人狼議事


266 十二人の(  )こどもたち村【R15】

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


【人】 架空惑星 レン


[ 木札が立てる小さな音>>53
 彼女が掲げた数字に笑みを深める ]

  へぇ、いいことあるんじゃない?
  今まで叶わなかったこと叶ったりして。

[ 気安くそう告げて笑顔でいられたのはそこまで。
 彼女の名乗る名前に一度表情は強張った ]

  …………の、のか?

[ 繰り返すように名前を呼ぶのはある種の確認作業じみた動き。
 続けてノッカの愛称に沈黙してしまった ]

(58) 2019/02/19(Tue) 15時頃

【人】 架空惑星 レン


[ 歳は近そうだ。
 だが、それが何だというのだ。
 彼女が妹と同じ愛称を持っているから、
 妹である確証など何一つもないし、
 ただの他人の空似ならぬ偶然の可能性もある。
 たまたまだ。たまたまに違いない。
 動揺を露わにしたのは一瞬ですぐに頷く ]

  あー……いいよ。
  地下にあるんだっけ。階段探して行こっか。

[ それでも歯切れが悪くなってしまうのはどうしてだろう。
 このまま黙って共に向かってしまった方がいい。
 警鐘じみた考えが頭の中で浮かんだ。
 だというのに息を吸い込んで吐いたその時
 俺が彼女へと尋ねたものはあまりにも愚かだった ]

(59) 2019/02/19(Tue) 15時頃

【人】 架空惑星 レン


  ノッカ、は、……なんで、ここに?

[ ビニール袋片手の彼女なんて
 友達の家にでも遊びに行くような姿だ ]

  家族とか、……心配しない?

[ そのギャップに初めて戦慄しそうになった。
 まだ何も決まったわけでもないのに
 恐る恐るといった具合に尋ねる自分を
 誤魔化すようにへらりと口角を上げた ]*

(60) 2019/02/19(Tue) 15時頃

【人】 少年探偵団 ガーディ

[良い天気>>33。あんまり天気に左右される生活は送って来なかったから、少し言葉に詰まる。

雨とか雪とか、全て窓の外のこと。
現実味のない、切り取られた風景としか認識することもなくなって久しい。

だから、……そうだな]


  ああ、良い天気、なんだろうな

  死に日和……だな


[外に出られるのは暫しの自由が得られるものだから、それはきっと良いことだ。だから良い天気なんだ。
お天道様だって、最期だから顔出して新たなる門出を祝福してくれてるんだろうよ。たぶん。

感謝の言葉には何も答えない。感謝される筋合いがないのだから]

(61) 2019/02/19(Tue) 15時半頃

【人】 少年探偵団 ガーディ

[そんな言葉を返したのなら、もう受付横で。階段も見えてきたし、一度振り返って確認する。
横に並ぼうとしないところ、そういうところが他人で、無関心で、良い距離感なんだろう。まあ、迷子が隣に居て、別の方向行かれたのなら、呼び戻したりするの大変なので、ほんと助かるのだが]


  ……とりあえず地下行くぞ


[多目的室の場所は知らない。が、降りたらきっとわかるんじゃない?

かつん、かつん。
音が響くように足音を立てながら、一歩、また一歩と地下へと降る。
地下は地獄?それとも冥界?
どんな宗教であっても下へと行くのは大体死ぬことだし、自殺なんて悪い方法で死ぬんだ、極楽とか天国とかそんなところになんて行ける気もない。

かつん、かつん。
後ろのヒナコは今どんな気持ちで降っているのやら。
少し気になったのは、迷子を拐かす悪い奴みたいに僕が成ったような気がしたからか*]

(62) 2019/02/19(Tue) 15時半頃

【人】 聖愛色同胞 ノッカ

[名前を告げた途端、レンくんがギクリと固まった気がした。
まるであなたは癌ですとか告げられたみたいな顔をした気もした。
あたしの名前と元カノの名前同じだったりして。
たまーにいるんだ、お客さんにもそういう人。

