人狼議事


268 Werewolves of PIRATE SHIP-V-

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


[深い深い、海の色。

 そして


  心を惹きつけてやまない、鮮紅色。
  貨物船で多く流されたそれを思い起こさせる
  あまりにも艶やかな赤の色]


[焦がれていた宝石を目の前にして
 それでもフェルゼは、人間の理性を保つ。


 だってそうだろう。
 略奪すべき宝石は、まだまだ世界中の国庫にたくさんあるのだから**]


【人】 墓堀 ギリアン

[すまない、本当にすまない。
死のにおいに満ちた貨物船がわくわく動物タイムに突入してしまったのはギリアンのせいだ。

あらすじ
・檻が壊れてウサギが飛び出す
・むぎゅっと捕まえたウサギ、すぐ死ぬ
・ニワトリも飛び出す
・こけこっこー!
・ニールにふさふさの毛がはえる
・それを見たフェルゼが喜ぶ
・みんなで動物を追い回す


ギリアンは機動力が低いのでニワトリを捕まえたりはできませんでした。本当にすまない]

(20) 2019/03/12(Tue) 12時頃

【人】 墓堀 ギリアン

[ウサギの檻は、朽ちた継ぎ目が衝撃で割れただけで、大破はしていない模様。

捕まったふわふわと死んだふわふわ。
なんかちょっと減った気がする。
生き延びたうさちゃんの未来に幸、あれ──!]



 うん

[たぶんガストンならすぐに直せるだろうが、とりあえずは壊れたまま、崩さないように。
RedWolfの厨房へ向かうニールに着いて行く間はいつもよりも3割増しで慎重な足取り]

(21) 2019/03/12(Tue) 12時頃

【人】 墓堀 ギリアン

[シチューいいね。
肉のシチューはご馳走。
ウサギは死んでしまってもその日のうちに食べればいいのに、死んだ人間は船にぶら下げて飾るくらいしか使い道がないのは不公平だと思う]



 ……

[なぁなんか手伝うから味見くれ、なんて声をかけて、ニールのチョッパーナイフ捌きを眺めながら鍋をかき混ぜて。そうして過ごしたりしたのはもう随分前だ。

最近ニールはママって呼ばれてるらしい。
いつのまに出産したんだろう。気づかなかった。

厨房の邪魔にならない位置をニールに聞いたら檻を置いて。
中から持ち上げたふわふわ(死んでいる)をそっと自分の頭の上に乗せてみた]

(22) 2019/03/12(Tue) 12時頃

【人】 墓堀 ギリアン



[というわけで医者殿の指示した場所に集荷に向かうのはだいぶ遅れることになった。
ピスティオが荷物運びの功績を一人で挙げた後なら、えらいえらいと撫でてあげよう。

運搬途中で遭遇するなら手伝うのだけど。

医者殿と一緒に医務室まで行ったりしたら、そのまま切り傷の治療コースのフラグ>>0:289なので鼻歌のテンションもサゲサゲになる**]

(23) 2019/03/12(Tue) 12時半頃

墓堀 ギリアンは、メモを貼った。

2019/03/12(Tue) 12時半頃


[ 船長が眩い光として皆を導くのならば。

 私はその影となって反乱の萌芽を摘み取ろう ]


[ 全てはRedWolf号を…

 私の生きる唯一の場所を護るため。 * ]


   『 なぁ。お前。
    何か俺に隠していないか? 』

[ モンドの半ば確信めいた瞳
 船長の強い光に時が止まったように感じ…

 何も隠していることはない、と
 答える声は震えていた
 長年共に戦ったからこそ
 これ以上の隠し事は出来ないと悟る。 

 そしてそれ以上の踏み込んだ話はする事無く。
 落ち着いた態度を繕いながら部屋を後にした ]


   この男を生かしておけない

[ この《聲》は普通の人間には聞こえない

 周りにそれを聞き取れる人間が居るかもしれない…
 なんて思いもしないままに呟いた

 長年共に戦った戦友をもアッサリと
 抹殺の対象に組み入れて

 元より情は持ち合わせてない。
 …それでも。冷静でいられる程強いわけでもない

 《聲》は迷いに震え ]



