人狼議事


244 原罪の伽藍テーブル

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


修道士 ムパムピスは、メモを貼った。

2017/04/04(Tue) 01時半頃



[立ち込める、甘い匂いの中で。
 彼と交わしたやり取りが、頭に浮かんだ。
 何かに怯える彼。何かを察した彼。――そのくせ肝心なところには指先さえも届かなかった、可哀想な、彼の姿が。怯えて、けれど僕に対し幾らか安心する、よりによって僕を、信じている、
 信じていた、 可哀想で、愛おしい、
 「友人」たる、彼の事を、

 ――その 味を、 思い返していた]
 


[聞いていた 聞いていた。
聞いていただけ。


開け放たれた扉の向こう
見たのは、全て終わった、その後。
散らかされた「ケーキ」の残骸
その形を、じっと、  見ていた。*]


【人】 修道士 ムパムピス

[檀さんといくつか話をして>>0その後はいつも通り床に就いた。

夢を見た……私は何故かひどく痩せた赤ん坊を抱いていて、弱々しい声で乳を強請って泣くのをただ黙って見ているだけ。時折執念深くトゥニカの上から乳首をまさぐっては吸い付くのだけれど何も出ないことが分かるとまた恨めしげな声を上げて泣くのだ。

……そんな夢は、戸の向こうから鈍く響いた悲鳴>>7によって霧散する。]


あ……っ、


[呉羽さんが度を失くしたような声を出すのが信じられなくて耳を疑ったけれど、だんだん喧騒は大きくなっていって>>9>>19
慌てて杖を取り上げて寝台から起き上がるとよたよたと歩き出す。

歩を進める事に空気が苦い鉄錆の味を帯びていく気がした。]

(25) 2017/04/04(Tue) 13時頃

【人】 修道士 ムパムピス

[歩を進めて間も無く、中庭で大きな音が聞こえる>>43重さを物ともしない美しい投球フォームと粉々になったテラコッタの鉢とを見て思わず目を剥いた。]


なんと……っ、


[普段彼を止めるはずのスタッフやら警備員やらの姿が全く見当たらないのに疑念を抱く前に、中庭に一人佇む彼に少しずつ歩み寄りながら]


一体何があったというのです。


[素焼きの鉢は土に還るからと咎めることはせず、ただ彼の心を案じて声をかけた。]*

(26) 2017/04/04(Tue) 13時頃

【人】 修道士 ムパムピス

[裸足のまま素焼きの欠片を踏むのを>>30見ているとこちらまでちりちりと痛んでくるような気がしてならない。]


鉢には鉢の、ハサミにはハサミの役目があります。
そのどれもがあなたを傷つけるためにはありません。


[先は尖っているとても分厚い欠片で皮膚は裂けなかろうが、首筋へと吸い寄せられていく手をそっと押し止めようとする。
彼が自傷しようとするのを見かける度にこうして諌めているけれど、この妙な空気が彼の狼藉のためにあるとも思えず。]


物には役目がありましょう。
あなたにも、あなたが壊したその鉢にも。


[素焼きの欠片を握った手を上から包み込む……小麦色の骨張った手が存外大きいと気付けば首を横に振る。]

(34) 2017/04/04(Tue) 14時半頃

【人】 修道士 ムパムピス


徒に痛もうとすれば、周りの者も痛むのです。
それにお気付きですか。


[何の役目も果たせぬのは自分の方だと分かっている。それでも目の前で血が流れるのは嫌だ……それを何もせず見届けるだけの自分は嫌だと、握る手に力を込めた。]

(35) 2017/04/04(Tue) 14時半頃

【人】 修道士 ムパムピス

[彼にとっての責めは何だろう。私にとって毎日ことあるごとに罪に苛まれるのは身を焼くほどの苦痛であるのに。

膨らんだ胸の奥がぐっと痛くなって、私は苛立ちついでに「これで聞かねば取っておきのお仕置きしかあるまい」などと物騒なことを考えている。]*

(36) 2017/04/04(Tue) 14時半頃

【人】 修道士 ムパムピス

[期待する声音に>>37思い浮かぶのは、格子の中で何度も口付けをねだった少女のそれで……私はまた胸の奥に痛みを覚える。
それで救われるならと、超えてはならぬ一線を超えたことを、心安らぐことはあれど忘れたことなどないのだから。]


……あなたは、本当にそれでしあわせに思うのですか?