歯切れの悪いレンくんの顔を見上げて、それでも拒絶はされなかったから
なんにも気がついてないふりの営業スマイルで頷いた]

 うん?うーん、そうだなぁ。
 ……あたしの可愛さが罪だから死ぬの。

 なんてねっ。うそうそ、ジョウダン。

[がさり。手元のビニール袋が音をたてた]

(63) 2019/02/19(Tue) 15時半頃

【人】 聖愛色同胞 ノッカ

 あたし、エンコーしてるんだけど。
 ビョーキ移されて、もうできないみたいだから。

[なんでもないことみたいに、理由を話す。
隠すようなことじゃない。あたしにとっては、ただの事実の確認だ。
だからあたしは「死ななくちゃいけない」んだ。
世界の誰もが、あたしのことカワイイって言ってくれなくなる前に]

 お母さんは、あたしのこと興味ない……ってか、嫌いだろうから。
 お父さんは顔も見たことないし。
 
 レンくんは?
 親とか、キョーダイとか。心配かけてるの?

[明るく首をかしげて。
家族はいいのか、なんてチープな質問をするレンくんへ同じようで少し違う質問を返す。
そうして、遠い昔を見ようとするように目を細めて]

(64) 2019/02/19(Tue) 15時半頃

【人】 聖愛色同胞 ノッカ

 んー。
 あたしのお兄ちゃんの名前がねー、れんなんだ。
 だから、レンくんにちょっとキョーミある。ふふ。

 ね、ビール飲める?チューハイもあるけど。
 お部屋についたらみんなで飲もうと思って、買ってきたんだ。*

(65) 2019/02/19(Tue) 15時半頃

【人】 食養会 ユエ

──廊下──

 ……ん゛っ

[ ふらふらと歩きながらご機嫌に動いていた口を、
 突然かけられた声>>56でぎゅっと閉ざし、
 振り返って見たのは先ほどの顔だった。]

 ああ……えと、さっきの。

[ 名前も番号も知らなくって、
 さっきの人。とだけ僕は思う。

 どっかの学校の制服。
 大きく崩れていない着こなし。
 さっきの人と二人連れって言われても、
 違和感のない感じ。というだけの印象。]
 

(66) 2019/02/19(Tue) 15時半頃

【人】 食養会 ユエ


 ……これ、んー。聞きます、か?

[ 耳に引っ掛けていたイヤホンを片方外して、
 掌に乗っけて差し出してみたけれど、
 それが正解かはわかんなくて、口でも答える。]

 利根ルイって。ちょっと前に死んだ。
 あの人の、歌……っす。

[ 僕が熱心に聞くのは不釣り合いらしい。
 ということは今更もう重々承知で、
 でも僕のスマホにダウンロードされているのなんて、
 君の曲だけなんだから、僕は正直に答える。

 相変わらず、僕の片耳では君が歌っていて、
 でもちょうど曲が切り替わってって、
 僕の左耳と、右掌の上で、
 君は世界が滅ぶらしいよって歌ってる。]
 

(67) 2019/02/19(Tue) 15時半頃

【人】 食養会 ユエ


[ 終末を歌うときだって君の声は澄んでて、
 なんだかチグハグみたいで、僕はそれが好き。]

 ……きみの、連れは?

[ 差し出したそれを受け取ってもらえたかどうか。
 僕は片耳を君の歌声に浸したまんま、
 なんならちょっとリズムをとったまんま、
 目の前に立ってるその女の子に尋ねる。]

 さっき一緒にいた……友達?

[ 一緒に死ぬ。くらいのつながりを、
 他人と築けるんなら、それは幸福なんだろか。
 僕には縁のない話であるけれど、
 ほんの少しの興味の赴くまま尋ねる。*]
 

(68) 2019/02/19(Tue) 15時半頃

食養会 ユエは、メモを貼った。

2019/02/19(Tue) 15時半頃


【人】 架空惑星 レン


[ 実際に会ったのは一度だけ。
 だから顔なんて全然知らない腹違いの妹。
 彼女が出来てもその子に重ねて
 結局別れるだけを繰り返してきた俺は
 相当なシスコンで夢見てたんだと思う。

 だがそんな事は最早どうでもいい。
 知らないふりに甘えて目を細める。
 可愛さが罪だから死ぬ>>63
 その言葉がどうも軽く聞こえなかったのは
 一体気のせいなのか、どうか ]

(69) 2019/02/19(Tue) 16時頃

【人】 架空惑星 レン


  援交って、なんで。
  病気ってなんだよ。
  ちゃんと医者診てもらった?

[ 彼女が学校に行けていないことも
 保険証がなくて病院に行けていないことも知らない。
 矢継ぎ早に尋ねてしまいながらも、
 場違いな音を立てるビニール袋に眩暈がする。

 言葉を重ねる度>>64
 じとりと背に汗が流れるのは何故か ]

(70) 2019/02/19(Tue) 16時頃

【人】 架空惑星 レン


  母さんは、いない。昔、死んだ。
  妹がいるけど……どうしてるか分からない。
  父さんはいるけど
  実の娘と自分の恋人を捨てられる人だ。
  俺のことなんかどうでも、いいんだよ。

  誰からも必要とされてない、から。
  いなくなっても、大丈夫。

[ すらすらと言葉を垂れ流しながらも
 心臓は嫌な音を立てながら鳴り続ける。
 耳を塞いでしまった方がいい。
 彼女がこれ以上何か言い出す前に無視した方が良い。
 それでも隠すことを忘れて聞き取った>>65 ]

(71) 2019/02/19(Tue) 16時頃

【人】 架空惑星 レン



  …………え、……は? 嘘だろ。


[ 誤魔化す事を忘れた。
 このままの流れで俺の妹もののかって名前なんだって
 そのまま言葉にしろと?
 お酒が飲めるかどうかの質問に答えられない。
 顔を背けて立ち去るべき?
 それとも面と向かって、今更、何をする? ]

(72) 2019/02/19(Tue) 16時頃

【人】 架空惑星 レン


 ( ノッカが俺の妹なら俺は、
  どんな顔をすればいいんだ )

[ 考えても答えなんて、分からなかった。
 ただ、笑おうとして乾いた声が出た ]

(73) 2019/02/19(Tue) 16時頃

【人】 架空惑星 レン


  父さん、生き別れた、とか?
  お前の母さん、お前ビョーキなのに、何してんの。
  なぁ、その兄貴は、どこにいんの?

  なんで、なんで、お前がそんな大変なのに
  誰も助けてやってないんだよ……。

[ 答えなんて聞く前に逃げ出せばよかったんだ ]*

(74) 2019/02/19(Tue) 16時頃

【人】 真向一気 シンイチ

 ありがとうございます。
 えぇと、お名前は?

[断る理由は無かった。
真面目そうな少年の名を伺いながら、
差し出された湯のみ>>57を受け取る。
ぬるいな、と思ったけれど、笑顔は崩さない。

マスクを外すことになるので、
先客の彼に背を向け、
程よい温度のお茶を一気に流し込んだ。
うん、悪くない味だ。]

(75) 2019/02/19(Tue) 16時半頃

【人】 真向一気 シンイチ

 ……ごちそうさま。美味しかったです。

[結構なお手前ですね。なんて
冗談めかして付け加えてから、
『9』の文字とその主を見比べる。

やけに視線が合うような気がして、
えぇと、と口ごもる。眼鏡の下で視線が泳いだ。]

 この恰好には、ちょっと訳があって。
 あまり、気にしないでください。

[不審者スタイルよりも、
声に既視感を抱かれてるとは思い至らず。
向けられる視線から逃れるように
真一は帽子を被り直しただろう。**]

(76) 2019/02/19(Tue) 16時半頃

【人】 聖愛色同胞 ノッカ

 保険証どこにあるか知らない。ってか、ないかも。
 いいよ、性病って治らないんでしょ?

