人狼議事


244 原罪の伽藍テーブル

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示



[立ち込める、甘い匂いの中で。
 彼と交わしたやり取りが、頭に浮かんだ。
 何かに怯える彼。何かを察した彼。――そのくせ肝心なところには指先さえも届かなかった、可哀想な、彼の姿が。怯えて、けれど僕に対し幾らか安心する、よりによって僕を、信じている、
 信じていた、 可哀想で、愛おしい、
 「友人」たる、彼の事を、

 ――その 味を、 思い返していた]
 


【人】 流浪者 ペラジー

[頼まれごとには、はい! お安いご用です! とうなずいて>>1:186

 続く言葉には、少し驚き>>1:187
 周りをくるくる回るギリアンに破顔する。
 本当に、小さな子供みたい

 感情が、くるくる変わることも、それを表に出してくれることも
 出し方がうまくない南には、そんなギリアンがとてもまぶしく見えた]

(11) 2017/04/04(Tue) 05時半頃

【人】 流浪者 ペラジー

[怪人、だなんて、
 ギリアンほどの体格でも思うものなのだろうかと首を傾げる。
 だけど話を聞けば>>1:187

 もう一回、なんて言われたら怖いですよねえ

[ふふ、とはにかむように笑って、でもと付け足す]

 肉叢さんは、怪人じゃありませんでしたよ
 お話、できたら、きれいでやさしい人だって、
 きっとわかるんじゃないかなあ

[少なくとも私はそう信じてます、と笑顔を向けた。
 本心から、一筋のぶれのないまっすぐな気持ち]

(12) 2017/04/04(Tue) 05時半頃

【人】 流浪者 ペラジー

[ギリアンに読んで聞かせた本は、悲しいお話だった>>1:189

 小さい男の子が、お母さんを探して世界中を旅するお話。
 どうして自分が一人なのかもわからないまま、
 つらいことが、ずっと続いて

 読むのをやめようかと思った。
 こんな悲しい話がずっと続いても、あたたかな春の日差しには
 少しもそぐわない。

 それでも、一人ぼっちで頑張ってきたこの小さな子に、
 最後はきっとハッピーエンド
 そう信じてめくった結末は、悲しいままだった。
 お母さんに会えないまま、なにも知らずに、
 幼い命が消えて行ってしまった]

(13) 2017/04/04(Tue) 05時半頃

【人】 流浪者 ペラジー

[そこまで読むことができず、落ちた涙がページを濡らす。
 パタンと本を閉じた]

 ギリアンさん、最後のページね、破れちゃってるみたい
 読んであげられなくてごめんなさい
 でも、このお話を知っている人がいるかもしれないから
 その人に読んでもらってください

[はい、と本を渡して、談話室を出ることにした]

 お花見、ここでもできるといいのになあ

[窓の方を見て、つぶやいて、
 けれどその時は声も明るく、
 笑顔で手を振って、彼にさようならを言っただろう**]

(14) 2017/04/04(Tue) 05時半頃

流浪者 ペラジーは、メモを貼った。

2017/04/04(Tue) 05時半頃


[聞いていた 聞いていた。
聞いていただけ。


開け放たれた扉の向こう
見たのは、全て終わった、その後。
散らかされた「ケーキ」の残骸
その形を、じっと、  見ていた。*]


【人】 流浪者 ペラジー

― 朝・犀川の部屋の前 ― 

[朝のお勤めが唐突に中断されて、
 呉羽の様子を見ても、
 犀川の部屋の惨状を見てもなお>>5

 南にはなにが起きているかわからなかった。
 入れ違いにその場を去ったワレンチナの言葉も>>21
 聞こえていたのに。
 
 談話室へ呼びかける声があれば>>28
 『私もお部屋を回ってみます』と、
 呉羽と同じ真っ青な顔でそれだけ告げて駆け出した]

(31) 2017/04/04(Tue) 14時頃

【人】 流浪者 ペラジー

― 朝・犀川の部屋の前 ― 

[朝のお勤めが唐突に中断されて、
 呉羽の様子を見ても、
 犀川の部屋の惨状を見てもなお>>5

 南にはなにが起きているかわからなかった。
 入れ違いにその場を去ったワレンチナの言葉も>>21
 聞こえていたのに。
 
 談話室へ呼びかける声があれば>>28
 『私もお部屋を回ってみます』と、
 呉羽と同じ真っ青な顔でそれだけ告げて駆け出した]

(32) 2017/04/04(Tue) 14時頃

【人】 流浪者 ペラジー

― 廊下 ―

[ぱっと、一番先に目についたのは、
 この喧噪の中、眠そうにあくびをしていた男>>17
 事態がわかっていないのか、
 それとも興味がないのか
 判断はつかなくて、それでも声をかけた]

 瑠東さん、あの……

[犀川先生が、と口にする顔はまだ青ざめていただろう
 
 なんでこんなことになったの?
 誰がこんなことをしたの?
 わからなくても、とりあえず、談話室に行きましょうと促した**]

(33) 2017/04/04(Tue) 14時頃

流浪者 ペラジーは、メモを貼った。

2017/04/04(Tue) 14時頃


【人】 流浪者 ペラジー

― 瑠東に声をかける前>>33 ―

[スタッフの一人に声をかけられた。
 犀川のことで、忙しそうだからと、
 中途半端に中身の詰まったゴミ袋を押しつけられて

 できるだけ早く捨ててとお願いされた。
 そんなにたくさん入っていないのに、
 ずっしりと重い袋が 鈍く光る
 金属の固まり
 その中にあの人の大事なものがあったから、思わず拾い上げた。

 毎日のように使っていれば、さびもついて、
 切れ味もなくなっていってしまうから
 きれいにしてあげよう。白く染まれば、
 あの人と同じ髪の色になる。

 刃先に指先で軽く触れて、愛おしむようになでて、
 その瞬間だけすべてのことを忘れて、笑った。
 幸せそうに**]

(46) 2017/04/04(Tue) 17時半頃

流浪者 ペラジーは、メモを貼った。

2017/04/04(Tue) 17時半頃


【人】 流浪者 ペラジー

 死んだんじゃないじゃ、ない
 殺されたんですよ

[『フォークに』と、きっぱりと口にする。
 死体の傷を見たなら、襲われたことのあるケーキならわかるはず。
 これから“どうするか”より、なんでこうなったのか
 それが真っ先に来ることじゃないんだろうか。
 それなのに、どうしてこんなに穏やかでいられるんだろう。

 かすかに募った苛立ちは、
 呉羽の名前を聞いて(>>48)、すっと冷めていった。
 凍りきってもう二度と解けない、そんな温度で
 瑠東を見つめた]

 やっぱり、あなたはいやな人なんですね
 
 優しいふりだけして、本当は誰のことも心配してない
 悪いことをするために嘘を使う人なんだ

(54) 2017/04/04(Tue) 21時半頃

【人】 流浪者 ペラジー

[いつかのあの日より、鋭く冷たい声で、拒絶する。
 向けられた視線の先にあるものを>>49
 今さら見られたくないかのように背に隠す]

 捨ててきてって頼まれたんです
 さびのついたのは危ないから、できるだけ早くって
 だから私はもう行きますね
 他にもまだ向かっていない人がいるかもしれないし

[顔も見ずに踵を返して、外へと出ていく*]

(55) 2017/04/04(Tue) 21時半頃

流浪者 ペラジーは、メモを貼った。

2017/04/04(Tue) 22時頃


【人】 流浪者 ペラジー

― 中庭 ―

[ゴミを捨てにいく道中、座り込む男を見かけて>>45
 冷え切った気持ちをふり払うように明るい声で名前を呼ぶけれど、
 顔は暗く沈んだまま、うまく笑えなかった]

 肉叢さん!
 こんなところでなにしてるんですか?

[なにも履いていない足と頬の傷が見えたから、鋏を取り出してみたが、
 渡さずにそのまま、談話室の窓を指さす*]

 いつものやつ、今日はできないかもしれません
 犀川先生が、その、亡くなって、
 みなさんでお話しなきゃいけないから

(58) 2017/04/04(Tue) 22時頃

流浪者 ペラジーは、メモを貼った。

2017/04/04(Tue) 22時頃


【人】 流浪者 ペラジー

― 廊下、瑠東と ―

[瑠東の表情が“あの男”とそっくりに変わっていった瞬間>>60>>61

 殺してやりたい
 今すぐにでも
 
 発作的にそう思った。
 人を食い物にして喜ぶ化け物
 最低の、クズ野郎
 そんな男だった。

 うそと狂気だけで、他はなにも教えてくれなかった。
 許すことはできなくても、話してくれていたら
 なにか変わったかもしれないのに
 でも瑠東は“あの男”とは違う。どんなに似ていても]

(87) 2017/04/04(Tue) 23時半頃

【人】 流浪者 ペラジー

 勘違いされるのがいやなら、自分のことを話せばよかった
 あなたが何も言わないから私はわからない

 言葉に出せないなら、受け入れてくれる人がどんなにそばにいても、
 あなたはずっと一人ぼっち

 私には、そんなの、耐えられないだけです

[別れ際に聞こえた言葉には(>>62)一瞬だけ立ち止まって、
 迷ったけれど、
 耳をふさいで駆けていった*]

(88) 2017/04/04(Tue) 23時半頃

ペラジーは、トレイルの紫の目を、もう見ない*

2017/04/04(Tue) 23時半頃


流浪者 ペラジーは、メモを貼った。

2017/04/04(Tue) 23時半頃


【人】 流浪者 ペラジー

 だ、だめですよ
 今はだめなんです!
 できないの、つらいかもしれないけど、
 みんなを待たせてしまったら悪いでしょ?
 がまんしなくちゃ

[語気を強めて一歩後ろに下がる。
 でも、視線を離さない肉叢に>>86
 大きな子供みたいな彼がかわいらしくて、
 なんでも言うことを聞いてやりたいと思ってしまう*]

(101) 2017/04/05(Wed) 00時頃

ペラジーは、ヤニクの顔をじっと見つめて、困ったように笑う*

2017/04/05(Wed) 00時頃


【人】 流浪者 ペラジー

[見つめられて(>>104)、言葉に詰まって

 うーん、としばらく考えて
 一歩、二歩、肉叢のそばへ寄った。

 白い上着になんどか刃先をこすりつけて、
 申しわけ程度だけれど汚れを落とす]

 がまん、できるって約束してくれますか?

[談話室でお話が終わるまで
 うなずいてくれたなら、左手に、
 刃先を持った手を彼に向ける*]

(111) 2017/04/05(Wed) 00時半頃

流浪者 ペラジーは、メモを貼った。

2017/04/05(Wed) 00時半頃


【人】 流浪者 ペラジー

[持っていた袋をその場に置いて、
 空いた右手も差し出す。
 ゴミ袋の中の、光る刃物達が、高い音で笑っているように鳴った]

 私が離すまで、握っていてもらえますか?

[なんでも、という肉叢の言葉を信じて>>113
 無防備に、
 彼も自分を信じてくれているんだと、
 勝手に思ってしまった]

 そうしたら、いっぱいいっぱいしましょうね
 たくさん我慢したからね
 肉叢さんがしてほしいこと、なんでも、できるよ

[どこかかみ合わない会話
 わかっていたけど、信じていた**]

(120) 2017/04/05(Wed) 01時頃

流浪者 ペラジーは、メモを貼った。

2017/04/05(Wed) 01時頃


【人】 流浪者 ペラジー

― 中庭の小さな出来事 ―

[肉叢と花壇で会って、少しして、
 忙しそうに駆け回る八重を見た>>107

 ああ、また走ってる

 そう思って、つかの間視線は彼女の元へ。

 『危ないよ、光ちゃん』
 そう言っていつも注意しても、結局彼女は彼女だし、
 時々、南だって一緒になって走ってしまうのだけど。

 ぐるぐる巻かれた包帯
 ここに来てから増えたものだってあるんだろうな
 もしそれが、誰かのせいだったら、
 絶対に許さないんだから!
 て、半分冗談で言って笑っただろう]

(129) 2017/04/05(Wed) 02時半頃

【人】 流浪者 ペラジー

[彼女と一緒に、
 男の子が好きそうなアクションゲームをしていて、
 ふと思って、一度聞いてみたのだ。

 『光ちゃん、お化粧の仕方知ってる?』

 彼女はなんと答えたか。
 伊島家でお母さんや近所の子供が着ていたような、きれいなお洋服
 彼女にきっと似合うのに
 教えてもらって一緒に着てみたいな、て、ぽつりと**]

(130) 2017/04/05(Wed) 02時半頃

流浪者 ペラジーは、メモを貼った。

2017/04/05(Wed) 02時半頃


流浪者 ペラジーは、メモを貼った。

2017/04/05(Wed) 02時半頃



[それは偽りの証言だ。
 彼らを煽動するための。
 舞台の、場面転換をするための。

 もしかしたら、彼は、本当に、
 そこまでは辿り着いていたのかもしれない、
 誰がそれだとまでは知れずも、
 本当なら、知って、告発したかったのかもしれないが]
 



[昨夜最後に聞いた彼の声は、否、正確には違う、そう、最後に聞いた、言葉は、本当は全く異なるものだ。犀川は、最後、男の名前を口にしていた。「……呉羽……?」そう、戸惑った声で。錯乱さえも一瞬忘れたような、当惑の極まった声色で。
 彼の右手首を冷えた左手で掴み、彼の左頬に熱のある右手を添える、そうしてゆっくりと顔を近付けてくる、男の名前を。
 男は、そのまま、彼の唇に己の唇を合わせた。彼は身をびくりと震わせ、咄嗟に逃れようとするような素振りをした。だが、その痩せた体から出る力など、ごく簡単に押さえ込めた]


[僕は彼の唇をなぞるように舐め、そうして、その隙間に舌先を差し込んだ。見た目によらず並びの極めて良い歯列を、やはりなぞるように舐めて、それから、その舌に己の舌を絡めた。
 舌を絡め、吸い上げ、唾液を啜る、その行為に、彼は恐らく快楽を感じてくれていたのだと思う。彼はぴくりぴくりと小刻みに震え、そして僅かに声の混じる荒い息を、唇の隙間から、唾液と共に零していた。彼は心底驚いていただろう。友人だと思っていた僕から、いきなりそんな事をされて。けれども嫌悪もなく、あるいは僕が実際そうした好意を打ち明けていたとしても、関係を迫っていたとしても、もしかしたら、彼はただ、受け入れてくれたのかもしれなかった。
 そんな思考を過ぎらせながら、
 でも僕はもっと別の事を考えていた。
 別の事で頭が満たされていた]


[――美味しい。

 嗚呼、なんて、美味しいんだろう。犀川君はなんて美味しいんだろう。なんでこんなに美味しいんだろう。それは彼がケーキで僕がフォークだからだ。それでも彼は特段に美味しく感じた。今まで、食べてきた、ケーキの中でも。上等に感じるのは、彼の資質故か、いやきっと、築いてきたものがそうと感じさせるのに違いなかった。想いがこもったもの。手間をかけたもの。好きなもの。我慢してとっておいたもの。そんなものを人は余計に美味しく食べられるものだ、何もフォークに限った事じゃない、そう、だから、大好きな、ずっと我慢してきた、我慢して、我慢して、我慢して、大切にとっておいた、犀川君が、とても美味しいのは、きっと当たり前の事なのだろうと思えた。
 彼は混じり気のない透徹な、だが鮮烈な、そんな甘さを持っていた。例えるなら糖蜜、水飴、そんな感じだった。
 僕はその甘い舌をじっくり舐めて、吸って、甘噛みして、――ぶちりと、一息に噛みちぎった]


【人】 流浪者 ペラジー

[ゆるく握られる手も、『大きいね』って言って、強く握り返す>>125
 幸せって言ってくれるなら、
 うまく笑えなかったはずの南も、心から笑えるようになる]

 私も、幸せです
 さっきまではそうじゃなかった
 死んだらだめなのに、だめなことする人がいたら、
 ……もし、フォークがいたら
 同じことしてやりたいって思うのがいやだった

 でもあなたとお話してる時だけは、だめなことでもいいって思えるから

(137) 2017/04/05(Wed) 14時半頃

【人】 流浪者 ペラジー

[つぎは、とねだる声には(>>126)、じゃあ最後にと付け足して]

 あなた以外にそう思うことがないようになりたい
『逃げろ』って犀川先生言っていたの、私にはできない、したくないから
 私にも、だめなこと、してくれますか?
 

[うんと言ってくれたなら、手を離して、
 刃先が彼にも見えるよう持ち替えて、お腹をつんとつつく。
 深く深く埋まれば、また彼の喜ぶ顔が見られますように**]

(138) 2017/04/05(Wed) 14時半頃

流浪者 ペラジーは、メモを貼った。

2017/04/05(Wed) 14時半頃


[彼はびくりと大きく震えた。先刻のものとは異なる震え。一たびの、痙攣。薄くて少し固めの舌、それを噛み締めながら唇を、顔を離すと、此方を見据える彼と目が合った。
 大きな目を一層に見開いて、零れ落ちてしまいそうなくらいにして、だから眼球が小刻みに震えているのがよく見えた。その顔は驚愕に、恐怖に、混乱に、そして痛覚にだろう、歪められていた。彼は赤が一挙に流れ落ちる口元を押さえて、何か言おうとしていたようだったけれど、ごぼごぼと濁った呻き声しか其処からは発せられなかった。
 ああ、本当に、愛おしい、と思った。口元を赤く汚して、恐らく食欲と恍惚に染まってしまっているのに違いない僕の事を、そうして見る、「友人」が「捕食者」に、自分が「被食者」に変わっていく、引き戻される、絶望的な状況にどうする事も出来ない可哀想な彼が。とても、 とても美味しくて、]


[僕は笑った。笑いながら、彼のもう片手を、左手を取り、その人差し指の爪先を歯で咥えた。そうして顔と手を引き離すように逆に動かせば、彼の爪は容易に剥がれ、僕の口内に収まった。彼は悲鳴をあげたが、ろくに響きはしないだろう、水音めく不明瞭なものだった。
 がり、と前歯を使って噛み切り少しずつ吞み込む、彼の爪はまさに飴のようだった。甘い甘い、犀川君。僕は彼をすぐにもっと食べてしまいたくなって、その指を根元まで飲み、噛み切った]

…… ねえ、犀川君。
君は、本当に美味しいね。
ずっと食べたかったんだよ、僕は、君の事が。

美味しそうで、美味しそうで、美味しそうで、
たまらなかった。
勿論みんな美味しそうだよ、食べたくて、
でもその中で、一番は君にしたいって。思ってたんだよ。


[骨の欠片を吐き出しつつ、僕は彼をその場に押し倒した。その顔を見下ろしながら、言葉を紡ぐ。彼はじたばたともがき続けていたが、戒めを跳ね除けるには到底足りず、 助けなどはそれこそ来る筈もなかった。深い夜、閉め切られた彼の部屋で、二人きり、彼は叫びさえ失ったのだから]

君が悪いんだよ。
折角我慢してたのにさあ。
君が気が付いたりするから。気が付きそうになったりするから。

……ううん。

美味しそう過ぎるから、かな?
ふふ。君が悪いのは。ね。
そうだよ。ついに我慢出来なくなったから。
ね…… また、食べたくなったんだよ。 それだけ。

[悪戯げに笑い、それから柔らかく笑んだ。いつものように。いつものように、震える彼の手を取って、やわらかいその腕にかじりついた] 


情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:ペラジー 解除する

処刑者 (5人)

ペラジー
16回 (3d) 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.132 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび
下記の場所以外では、人狼議事内キャラチップ
の利用を許諾しておりません。ご了承ください。

議事総合トップ
人狼議事lobby
人狼議事morphe
人狼議事cafe
人狼議事perjury
人狼議事xebec
人狼議事crazy
人狼議事ciel

SoyBean
Sangria
@7korobi