[ほんの少し声に揺らぎが生まれる。
手を握り戒めていたのをそっと解いて、私は彼の腹に目線を落とす。いつもの自傷癖のせいかむっと血の匂いがするようで。
そこを指先で抉ってやればいいのだろうか、それとも瘡蓋を剥がして塩でもすり込んでやればいいのだろうか。

しかしそれで彼が救われるなら……私は彼の腹部に手を翳し]

(41) 2017/04/04(Tue) 16時半頃

【人】 修道士 ムパムピス

痛いの痛いの、飛んでけえ!!

[壁に囲まれた中庭に響く大声で唱えて、彼の傷口を掴み取る仕草をして……それをそのまま壁の向こうに放り投げるジェスチャー。
それで痛くなくなったら医者は要らないのだけれど、彼ににっこり微笑んで]


幸せが遠くなってしまって、痛いでしょうか。
苦しくて悲しいでしょうか。

……私からのお仕置きです。
あなたとともにある者の声に、耳を傾けなさい。


[しかしこれが空の鉢でなかったらお尻ペンペンも辞さない心積りではあったが。
割れた素焼きの破片を取り上げることもしなかったのは、まだ彼が聞いてくれるやもしれないと期待を込めて。
未熟者の説法がさほど効くとも思わないが、それでも力ずくで取り上げるのは何だか違う気がした。

そのまま亀の歩みで中庭を辞そう。もはや子供騙しのまじないも効かぬ者がいると知るのはもう少し先のこと。]*

(42) 2017/04/04(Tue) 16時半頃

修道士 ムパムピスは、メモを貼った。

2017/04/04(Tue) 16時半頃


【人】 修道士 ムパムピス

ー 談話室 ー

[放置プレイへの悦びの声>>45は遠く聞こえず、私の頭は異変へと向いていた。道々メルヤさんに声を掛けられた>>29ので血腥い現場を目にせず戸惑いながら談話室へと辿り着く。

そこにギリアンはいたろうか。いつに無い空気に緊張して、彼が不安そうだろうとそうでなくても私は彼のそばに行こうとする。]


一体なんだというのです……。


[手元のロザリオを手繰りながら呟いた。]

(47) 2017/04/04(Tue) 20時頃

【人】 修道士 ムパムピス


……あ、はい、おはようございます。


[視線をロザリオから上げて瑠東にぺこりと頭を下げた>>52礼儀正しい好青年、だと思う。あまり親しく話したことはないけれど。]


んー何か催し物の気配はしませんが……なんだか気持ちが悪くてなりません。気分がざわめいて仕方が無いのです。


[そこでようやく視線を落として、瑠東くんの人差し指の先がいやに赤いことに気が付いて慌て出す。]


指、怪我してるんじゃないですか?!何を呑気に!!


[あまりにのんびりと座っているように見えたから、あわあわとポケットの中を探って止血できる道具を探した。]

(74) 2017/04/04(Tue) 22時半頃

【人】 修道士 ムパムピス

[ポケットの中には飴ちゃん一つしか入っていなかった。

私は止血を諦めた。]

(76) 2017/04/04(Tue) 23時頃

【人】 修道士 ムパムピス


何かあったのはあなたの方ではないですか。
早く手を洗っていらっしゃいな。


[そこまで言って、今度こそ漸く廊下に漂っていた血の匂いと、談話室に未だ足りぬ面々を思い描いて思い至る。]


……何かあったんですか?


[とすると手を血だらけにしている瑠東くんは何か見てきたんじゃあないか。不安と混乱に眉根を潜めながら今一度尋ねてみようか。]*

(77) 2017/04/04(Tue) 23時頃

【人】 修道士 ムパムピス

[体温に溶けてセロファンにくっついたのど飴は人様に差し上げられる状態ではないからそっとポケットの奥底へと葬って。

犀川の死を聞かされたら、そっと目を閉じ十字を切って冥福を祈る。]


今の私に修道士としての資格はありません。
ですが、祈ることは誰にでもできることですから。


[きっと自然に死んだのではないだろう……血を流し肉の臭いを漂わせながら絶えねばならない状態だったのだろう。
宗派や宗教は違えど彼が天へと還ることができるよう後で祈りに行くと決めて。]

(91) 2017/04/04(Tue) 23時半頃

【人】 修道士 ムパムピス


ですが、自ずと主の御元に召されたわけではなさそうですね。


[そこまで独り言のようにブツブツ呟いて……ふと、ならば何故瑠東くんの手に血がついていているのか、ということまで思い至った。
望まずとも現場を見てしまって知っているのなら、そこを包み隠す理由は何処にあるか。

考えて考えて、私には何も分からなかった。]

(92) 2017/04/04(Tue) 23時半頃

【人】 修道士 ムパムピス

[呉羽さんが第一発見者だろうことは悲鳴が聞こえて知っていたからさして驚きもしなかった。
だけれど談話室の隅でがっくりと項垂れた様子を見て、それを根掘り葉掘り聞く気にもならず。]


その時まで、私は彼の冥福を祈りながら待ちましょう。
なに、全ては神の御心のままなのですから。


[彼が離れるならそれを見送るだろうし、祈りを妨げようとするなら顔をほんの少し顰めたかもしれない。]

(96) 2017/04/05(Wed) 00時頃

【人】 修道士 ムパムピス

[目を閉じれば浮かぶのは、格子越しに見たあの子の目。

獣の目をしていた。

ひどく飢えて、死にそうで、助けを求めているように見えた。

私は黙ってその目をじっと見ていた。



あの子の目を、私は忘れることが出来ないでいる。]*

(97) 2017/04/05(Wed) 00時頃

修道士 ムパムピスは、メモを貼った。

2017/04/05(Wed) 00時頃


【人】 修道士 ムパムピス


死ねば神の御許へ向かうだけです。
それより共に生きる者の悩み苦しみの方が大事だと私は思います。


[好青年のなんだか刺々しい台詞>>105にそっけなく返す。飴ちゃんを仕舞ってから態度が急変したところから察するに、そんなに食べたかったのだろうか……などと思いつつ。

興味の無い態度を取られることにも慣れているから、そのまま祈りを捧げる。]

(114) 2017/04/05(Wed) 00時半頃

修道士 ムパムピスは、メモを貼った。

2017/04/05(Wed) 01時頃



[それは偽りの証言だ。
 彼らを煽動するための。
 舞台の、場面転換をするための。

 もしかしたら、彼は、本当に、
 そこまでは辿り着いていたのかもしれない、
 誰がそれだとまでは知れずも、
 本当なら、知って、告発したかったのかもしれないが]
 



[昨夜最後に聞いた彼の声は、否、正確には違う、そう、最後に聞いた、言葉は、本当は全く異なるものだ。犀川は、最後、男の名前を口にしていた。「……呉羽……?」そう、戸惑った声で。錯乱さえも一瞬忘れたような、当惑の極まった声色で。
 彼の右手首を冷えた左手で掴み、彼の左頬に熱のある右手を添える、そうしてゆっくりと顔を近付けてくる、男の名前を。
 男は、そのまま、彼の唇に己の唇を合わせた。彼は身をびくりと震わせ、咄嗟に逃れようとするような素振りをした。だが、その痩せた体から出る力など、ごく簡単に押さえ込めた]


[僕は彼の唇をなぞるように舐め、そうして、その隙間に舌先を差し込んだ。見た目によらず並びの極めて良い歯列を、やはりなぞるように舐めて、それから、その舌に己の舌を絡めた。
 舌を絡め、吸い上げ、唾液を啜る、その行為に、彼は恐らく快楽を感じてくれていたのだと思う。彼はぴくりぴくりと小刻みに震え、そして僅かに声の混じる荒い息を、唇の隙間から、唾液と共に零していた。彼は心底驚いていただろう。友人だと思っていた僕から、いきなりそんな事をされて。けれども嫌悪もなく、あるいは僕が実際そうした好意を打ち明けていたとしても、関係を迫っていたとしても、もしかしたら、彼はただ、受け入れてくれたのかもしれなかった。
 そんな思考を過ぎらせながら、
 でも僕はもっと別の事を考えていた。
 別の事で頭が満たされていた]


[――美味しい。

 嗚呼、なんて、美味しいんだろう。犀川君はなんて美味しいんだろう。なんでこんなに美味しいんだろう。それは彼がケーキで僕がフォークだからだ。それでも彼は特段に美味しく感じた。今まで、食べてきた、ケーキの中でも。上等に感じるのは、彼の資質故か、いやきっと、築いてきたものがそうと感じさせるのに違いなかった。想いがこもったもの。手間をかけたもの。好きなもの。我慢してとっておいたもの。そんなものを人は余計に美味しく食べられるものだ、何もフォークに限った事じゃない、そう、だから、大好きな、ずっと我慢してきた、我慢して、我慢して、我慢して、大切にとっておいた、犀川君が、とても美味しいのは、きっと当たり前の事なのだろうと思えた。
 彼は混じり気のない透徹な、だが鮮烈な、そんな甘さを持っていた。例えるなら糖蜜、水飴、そんな感じだった。
 僕はその甘い舌をじっくり舐めて、吸って、甘噛みして、――ぶちりと、一息に噛みちぎった]


【人】 修道士 ムパムピス

[そろそろ面子もそろってきた頃だろうか。
物々しい雰囲気の中語られた内容に私はそっと目を伏せる。

「フォーク」によって犀川さんが襲撃され
「フォーク」はこの中に紛れ込んでいる可能性があって
……最悪の場合「ケーキ」のふりをした「フォーク」がいるかもしれないということ。

落ち着きなくロザリオを弄りながら、時折相槌を打って。ややあってから「うーん」と間の抜けた声を出しながら]


探して……どうするんですか?
謝罪させるのですか?


[胸中渦巻く疑問をそのまま口にすることにした。]

(134) 2017/04/05(Wed) 14時頃

【人】 修道士 ムパムピス


それとも罰しますか?
それに何の意味がありましょうか。
「お腹を空かせてはいけません」なんていくら言い含めても、誰もいうことを聞けないのではないでしょうか。

……私には、彼らだけが邪悪な存在とは思えないのです。


[何にもなれないのであればいっそのこと、糧として彼らの渇きを癒してあげたいとすら思う。
無慈悲に門戸を閉ざし不干渉を決め込んだ外の人間や……かつて飢えてやまない少女を偽善で縛り付けた私のような者によって、彼らは偽らざるを得ないのではないだろうか。
で、あるとすれば山狩りのようなこの空気の中、彼らはますます苦しまなくてはならないのではないか。]


神が我ら「ケーキ」の傍らに「フォーク」をお創りになったのは、何か意味があるのではないかと思うのです。

(135) 2017/04/05(Wed) 14時頃

【人】 修道士 ムパムピス

[そこまで言ってから、ほんの少し髪の毛を掻き乱してみせる。
「フォーク」が出たと聞いて、この意味を無くした身体の使い道を必死に考えている自分に気付いてとても嫌な気持ちになった。]


……ああ、別に「フォーク」を探すこと自体は大いに結構でしょう。
邪魔だては致しません。

手がかりとなるものは残念ながら……。
強いて言うなら……もしとてもお腹がすいているのなら、昨日私に勉強を教わりにいらした檀さんは犀川さんでなく私を食べればよろしかったのではないでしょうか、と思います。
そして……私には、ギリアンがそんな恐ろしいことをする子とは思いません。
あとは……んー……飴ちゃん貰えなくて不貞腐れてる瑠東くんもでしょうか。

……みんな、いい子です。


[尻すぼみのまま、また手元のロザリオを手繰ってもごもごと沈黙する。
隣にギリアンの温もりがないのが寂しくて寂しくてしかたがなかった。]**

(136) 2017/04/05(Wed) 14時半頃

[彼はびくりと大きく震えた。先刻のものとは異なる震え。一たびの、痙攣。薄くて少し固めの舌、それを噛み締めながら唇を、顔を離すと、此方を見据える彼と目が合った。
 大きな目を一層に見開いて、零れ落ちてしまいそうなくらいにして、だから眼球が小刻みに震えているのがよく見えた。その顔は驚愕に、恐怖に、混乱に、そして痛覚にだろう、歪められていた。彼は赤が一挙に流れ落ちる口元を押さえて、何か言おうとしていたようだったけれど、ごぼごぼと濁った呻き声しか其処からは発せられなかった。
 ああ、本当に、愛おしい、と思った。口元を赤く汚して、恐らく食欲と恍惚に染まってしまっているのに違いない僕の事を、そうして見る、「友人」が「捕食者」に、自分が「被食者」に変わっていく、引き戻される、絶望的な状況にどうする事も出来ない可哀想な彼が。とても、 とても美味しくて、]


[僕は笑った。笑いながら、彼のもう片手を、左手を取り、その人差し指の爪先を歯で咥えた。そうして顔と手を引き離すように逆に動かせば、彼の爪は容易に剥がれ、僕の口内に収まった。彼は悲鳴をあげたが、ろくに響きはしないだろう、水音めく不明瞭なものだった。
 がり、と前歯を使って噛み切り少しずつ吞み込む、彼の爪はまさに飴のようだった。甘い甘い、犀川君。僕は彼をすぐにもっと食べてしまいたくなって、その指を根元まで飲み、噛み切った]

…… ねえ、犀川君。
君は、本当に美味しいね。
ずっと食べたかったんだよ、僕は、君の事が。

美味しそうで、美味しそうで、美味しそうで、
たまらなかった。
勿論みんな美味しそうだよ、食べたくて、
でもその中で、一番は君にしたいって。思ってたんだよ。


[骨の欠片を吐き出しつつ、僕は彼をその場に押し倒した。その顔を見下ろしながら、言葉を紡ぐ。彼はじたばたともがき続けていたが、戒めを跳ね除けるには到底足りず、 助けなどはそれこそ来る筈もなかった。深い夜、閉め切られた彼の部屋で、二人きり、彼は叫びさえ失ったのだから]

君が悪いんだよ。
折角我慢してたのにさあ。
君が気が付いたりするから。気が付きそうになったりするから。

……ううん。

美味しそう過ぎるから、かな?
ふふ。君が悪いのは。ね。
そうだよ。ついに我慢出来なくなったから。
ね…… また、食べたくなったんだよ。 それだけ。

[悪戯げに笑い、それから柔らかく笑んだ。いつものように。いつものように、震える彼の手を取って、やわらかいその腕にかじりついた] 





…… 犀川君。

まだ、生きてる?
もう、死んじゃった?
……ああ、まだ生きてるね。

すごくか弱く見えて、案外、しぶとくて……
君のそういうところ、好きだったよ。
君の作品の、登場人物と、通じる気もして……
キャラクターって、全員、作者の分身だって言うもんね。

そう、君の作品、本当に好きだったよ。
君の作品を演じられる事があったら、
よかったのに、なんて、話した事、覚えてる?


情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:ムパムピス 解除する

犠牲者 (4人)

ムパムピス
11回 (4d) 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.14 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび
下記の場所以外では、人狼議事内キャラチップ
の利用を許諾しておりません。ご了承ください。

議事総合トップ
人狼議事lobby
人狼議事morphe
人狼議事cafe
人狼議事perjury
人狼議事xebec
人狼議事crazy
人狼議事ciel

SoyBean
Sangria
@7korobi