[保健体育の、うろ覚えの知識。
それこそ小学校レベルまでのおべんきょしかしてないから、よくわかんないまんだけど。
次々に疑問を重ねるレンくんに、ニコニコ、みんなが好きそうな営業スマイルのまんま答えて。
可哀想な子だと思われてるんだろうか、と考えた。

惨めで、可哀想な子だって]

 いなくなっても、大丈夫、ね。
 ……ええー?じゃあお揃いじゃぁん。

[変に同情してくる面倒なお客さんをあしらうみたいに、明るく笑って適当な相槌を打って。

そうして、今度こそ凍りついたレンくんの顔を見上げて。
す、と唇から笑みを拭った]

(77) 2019/02/19(Tue) 17時頃

【人】 聖愛色同胞 ノッカ

[>>72その顔はけして、元カノと同じ名前がだとか、他人のそら似がだとか、そういうものを見るような顔をしてなかった]

 ……知りたがりだね、レンくん。
 ねぇ、大丈夫?ひどい顔だよ。

[ああ、さっきの家族構成。
どこかで聞いたような、話だ。
病死した女の後釜に入った女。引き離された兄妹。

感じた動揺を隠すために、口許に袖口を当てる。
ぱち、ぱち。瞬きで気持ちを落ち着かせようとして。

少しだけ、皮肉っぽく笑った]

 「兄貴はどこにいる」、ね。
 ……普通は「なにしてる」って訊くよね。

[だってあたし、お兄ちゃんとは生き別れたなんて言ってない]

 そーだねぇ、どこにいるんだろうねぇ。

(78) 2019/02/19(Tue) 17時頃

【人】 聖愛色同胞 ノッカ

 あたしもレンくんに質問したいな。
 レンくんは、なんで誰からも助けてもらってないの?

[まるで犯人はお前だ、とでも言うように
トン、と彼の胸に人差し指を当てて]

(79) 2019/02/19(Tue) 17時頃

【人】 聖愛色同胞 ノッカ


 テディベアは好き?
 ……妹さんのお名前、教えて?

[確信を含んだ笑みで、甘ったるく尋ねた]*

(80) 2019/02/19(Tue) 17時頃

【人】 透明女子会 ヒナコ

[「死に日和」>>61
普段なら、驚くような返しだけれど]

  ふふ、…死に日和
  ほんとに、そうだね

[わたしも、おんなじ事を思ったから

晴れの日でも、雨の日でも、
外に遊びに行っちゃだめ
家でじっとしてなきゃだめ
それを破らなくても
違う理由で、行きの降るなか粗とに出される
わたしが悪いこだから、お仕置き
今となっては、よく分からないけど

わたしは今、お外で遊んでる]

(81) 2019/02/19(Tue) 17時頃

【人】 透明女子会 ヒナコ

[受付の横まで戻ってこれた>>62
彼がこちらを振り返る

何かあったかな、
と思えば、向こうに会談が見えた

もしかして、
わたしが居るか心配してくれたのかな

行くぞという声には、「うん」と返す

階段の下、目的の場所、死ぬ場所
ディくんの響く足音を耳に死ながら思うのは]

  地獄じゃないと、いいね
  天国に行けるのかも…分からないけど

[自分は悪い人間なのか、そうじゃないのか
自分の未熟な物差しでは、
ただ生き長らえてきた人生は、測れなかったから]

(82) 2019/02/19(Tue) 17時頃

【人】 透明女子会 ヒナコ

[歩みを進めれば、蛍光灯の照明に照らされて
ロータリーにあった像と同じモチーフ絵>>0:46
見えてきただろうか

雲がある青空の中に存在するそれは
嫌でも、お母さんを、両親を彷彿させた]

