人狼議事


244 原罪の伽藍テーブル

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示



[立ち込める、甘い匂いの中で。
 彼と交わしたやり取りが、頭に浮かんだ。
 何かに怯える彼。何かを察した彼。――そのくせ肝心なところには指先さえも届かなかった、可哀想な、彼の姿が。怯えて、けれど僕に対し幾らか安心する、よりによって僕を、信じている、
 信じていた、 可哀想で、愛おしい、
 「友人」たる、彼の事を、

 ――その 味を、 思い返していた]
 


【人】 営利政府 トレイル

[>>1:#3だれかの徘徊も、それに対する哄笑>>1:178
夢うつつでもなく、瑠東はそれを聞き、
くあ、と欠伸をし、
シーツに顔を擦り付けた。


扉越しの妄言も、箍の外れたような笑声も
日常の亜種じみて、興味の欠片も掻き立てられないようだった。

そうして瑠東はシーツのあわいに夢を見た。
かわいそうなんだと、教えてもらった夢を。]

(15) 2017/04/04(Tue) 06時頃

【人】 営利政府 トレイル

―― 朝:自室 ――
[鏡のなかの男は、皮膚をたどる指を止め、肉をつまんだ。
眠たげな眼差しは、>>7早朝からの、引き連れた声にもかわりはしない。]



 ―― さしどころが悪かった かなあ


[欠伸交じりに、そんな、昨日の行動を思い出して、伊島の言葉を思い出して、想起された肉叢のことを呟き、衣服を改めて身に着ける]

(16) 2017/04/04(Tue) 06時頃

【人】 営利政府 トレイル

―― 朝:自室前廊下 ――
[廊下に出てみたものの、瑠東はすぐには動かず、
低血圧のような、睡眠を心から愛する素振りで、


自室の扉によりかかりながら
悲鳴のもとへむかうものがいるのを>>9
そして、きっと増えるだろう人影を遠目で眺め。

くあ、とまた欠伸をした。
白線が途切れたことをまだ知らないまま、
その延長にいると、日常の続いていると、疑いもせずに*思いながら*]

(17) 2017/04/04(Tue) 06時頃

営利政府 トレイルは、メモを貼った。

2017/04/04(Tue) 06時頃


[聞いていた 聞いていた。
聞いていただけ。


開け放たれた扉の向こう
見たのは、全て終わった、その後。
散らかされた「ケーキ」の残骸
その形を、じっと、  見ていた。*]


【人】 営利政府 トレイル

―― 廊下 ――
[慌ただしい気配がある、顔色失せた職員や入所者が行き交う。
平和な朝の喧騒とは程遠いそれらのなか、>>33言葉の終わりないまま途切れた声に、表面上の穏やかさをもって、眠たげに、なぁに?とばかり首を傾げた。]


 談話室? どうして
 えっと、さいかわ先生が、死んだんだね
 それで なにするの? お別れ会にしては早いね
 俺、お別れ会なら ししむらさんが先だと思ってたな


[青ざめた彼女の言葉から、途切れた先を類推して
死んだ事実に気づく前と同じテンポで問いかけ、]

 くれはさんのあんな声、初めて生で聞いた気がするよ
 さすが役者だね “元”がつくけど

(48) 2017/04/04(Tue) 20時頃

【人】 営利政府 トレイル

[前日の不機嫌な感情は上辺には載らずに、
――――前日まではたしかにあった、伊島への敬語も抜けて
>>39既に歩き去りつつあった呉羽の背を見ながらそんなことを、そんなのどかなことを、口にした。

「フォーク」との単語を聞いていない、けれど人死にを聞いたにしては依然眠たげなまま
>>46伊島が歪に尖る袋とともにあるなら、それへ視線を移した*]

(49) 2017/04/04(Tue) 20時頃

営利政府 トレイルは、メモを貼った。

2017/04/04(Tue) 20時半頃


【人】 営利政府 トレイル

[伊島と別れ、瑠東はざわめく気配の源へと向かった。
伊島とのやりとりで『フォーク』との単語がでたか、
それとも、興味のかけらでも沸いたか。
ふらりと歩く様は屋上を歩くにも似て如何にも長閑に。


そうして、開け放たれた扉を、
入居者には馴染みあるだろう部屋の、あかく染色され――――入居者には、馴染みあるだろう色に染まった様を見た]

(50) 2017/04/04(Tue) 21時半頃

【人】 営利政府 トレイル

[瑠東は室内履きのままその燦々たる色の部屋へ足を進め、
形を崩した、成れの果ての横で立ち止まった。


考えるように口を噤み
足先で残った肉を揺らしみて。
脇にしゃがみこんで、ふぅん、と
犀川に相槌でも打つ調子で


肉塊に一つ残った目玉を
瑠東に指の多く残る右手で、ふに、と突いた*]

(51) 2017/04/04(Tue) 21時半頃

【人】 営利政府 トレイル

―― 談話室 ――
[瑠東が着いたのは、早くもなく、遅くもない
中途半端な頃合いだろう。

さして気にした風でもなく、
それでも、ある種の礼儀のように薄ぺらな笑みを浮かべて]


 むつがわさん、おはようございます
 今朝は騒がしいですね

 職員さんもいそがしそう
 荷物もって動き回ってましたよ
 何かするんでしょうかね
 

[>>39片隅に座り、うなだれた呉羽を眺めてから
適当に空いている場所に腰かけ、六川>>47に話しかけた。
犀川に触れ、血の付着した右の手のひらを拭いもせず]

(52) 2017/04/04(Tue) 21時半頃

【人】 営利政府 トレイル

[瑠東はさして六川と親しく話したことはなかったろう。
そも、“親しく”などという形容詞は瑠東には持ちえない。


その一方、瑠東は、多少なりとも。
――どんな意味であろうと、ギリアンへ好ましさを抱いているかのような態度をとることはあった。
――厳密にいえば、他人を嗤うかのような、そんな毒々しさを言葉に乗せることが、少なくもあった、という程度だろうけれど*]

(53) 2017/04/04(Tue) 21時半頃

営利政府 トレイルは、メモを貼った。

2017/04/04(Tue) 21時半頃


【人】 営利政府 トレイル

―― 廊下: 伊島と ――
[>>54 『フォークに』
言い切られたその言葉には、先程の、途切れた>>33音の弱さはなく。
瑠東は緩慢な瞬きを一つして、フォークに、と復唱した。

それから、はじめて顔を見たかのようにまじまじと、彼女の顔を見た。拒絶の意を込めた、常日頃の犬猫のような愛くるしさを持つ、彼女にはそぐわない言葉を、耳にして]


 へぇ
 

[緩やかに口端を持ち上げた。
ごく自然に好ましさを抱いたかのような、綻びじみた発露は]

(60) 2017/04/04(Tue) 22時半頃

【人】 営利政府 トレイル

  俺が悪いことしたっていうなら別だけど
  悪いことも 嘘だって 言った覚えはないのに

  こわいなあ いしまさん
  なんでそんなふうに思い込んでるのかな


  俺、誰のことも心配したつもりはないよ
  優しいふりしてあげるほど 価値のあるやつここにいたの?
 

 
 はは、  都合のいい思い込みで、俺を見るのは止めてね

[弓なりに歪んだ紫目は 柔らかく
言葉が否定するのは、「いやなひと」でなく、その前段階]  

(61) 2017/04/04(Tue) 22時半頃

【人】 営利政府 トレイル

  うん、いってらっしゃい
  早くいかないと
   早くいって 隠さないと
   いしまさんが大好きなそれ
  本当に捨てられちゃうものね

  
[>>46廊下で行われた受け渡しを、
廊下で喧騒を眺めていた瑠東が見ていないわけはなく。
触れて、幸福を笑みで描いた伊島を見れずにいることはなく*]  

(62) 2017/04/04(Tue) 22時半頃

トレイルは、ペラジー>>55の去るのを引き留めることはなく*

2017/04/04(Tue) 22時半頃


【人】 営利政府 トレイル

―― 談話室: 六川に話しかけ ――
[>>74催し物の気配、などと口にする六川に、瑠東は眦を下げる。朴訥な、現状を知らない様子の六川が、好ましく思ったからだ。

血の付着した掌を認め慌て、
衣服の中に収穫のなかった彼へ
小さく笑いが漏れた。

>>76 ポケットのなかから現れた飴玉に
義指のくっついた左手を伸ばす。]


  ―― ―― ?

[もらえるのが当たり前と疑ってもいない様子で
小首をかしげ]

(79) 2017/04/04(Tue) 23時頃

【人】 営利政府 トレイル

[左手に飴玉を招けたかは さておき。

瑠東は改めて、微かな笑い混じる声を六川にかけた。
血に濡れた、多少渇き、かすれ、赤が剥がれ始めた右掌を 間に 咲かせ]


 これね、俺の血じゃないですよ
 さいかわさんの

 さいかわさん、部屋で死んじゃってたんですよ
 あ、お祈りとか上げるんですか
 そういう感じの服をよく着てますよね
 
[洗いそびれちゃった――などと続けて、瑠東は、六川の表情を柔らかに見ていた。
「しんだ」と聞いた彼が、掌に残った血の量だけでこんなにも狼狽えた彼が、どう反応するのかと。期待をもって。それから]

(80) 2017/04/04(Tue) 23時頃

【人】 営利政府 トレイル


 談話室に人を集めていたから
 詳しいことはこれから教えてもらえると思うけど
 
 ―― あ、くれはさんが
 最初にさいかわさんを見つけたみたいですよ


 もしかしたら、先に、聞けるかも

[呉羽に聞こえるか、聞こえないか。
 そんな声量で、今度は笑み声は潜め、瑠東は口をつぐんだ*]

(82) 2017/04/04(Tue) 23時頃

営利政府 トレイルは、メモを貼った。

2017/04/04(Tue) 23時半頃


トレイルは、チアキの視線に紫の三日月を ゆるやかに瞬かせ*

2017/04/04(Tue) 23時半頃


営利政府 トレイルは、メモを貼った。

2017/04/05(Wed) 00時頃


【人】 営利政府 トレイル

[>>88初野の声にそちらをむき]


  人集まらないしね


 やることないから来たけど
 ここでもやることないし

 呼んだ本人が忘れてたりして

[相槌代わりにひとりごちる調子で
行くなら行けば と促すような*]

(104) 2017/04/05(Wed) 00時頃

【人】 営利政府 トレイル

[>>91 広げた手の上に飴玉はこなかった。
瑠東は 笑う形にゆがめた眼差しのまま、へえ、とだけ口にする。
それだけだった。
けれど、六川から興味の失せたように視線を外し]


 なんだ
 死んだらもう 心配も慌てもしないんだ

 
[つまらなそうに言った。
右手を振るい、はらはらと乾いた血を落とす。

十字を切るのも瞼降ろすのも 他人事のように
それがなにを表すアイコンかだけは知っているように、眺め、

ソファーの上で膝を抱え、「話」とやらが始まるときをあと少しだけ待とうと決めた**]

(105) 2017/04/05(Wed) 00時頃

営利政府 トレイルは、メモを貼った。

2017/04/05(Wed) 00時頃



[それは偽りの証言だ。
 彼らを煽動するための。
 舞台の、場面転換をするための。

 もしかしたら、彼は、本当に、
 そこまでは辿り着いていたのかもしれない、
 誰がそれだとまでは知れずも、
 本当なら、知って、告発したかったのかもしれないが]
 



[昨夜最後に聞いた彼の声は、否、正確には違う、そう、最後に聞いた、言葉は、本当は全く異なるものだ。犀川は、最後、男の名前を口にしていた。「……呉羽……?」そう、戸惑った声で。錯乱さえも一瞬忘れたような、当惑の極まった声色で。
 彼の右手首を冷えた左手で掴み、彼の左頬に熱のある右手を添える、そうしてゆっくりと顔を近付けてくる、男の名前を。
 男は、そのまま、彼の唇に己の唇を合わせた。彼は身をびくりと震わせ、咄嗟に逃れようとするような素振りをした。だが、その痩せた体から出る力など、ごく簡単に押さえ込めた]


[僕は彼の唇をなぞるように舐め、そうして、その隙間に舌先を差し込んだ。見た目によらず並びの極めて良い歯列を、やはりなぞるように舐めて、それから、その舌に己の舌を絡めた。
 舌を絡め、吸い上げ、唾液を啜る、その行為に、彼は恐らく快楽を感じてくれていたのだと思う。彼はぴくりぴくりと小刻みに震え、そして僅かに声の混じる荒い息を、唇の隙間から、唾液と共に零していた。彼は心底驚いていただろう。友人だと思っていた僕から、いきなりそんな事をされて。けれども嫌悪もなく、あるいは僕が実際そうした好意を打ち明けていたとしても、関係を迫っていたとしても、もしかしたら、彼はただ、受け入れてくれたのかもしれなかった。
 そんな思考を過ぎらせながら、
 でも僕はもっと別の事を考えていた。
 別の事で頭が満たされていた]


[――美味しい。

 嗚呼、なんて、美味しいんだろう。犀川君はなんて美味しいんだろう。なんでこんなに美味しいんだろう。それは彼がケーキで僕がフォークだからだ。それでも彼は特段に美味しく感じた。今まで、食べてきた、ケーキの中でも。上等に感じるのは、彼の資質故か、いやきっと、築いてきたものがそうと感じさせるのに違いなかった。想いがこもったもの。手間をかけたもの。好きなもの。我慢してとっておいたもの。そんなものを人は余計に美味しく食べられるものだ、何もフォークに限った事じゃない、そう、だから、大好きな、ずっと我慢してきた、我慢して、我慢して、我慢して、大切にとっておいた、犀川君が、とても美味しいのは、きっと当たり前の事なのだろうと思えた。
 彼は混じり気のない透徹な、だが鮮烈な、そんな甘さを持っていた。例えるなら糖蜜、水飴、そんな感じだった。
 僕はその甘い舌をじっくり舐めて、吸って、甘噛みして、――ぶちりと、一息に噛みちぎった]


[彼はびくりと大きく震えた。先刻のものとは異なる震え。一たびの、痙攣。薄くて少し固めの舌、それを噛み締めながら唇を、顔を離すと、此方を見据える彼と目が合った。
 大きな目を一層に見開いて、零れ落ちてしまいそうなくらいにして、だから眼球が小刻みに震えているのがよく見えた。その顔は驚愕に、恐怖に、混乱に、そして痛覚にだろう、歪められていた。彼は赤が一挙に流れ落ちる口元を押さえて、何か言おうとしていたようだったけれど、ごぼごぼと濁った呻き声しか其処からは発せられなかった。
 ああ、本当に、愛おしい、と思った。口元を赤く汚して、恐らく食欲と恍惚に染まってしまっているのに違いない僕の事を、そうして見る、「友人」が「捕食者」に、自分が「被食者」に変わっていく、引き戻される、絶望的な状況にどうする事も出来ない可哀想な彼が。とても、 とても美味しくて、]


[僕は笑った。笑いながら、彼のもう片手を、左手を取り、その人差し指の爪先を歯で咥えた。そうして顔と手を引き離すように逆に動かせば、彼の爪は容易に剥がれ、僕の口内に収まった。彼は悲鳴をあげたが、ろくに響きはしないだろう、水音めく不明瞭なものだった。
 がり、と前歯を使って噛み切り少しずつ吞み込む、彼の爪はまさに飴のようだった。甘い甘い、犀川君。僕は彼をすぐにもっと食べてしまいたくなって、その指を根元まで飲み、噛み切った]

…… ねえ、犀川君。
君は、本当に美味しいね。
ずっと食べたかったんだよ、僕は、君の事が。

美味しそうで、美味しそうで、美味しそうで、
たまらなかった。
勿論みんな美味しそうだよ、食べたくて、
でもその中で、一番は君にしたいって。思ってたんだよ。


[骨の欠片を吐き出しつつ、僕は彼をその場に押し倒した。その顔を見下ろしながら、言葉を紡ぐ。彼はじたばたともがき続けていたが、戒めを跳ね除けるには到底足りず、 助けなどはそれこそ来る筈もなかった。深い夜、閉め切られた彼の部屋で、二人きり、彼は叫びさえ失ったのだから]

君が悪いんだよ。
折角我慢してたのにさあ。
君が気が付いたりするから。気が付きそうになったりするから。

……ううん。

美味しそう過ぎるから、かな?
ふふ。君が悪いのは。ね。
そうだよ。ついに我慢出来なくなったから。
ね…… また、食べたくなったんだよ。 それだけ。

[悪戯げに笑い、それから柔らかく笑んだ。いつものように。いつものように、震える彼の手を取って、やわらかいその腕にかじりついた] 





…… 犀川君。

まだ、生きてる?
もう、死んじゃった?
……ああ、まだ生きてるね。

すごくか弱く見えて、案外、しぶとくて……
君のそういうところ、好きだったよ。
君の作品の、登場人物と、通じる気もして……
キャラクターって、全員、作者の分身だって言うもんね。

そう、君の作品、本当に好きだったよ。
君の作品を演じられる事があったら、
よかったのに、なんて、話した事、覚えてる?


[噛みちぎり、切り裂き、断ち切った、
 随分ばらばらになってしまった彼を見下ろしつつ、語りかける。彼は最早抵抗なく、瞳は虚ろに宙を見つめ、呼吸はほんの微かに聞こえる程度で、もう言葉が届くものか怪しかったけれど。
 切り開き、肋骨を半ば露出させた彼の胸元。
 その中に沈む、震えるように鼓動する心臓に、手にしたナイフの切っ先を添えて]

大好きだよ。大好きな、友達、犀川君。
……――さよなら。

[彼の唇に再び唇を合わせ、溢れる血を唾液と共に舐め呑み下す。そのもま、ぐ、と手元に力を込めた]




  ごちそうさま。

[その、のちに。
 静かな声と微笑とを残し、男はその部屋を後にした。赤く染まった光景と残骸を置き去って。満ち足りた幸福に浸りながら――飴玉のように、彼の眼球を口の中で転がしていた]
 


情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:トレイル 解除する

生存者
(3人 24促)

トレイル
28回 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.125 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび
下記の場所以外では、人狼議事内キャラチップ
の利用を許諾しておりません。ご了承ください。

議事総合トップ
人狼議事lobby
人狼議事morphe
人狼議事cafe
人狼議事perjury
人狼議事xebec
人狼議事crazy
人狼議事ciel

SoyBean
Sangria
@7korobi