人狼議事


266 十二人の(  )こどもたち村【R15】

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


架空惑星 レンは、メモを貼った。

2019/02/19(Tue) 01時頃


架空惑星 レンは、メモを貼った。

2019/02/19(Tue) 01時半頃


【人】 架空惑星 レン

  ―院内廊下―

[ 砂を掴むような対話>>17に辟易する。
 溜息を吐いたのはその時だけだった。
 ほんの数分の事であったが、彼との対話の中で
 彼自身の一部でも掴めたような心地はしなかった。

 言葉にされずはぐらかされたもの>>18
 知る為のナイフなどこの手にはない。
 いや、分からないといった方が正しい。
 何にせよその持ち主は自分じゃない。
 その事だけがきっと正しいのだろう。

 白々しい言葉>>19を耳にして
 悪態をつこうと開いた唇は閉ざされる。
 タイマーの音>>20と共に振り返った。
 削ぎ落としたような表情を見て息を吸う。
 善意でも悪意でもなく淡々と告げた ]

(35) 2019/02/19(Tue) 12時頃

【人】 架空惑星 レン


  先行くわ。じゃあな、ワタル。
  金にもならない話は退屈ではなかったな。
  それじゃ。

[ 反応があったのかどうかは分からない。
 だが、理解できないものを理解しようとする熱意は
 とうの昔に薄れてしまっていたものだ。
 振り返ることなく向かうのは多目的室へ。

 その途中誰かと出会うことがあれば口角を上げる。
 自然なのだというように綺麗に修繕して ]*

(36) 2019/02/19(Tue) 12時頃

架空惑星 レンは、メモを貼った。

2019/02/19(Tue) 12時頃


【人】 架空惑星 レン


[ 死ぬ理由はきっと様々だ。
 今出会っただけでも本当にこいつ死ぬのかって
 疑問に思ってしまいそうな人もいた。

 死んでしまっていいんだろうか。
 何故?
 本当に死ぬような事?
 そんな疑問をこっそり胸に抱いている。
 人に触れさせたくはないが、
 だが全員が死を決意した理由は気になる。
 それが単なる好奇心によるものなのかは
 今も知らないままただ思っているその時 ]

(45) 2019/02/19(Tue) 13時半頃

【人】 架空惑星 レン

  ぅおっ――ッと!?

[ 普段なら注意を払っているのに失念していた。
 肩をびくりと跳ねさせて勢いよく振り返った。
 そこにいたのは太陽の光でも浴びてそうなギャル>>44

 悪戯が成功したような子供の顔した彼女に
 一度長い瞬きをした後、口角を上げた ]

  ガチでビビった〜〜。
  心臓止まるとこだったわ。

[ けらけらと軽い調子で愛想笑い。
 はじめまして。
 その言葉につられるように目尻を下げる ]

(46) 2019/02/19(Tue) 13時半頃

【人】 架空惑星 レン


  はじめまして。
  俺も参加者だよ。
  そういう君も参加者?

[ 手慣れた様子で木札を取り出した。
「1」と書かれたそれを見せれば、
 今更意味なんかあるんだろうかと
 思いながらも名乗り上げた ]

  俺は蓮水怜。
  君の名前は?

[ 普通の自己紹介だ。
 なのにどうして心臓がざわつくんだろう。

 俺は目の前にいるその子が、
 生き別れた大切な妹であることに
 まだ、気づけない ]*

(47) 2019/02/19(Tue) 13時半頃

架空惑星 レンは、メモを貼った。

2019/02/19(Tue) 13時半頃


【人】 架空惑星 レン


[ 木札が立てる小さな音>>53
 彼女が掲げた数字に笑みを深める ]

  へぇ、いいことあるんじゃない?
  今まで叶わなかったこと叶ったりして。

[ 気安くそう告げて笑顔でいられたのはそこまで。
 彼女の名乗る名前に一度表情は強張った ]

  …………の、のか?

[ 繰り返すように名前を呼ぶのはある種の確認作業じみた動き。
 続けてノッカの愛称に沈黙してしまった ]

(58) 2019/02/19(Tue) 15時頃

【人】 架空惑星 レン


[ 歳は近そうだ。
 だが、それが何だというのだ。
 彼女が妹と同じ愛称を持っているから、
 妹である確証など何一つもないし、
 ただの他人の空似ならぬ偶然の可能性もある。
 たまたまだ。たまたまに違いない。
 動揺を露わにしたのは一瞬ですぐに頷く ]

  あー……いいよ。
  地下にあるんだっけ。階段探して行こっか。

[ それでも歯切れが悪くなってしまうのはどうしてだろう。
 このまま黙って共に向かってしまった方がいい。
 警鐘じみた考えが頭の中で浮かんだ。
 だというのに息を吸い込んで吐いたその時
 俺が彼女へと尋ねたものはあまりにも愚かだった ]

(59) 2019/02/19(Tue) 15時頃

【人】 架空惑星 レン


  ノッカ、は、……なんで、ここに?

[ ビニール袋片手の彼女なんて
 友達の家にでも遊びに行くような姿だ ]

  家族とか、……心配しない?

[ そのギャップに初めて戦慄しそうになった。
 まだ何も決まったわけでもないのに
 恐る恐るといった具合に尋ねる自分を
 誤魔化すようにへらりと口角を上げた ]*

(60) 2019/02/19(Tue) 15時頃

【人】 架空惑星 レン


[ 実際に会ったのは一度だけ。
 だから顔なんて全然知らない腹違いの妹。
 彼女が出来てもその子に重ねて
 結局別れるだけを繰り返してきた俺は
 相当なシスコンで夢見てたんだと思う。

 だがそんな事は最早どうでもいい。
 知らないふりに甘えて目を細める。
 可愛さが罪だから死ぬ>>63
 その言葉がどうも軽く聞こえなかったのは
 一体気のせいなのか、どうか ]

(69) 2019/02/19(Tue) 16時頃

【人】 架空惑星 レン


  援交って、なんで。
  病気ってなんだよ。
  ちゃんと医者診てもらった?

[ 彼女が学校に行けていないことも
 保険証がなくて病院に行けていないことも知らない。
 矢継ぎ早に尋ねてしまいながらも、
 場違いな音を立てるビニール袋に眩暈がする。

 言葉を重ねる度>>64
 じとりと背に汗が流れるのは何故か ]

(70) 2019/02/19(Tue) 16時頃

【人】 架空惑星 レン


  母さんは、いない。昔、死んだ。
  妹がいるけど……どうしてるか分からない。
  父さんはいるけど
  実の娘と自分の恋人を捨てられる人だ。
  俺のことなんかどうでも、いいんだよ。

  誰からも必要とされてない、から。
  いなくなっても、大丈夫。

[ すらすらと言葉を垂れ流しながらも
 心臓は嫌な音を立てながら鳴り続ける。
 耳を塞いでしまった方がいい。
 彼女がこれ以上何か言い出す前に無視した方が良い。
 それでも隠すことを忘れて聞き取った>>65 ]

(71) 2019/02/19(Tue) 16時頃

【人】 架空惑星 レン



  …………え、……は? 嘘だろ。


[ 誤魔化す事を忘れた。
 このままの流れで俺の妹もののかって名前なんだって
 そのまま言葉にしろと?
 お酒が飲めるかどうかの質問に答えられない。
 顔を背けて立ち去るべき?
 それとも面と向かって、今更、何をする? ]

(72) 2019/02/19(Tue) 16時頃

【人】 架空惑星 レン


 ( ノッカが俺の妹なら俺は、
  どんな顔をすればいいんだ )

[ 考えても答えなんて、分からなかった。
 ただ、笑おうとして乾いた声が出た ]

(73) 2019/02/19(Tue) 16時頃

【人】 架空惑星 レン


  父さん、生き別れた、とか?
  お前の母さん、お前ビョーキなのに、何してんの。
  なぁ、その兄貴は、どこにいんの?

  なんで、なんで、お前がそんな大変なのに
  誰も助けてやってないんだよ……。

[ 答えなんて聞く前に逃げ出せばよかったんだ ]*

(74) 2019/02/19(Tue) 16時頃

【人】 架空惑星 レン

[ 性病は治らない>>77
 18年生きた中で性病なんて浮かぶのは
 HIVくらいしか記憶にない。
 だから治るかどうかなんて曖昧だ ]

  分かんねーじゃん……。
  保険証だって市役所行けばどうにか、
  なるかもしれない。

[ 普段行かない場所にだって詳しくない。
 はっきりと断言出来ない弱さに歯噛みした。
 愛想笑いを浮かべる少女は可愛いらしい。
 だが、状況を鑑みると痛々しくも思えた。

 惨めで、可哀想、というよりは
 理不尽な状況に対する怒りのようなもの。
 他人に対してスレている癖に
 可能性を疑い始めたらボロが出た。
 自分が唯一罪悪感を持っている存在だというのも
 きっとその中に含まれていたのだろう ]

