107) 2018/10/16(Tue) 23時頃

【人】 カミナリ族 フウタ


 いや、なんでもねぇ。

 リーヌスが風邪? 馬鹿は風邪ひかねぇから大丈夫だろ。


[だが、早く終わらせるのには賛成だ。
首に掛けていた縄をツヅラへと渡し、
準備ができたなら、縄をしっかりと握って下へと下ろそうとする。

下からは盛大なクシャミ>>103と、暢気な声>>102>>105が聞こえた。
船の上の静けさを、改めて実感する。]

(108) 2018/10/16(Tue) 23時頃

【人】 カミナリ族 フウタ

[ワッターの声>>111に一応は従って
ロープを降ろす位置を調整する。

声だけを頼りにしていたので、
大変愉快な状況になっているのを見ずに済んだ。
見ていたらロープを握る手から力が抜けたかもしれない。

任せっきりにされるかと思ったが、
意外にもロープの後ろをツヅラが握っていて>>113
大勢の中では見落としていたことも多かったのだなと。

こと海賊船の上では、悪評ばかりが飛び交う。]


 ワ? ……ワッターか
 アイツの体ァ、ほとんど酒でできてんじゃねぇの?


[そうだとしたら、「存外美味いんじゃ?」などと、
厨房での会話を思い出したり。]

(119) 2018/10/16(Tue) 23時半頃

【人】 カミナリ族 フウタ

[そろそろ下に着く頃合とみて、]


 ちゃんと受け取れよー。
 ワッター、アンタも見てねぇで受け取れ。


[その言葉の結果、リーヌスが見たくもないもの>>111を見ることになっても、不幸な事故だ。]

(120) 2018/10/16(Tue) 23時半頃

【人】 カミナリ族 フウタ


 切ったら酒か、そいつぁいい。


[くくく、と笑い声が漏れる。

冗談なのか本気なのか。
ツヅラの発想>>122は面白い。

打っても響かないところがあるので、
いらつくこともあるが、こんな状況でも笑ってられる……。


「海賊は笑うもんだ」


よくそう言っていたソウスケ>>0:@4
海へと還ってしまった。]

(130) 2018/10/17(Wed) 00時半頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:フウタ 解除する

生存者
(3人 45促)

フウタ
12回 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
裏方
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.117 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび