人狼議事


266 十二人の(  )こどもたち村【R15】

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


【人】 食養会 ユエ

──屋上──

[ 明るい日差しの中、健全な若者がする会話じゃないなって、
 僕は思って、でも微笑んでいた。

 死ねば幸せかって、その男は尋ねて、
 まるで他人ごとみたいな口ぶりは愉快だ。
 僕は自覚的に皮肉っぽく笑って、
 細めた眼差しでその人を見ている。]

 幸せは、生きてるやつの特権じゃないの?

[ 死にたかった。けどその欲求はがむしゃらで、
 幸不幸の選択からはどうにも遠いところにある気がした。

 質問の意図は読めなくて、
 客観的世間的に言えばきっと僕は幸福だ。
 けれど満たされやしないって、
 そういう話をしてもよかったんだけど。]
 

(7) 2019/02/19(Tue) 01時頃

【人】 食養会 ユエ


[ 人生最期になるはずの空は、
 わかりやすく青くて、健やかで、
 君になら似合うはずの空を背負って、
 僕は名前も知らない人に答える。]

 でもきっと、死ぬことで、
 今まで生きた意味があったなあって思うよ。
 ……と思います。

[ 答えになったよねってふうに僕は首を傾げて、
 扉の方へまた歩いていく。その男に言う。]
 

(8) 2019/02/19(Tue) 01時頃

【人】 食養会 ユエ


 きみも死ぬためにここにいるんですよね。
 でもさ、やっぱり、
 死んだ果てに幸せなんてないと思うな。

[ 僕の持論である。死ぬのは手段。
 僕の手の中にある、今切らなきゃどうするってカード。

 そろそろ戻ろうって、また扉を潜ろうとして、
 僕は「きみはどうする?」って聞こうと振り返った。

 明るい光が差し込むから、
 その人の顔はあんまり見えなくて、
 僕は不意に、さっきの答えに不足を感じてしまう。
 僕の口は時に、かなり軽率に動く。

 館内へと消える間近、僕は言った。]
 

(9) 2019/02/19(Tue) 01時頃

【人】 食養会 ユエ


 それとも、これが幸せなのかな。
 僕は今、遠足より、修学旅行より、
 クリスマスより、誕生日より、
 自分が死ぬことを心待ちにしてる。 **
 

(10) 2019/02/19(Tue) 01時頃

食養会 ユエは、メモを貼った。

2019/02/19(Tue) 01時頃


【人】 食養会 ユエ

──屋上──

[ 幸せってなんでしょうか。
 幸福を拾いに来たんでしょうか。ここに。

 あいにく、彼から返ってきたのは、
 どちらともつかない相槌>>24だったし、
 彼自身のことはなんにもわからなかったけど、
 僕はひょいと扉をくぐって、
 ほんのり暗い屋内へと足を進めた。

 やっぱり名前を聞くのを僕は忘れて、
 彼の番号を聞くのも忘れていたけれど、
 僕はもともとそういう性格なんだったな。

 ポケットからスマートフォンを取り出す。
 ちいさなケースに入ったイヤホンも取り出す。
 頭の悪い僕はエレベーターに気づかないまま、
 せめて階下に降りる間、君の歌を聞こうと思う。]
 

(50) 2019/02/19(Tue) 14時頃

【人】 食養会 ユエ


[ 僕のスマホは最新型で、
 イヤホンもよく知らないけど、
 完全ワイヤレスのそれなりにいいやつで、
 それに見合った音質で、君の歌を流し込む。]

 〜♪

[ もうこの世にいない君が歌った、
 人生讃歌だというのだから笑える。

 イヤホンから聞こえる歌声にかぶせるように、
 僕は何度となく聞いた歌詞を諳んじて歩く。

 君の歌のほとんどはおきれいな話ばっかりで、
 けどたまにこの世の終わりみたいな曲を歌うとこが好き。
 そういうふうにつくられてるとこが好き。]
 

(51) 2019/02/19(Tue) 14時頃

【人】 食養会 ユエ


[ 僕はとことんマイペースで、
 まだ時間がありそうだからって、
 歌なんて歌いながら、
 地下には降りずにまた廊下を歩いた。

 目的地なんてなくて、
 強いて言うなら地下以外で、
 耳元では君がまだ明るい明日を歌っている。*]
 

(52) 2019/02/19(Tue) 14時頃

【人】 食養会 ユエ

──廊下──

 ……ん゛っ

[ ふらふらと歩きながらご機嫌に動いていた口を、
 突然かけられた声>>56でぎゅっと閉ざし、
 振り返って見たのは先ほどの顔だった。]

 ああ……えと、さっきの。

[ 名前も番号も知らなくって、
 さっきの人。とだけ僕は思う。

 どっかの学校の制服。
 大きく崩れていない着こなし。
 さっきの人と二人連れって言われても、
 違和感のない感じ。というだけの印象。]
 

(66) 2019/02/19(Tue) 15時半頃

【人】 食養会 ユエ


 ……これ、んー。聞きます、か?

[ 耳に引っ掛けていたイヤホンを片方外して、
 掌に乗っけて差し出してみたけれど、
 それが正解かはわかんなくて、口でも答える。]

 利根ルイって。ちょっと前に死んだ。
 あの人の、歌……っす。

[ 僕が熱心に聞くのは不釣り合いらしい。
 ということは今更もう重々承知で、
 でも僕のスマホにダウンロードされているのなんて、
 君の曲だけなんだから、僕は正直に答える。

 相変わらず、僕の片耳では君が歌っていて、
 でもちょうど曲が切り替わってって、
 僕の左耳と、右掌の上で、
 君は世界が滅ぶらしいよって歌ってる。]
 

(67) 2019/02/19(Tue) 15時半頃

【人】 食養会 ユエ


[ 終末を歌うときだって君の声は澄んでて、
 なんだかチグハグみたいで、僕はそれが好き。]

 ……きみの、連れは?

[ 差し出したそれを受け取ってもらえたかどうか。
 僕は片耳を君の歌声に浸したまんま、
 なんならちょっとリズムをとったまんま、
 目の前に立ってるその女の子に尋ねる。]

 さっき一緒にいた……友達?

[ 一緒に死ぬ。くらいのつながりを、
 他人と築けるんなら、それは幸福なんだろか。
 僕には縁のない話であるけれど、
 ほんの少しの興味の赴くまま尋ねる。*]
 

(68) 2019/02/19(Tue) 15時半頃

食養会 ユエは、メモを貼った。

2019/02/19(Tue) 15時半頃


【人】 食養会 ユエ

──廊下──

 ……ども、8番の由衛です。

[ 短く名乗り返す。
 まさか。という音はどことなくひょうきんで、
 いたずらっぽい笑い方>>93がしっくりきた。

 あっさりと真坂さんの手に渡ったイヤホンの片割れ。
 語調は明るくも、敬語に込められた距離は程よく、
 僕は「はいどうぞ」ってふうにそいつを差し出す。

 好きな曲を、それを好きでもない誰かに聞かせる。
 という機会はついぞ僕の人生に訪れやしないだろう。
 って思っていたのは数十分前のことで、
 なんだか不思議な気分であった。]
 

(116) 2019/02/19(Tue) 20時半頃

【人】 食養会 ユエ


[ すごい。という真坂さんは言って>>95
 僕は当然でしょってふうに頷く。]

 それは、まあ。
 このおーじさま一人つくるのに、
 いろんな人が、時間とお金と労力、
 山ほどつぎ込んでんだもん。すごいよね。

[ って、僕は言った。
 彼女の論旨とずれているやもしれないが、
 なんせ僕はそういう君が好きだった。
 人造人間みたいで、お手軽な神様みたいな、
 絶対にナチュラルボーンじゃないおーじさま。]
 

(117) 2019/02/19(Tue) 20時半頃

【人】 食養会 ユエ


[ 連れ。という言葉に返ってきたのは、
 具体的な人名>>96であった。楠本さん。

 友達だったら良かった人。
 というなんとも意味深な答えは、
 僕にはなんとも理解しがたく、

 ふうん。という相槌と一緒に、
 もう少し具体的な質問を投げる。]

 一緒に来たわけじゃなかった……ンですか。

[ だとすると余計にわからない、
 ”友達だったら良かった人”って言い方。
 深追いするでもないけれど、
 僕なりに励ましや慰めのつもりで言葉を続ける。]
 

(118) 2019/02/19(Tue) 20時半頃

【人】 食養会 ユエ


 でも、きっと僕たちが死んだら、
 外野が勝手に、つながりとか、共通点とか、
 いろいろ探してくれるから、
 僕たちみんな友達ってことにされちゃうかも。
 ……しれないっすね。

[ 僕の手に戻ってきたイヤホン>>97
 それと一緒に手向けられた言葉に、
 僕は心の底から「そうかな?」と思って、
 少し首をかしげて答える。]

 どうだろう。幸せだったら、
 死ななかったんじゃないかな。

 ──そういえば、きみはどこ行くとこ?

[ 集合場所はこっちじゃなかったはず。
 と思い、僕は廊下の先に視線を向けて尋ねた。*]
 

(119) 2019/02/19(Tue) 20時半頃

食養会 ユエは、メモを貼った。

2019/02/19(Tue) 21時半頃


【人】 食養会 ユエ

──廊下──

 そういうもの、なんじゃない?
 ──って、僕は思ってますけど。
 僕が思ってるだけ、っす。

[ 一般論としては? さあ。
 たとえば僕がそういう主張を、
 人造でお手軽な神様みたいな君が好き。
 とか、そういうことを発信したとして、
 もしかすると僕はこの場に来るより先に、
 誰かにぶっ殺されていたかもしれない。

 でも、今まであとを追う人の、
 ひとりもいなかったルイくんである。
 案外スルーされちゃうのかもしれないし、
 それはさみしいから僕は他人に怒られたい。]
 

(188) 2019/02/20(Wed) 00時頃

【人】 食養会 ユエ


[ まさかまさかさんが心の中では、
 ズレたこと言っちゃったなあなんて、
 リフレインされているとも知らず。
 きっとそれなら僕らのずれっぷりはお相子で、
 例えばぼくはけろりとした顔で、
 相手の言葉を否定したりもするものだ。]

 僕、フキョーしたいってタイプじゃないし、
 別にきみが聞いてくんなくても、
 好きンなってくれなくてもいい。
 ……ンですけど。でも、僕は好き。

[ 4番目の姉がいつか言った”フキョー”は、
 僕には今日も漢字に変換できないままである。

 などという僕にも当然友達がいるはずがなく、
 お手軽なお友達論には苦笑い>>170の真坂さんに、
 ぜいたくなやつだな。という思いを抱く。]
 

(189) 2019/02/20(Wed) 00時頃

【人】 食養会 ユエ


 ふうん、そっすか。

 だめ? お手軽な友達。
 僕、友情・努力・勝利とか、
 あんまし好きじゃないンで。
 楽なほうがよくないッスか?

[ そう。小さいころから憧れたのは、
 戦隊レッドでも変身ライダーでも、
 伝説の勇者でもエースストライカーでもなく、
 物語の最後にだけひょっこり現れて、
 お姫様をかっさらっていく王子様だった。

 友達だってお手軽にできるに越したことはない。
 お手軽にできて、お手軽に付き合えるのなら。

 今までも友達は決して多い方ではなかったけど、
 お手軽にできない友達なら別にいらないな。]
 

(190) 2019/02/20(Wed) 00時頃

【人】 食養会 ユエ


 ……そいえば、僕。
 少女漫画生まれレディコミ育ちなんで、
 友達ならよかった──って言われて、
 駆け落ちかと思って。ロミジュリ的な。

[ たぶん、これはケラケラと笑って言うべき、
 僕なりの冗句ってやつだったんだけれど、

 僕の顔以外の短所には表情筋も含まれているので、
 そう言ったときも、きっと僕は真顔だった。]
 

(192) 2019/02/20(Wed) 00時頃

【人】 食養会 ユエ


 まあ、別に。
 どういう理由で死ぬかとか、
 みんな勝手にすればいいと思うンすけど。

[ つらつらと述べる饒舌な僕。
 会話は巡って、君のとこまで戻ってきて、

 まさかさんがまさかって言うのが、
 僕としては相当おもしろかったんだけれど、
 冗談ではなさそう>>171だったので、
 僕もまじめな顔してさらっと答える。]

 自殺してしばらくは、
 結構騒がれてたンすけど、
 真坂さん、まさかテレビ見ない人ですか。

[ そっか。って言う僕の声は、
 なんだかちょっとばかし寂し気に響く。]
 

(193) 2019/02/20(Wed) 00時頃

【人】 食養会 ユエ


 あー。僕も、似たような感じで、
 集合場所はぎりぎりに行こうと思って。
 ……はい。どういたしまして。

[ そろそろ時間かな。って、
 スマホで時計を確認しながら、
 丁寧なお礼に、僕も小さく頭を下げてみる。

 敬語使わなくっていいよ>>172。って、
 真坂さんは言うけど、それがぎこちなくて、
 なぜかひとりで照れている姿に、
 自称人見知りの僕は少し気を許した気でいる。]
 

(194) 2019/02/20(Wed) 00時頃

【人】 食養会 ユエ


 僕はそのほうがしゃべりやすいけど。
 真坂さん、ためぐち下手だね。

[ からかったつもりでそう返して、
 真顔で顔を仰ぐのを手伝ってた頃合い、

 やってきたのはやっぱり制服姿の女子>>161で、
 僕は「いいよ」って意味を込めて頷く。

 勢いよく話し出した彼女はノッカと名乗って、
 マサカとノッカに挟まれて、僕はただのユエだった。
 ちょっぴり残念に思いながら、僕の視線は揺蕩う。]
 

(195) 2019/02/20(Wed) 00時頃

【人】 食養会 ユエ


 8番のゆえ。
 ……ノッカの制服ってさあ、えっと、
 どこだっけ。僕の姉のと一緒だ。

[ さまよってた僕の視線は最終的に、
 彼女の持ち込んだ未成年NGの物体よりも、
 身に着けてる服にいったん落ち着いて、
 この制服着てたのは何番目の姉だったか、
 思い出せなくて、ちょっぴり考え込んでしまう。]

 お酒、一口しか飲んだことないけど、
 飲んでみればよくない? どうせ死ぬんだし。

[ 相手が最初から敬語を取っ払ってたからか、
 僕もたどたどしくも言葉を返しながら、
 促されるままに地下室のほうへと足を進める。]
 

(196) 2019/02/20(Wed) 00時頃

【人】 食養会 ユエ


 参加者と喧嘩?
 やっぱりやばい人とかいた?

[ 歩きながら、不穏な言葉>>176に問いを投げる。
 死にたいって集まってるくらいだから、
 ひとりやふたりやばそうなのがいても、
 不思議ではないのかな。面倒はいやだな。

 やたらと明るい声でしゃべり続けるこの子も、
 変なやつだな。と思ったりもしたけど、
 死ぬためにこんなとこまで来てるんだから、
 言わずもがな僕もノッカも真坂さんも、
 そのほかのだれもかれも、変なやつなんだろう。

 ちゃんと死ねるといいな。死にたいな。
 って思いながら歩いてくうち、
 会話を重ねるうちきっと、目的地は間もなく。*]
 

(200) 2019/02/20(Wed) 00時頃

【人】 食養会 ユエ

──多目的室──

[ 目的地にたどり着き、多目的室と口の中で唱える。

 たくさんある目的とやらに、
 集団自殺は含まれてはないんだろな。
 と分かりきったことを考えていた。
 考えながら、扉をくぐった。

 人はもう結構集まっていて、
 僕はとりあえずどこでもいいから空いてる席。
 って気持ちで、適当な椅子に陣取った。

 場の雰囲気に倣うように、
 8番の札をテーブルに置いて息を吐く。
 場の流れを作るのは他人がするだろう。
 僕はごく受け身の姿勢で場を眺める。

 左の耳元ではまだ、君が伸びやかに歌っている。*]
 

(205) 2019/02/20(Wed) 00時頃

食養会 ユエは、メモを貼った。

2019/02/20(Wed) 00時頃


情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:ユエ 解除する

生存者
(10人 0促)

ユエ
18回 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.109 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび
下記の場所以外では、人狼議事内キャラチップ
の利用を許諾しておりません。ご了承ください。

議事総合トップ
人狼議事lobby
人狼議事morphe
人狼議事cafe
人狼議事perjury
人狼議事xebec
人狼議事crazy
人狼議事ciel

SoyBean
Sangria
@7korobi