 『……獣の研究など、酔狂に過ぎる』


[不治の病。業病。或いは呪詛と言える現象。
 人の領域を踏み越えたその肉体を何と呼べばいいのか、
 今思うに尤も近しいのは――進化か、突然変異か。

 蔓延する噂の元が現実か虚言かなど、
 常ならば一笑に付すだけのはずだった。

 だが、1枚の羊皮紙に描かれた世界は、
 噂にしかすぎない筈の獣の存在の実在を示し、
 その証たる物品もまた、鞄に隠し持ってしまっている]



 『そんな簡単に治れば、苦労はしないな』


[かの貨物船の医者は兎で治療法を探していたらしい。
 だから食糧の用途にしては多い兎がいたのだろう。

 密やかに吐くため息は熱く、双眸は冷たく。
 冷えた物言いの奥底に滾る熱を沈めるには、
 血肉を忘れるようただ勤めるのみ――だが。

 心で描く《聲》は秘めやかに、熱を帯びて響く。
 
 斬新な治療法を求めて彷徨っている医者の正体など、
 斬新な治療でしか癒せない病を帯びている他に、
 平地の安寧を離れる理由などあるものか]



[秘め事は治癒が叶うまで。
 秘める為ならば地を紅で濡らすのも厭わない*]
 


墓堀 ギリアンは、メモを貼った。

2019/03/12(Tue) 21時頃


【人】 墓堀 ギリアン

─ お手伝い ─

[現役のRedWolf号メンバーは、痩躯が多い気がする。シュッとしている。ギリアン浮いちゃう。
ニールの飯を食っていて栄養状態の悪いわけがないから、そういう筋肉の付け方なんだろうけれど]


 ふんふ〜、んん

[ピスティオはまだもう少し大きく育つかな?
おそらくその道中まで奮闘した功労者ピスティオに、えらいえらい。なでなで。
最年少クラスの若手達はだいたい赤ちゃんに見えている]

 うんうん


[よーし、おじさんこの荷物運びを手伝っちゃうぞ。
その先に待ち受けるものに気づいて鼻歌のテンションサゲサゲになるのは数十秒後のこと]

(38) 2019/03/12(Tue) 21時半頃

【人】 墓堀 ギリアン

─ RedWolf号医務室 ─

 う〜〜〜ん……?

[後ずさり。
君は残れ。の有無を言わせぬこの圧よ>>36

医務室をフリーおさぼりスポットとして愛用してない類のギリアンにとっては、ここは消毒薬と包帯と苦いおくすりの間だった。

握っただけで砕けそうな細い指は頑として動かず。さっきのウサギの例もあるし振り払うわけにも]


 うう

[椅子に設置されてしまえば、もはやまな板の上の卵。
左の前腕を裂いたナイフの傷がぐるぐる巻きにされるのを大人しく我慢した]

(41) 2019/03/12(Tue) 21時半頃

【人】 墓堀 ギリアン

[回避の概念に乏しいギリアンは、怪我の多い方だ。
そしてこれは結構最初の方で気づいたが、この医者殿はケガ人にはちょっと優しい気がする。
ちょっとだけね。

消毒液とかいう汁はすごい沁みる。怪我する時より痛い]


 ……ぐすん

(42) 2019/03/12(Tue) 21時半頃

【人】 墓堀 ギリアン

[この医者殿には自分はどう見えているんだろう、と時々思うこともある。顔面から頭部にかけての特に大きい瑕疵を見てくる視線に。


医者の見立てなんて、どうかはわからないけど、

 本能は理解している
 戦いや事故だけが海賊の死に方じゃなく
 もうそろそろ背後に死神がうろついている肌感覚

ギリアンの体と脳は少しずつ少しずつ朽ちて沈んで行く難破船と同じだ]



 うん?

[駄賃。
握らされたものを見下ろせば、なんと!>>37
キラキラだ。これは間違いなく断然キラキラしている。お宝に違いない。

やったー、の節回しで口笛を吹いた*]

(43) 2019/03/12(Tue) 22時頃

【人】 墓堀 ギリアン

[そうだフェルゼに駄賃にもらったお宝を見てもらう。
口笛も意気揚々と医務室を出た。

ちょうど、イヤッフゥウウゥゥウゥッゥゥ!!!が聞こえてまさにナイスタイミング。

──と思ったのが過ちでした]


 ……
 う、うん……

[すごいマシンガントーク>>63の流れ弾に被弾。
蘊蓄を語る相手としては無価値なギリアンだけど、色が変わる宝石、を見せびらかすのにはうんうんととりあえず頷いた]

(91) 2019/03/12(Tue) 23時半頃

【人】 墓堀 ギリアン

[同時に耳に入るのは人狼の噂。
と付随する尾ひれ。"副船長が噂話をもみ消そうとした>>28"には少し耳を傾けた]

 うーん。


[ハワード。の副船長室は自室の隣だ。
彼が陸や外船に出ていれば空室であることも多い部屋]

(94) 2019/03/12(Tue) 23時半頃

墓堀 ギリアンは、メモを貼った。

2019/03/12(Tue) 23時半頃


【人】 墓堀 ギリアン

─ 閑話(若手の範囲に悩む) ─

[撫でるとわちゃわちゃするピスティオ、かわいくない?>>72
うさちゃんやらの小動物達を慈しむような感性こそ皆無だけど、RedWolf号を構成するものに関しては別。

そして相手が嫌がってるかどうかを察するほど見る目はない。

同じく、シーシャにも。
彼がどんな態度でもうんともすんとも怒らないが>>85 甲板の日陰で休んでいるシーシャの周りにやってきては、大音量の鼻歌と共に周囲の床をゴシゴシ磨きまくったりはする。
床磨きの楽しさを布教する伝道師なのです。


エルゴットが見張り台に登っていない時には、近づいてきたら頭を撫でることもあるが、なんか手がぎとってする。
そんなに汚くしていたら近い将来、毛髪が──この話はやめようね*]

(100) 2019/03/13(Wed) 00時頃

【人】 墓堀 ギリアン

─ 第三甲板 ─

[こうさぎ。
おおそれは踏んでも死ぬ、蹴っても死ぬ。なんと触っただけで死ぬ!

そんなのが足元を跳ね回っていたりしたら、両手を上げて岩と化すしかない。脱走した小動物を追いかけるイケオジという面白いものを見かけられたかどうか]



 ん

[ピィ、と軽い口笛。
副船長を指差したジェスチャーを自分の耳に向ける。
『お前の噂、聞いたぞ』の仕草。

お互いに海賊らしい海賊だった頃には快活さと剣呑さに澄んでいた瞳は、今は濁っているけど、じぃ、と。ハワードを見つめ**]

(116) 2019/03/13(Wed) 00時半頃

墓堀 ギリアンは、メモを貼った。

2019/03/13(Wed) 00時半頃


[ 美味しいと感じる肉は ―― ]


【人】 墓堀 ギリアン

[海賊というのは結局アウトローであり、まっとうな社会なら馴染むのが難しいような連中も普通に適応できていたりする。

(その代わり早死にするのは、まあ、そういうものだ)

たとえばエルゴットの吃音。ごく普通の海賊なら、眉を顰めて軽蔑と憐憫をくれるようなお上品さなんか持ち合わせてない。
無口で、言葉よりも仕事で語るタイプの船大工が批判されることもない。ちょっとしたアレで呪われたりはするけど]




[というわけでギリアンも。
いつの間にか、こいつ"うん"と"うーん"くらいしか喋ってねーな、となっても。
ことほどさように>>161詰められずに済んで現在にいたる]

(166) 2019/03/13(Wed) 19時頃

【人】 墓堀 ギリアン

─ 第三甲板、自室前 ─

 う〜……?

[ああ儚いもの、その名はウサギ!
そっと触ればってどのくらい?握っただけで死んだんだよ?
という顔>>162

あれ、今ごまかされた?ごく自然に話題を変えられた?
船の外世界の"情報"を一番多く抱えている男をじぃ。

その声がやけに優しすぎて、哀しそうにさえ聞こえたので]


 …ん

[指先をぷるぷるさせながら、子ウサギの背中へ近づけた。
もふっと毛に指が埋まって、しかしピスティオにするように撫でたら死んでしまいそうだったのでそのまま固まる]

(167) 2019/03/13(Wed) 19時頃

【人】 墓堀 ギリアン

─ 回想:深夜の迷子 ─

[いくらギリアンだってベッドにいきなり夜襲をかけられたらそりゃあびっくりしますよ]


 ふみゃあっ!

[ベッドに突然降ってきた質量兵器>>160に咄嗟にグーパンチを放たなかったのは本当に、お互いにとって幸運だった。
まだ寝てなかったのだ。
枕に頭を乗せて鼻歌を鼻ずさんでいた。セルフねんねんころりという奴]


      ……はわーど?

(170) 2019/03/13(Wed) 19時半頃

【人】 墓堀 ギリアン


[最初、ハワードが部屋を間違えたとは気づかなかった。

だって普通、自分の部屋で一人で「癒して〜」なんて言うとか思わないじゃん。無人じゃん。
陸から戻ったと思えば隣人の部屋にいきなり深夜に入ってきて、仕事明けの疲れ果てた姐さんみたいなセリフ言いながらダイブしてくるタイプだったの?えっやだ…て思うじゃん。


どうやら深酒したらしいと気づけば、9割がたの安堵(いろんな意味で)と、9分の心配。

自力で起き上がって帰って行くなら見送るし、足腰立たないようなら──って副船長室まで担いで行ってあげるほどご親切ではない。床でもベッドの端っこでも貸し出して、歌いかけの子守唄の続きをハミングでもしてよう]

(171) 2019/03/13(Wed) 19時半頃

【人】 墓堀 ギリアン




  『損させてるなぁ、ハワード
   楽してて悪い』

[いつ頃からか、ギリアンが喋らなくなったのは何故かといえば、
舌がうまく動かなくなって、まるっきり呂律が回らなくなったからだ。

自分でも、不明瞭な言葉としてすらほぼ聞き取れないとわかるくらいれろれろする。
四六時中泥酔していると思われるのも、頭を心配されるのもなんなので、ああもうこりゃ喋らないのが一番楽だわい。と。

片足を失ったこの男が副船長の座に着いた時も、渉外担当として動いているのも、わぁしんどそう。という気持ちでいた]



  『その交渉はー残念だったな
   ヌヴィルを殺すなよ。俺たちはうまくやってけるさ』

[ベロベロハワード氏はどうせ聞こえてなかろう、と思ってれろれろと話しかけたり**]

(173) 2019/03/13(Wed) 19時半頃

墓堀 ギリアンは、メモを貼った。

2019/03/13(Wed) 21時頃



[この男も、治したいと思ってはいるのだろうか、などと]
 


 ―かつての話―

[反逆者について、直接ハワードに何か伝えたわけではなかった。
 割と真剣に、少しでも零したら即暗殺されそうな空気であったし
 頭脳労働担当のフェルゼには、戦闘員とタイマンで勝てるわけがない。

 ただちょうど、船に戻ってきていたハワードと
 今日のように普段どおりの会話をしただけ]

  ハワードさん、人狼ゲームって知ってます?
  数人のグループの中に人間のふりをする人狼がいて
  その人狼を探して吊り上げるってえげつないゲームなんですけど

[反逆仲間の規模など知らない。何人いるかも把握していない。
 自分を誘ってきた人間が、反逆者のトップなのかどうかもわからない。
 でも、視線を感じる。裏切り者に敵意を向ける視線を]


情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:ギリアン 解除する

生存者
(5人 0促)

ギリアン
23回 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.125 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび
下記の場所以外では、人狼議事内キャラチップ
の利用を許諾しておりません。ご了承ください。

議事総合トップ
人狼議事lobby
人狼議事morphe
人狼議事cafe
人狼議事perjury
人狼議事xebec
人狼議事crazy
人狼議事ciel

SoyBean
Sangria
@7korobi