  ……ぅっ……

[恐怖を感じるのは、もう長年染み込んだ"反射"だと思う

思わず、前を歩いていた彼の裾を掴んだ

こんなところに居るわけがないのに
もう見つかることはないと分かっているのに
16年培われた親の支配は、重い]

  …ご、ごめんねっ

[そう言ってぱっと、直ぐに手を離した**]

(83) 2019/02/19(Tue) 17時頃

真向一気 シンイチは、メモを貼った。

2019/02/19(Tue) 17時半頃


透明女子会 ヒナコは、メモを貼った。

2019/02/19(Tue) 17時半頃


【人】 架空惑星 レン

[ 性病は治らない>>77
 18年生きた中で性病なんて浮かぶのは
 HIVくらいしか記憶にない。
 だから治るかどうかなんて曖昧だ ]

  分かんねーじゃん……。
  保険証だって市役所行けばどうにか、
  なるかもしれない。

[ 普段行かない場所にだって詳しくない。
 はっきりと断言出来ない弱さに歯噛みした。
 愛想笑いを浮かべる少女は可愛いらしい。
 だが、状況を鑑みると痛々しくも思えた。

 惨めで、可哀想、というよりは
 理不尽な状況に対する怒りのようなもの。
 他人に対してスレている癖に
 可能性を疑い始めたらボロが出た。
 自分が唯一罪悪感を持っている存在だというのも
 きっとその中に含まれていたのだろう ]

(84) 2019/02/19(Tue) 17時半頃

【人】 架空惑星 レン


[ なんでもないようにあしらい慣れた様子で
 お揃いを口にした彼女の口許>>78は見えない。
 ひどい顔と呼ばれて罰が悪そうに視線を逸らした。

 一つ綻べば順に暴かれていく。
 後釜に入った女と寄り添った男に似た表情で、
 何一つ言い訳も出来ずに唾液を嚥下した。

 なんて答えればいいんだろう。
 当てられた心臓はいのちのおとを響かせる>>79
 はくりと吐いた息だけがやけに大きく聞こえた ]

  誰からも必要とされていないから。

[ 選び抜かれた子供の癖に言い切る。
 本当はそれだけじゃない。
 助けてもらえないんじゃなくて
 助けて欲しくないんだけということも ]

(85) 2019/02/19(Tue) 17時半頃

【人】 架空惑星 レン


[ 沈黙の時間が息苦しい。
 首を絞められているような気分だった。
 媚びたような声色>>80が恐ろしかった。
 有無を言わせなような表情が怖かった。

「知らない」と突き放してシラを切るか。
 だがそうすればそれこそ俺は父さんと同じ生き物になってしまう。
 動揺を隠すようにして口許を隠した。
 ぱちぱちと瞬きを繰り返す仕草が
 同じものであったなど自覚もしなかった>>78 ]

  妹が、好きだった。
  だから、あげたんだ。

[ 短く答えてそれから諦めたように笑いかけた。
 今すぐ駆け出してしまいたい。
 壁という壁を殴って硝子全部割ってしまいたかった ]

(86) 2019/02/19(Tue) 17時半頃

【人】 架空惑星 レン



  ……なんで、お前がここにいるんだよ、望々花。
  

[ 短く答えた。
 これで十分質問の答えになっていると決め込んだ ]

(87) 2019/02/19(Tue) 17時半頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

生存者
(10人 0促)

はのん
54回 注目
ススム
18回 注目
ノッカ
16回 注目
マユミ
20回 注目
レン
14回 注目
ヒナコ
31回 注目
ワタル
17回 注目
シンイチ
32回 注目
ユエ
18回 注目
ガーディ
33回 注目

犠牲者 (1人)

0回 (2d)

処刑者 (1人)

ウツギ
11回 (5d) 注目

突然死 (0人)

舞台に (0人)

村を出た人達

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.14 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび