人狼議事


268 Werewolves of PIRATE SHIP-V-

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


【人】 執事 ハワード

― 噂話 ―

[ 下っ端海賊の間に実しやかに囁かれる噂話

 『 人狼が現れた 』

 それとはまた別の話。
 厨房に蔓延る鼠のように密やかで
 誰一人としてその実態を知ることは無い

 …それでいて決して消え去ることの無い噂は―― ]

(24) 2019/03/12(Tue) 15時半頃

【人】 執事 ハワード

[ 『  船長に逆らう者は謎の死を迎える  』

 剛健な身体を持った男が原因不明の衰弱死をした
        ( ―― 極めて気性が荒く、幾度も
             暴動を起こしている男だった )
 
 見張りをしていた男が海に落ち溺死した
        ( ―― 彼の仲間はさぞ驚いただろうね。
             謀反の首謀者が消えたのだから )


 それらは、あくまで噂に過ぎない
 だから決まって副船長が船に居る時に" 事故死 "
 が起こることもまた。

 …偶然と片付けられる範囲内ではあったのだろう ]

(25) 2019/03/12(Tue) 15時半頃

【赤】 執事 ハワード

[ 船長が眩い光として皆を導くのならば。

 私はその影となって反乱の萌芽を摘み取ろう ]

(*2) 2019/03/12(Tue) 15時半頃

【赤】 執事 ハワード

[ 全てはRedWolf号を…

 私の生きる唯一の場所を護るため。 * ]

(*3) 2019/03/12(Tue) 15時半頃

【人】 執事 ハワード

― ⇒ Redwolf号 ―
[ ギリアンから連鎖した大惨事は見ないふり
 ほんの他愛もない事故だから己が出張るべき
 理由も見出だせず。
 
 様子を見に来たヒュー>>0:296
 目敏いフルタフ>>0:309に気付くことなく
 RedWolf号へ戻っていった

 ちゃっかりふわふわの子ウサギを小脇に抱えて。
 どうするかって?
 小動物は愛でるもの!異論は認めない(る)]

(26) 2019/03/12(Tue) 15時半頃

【人】 執事 ハワード


   貴方がた、その噂は…

[ 下っ端たちが話す噂話>>0:#4
 通りすがりに耳にする

 『 人狼 』

 その単語を聞き、目尻に微か険が走る
 どうやら彼らも具体的な根拠は無い
 様子ではあったが・・・

 " 火の無い所に煙は立たない "
 …その事を自分が一番よく分かっている ]

(27) 2019/03/12(Tue) 15時半頃

【人】 執事 ハワード


   妄りに根拠の無い噂を流さぬよう。
   皆を不安にさせたくありませんから。

[ 険しい顔のままに釘を刺した
 とはいえ、彼らの口から噂話が止まることは無いだろう

 むしろ" 副船長が噂話をもみ消そうとした "
 その事実もまた噂話と共に広がったかもしれない ]

(28) 2019/03/12(Tue) 15時半頃

【人】 執事 ハワード

― ⇒ 船長室 ―

[ Redwolf号へ戻りそのまま
 船長室のドアをノックした

 貨物船での戦果を報告するため、
 そして先ほど聞いた噂話を伝えるために。

 二人の間だけに伝わる独特なリズムを
 響かせたなら、きっと開けてくれたのだろう
 そうすれば茶色のウサギ>>0:@21が出迎えてくれた ]

(29) 2019/03/12(Tue) 15時半頃

【人】 執事 ハワード


   モンド、貨物船にあったものだが――…

[ 周りには誰もいないから少しばかり口調は砕けたもので。
ざっくりと、各々が略奪を成功させた事を伝えた

細かいところは伝える気は無い
報告したいなら、各自が自分の口から伝えた方が
より詳細だろうから。 ]

   それと、妙な噂があるみたいだ
   近くに『 人狼 』が出た、らしいが…
   なに、船長が心配するには及ばないさ

[ あくまで、警戒には及ばない、と言外に伝えたが ]

(30) 2019/03/12(Tue) 15時半頃

【赤】 執事 ハワード

   『 なぁ。お前。
    何か俺に隠していないか? 』

[ モンドの半ば確信めいた瞳
 船長の強い光に時が止まったように感じ…

 何も隠していることはない、と
 答える声は震えていた
 長年共に戦ったからこそ
 これ以上の隠し事は出来ないと悟る。 

 そしてそれ以上の踏み込んだ話はする事無く。
 落ち着いた態度を繕いながら部屋を後にした ]

