人狼議事


268 Werewolves of PIRATE SHIP-V-

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


【人】 弁務官 ジャーディン


 ……?
 腑分け、の為の記載ではないな……?


[資料を読み進める事、暫し。
 あらかたの略奪でも終わったのか悲鳴も怒号も、
 潮騒のように引いて行く気配に顔を上げた頃合い。

 資料の束のなかから1枚気になる羊皮紙を見つけ、
 それを引き抜き、折り畳み、胸ポケットへ。

 一応の略奪品の扱いだが、
 難しい言葉が並ぶ資料など1枚失せても気付かれまい。
 誰が来るかもわからないこの場所ではなく、
 落ち着く自らの医務室に戻ってから読むべきだろう]

(4) 2019/03/12(Tue) 01時半頃

【人】 弁務官 ジャーディン


 しかし……
 獣の研究とは、言い得て妙だな。


[貨物船どころか自船がワクワク動物ランドと化した、
 など想像できるはずもないが独り言は溜息と共に。

 此処の医者が何を想ってこれを残したか、など。
 未だ未知の領域だからこそ――まだ声音は曇りなく**]

(5) 2019/03/12(Tue) 01時半頃

弁務官 ジャーディンは、メモを貼った。

2019/03/12(Tue) 01時半頃


【人】 弁務官 ジャーディン


[抜き出した1枚を除けば他はあたりさわりもなく、
 記載を視線で撫でるだけで概ね内容を理解できていた。
 
 物資の質の良さは無論の事、
 ただの貨物船にしては妙に量も多い理由も然り。
 尤も医学に詳しくなければただの薬草、薬品、医療器具。
 己であっても抜き出した1枚が無ければ、
 それは恐らく見落としてしまっていただろう。
 
 思い当たった発想を確かめるべく、
 薬草の類が入っていた隔離箱の隅を探理を入れた。
 あまり人が探ることなど想像もしていなかったのか、
 予想は当たって小さな密封容器が表れ眉を寄せつつ。

 それを、己の小さな医療鞄の奥へしまい込む。
 倒れないよう、慎重に。適当な布でさらに包みもする。

 そうして迎えを待つこと暫し、
 手慰みに書類に目をおとしていれば響く声に>>9

(10) 2019/03/12(Tue) 08時半頃

【人】 弁務官 ジャーディン


  きみか、ピスティオ。
  要らないと言えば嘘になるが、君だけ持てるか?


[覗き込んだサボり魔に涼やかに応じて、
 ベッドに置いた木箱を指さしたことだろう。
 荷運びをギリアンとして想像していたせいで、
 遠慮なくぎっちり詰まった木箱は如何にも重そうであり]


  それと、そこの隠し棚に、
  なかなかの高級酒と装飾品が隠されていた。
  きみが欲しいなら持って行くといい。


[それが礼だよ、と言わんばかりに立ち上がり言い放つ。
 運び手に己を含めないあたり無意識だが、
 片手は書類の束、片手は自らの医療鞄で埋まっている]
 

(11) 2019/03/12(Tue) 09時頃

【人】 弁務官 ジャーディン

[常日頃から声をかけてくる理由など思い至らず、>>9
 彼の努力が実を結んでいるかは危いところだが。
 助手など居ない自船では使いを頼める相手は便利であり、
 時折、健康体が寝台を占領するのを見逃すのも事実。

 そこらの知らない顔よりはまだ表情は緩むのだが、
 彼が、それを知るかどうかは別の話だ。

 愛想のない口調は誰に対しても変わらない]


  瓶も薬草も器具も物資は全て貴重なものだ。
  丁重に医務室へ運んでくれよ、破損でもしたら……


[不穏な言葉を呟き、留めたのは無意識で、
 視線が合えば口角を上げて、唇は薄い弧を描く]
 

(12) 2019/03/12(Tue) 09時頃

【人】 弁務官 ジャーディン


[――これが誤解を呼ぶのだとはまだ気付かずに。

 そうして、物資を詰め込んだ箱を託し、
 ピスティオの邪魔を排除するべく彼の先を歩くだろう。

 途中、ギリアンに会えれば2人で運ぶように指示をして、
 向かう先は己の仕事場、医務室へと行くつもり**]
 