(84) 2019/02/19(Tue) 17時半頃

【人】 架空惑星 レン


[ なんでもないようにあしらい慣れた様子で
 お揃いを口にした彼女の口許>>78は見えない。
 ひどい顔と呼ばれて罰が悪そうに視線を逸らした。

 一つ綻べば順に暴かれていく。
 後釜に入った女と寄り添った男に似た表情で、
 何一つ言い訳も出来ずに唾液を嚥下した。

 なんて答えればいいんだろう。
 当てられた心臓はいのちのおとを響かせる>>79
 はくりと吐いた息だけがやけに大きく聞こえた ]

  誰からも必要とされていないから。

[ 選び抜かれた子供の癖に言い切る。
 本当はそれだけじゃない。
 助けてもらえないんじゃなくて
 助けて欲しくないんだけということも ]

(85) 2019/02/19(Tue) 17時半頃

【人】 架空惑星 レン


[ 沈黙の時間が息苦しい。
 首を絞められているような気分だった。
 媚びたような声色>>80が恐ろしかった。
 有無を言わせなような表情が怖かった。

「知らない」と突き放してシラを切るか。
 だがそうすればそれこそ俺は父さんと同じ生き物になってしまう。
 動揺を隠すようにして口許を隠した。
 ぱちぱちと瞬きを繰り返す仕草が
 同じものであったなど自覚もしなかった>>78 ]

  妹が、好きだった。
  だから、あげたんだ。

[ 短く答えてそれから諦めたように笑いかけた。
 今すぐ駆け出してしまいたい。
 壁という壁を殴って硝子全部割ってしまいたかった ]

(86) 2019/02/19(Tue) 17時半頃

【人】 架空惑星 レン



  ……なんで、お前がここにいるんだよ、望々花。
  

[ 短く答えた。
 これで十分質問の答えになっていると決め込んだ ]

(87) 2019/02/19(Tue) 17時半頃

【人】 架空惑星 レン


  望々花、お前、帰れよ。
  父さんが何とかしてくれる。
  金だって俺が死んだら手に入る。

  お前の母さんが何してるのか知らないけど
  病気だってきっとよくなるよ。

[ 淡々と告げてそれでいて死ぬなと促す ]

  せめてお前は幸せになってくれよ。
  な、頼むから。*

(88) 2019/02/19(Tue) 17時半頃

【人】 架空惑星 レン


[ すっごい偶然ですっごい皮肉。
 こんな形で再会するなんて最悪だ ]

  まだ持ってんの、あれ。

[ 返答などなくても頭の中に浮かぶのは丸い輪郭。
 顔なんてのっぺらぼうだけども、
 何故か目の前の少女の顔がチラついた。

 心臓でも掴まれてる気分だった。
 居心地が悪くて吐き気がする。
 ああ、恐らくその瞳>>90が期待外れだと
 雄弁に語っているように映ったからだ ]

(105) 2019/02/19(Tue) 19時半頃

【人】 架空惑星 レン


  それ、お前が俺に言う?
  今バズってる王子様系男子じゃなくてゴメンな。

[ どれだけ夢見たって、それは勝手な想像にしかなくて
 先程まで感じていた憤りだとか焦りだとかも
 萎えて静かに凪いでいった ]

  …………生きてたら、何とかできねーんだよ。
  
[ 離された指>>91に黙り込む。
 あの時、あの手を離したのは俺だった。
 だが今、もう一度繋ぎ止めようとは思えなかった。
 ただただ押し黙って声>>92に耳を傾ける ]

(106) 2019/02/19(Tue) 19時半頃

【人】 架空惑星 レン


[ もし生きていたら、って思っていたし
 幸福であってくれたらとも思っていた。
 それは自分が未練を残したくなかった為。
 でもそれ以外にもあった。

 そんな事今更言ったって、
 きっと、どうしようもないだろう。
 響く筈などない。決め込んだまま続けた ]

  ずっとあの時手を離さなければって、後悔してた。
  繋いだままにしてたらよかったって、

  ずっと、思って、生きてた。

[ 後ろに下がるその姿を引き止められない。
 望まれていないものを与えたくもない ]

(107) 2019/02/19(Tue) 19時半頃

【人】 架空惑星 レン


  俺には、必要だったよ。
  会いに行こうとだって、した。

  嘘くさいだろうけど、はは、ごめん。
  無責任だと、思う。

  でも、どうすればいいのか分からなかった。
  こうしたら俺でも役に立てるって勘違いしてた。

[ 別々で行こうというのなら引き止めない。
 そのまま見送るのがいいと思っている。
 そうは思いながらも手を伸ばしたのは何でだろう ]

(108) 2019/02/19(Tue) 19時半頃

【人】 架空惑星 レン


  我儘だって、分かってる。
  でも、死んで欲しくない。

  ……ごめんな。

[ 届かずとも構わないがそれだけを言い切って
 彼女へと伸ばした手も下ろした。

 誰からも必要とされないものは要らない。
 理解できるし、また、それは一つ新たな確信を持てた。
 生き別れた妹にも俺なんて必要ない。

 きっと俺じゃ彼女を世界に留めるだけの気概も持てない。
 
 何を今更だと思いながらも視界が霞む。
 視線を逸らしてそのまま口角を上げては背を向けた ]*

(111) 2019/02/19(Tue) 20時頃

架空惑星 レンは、メモを貼った。

2019/02/19(Tue) 21時半頃


【人】 架空惑星 レン


[ 全部を伝えたらどうなるんだろう。
 この胸に抱えている全てを曝け出したら
 どうなってしまうんだろう。
 想像のつかないことに恐怖を感じた ]

  ――――ち、がう。
  要らない子なんかじゃ、ない。

[ 生きてたらお金にならないから出来ない。
 あの時、2歳の俺と首が据わった辺りの望々花との出会い。
 それら全てを言葉にできない癖して
 望々花の存在自身を否定するような言葉だけ否定した。

 尖ったナイフの先端で突き刺されるような痛みだ。
 彼女が自分を否定するような言葉を吐くたびに
 途方もなく俺自身の存在も殺したくなる ]

(139) 2019/02/19(Tue) 22時頃

【人】 架空惑星 レン


  ( ノッカが笑ってる顔が見たかったから )

[ 願いとは裏腹に望々花の大きな瞳からは
 涙が溢れて伝っていく>>122
 彼女が俺にぶつける我儘はあまりにも綺麗で
 それでいて優しすぎたから、死にたくなった。
 だって、望々花が願ってくれたのは――
 他でもない俺の幸せだったんだ>>123 ]

  それで望々花と世界を繋いであげられるなら
  それで、いい。それが、いい。
  生きてたら絶対、望々花を必要としてくれる人がいる。

(140) 2019/02/19(Tue) 22時頃

【人】 架空惑星 レン


  だってお前、優しいから。
  人の幸せ願える素直なやつだから。

  俺が助けてやれなくて、……ごめん。

  でも、お前が幸せなら俺も絶対に幸せになれるよ。

[ きっとこの言葉も彼女の気を
 高ぶらせてしまうかもしれない。
 望々花へ幸せを願いながら向けられた言葉>>124
 この時本当に背中を向けていてよかった ]

(141) 2019/02/19(Tue) 22時頃

【人】 架空惑星 レン


  俺は、……好きだよ。

[ 情けなくも溢れた涙を見られずに済んだから ]*

(142) 2019/02/19(Tue) 22時頃

架空惑星 レンは、メモを貼った。

2019/02/19(Tue) 22時頃


【人】 架空惑星 レン

  ―多目的室―

[ 望々花は此処へ訪れるだろうか。
 もし再会した際はどんな表情を浮かべれすばいいんだろう。
 思い浮かばなくて階段を探す足取りは重たかった。
 今でも正直受け入れられない。
 他の人が死ぬと聞いても「そうなんだ」と
 受け止められていたというのに

 望々花に対してだけは割り切れなかった。

 のろのろと多目的室に向かえばそこには先客が数名。
 見かけたことのない人達>>164>>174
 中には車椅子に腰掛けている人もいた。
 少女の方は先程見かけた少年>>158と話をしている。
 割り込まないように奥へと入り込んだ ]

(177) 2019/02/19(Tue) 23時半頃

【人】 架空惑星 レン

 
  お邪魔しまーす。
 「1」番、蓮水怜。
  さっきの子と知らない子もよろしく。

[ どこの椅子に腰掛けるか様子を見渡す。
 適当な椅子に腰掛けながら目尻を擦った。
 伊達眼鏡をズラせばよく分かる赤さに嫌気がさすが、
 知らないふりを決め込むように口角を上げた ]*

(179) 2019/02/19(Tue) 23時半頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:レン 解除する

生存者
(10人 0促)

レン
14回 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.132 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび
下記の場所以外では、人狼議事内キャラチップ
の利用を許諾しておりません。ご了承ください。

議事総合トップ
人狼議事lobby
人狼議事morphe
人狼議事cafe
人狼議事perjury
人狼議事xebec
人狼議事crazy
人狼議事ciel

SoyBean
Sangria
@7korobi