人狼議事


268 Werewolves of PIRATE SHIP-V-

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


弁務官 ジャーディンは、メモを貼った。

2019/03/13(Wed) 22時頃


銀行屋 ザーゴは、メモを貼った。

2019/03/13(Wed) 22時頃


【人】 蝋燭職人 フェルゼ

 ―食堂―

 ごっはんー、ごっはんー、いただきまーす

[食事は好きだしニールのご飯はとても美味しいが
 食事よりも宝石の方が好きなのも事実なので、大抵食事には出遅れる。
 結果的に座席も食事を取りに行くタイミングも、いつもエルゴット>>193の前だ。

 いつものように配膳を取ったらエルゴットの横に座り
 おぼっちゃま出身を隠しもしないやたら行儀の良いテーブルマナーで食事を始める]

  エルちゃんほんと、食事見てるの好きだねー
  なんか面白いものある?

  うわあシチュー超美味しい……肉がほろほろ〜〜〜

[今日も最高ですニールママ*]

(200) 2019/03/13(Wed) 22時頃

負傷兵 ヒューは、メモを貼った。

2019/03/13(Wed) 22時頃


蝋燭職人 フェルゼは、メモを貼った。

2019/03/13(Wed) 22時頃


【独】 山師 グスタフ

/*
5.エル ヒュー
11.ヌヴィル、ガストン

(-84) 2019/03/13(Wed) 22時頃

【人】 銀行屋 ザーゴ

 ― 食堂にて ―

 確かに。
 食いっぱぐれることもなきゃ、
 もし飢えるなら全員同じ。

 一蓮托生ってやつ。

[毎日食べられるってのはそういうことだ。>>145
運も味方して今までRedwoldf号は飢えを知らない。
少なくともここ数年はそうだ。
風の噂では、航海士と船長をやられた直後に嵐に見舞われ食料が流され干上がり……なんてこともあるらしい。
「いつも通り」>>177も「暇つぶし」>>178も、
平和だから出てくる戯言だ。
狙われた船にとっては、平和なんていえるはずもないだろうが]

(201) 2019/03/13(Wed) 22時半頃

【人】 肉屋 ニール

 柔らかいパンが食べられるのは今日だけよぉー!

[船上でふかふかのパンを焼くのは、容易ではない。それこそ、大きな厨房のある貨物船か何かでないと難しい。
 食べ損ねたら、次の寄港までまず口に入らないレアものだが、自身はパンには手をつけず、欲しがる乗組員を優先させよう。]

 みんな、ちゃぁんと分け合いなさいよ。
 ヌヴィちゃんの分、誰か少しよけといてあげてねぇー!

>>169不幸にも、食堂到着早々呼び出しをくらったらしいヌヴィルのために、パンを取り置いてくれるやさしい仲間は、はたしているのだろうか。
 まあもし無くなってもいいように、ヌヴィルには、肝の赤ワイン煮と酒を取っておいてあげようか。]

(202) 2019/03/13(Wed) 22時半頃

【人】 負傷兵 ヒュー

[シチューはセルフ>>149だと、大鍋が主張するので、
パンを食べ終えたら仕方なく席を立つ。
食うのは兎のシチューだ。
鶏も気にはなるが、生憎、この腕では器は一つしか持てない。]

 ジャーディンはまだ医務室か。
 つか、ガストンもいねぇな。

[掠奪の後だ。
怪我をする奴も多いだろうから、船医が食事に遅れても何らおかしいことはない。
だが、ガストン…船大工がいないのは珍しい。
修理に向った事は男の耳には入っていない。

ジャーディンには切断部の定期報告、
ガストンには仕込み義肢の話をしたかったが、まぁいいか。

ふらっと席を探す。*]

(203) 2019/03/13(Wed) 22時半頃

【人】 奴隷運び ヌヴィル

― 船長室へ ―

 あーはいはい、ありがとさん。

[小生意気なピスティオにひらひら手を振って、>>185
食堂を出た。
ありゃダメだ。
というのがヌヴィルの感想である。
どこかで一度思い知らせてやる必要がある
とは思っているが、いかんせん、今は気分ではなかった。

食堂にはなんだかんだ気の利くグスタフもいたし、>>183
とっておいて貰えるだろう。などと期待もするが。

戦果にはしゃぐ海賊どものことだ。
おまけにヌヴィルは好かれている方でもない。
誰かとっといているだろう、と皆して食べて、
結局ピスティオの思うツボにはまる。
なんてオチが待っている気がしなくもない。
その時こそ、怒りの鉄槌が振り下ろされるのだろう。]*

(204) 2019/03/13(Wed) 22時半頃

奴隷運び ヌヴィルは、メモを貼った。

2019/03/13(Wed) 22時半頃


山師 グスタフは、メモを貼った。

2019/03/13(Wed) 22時半頃


【独】 負傷兵 ヒュー

/* 占われるような動きってなんだろうな。
賢者の場所もわからない……

(-85) 2019/03/13(Wed) 22時半頃

【人】 弁務官 ジャーディン

― 閑話 ―

[薬草が毒ではない理由が知られた背景とは?]

(205) 2019/03/13(Wed) 22時半頃

【人】 弁務官 ジャーディン

[奇妙に萎れた茸に、毒々しい色彩の葉。
 これらは全て貴重な薬であったけれど、
 この地の人間には未知の物体であったのは確か。

 毒を処方されそうになった。
 小さな怪我だったのに腕を落とさねば死ぬと言われた。
 見たこともない器具で血を採られそうに……云々。

 どの街へ移り住んでも概ね、
 己の評判は偏見に満ちた悪評に偏っている。
 
 遠地で採れる薬草を説明しても受け入れられず死に、
 狩りの最中に傷ついた腕を放置していたあげく腐らせ、
 それを落としていれば助かっただろう男も結局死んだ。
 東方の地で手に入れた細長い血液採取瓶は、
 珍しく透明度の高い硝子製だったがそれも異質扱い。

 治療という治療を全て試して癒せるものならば癒す、
 たったそれだけの理由で医者を続けるも評判は散々で、
 気にしたことはないが患者が遠のけば意味がなく]

(206) 2019/03/13(Wed) 22時半頃

【人】 銀行屋 ザーゴ

[食われる前に食うのは鉄則だ。
頷きながらも、運ばれてきた皿を横目に立ち上がる。
平和な船内ならば、肉の一皿二皿は残っているだろう。
長居するつもりもなく、みんなのママも平等だ。

立場が脅かされないのならば、未来の自分への保険として公平になるべき、とは思っている。思ってはいる。喧嘩を売られたら話は別だ。なめられたら死にかかわるのは、地上よりも海上のほうが深刻なもので]

 ……噂?
 俺の噂はないはずだが

[丸めた紙をもてあそびながら、階段へ向かえば、何が楽しいか。満面の笑みに呼び止められる。>>152
殺さなくったって十分、手柄は勝ち得るものだ。
広げた紙に追加戦績を記し、それから船医の言伝に頷いた]

(207) 2019/03/13(Wed) 22時半頃

【人】 弁務官 ジャーディン


[診る数が減れば病を癒す研究も捗らない。
 嘆きを顔に出さない鉄面皮のせいで誤解されがちだが、
 仕事を失いかけていた当時は随分と参ってもいた。
 
 何かと試す変わり者の医者に診られるよりかは、
 治る可能性が低くとも土着の治療法しかしない――

 そんな医者の方が信用されるのは尤もな話で、
 閑古鳥を啼かせていた己を訪れて来る男を訝しむ……。
 といった理由もなく、その言葉には即応で]
 

(208) 2019/03/13(Wed) 22時半頃

【人】 露店巡り シーシャ

――第二甲板・食堂――

[普段から>>179ってわけでもない。
ママの食事を食べた後は、
それなりに空腹は埋められているし。
でももっと食べられるものなら食べたい。]


 伸びる………。


[ご褒美がもらえるくらい名をあげるには、
どれだけ殺せばいいんだろう。

この船のアイツよりも、ソイツよりも
たくさん、たくさん殺さないと。

じゃないと手柄は、宝は、手に入らない。]

(209) 2019/03/13(Wed) 22時半頃

【赤】 弁務官 ジャーディン


[この男も、治したいと思ってはいるのだろうか、などと]
 

(*10) 2019/03/13(Wed) 22時半頃

【独】 山師 グスタフ

/*
ん〜……。

(-86) 2019/03/13(Wed) 22時半頃

【人】 肉屋 ニール

[グスタフ>>183のいうとおり、まだジャーディンの姿は見えない。
 ささ身の乗った小皿を持ち、嘆息。
 まあそのうち来るだろうし、来なくても彼は医務室にいるだろうから、皿の行き場に困るようなことはないだろうけど。

 そこそこ皆へ食事が行き渡った頃合いを見て、自身も余ったメニューを皿に取り、席に着く。
 良い食材を得て、存分に腕を振るった甲斐もあり、自分でも満足できる出来栄えだ。]

 ん、美味しい。
 シチューは明日にはもっと味が染みてると思うわよ。

[ウサチャンシチューは、余程の大喰らいがいなければ、明日の朝にも十分足りるくらい作ったはずだ。]

(210) 2019/03/13(Wed) 23時頃

【人】 執事 ハワード

― 回想 : 深夜の失態 ―

[ 咄嗟のグーパンチを食らわなかった>>170
のは正しく不幸中の幸いだろう

立ち直れる気がしない。
それはもう、色々な意味で。

子守唄>>171を聴きながら既に夢の中
貸してくれた場所ですやすやと ]

(211) 2019/03/13(Wed) 23時頃

【人】 執事 ハワード


[ 因みに。
30分ほどその場で眠っていたが
徐に起き上がって部屋に帰っていった

朝起きた時には記憶は綺麗さっぱり。
何一つ覚えていなかった

ただ"ヌヴィルを殺すなよ"
その言葉だけがぼんやりと残っていた

…それは誰に言われたんだっけ?
思い出せないけれど、その声を聴いた時
嬉しかった事だけは覚えている ]

(212) 2019/03/13(Wed) 23時頃

【人】 執事 ハワード

― 現在 ―

[ ギリアンにじぃと見られたけれど>>167
そ知らぬ顔で見るばかり

都合の悪いことを自分から進んで話すほど
お人よしでも無いのです。 ]

   …しかし、話せないというのも不便ですねぇ
   ギリアンはもう一度話したいと思いますか?

[経験と勘から
何を考えているかは何となく分かるけれど。
ハッキリと聴かれたわけでは無いから
情報を伝えないのも無理からぬことだよね?]

(213) 2019/03/13(Wed) 23時頃

【人】 執事 ハワード


  うまいうまい、その調子…

[ ぷるぷる震える指先がもふっと毛の中に隠れる

緊張が伝わったのだろうか?
うさぎを持った掌からうさぎの心臓が
バクバク言ってるのが伝わってくる
…と思っていたら。 ]

   あ、逃げた

[ 掌から逃げ出して廊下を駆け出した
何処に行こうと言うのだね?

特に引き止められなければ
うさぎの後を追おうとしたけれど **]

(214) 2019/03/13(Wed) 23時頃

【人】 銀行屋 ザーゴ

 今日はどこもかしこもいつも通りだ
 キルマーク一位もヌヴィルだしな

 ……おい、 急がねーと全部シーシャに食われんぞ

[なんて忠告は必要なかったようでテーブルへかけていく背中から視線を逃がした。

話のネタといえば。
グスタフの腹が動いていたぞ、と言い忘れていたが、
立ち上がったら気づいたし、きっと誰かが指摘するだろう]

 ……ありゃなんだ、 兎か?

[鶏ならばうるさいだろう、という程度の推測。
階段を下りて船長室につく頃には、すっかり頭の中から獣のことは消え去っていた]

(215) 2019/03/13(Wed) 23時頃

【人】 露店巡り シーシャ


 食われるくらいなら、食う。
 うん、そうだなぁ。それがいいね、それがいい。


[グスタフが言った>>180のをなぞったら、
くすくすって笑い声が自分の身体の中から漏れていた。

――こんな風に笑ったのは、いつぶりだったっけ。
ザーゴが席を立ったのにも>>142
みんなが食堂に集まってきてたのも気づかないまま]


 ―――シチューと パン!!!!!


[ママの、献立を知らせる声>>149が聞こえるまで
むーーーっと考えこんでいた。

まぁ、そんな考え事も、一気に破裂して飛び散ってしまったんだけど。]

(216) 2019/03/13(Wed) 23時頃

【人】 露店巡り シーシャ

[グスタフに「食うか?」って言われたら>>182
そりゃあ、コクコクと頭を縦に振る。]


 でもその前に――


[やわらかいパンは早い者勝ちらしいから、
普段は見せない機敏な動きで、
シチューとパンとスープを確保して元の席へと着席。]

(217) 2019/03/13(Wed) 23時頃

【人】 弁務官 ジャーディン

[――前任の船医が死んだから代わりを探している。

 単純明快、わかりやすいスカウトの説明へ、
 治せる患者がいるならと、表情を変えずに肯いて。

 それが海賊船だと知らされても決した意は変わらず、
 己を買う船長や、副船長の思惑など知るよしもない。
 なにより知る必要もない。

 ここには患者がいる。治療もできる。
 海原では“他の医者”はおらず、
 病や怪我で死にたくないのならば己に診せるしかない。

 故に、過去問われたときに返した言葉は真実で。
 “治せる”ものなら、“活”かせるものなら。
 その方法を見つけ出すために、己はいまここに居る]

(218) 2019/03/13(Wed) 23時頃

【人】 露店巡り シーシャ


 ママー、いただきまーす。
 僕ねパンとシチュー、一緒に食べるの好きなんだよねぇ。

 かたいパンでも、
 シチューにひたひたにしたら結構イケるんだけど
 ふかふかのパンはどうなのかなぁ。
 
 美味しいシチューにふかふかの美味しいパンだから
 きっと美味しいにちがいn

 ほーーーら おいしいーーーーーーー


[今日はなんだかとてもいい日。
だからかな、僕の口数も大分増えていたかもね。]

(219) 2019/03/13(Wed) 23時頃

【独】 蝋燭職人 フェルゼ

/*
ジャー君自身も治す気あるのかね
なんかふたりとも困って無さそうw

(-87) 2019/03/13(Wed) 23時頃

【独】 執事 ハワード

/*
食堂は超多角だから行くの怖いです(震え

(-88) 2019/03/13(Wed) 23時頃

【赤】 蝋燭職人 フェルゼ

 ―かつての話―

[反逆者>>25>>624について、直接ハワードに何か伝えたわけではなかった。
 割と真剣に、少しでも零したら即暗殺されそうな空気であったし
 頭脳労働担当のフェルゼには、戦闘員とタイマンで勝てるわけがない。

 ただちょうど、船に戻ってきていたハワードと
 今日のように普段どおりの会話をしただけ]

  ハワードさん、人狼ゲームって知ってます?
  数人のグループの中に人間のふりをする人狼がいて
  その人狼を探して吊り上げるってえげつないゲームなんですけど

[反逆仲間の規模など知らない。何人いるかも把握していない。
 自分を誘ってきた人間が、反逆者のトップなのかどうかもわからない。
 でも、視線を感じる。裏切り者に敵意を向ける視線を]

(*11) 2019/03/13(Wed) 23時頃

【赤】 蝋燭職人 フェルゼ

  人狼は月夜の晩に、人狼の姿に変身するんです
  そして人間を襲撃する。
  人間ももちろん無力ではなくて
  人狼がわかる占い師だったり、襲撃を止める守護者とかが居て……

[雑談のようなそれを、喋りながら指先を一定のリズムで動かし、自分の腕を叩く。
 独特なリズムはモールス信号で「反逆者アリ」と伝えるもの。
 海軍出身も居ないわけではないが
 少なくともある程度知識を持つ者でなければ理解しえない言語に賭けた。
 信号を理解出来るであろう数人の船員の中に裏切り者がいなければ、勝ちだ]

(*12) 2019/03/13(Wed) 23時頃

【赤】 蝋燭職人 フェルゼ

[実際それが功を奏したのかは分からない。

 少なくとも反逆者(誘ってきたやつは別の人だった)の首謀は死に
 そこから殺気は消えた。
 安寧が手に入った]

(*13) 2019/03/13(Wed) 23時頃

【赤】 蝋燭職人 フェルゼ

[基本的にハワードとは街で出会う事が多い。
 今までもこうして外で話す事は幾度かあったが、船で話す時にモールス信号を使ったのはあの時が初めてだった。
 彼はどこまで分かっていたのか。どれだけの意思を持ってそれを行ったのか]


  ………素晴らしいですね


[その心意気は、とても。
 狂っている――船を、守るためならば。
 その狂気はとても、心地良い]


  俺にも、手伝わせてください
  ハワードさんが船を守る、補助でも

  船の中の軽い情報やぐらいしか、提供できるものはありませんが……
  アリバイ工作とか、極秘裏の活動資金ならば、幾らでも提供できます

(*14) 2019/03/13(Wed) 23時頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

生存者
(5人 0促)

シーシャ
13回 注目
ギリアン
23回 注目
エルゴット
9回 注目
ニール
12回 注目
ザーゴ
16回 注目

犠牲者 (5人)

サイモン
0回 (2d)
グスタフ
16回 (4d) 注目
ヒュー
13回 (4d) 注目
ハワード
24回 (5d) 注目
ピスティオ
14回 (5d) 注目

処刑者 (4人)

ヌヴィル
26回 (3d) 注目
フェルゼ
0回 (4d) 注目
ガストン
0回 (5d) 注目
ジャーディン
12回 (6d) 注目

突然死 (0人)

舞台に (5人)

モンド
0回 注目
ブッカ
0回 注目
甚六
0回 注目
ボリス
0回 注目
ヨアヒム
0回 注目
村を出た人達

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.156 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび
下記の場所以外では、人狼議事内キャラチップ
の利用を許諾しておりません。ご了承ください。

議事総合トップ
人狼議事lobby
人狼議事morphe
人狼議事cafe
人狼議事perjury
人狼議事xebec
人狼議事crazy
人狼議事ciel

SoyBean
Sangria
@7korobi