(*4) 2019/03/12(Tue) 15時半頃

【赤】 執事 ハワード

   この男を生かしておけない

[ この《聲》は普通の人間には聞こえない

 周りにそれを聞き取れる人間が居るかもしれない…
 なんて思いもしないままに呟いた

 長年共に戦った戦友をもアッサリと
 抹殺の対象に組み入れて

 元より情は持ち合わせてない。
 …それでも。冷静でいられる程強いわけでもない

 《聲》は迷いに震え ]

(*5) 2019/03/12(Tue) 15時半頃

【人】 執事 ハワード

[ その後は長くとどまることはなく、扉へ向かう

 よく見れば偶然だろうが船長室の部屋の鍵が壊れていた
 これでは誰でも開けられてしまうだろう

 ガストンに頼んで直してもらわないとなぁ――…
 …と思っていたけれど
 腕の中のウサギが脱走したものだから
 うっかり忘れてウサギを追いかけていた **]

(31) 2019/03/12(Tue) 15時半頃

執事 ハワードは、メモを貼った。

2019/03/12(Tue) 15時半頃


執事 ハワードは、メモを貼った。

2019/03/12(Tue) 18時頃


【人】 執事 ハワード

― 料理について ―

[ 小動物は愛でるもの!

 その主張に偽りは無かった
 何せ"  動物の肉を美味しいと思ったことは一度もない  "

 他の者が美味しそうに食べているから
 試しに口に含んでみても
 味気ない虚無の味が広がるだけ。
 
 どんなに美味しく調理されたであろうソレでも
 まるで砂を食べているような心地になるのだ。
 それは兎だろうと鶏だろうと豚だろうと…
 如何なる種類であっても変わりは無く ]

(153) 2019/03/13(Wed) 13時頃

【赤】 執事 ハワード

[ 美味しいと感じる肉は ―― ]

(*9) 2019/03/13(Wed) 13時頃

【人】 執事 ハワード

[ニールが来る前に料理を担当していた者
 の時は特にひどかった

 年を経るごとに食が細くなる、それも手伝って
 肉を含む皿には一切手を付けず
 パンとサラダだけを好んでいた

 綺麗に残った状態で突き返すこと暫く。
 ある日先代は泣きながら" 船を下させてください"

 …と。
 おかしいですねぇ。
 私は彼に止めろなんて一言も言ってないんですけど。 ]

(154) 2019/03/13(Wed) 13時頃

【人】 執事 ハワード

[ 料理番がニールに変わって。

 彼が食材にオネェ…いや、
 優しい口調で話しかけているから
 …なのかは分からないけれど

 偏食は以前よりは少しはマシになった
 だからニールには感謝している *]

(155) 2019/03/13(Wed) 13時頃

【人】 執事 ハワード

― 第三甲板 ―

[ 船員たちに乱暴な口をきいたことも
 手を挙げたことも。殆ど無かったはずだけれど

 何故か分からないが、ごく一部の者から怖がられる。
 まぁそう見られた方が都合が良いから
 訂正も否定もしないのだけどね。

 シーシャに見られていた>>86のは気付かないけれど
 ご褒美の時計の音と共に出てきた>>93辺りで
 やっと子ウサギを捕まえられて

 至極満足そうにふわっふわの毛皮を
 堪能していましたとさ

 うさぎはともだち、えさじゃない!

 (だって不味いんだもの。)  ]

(156) 2019/03/13(Wed) 13時頃

【人】 執事 ハワード

   おっと、失礼。

[ 子ウサギを捕まえることに集中していたから
 うっかり誰かと肩がぶつかった
 若干よろめいて不規則な金属音が響くけれども
 さりとて転ぶ程弱くもない

 それがフェルゼ>>63だったかは分からないけれど ]

(157) 2019/03/13(Wed) 13時頃

【人】 執事 ハワード


   何が、そこまで
   人を狂わせるのでしょうね…

[ 廊下に響くマシンガントークの大半は
 上手く聞き取れなかった

 垣間見えた宝石は確かに美しい。
       (――そして妙に心がざわつく)

 あの美しい石を巡り多くの血が流されたであろう事も
 容易に想像はついたけれども。

 それでも石は石以上の何物でもなかったし
 フェルゼのように執着できる何かを持たなかったから
 …去ってゆく背中にポツリと呟いた*]

(158) 2019/03/13(Wed) 13時頃

【人】 執事 ハワード

― 回想 : 隣のお部屋は? ―

[ ギリアンは隣の部屋に暮らしていた>>94

部屋を留守にすることが多かったので
実際は顔を合わせる機会は多くはなかったかもしれないけれど。

陸から帰ってきた時には大抵ひどく酔っていた

交渉の難儀な堅物には酒を飲ませて判断力を鈍らせてしまえ。
…とまぁ頑張って飲ませようとするのだけれど
自身は酒に滅法弱いものだから ]

(159) 2019/03/13(Wed) 13時頃

【人】 執事 ハワード


   あぁぁぁ、もう疲れた〜
   ヌヴィルのやつ、交渉をダメにしちゃうんだから…
   誰か癒して〜〜

[ 支離滅裂なことを呟きつつふらっふらだ
そのままベッドに倒れこむのは常のことで。

もちろん自室は目指していたけれど
間違えて隣の部屋になだれ込むこともあって。

さて、その時ギリアンは居たかどうか。 ]

(160) 2019/03/13(Wed) 13時頃

【人】 執事 ハワード

― 現在 : ギリアンと ―

   おや、ギリアン。
   その仕草は…

[ 指差して、そして自身の耳を指示した>>116

 噂を聞いた、とそう言ってるのだろう。
 以前は"うん"と"う〜ん"以外の言葉も
 話していたような気がしたけれど。

 噂を聞かれたのは都合が悪い…
 なんてほんの少し思いはしたけれど
 それ以上に、彼の濁った瞳が哀しかった

 沈みゆく難破船>>43を救う術を私は知らなくて ]

(161) 2019/03/13(Wed) 13時頃

【人】 執事 ハワード


  …うさぎ、触ります?
  そっと触れば大丈夫ですよ、きっと。

[ 四苦八苦しつつ捕まえたうさぎを
 ふっと笑って差し出した

 医者ではないから、治すことはできないけれど。
 何かしてやりたい、と願うのもまた本当で ** ]

(162) 2019/03/13(Wed) 13時頃

執事 ハワードは、メモを貼った。

2019/03/13(Wed) 13時半頃


【人】 執事 ハワード

― 回想 : 深夜の失態 ―

[ 咄嗟のグーパンチを食らわなかった>>170
のは正しく不幸中の幸いだろう

立ち直れる気がしない。
それはもう、色々な意味で。

子守唄>>171を聴きながら既に夢の中
貸してくれた場所ですやすやと ]

(211) 2019/03/13(Wed) 23時頃

【人】 執事 ハワード


[ 因みに。
30分ほどその場で眠っていたが
徐に起き上がって部屋に帰っていった

朝起きた時には記憶は綺麗さっぱり。
何一つ覚えていなかった

ただ"ヌヴィルを殺すなよ"
その言葉だけがぼんやりと残っていた

…それは誰に言われたんだっけ?
思い出せないけれど、その声を聴いた時
嬉しかった事だけは覚えている ]

(212) 2019/03/13(Wed) 23時頃

【人】 執事 ハワード

― 現在 ―

[ ギリアンにじぃと見られたけれど>>167
そ知らぬ顔で見るばかり

都合の悪いことを自分から進んで話すほど
お人よしでも無いのです。 ]

   …しかし、話せないというのも不便ですねぇ
   ギリアンはもう一度話したいと思いますか?

[経験と勘から
何を考えているかは何となく分かるけれど。
ハッキリと聴かれたわけでは無いから
情報を伝えないのも無理からぬことだよね?]

(213) 2019/03/13(Wed) 23時頃

【人】 執事 ハワード


  うまいうまい、その調子…

[ ぷるぷる震える指先がもふっと毛の中に隠れる

緊張が伝わったのだろうか?
うさぎを持った掌からうさぎの心臓が
バクバク言ってるのが伝わってくる
…と思っていたら。 ]

   あ、逃げた

[ 掌から逃げ出して廊下を駆け出した
何処に行こうと言うのだね?

特に引き止められなければ
うさぎの後を追おうとしたけれど **]

(214) 2019/03/13(Wed) 23時頃

執事 ハワードは、メモを貼った。

2019/03/13(Wed) 23時半頃


情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:ハワード 解除する

犠牲者 (5人)

ハワード
24回 (5d) 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.156 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび
下記の場所以外では、人狼議事内キャラチップ
の利用を許諾しておりません。ご了承ください。

議事総合トップ
人狼議事lobby
人狼議事morphe
人狼議事cafe
人狼議事perjury
人狼議事xebec
人狼議事crazy
人狼議事ciel

SoyBean
Sangria
@7korobi