(13) 2019/03/12(Tue) 09時頃

弁務官 ジャーディンは、メモを貼った。

2019/03/12(Tue) 09時頃


[深い深い、海の色。

 そして


  心を惹きつけてやまない、鮮紅色。
  貨物船で多く流されたそれを思い起こさせる
  あまりにも艶やかな赤の色]


[焦がれていた宝石を目の前にして
 それでもフェルゼは、人間の理性を保つ。


 だってそうだろう。
 略奪すべき宝石は、まだまだ世界中の国庫にたくさんあるのだから**]


弁務官 ジャーディンは、メモを貼った。

2019/03/12(Tue) 11時半頃


[ 船長が眩い光として皆を導くのならば。

 私はその影となって反乱の萌芽を摘み取ろう ]


[ 全てはRedWolf号を…

 私の生きる唯一の場所を護るため。 * ]


   『 なぁ。お前。
    何か俺に隠していないか? 』

[ モンドの半ば確信めいた瞳
 船長の強い光に時が止まったように感じ…

 何も隠していることはない、と
 答える声は震えていた
 長年共に戦ったからこそ
 これ以上の隠し事は出来ないと悟る。 

 そしてそれ以上の踏み込んだ話はする事無く。
 落ち着いた態度を繕いながら部屋を後にした ]


   この男を生かしておけない

[ この《聲》は普通の人間には聞こえない

 周りにそれを聞き取れる人間が居るかもしれない…
 なんて思いもしないままに呟いた

 長年共に戦った戦友をもアッサリと
 抹殺の対象に組み入れて

 元より情は持ち合わせてない。
 …それでも。冷静でいられる程強いわけでもない

 《聲》は迷いに震え ]


【人】 弁務官 ジャーディン

― Redwolf号 → 医務室 ―
[揺れる海面を眼下に接舷した自船に戻り、
 先導する先は無論のこと、自室と化した医務室へ。
 途中、ギリアンに出くわさねば、>>23
 ピスティオの余力は朽ちていたかもしれない。
 まあそれはそれで、この青年が文句をいう事は……
 あるのかもしれないが、今更というもの。些事だろう]


  ありがとう、君たち。
  礼に次の治療は丁寧に行うことを約束しようか。


[3つの上等な寝台に磨かれた診察台、
 部屋の規模は一等船室程度の大きさであり、
 奥には区切られた医療品類の保管庫もある場所だ。
 書類整理の為の机や椅子も医務室にはある現状、
 自室として過ごすに違和感のない設備も揃っている。
 その全て清潔に整えられた医務室の一角、
 診察台の上へと指を示し鷹揚に述べたのが先言で]

(35) 2019/03/12(Tue) 21時頃

【人】 弁務官 ジャーディン


  ギリアン、君は残れ。


[頭に兎を乗せたままであろうが傷を見逃すものか。
 傷だらけの大男を捕まえる指先は頑として動かず、>>23
 鼻歌がサゲサゲになろうとも椅子に座らせ、宣言通り。

 沁みると文句でも出ようが無視をして、
 傷口を消毒し、ぐるぐると包帯を巻いてやった。
 わりと深い傷もあったがどうして気にならないのか、
 不思議な男だというのをありありと雰囲気で滲ませつつ]

(36) 2019/03/12(Tue) 21時頃

【人】 弁務官 ジャーディン


  ――これでいい。
  あぁ、運んだ駄賃を受け取っていけ。
  価値はフェルゼあたりに聞けばいいだろう。


[もう一人の功労者あるピスティオは、
 これより多く現場で品を得ているだろう。
 箱詰めの中に紛れ込んでいた装飾品の一つを見つけ、
 ギリアンに握らせてあとは興味を失ったように。
 黙々と箱の中身を出す作業へと移るだろう*]

(37) 2019/03/12(Tue) 21時頃


 『……獣の研究など、酔狂に過ぎる』


[不治の病。業病。或いは呪詛と言える現象。
 人の領域を踏み越えたその肉体を何と呼べばいいのか、
 今思うに尤も近しいのは――進化か、突然変異か。

 蔓延する噂の元が現実か虚言かなど、
 常ならば一笑に付すだけのはずだった。

 だが、1枚の羊皮紙に描かれた世界は、
 噂にしかすぎない筈の獣の存在の実在を示し、
 その証たる物品もまた、鞄に隠し持ってしまっている]



 『そんな簡単に治れば、苦労はしないな』


[かの貨物船の医者は兎で治療法を探していたらしい。
 だから食糧の用途にしては多い兎がいたのだろう。

 密やかに吐くため息は熱く、双眸は冷たく。
 冷えた物言いの奥底に滾る熱を沈めるには、
 血肉を忘れるようただ勤めるのみ――だが。

 心で描く《聲》は秘めやかに、熱を帯びて響く。
 
 斬新な治療法を求めて彷徨っている医者の正体など、
 斬新な治療でしか癒せない病を帯びている他に、
 平地の安寧を離れる理由などあるものか]



[秘め事は治癒が叶うまで。
 秘める為ならば地を紅で濡らすのも厭わない*]
 


弁務官 ジャーディンは、メモを貼った。

2019/03/12(Tue) 21時頃


【人】 弁務官 ジャーディン

― 閑話 ―

  楽しいことを考えているといい。
  そうだな、……甘いものは好きか?

[彼の掌を診察台ではなく自らの掌の上へ乗せ、
 柔らかく包んでからそっと掴んで逃さぬよう拘束とした。

 赤い双眸は伏せ、千切られた爪先を見ている。
 そうした間の囁きは刺激を生まないように穏やで、
 爪鑢を手にし、皮膚を傷付けないように先ずは爪を整え、
 そうしてから傷薬を塗るのが恒例事項となっている]

(73) 2019/03/12(Tue) 23時頃

【人】 弁務官 ジャーディン


  先日、寄港した際に珍しい果物を見つてな。
  ニールに頼んで蜂蜜漬けにしてもらっておいたから、
  後しばらくすれば味わうことができるだろう。


[気を逸らす言葉は滑らかに、
 指先に態と苦味の残る薬草を練り込んだ薬液を塗り、
 血止め代わりにガーゼを暫く押し当てること暫し。

 舐めれば舌が痺れて苦い程度の細工は果たして効くのか。
 口で言っても通じない幼子のような彼に対し、
 ならば言い聞かせるよりは、と、苦肉の策だったが]

(74) 2019/03/12(Tue) 23時頃

【人】 弁務官 ジャーディン


  あとはメアリーか。
  女性はもう少し大切に扱うべきだな。


[そうして、もう一人の“患者”である人形へ、
 視線を人間を診るのと変わらず向けて溜息を吐いた。

 海風は人だけでなく人形も汚す。
 初めてエルゴットの髪を見た時は絶句したが、>>23
 風呂に問答無用で突っ込む膂力などはない。
 故に、放置するしかないわけだが――人形は別だ。

 大事に扱おうと汚れた手指で扱い、海風に晒され、
 劣化は月日と共に重なって腕の繋ぎが解れかけた彼女を、
 治して欲しいとせがまれ“手術”した記憶は新しく]
 

(75) 2019/03/12(Tue) 23時頃

【人】 弁務官 ジャーディン


 時々、メアリーと一緒に風呂に入れ。
 きみが汚れていると、彼女も悲しむぞ。

[此度もくたびれたメアリーを診察台に乗せ、
 本来は人間の肌を縫い合わせる針と糸で治してやり、
 ついでに汚れた衣装を余ったガーゼで補強する。
 
 そんな繊細な治療は幾度繰り返されたか、
 今は彼の吃音も聞き返すことなく理解できるまでに至り、
 一方通行の言葉を根気よく彼にかけたのだったか]
 

(79) 2019/03/12(Tue) 23時半頃

【人】 弁務官 ジャーディン


[そんな彼が、まさか雄鶏を確保しているとは知らず、
 甲板の騒動も船内の騒動もどこ吹く風で荷整理をひと時。

 包帯も薬品も器具も、充実はした。
 治す為に乗船した医者の満足度は9割満たされ、
 あとは、資料と鞄に入れた小箱を確かめるべく、
 雑事を片付け、自由時間を作るだけの作業へと]

 
 ……お前ら、怪我をするなと言っただろう?


[だいたいの整理が終わったと同時に、
 怪我人がなだれ込む医務室で盛大な溜息を。
 幸い、消毒用の酒も薬液もたっぷり手に入れている。

 なだれ込んだ内の幾人かはサボり目的だろうが、
 治療に従事する己の目には気付けまい*]

(84) 2019/03/12(Tue) 23時半頃

【人】 弁務官 ジャーディン


[否、唯一、この騒ぎとなるまでに気付いていた輩を、
 じぃっと半眼で見つめたのは言うまでもなく。>>82

 寝台を占拠することには文句は言わない。
 手伝いをしないことにも文句をいう事はない。
 だが、視線だけが手伝い要請を物語っていた*]
 

(88) 2019/03/12(Tue) 23時半頃

弁務官 ジャーディンは、メモを貼った。

2019/03/12(Tue) 23時半頃


【人】 弁務官 ジャーディン

[傷は放置すれば悪化し、
 悪化すれば結局倒れ、寝かせるハメになる。
 つまりはピスティオが占領する寝台が徴収される。

 見事なまでの三段活用だ。いや、ちょっと違うが。
 脚をぶらつかせる青年にガーゼの束と消毒薬を手渡し、
 痛みを訴える下っ端たちの世話を焼く最中。

 届いた噂話も>>94、その尾鰭も>>28
 不愛想この上ない己の表情は相も変わらず。
 ただ、たった一言だけ]

(102) 2019/03/13(Wed) 00時頃

【人】 弁務官 ジャーディン


  なんだ、それは病気か?


[人狼。人とは違う獣。
 ならばあの貨物船の船医の研究は推して知る。
 冗句のような言葉だが治療中の下っ端あたりには、
 珍しく無駄口を叩いた程度の噂にはなっただろう。

 尤も、病気ならば治すと普段より明言する己だ。
 真面目な顔も相まって本気と受け取られたかもしれない]

(103) 2019/03/13(Wed) 00時頃

【人】 弁務官 ジャーディン


  どの道、不確かなものに振り回されてもな。
  あぁピスティオ、その薬は毒だから使うなよ。


[視界に入らない彼への注意も難なくこなし、
 その後はきっと、食事時までは治療に従事したはずだ*]

(107) 2019/03/13(Wed) 00時頃

弁務官 ジャーディンは、メモを貼った。

2019/03/13(Wed) 01時頃


【人】 弁務官 ジャーディン


  それが終れば好きにしていい。
  食事時だ、食堂に行くのだろう?

[不平不満もご尤も、視線は向けずだが、>>126
 理解していると言いたげに頷く仕草だけで応じて]

  あぁ、そうだ、ザーゴに会ったなら伝えてくれ。
  私は“いつも通り”の戦果だと。

[つまりは何もない。
 物資の補給は船長や副船長にも認められた行為で、
 己がそれに加えて金品を略奪し得る事など、
 これまで一度もなかった――異常事態とも言えよう。
 
 ただ治療できるだけの場と状況であればいい。

 それを求めて乗船した日から想いは変わらっておらず、
 少なくなってきた怪我人を確認しピスティオへ伝えて。
 漸く視線を向けた医者の表情は満足げであった**]

(140) 2019/03/13(Wed) 02時頃

[ 美味しいと感じる肉は ―― ]


【人】 弁務官 ジャーディン

[医務室の混雑は食事時になれば引く。
 どのみち空腹程度で動ける軽傷の患者が殆どで、
 軽傷を放置して悪化する者が後で出るのが常のパターン。

 脚や腕を切断した記憶は未だ生々しく残る。
 傷を膿ませて切断、戦闘の最中に再起不能となり切断、
 各々の理由は様々だが後で健診でもするか――
 そんな思考で去るピスティオを見送り、>>147
 やがて静かとなった医務室の片付けをする事暫し。

 清潔な空間が戻って来て息を付く。
 食事時は大いに過ぎたがまだ空腹を訴える程ではなく、
 ――それに、今日は卵は無いだろうと予想して。
 医務室を仕切ってスペースを作った保管庫の扉を開く。

 スカウトされ乗船して早々、
 医務室の改造を行った際には船長に呆れられたが、
 この船の船大工は優秀らしく丈夫な壁を作ってくれた。
 つまりは個室のようなものが出来上がっている]

(197) 2019/03/13(Wed) 22時頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:ジャーディン 解除する

処刑者 (4人)

ジャーディン
12回 (6d) 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.14 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび
下記の場所以外では、人狼議事内キャラチップ
の利用を許諾しておりません。ご了承ください。

議事総合トップ
人狼議事lobby
人狼議事morphe
人狼議事cafe
人狼議事perjury
人狼議事xebec
人狼議事crazy
人狼議事ciel

SoyBean
Sangria
@7korobi