人狼議事


244 原罪の伽藍テーブル

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:



[立ち込める、甘い匂いの中で。
 彼と交わしたやり取りが、頭に浮かんだ。
 何かに怯える彼。何かを察した彼。――そのくせ肝心なところには指先さえも届かなかった、可哀想な、彼の姿が。怯えて、けれど僕に対し幾らか安心する、よりによって僕を、信じている、
 信じていた、 可哀想で、愛おしい、
 「友人」たる、彼の事を、

 ――その 味を、 思い返していた]
 


【人】 士官 ワレンチナ

――朝 ――

[いつもと変わらぬ朝、カーテンを開き陽光を部屋へと差し込ませれば、外の景色に飼い鳥の気分で車椅子に凭れ掛かる]

 ······!?

[悲鳴が聴こえた、誰とまでは特定出来ないものの男性の大きな声>>7]

 気になるな、行ってみるか

["ししむらがまた何かしでかした"んだろうと言う先入観はあるものの、それにしては今まで聞いたことの無いような叫び声に、部屋を出て廊下を声の方向へと車椅子を進ませる]

(18) 2017/04/04(Tue) 09時頃

【人】 士官 ワレンチナ

――犀川の部屋の前――

 ………??

[近づくにつれて見えてくる>>10 部屋の扉は開いている。
犀川の部屋の前で八重と呉羽の様子に異常さを感じとると少しタイヤを回す手を早めた]

 何があった。 

[二人に声をかけながら開いた扉の中を覗き見る。

 そこに見えた光景>>5に驚愕した表情で絶句ししばし言葉を失った]

 これは·····

[部屋は赤く染まり殺害事件を思わせるような凄惨な現場、猟奇を逸して立ち籠める臭いに口を抑えて吐き気を防いだ。]



(19) 2017/04/04(Tue) 09時頃

【人】 士官 ワレンチナ

[生理的な嗚咽感を抑えながら部屋へと入る。 
食い散らかしているようにも見える現場に脳裏にはフォークが過ぎりだすがここは収容所、凶器らしきものが残っていないか部屋の中を見渡すくらいには冷静さは残っている。]

(20) 2017/04/04(Tue) 09時頃

【人】 士官 ワレンチナ

 ちっ……

[部屋の中は目を覆いたくなるような肉片血溜まり、凶器らしきものも一見出来ず、残骸に咬傷のような痕を確認すると苦い顔を浮かばせながら部屋を出てタイヤについた血を回しながら拭き取った。]

 ····まるでフォークの食事だな。
 後で全員談話室あたりに集めた方が良いかもしれん。
 私は一度書庫にいく。またな

[二人に声をかけて部屋の前から離れる。類似した事件をどこかで見た気がする。その確認のため書庫へと向かった**]

(21) 2017/04/04(Tue) 09時半頃

士官 ワレンチナは、メモを貼った。

2017/04/04(Tue) 09時半頃


[聞いていた 聞いていた。
聞いていただけ。


開け放たれた扉の向こう
見たのは、全て終わった、その後。
散らかされた「ケーキ」の残骸
その形を、じっと、  見ていた。*]


【人】 士官 ワレンチナ

―回想 前日 呉羽と―

[ケーキであることが身にしみてしまっているように見える目の前の呉羽>>1:185
表情を変えずに視線を逸らさず、その言葉に耳を澄まして聴いてみる。
どこかで彼にも自分と同じような現状を変えようとする意識があるいはと期待してけれど、結局最後までその言葉はケーキであることの諦めのようなものだった>1:190] 

 ・・・呉羽 
 ケーキがケーキであることを認めている
 だからフォークは私達を食べるんだよ。
 もし私達が銃を持ち
 フォークと自分の達の尊厳のために戦う意思を持っていたならば
 ここまで世界が私達に冷たくすることも無かったと思う。

[ワレンチナは静かに諭すように呟いた。
自分の国よりも何倍も大きな赤い巨人と何度も戦ってきた母国の生き方も影響したかもしれない。]

(56) 2017/04/04(Tue) 22時頃

【人】 士官 ワレンチナ

  ・・・少しでも、あなたがケーキとしてではなく
 人間としての誇りがまだ残っているのなら
 いつか私とともに一緒にここを出てほしい。

[自分ひとりではここは出られない。
頼れる人も限られている。
だから今はそっと、いつか彼が立ち上がってくれることを祈ってその場を去ろうか* ]

(57) 2017/04/04(Tue) 22時頃

【人】 士官 ワレンチナ

―現在 書庫―

[朝の惨劇の現場から去った後、ワレンチナは書庫の扉を開けた。
犀川が本当にフォークに殺されたならば悠長にはしてはいられない。

急いでこれまでに調べていたノートを取りにここには来てみれば、机に向かって辞書を開く>>1の姿が目に入る]

 おはよ。館内で大変なことが起きてるわ。
 六嶋はもう知ってるかしら?

[本棚の隅にいつも置いたノートに向かって車椅子を動かしながら、きっと知らない彼に聞く。私の様子は表情は変えないまでも動きから何か焦っているのは感じ取れたかもしれない*]

(59) 2017/04/04(Tue) 22時頃

士官 ワレンチナは、メモを貼った。

2017/04/04(Tue) 22時半頃


【人】 士官 ワレンチナ

 ―書庫―

 ・・・貴女もいたのね。あなたも見たの?

[「行かないほうがいいわ」その言葉>>69に少しの違和感。
まるで現場を見てきたような言葉、彼女は知っていてそれを六嶋に伝えているのだろうか。
それにしては窓際に本を出してすわり妙に落ち着いているように見えるが・・・

少しの疑問は感じるもののそのままノートを手に取るとすぐに以前に訳した記事を探していく。 

ワレンチナがここに来て確かめたかった記事には捕まったフォークらしき犯人の一つの証言が残る]

 「とても甘いんだ。」

[[もし、これが本当ならば、全く甘くもない食べ物に今の犀川の肉なり血なりを混ぜて食べさせたらどうなるのだろう。
やはりフォークはそれを "甘い" と感じるんじゃないだろうか?

それがワレンチナのフォークを見極められるかもしれない仮説であり、いつか復讐するために試してみようと考えていた判別方法だった。*]

(78) 2017/04/04(Tue) 23時頃

士官 ワレンチナは、メモを貼った。

2017/04/04(Tue) 23時頃


【人】 士官 ワレンチナ

 なるほど・・・ね。

[>>94 小さく聞こえ辛かった言葉は血の匂いを連想された。
 言い改められた>>95にその解を得られると、納得したように、相槌を入れる。確かに酷い匂いなのはワレンチナも認めるところである。実際にその現場まで確認し、吐き気を抑えたのだから・・

引き摺るような声色に気づくと落ち着いているに見えた様子にも内心は怯えてるとも見分けがつかなくなってくる。
ただ、ノートに書いた記事を確かめれば、再び車椅子を動かし部屋を後にしようとする]

 >>85 犀川が殺されたの。 フォークの可能性が非常に濃い。
 そうじゃなかったら説明できないくらい異常な殺され方だわ。

 談話室に私は向かう。
 スタッフ達も見かけないみたいだし・・・
 最悪に備えた方がいいかもしれないわね 

[苛立ちを見せた六嶋に見解を述べてノートを手にして扉を開ける。特に引き止められなければそのまま談話室に向かうだろう。
無論一緒に行くと言うなら共に向かうだろうが。*]

(100) 2017/04/05(Wed) 00時頃

【人】 士官 ワレンチナ

>>99 
 スタッフ達はどこにいったのかしらね。
 
[スタッフは?と聞く彼に私は小さく応えた。*]

(102) 2017/04/05(Wed) 00時頃

【人】 士官 ワレンチナ

 ―談話室前―
[二人に談話室に人が集まっているかもしれないことだけ最後に伝え、書庫を後にすると談話室へと向かう。
その廊下の前にいる>>98初野の姿に目が止まると部屋の中も何人かの声が聞こえる。八重が伝えてくれたのだろうか。

 そのまま談話室に入り、全員が揃ったのなら私は実際に犀川が殺された現場の説明をし今朝犀川の部屋に入った際の見立てを説明する。]

(121) 2017/04/05(Wed) 01時頃

【人】 士官 ワレンチナ

―談話室―

[まず犀川には咬傷がいくつも確認でき、それは背中にも続いていたと言うこと、そして窓がしっかりと閉じられ廊下側から侵入をして殺されている可能性が一番濃厚であること

外部犯行か内部犯行か、で言えば内部もしくは既に侵入してどこかにまだ潜伏しているとしか言えない状況であることを伝えただろう]

 ・・・聞いての通り、事態は良いとはとてもいえない。
 昨日犀川が廊下で逃げろと叫んでいた事から
 私はここのどこかにフォークが隠れていると思う。
 ここにいるのはケーキだけのはずだしな。

 意見あるなら教えて欲しい、私は自警のために虱潰しに隠れてそうなところを探しにいって殺しに向かうつもりだ。
 ・・・食われるのは嫌だしな。

["これは内部の犯行である"との何か証拠が無ければ私はそれで話を終えて見当違いのフォーク探しにむかうだろう。 あればまた対応は違ったものになるのだが。
施設に何かしらの知らせがあるのならまたそれも違った話になるだろう。あくまでワレンチナとしての見解であるのだから*]  
 

(123) 2017/04/05(Wed) 01時頃

士官 ワレンチナは、メモを貼った。

2017/04/05(Wed) 01時頃


士官 ワレンチナは、メモを貼った。

2017/04/05(Wed) 01時頃



[それは偽りの証言だ。
 彼らを煽動するための。
 舞台の、場面転換をするための。

 もしかしたら、彼は、本当に、
 そこまでは辿り着いていたのかもしれない、
 誰がそれだとまでは知れずも、
 本当なら、知って、告発したかったのかもしれないが]
 



[昨夜最後に聞いた彼の声は、否、正確には違う、そう、最後に聞いた、言葉は、本当は全く異なるものだ。犀川は、最後、男の名前を口にしていた。「……呉羽……?」そう、戸惑った声で。錯乱さえも一瞬忘れたような、当惑の極まった声色で。
 彼の右手首を冷えた左手で掴み、彼の左頬に熱のある右手を添える、そうしてゆっくりと顔を近付けてくる、男の名前を。
 男は、そのまま、彼の唇に己の唇を合わせた。彼は身をびくりと震わせ、咄嗟に逃れようとするような素振りをした。だが、その痩せた体から出る力など、ごく簡単に押さえ込めた]


[僕は彼の唇をなぞるように舐め、そうして、その隙間に舌先を差し込んだ。見た目によらず並びの極めて良い歯列を、やはりなぞるように舐めて、それから、その舌に己の舌を絡めた。
 舌を絡め、吸い上げ、唾液を啜る、その行為に、彼は恐らく快楽を感じてくれていたのだと思う。彼はぴくりぴくりと小刻みに震え、そして僅かに声の混じる荒い息を、唇の隙間から、唾液と共に零していた。彼は心底驚いていただろう。友人だと思っていた僕から、いきなりそんな事をされて。けれども嫌悪もなく、あるいは僕が実際そうした好意を打ち明けていたとしても、関係を迫っていたとしても、もしかしたら、彼はただ、受け入れてくれたのかもしれなかった。
 そんな思考を過ぎらせながら、
 でも僕はもっと別の事を考えていた。
 別の事で頭が満たされていた]


[――美味しい。

 嗚呼、なんて、美味しいんだろう。犀川君はなんて美味しいんだろう。なんでこんなに美味しいんだろう。それは彼がケーキで僕がフォークだからだ。それでも彼は特段に美味しく感じた。今まで、食べてきた、ケーキの中でも。上等に感じるのは、彼の資質故か、いやきっと、築いてきたものがそうと感じさせるのに違いなかった。想いがこもったもの。手間をかけたもの。好きなもの。我慢してとっておいたもの。そんなものを人は余計に美味しく食べられるものだ、何もフォークに限った事じゃない、そう、だから、大好きな、ずっと我慢してきた、我慢して、我慢して、我慢して、大切にとっておいた、犀川君が、とても美味しいのは、きっと当たり前の事なのだろうと思えた。
 彼は混じり気のない透徹な、だが鮮烈な、そんな甘さを持っていた。例えるなら糖蜜、水飴、そんな感じだった。
 僕はその甘い舌をじっくり舐めて、吸って、甘噛みして、――ぶちりと、一息に噛みちぎった]


[彼はびくりと大きく震えた。先刻のものとは異なる震え。一たびの、痙攣。薄くて少し固めの舌、それを噛み締めながら唇を、顔を離すと、此方を見据える彼と目が合った。
 大きな目を一層に見開いて、零れ落ちてしまいそうなくらいにして、だから眼球が小刻みに震えているのがよく見えた。その顔は驚愕に、恐怖に、混乱に、そして痛覚にだろう、歪められていた。彼は赤が一挙に流れ落ちる口元を押さえて、何か言おうとしていたようだったけれど、ごぼごぼと濁った呻き声しか其処からは発せられなかった。
 ああ、本当に、愛おしい、と思った。口元を赤く汚して、恐らく食欲と恍惚に染まってしまっているのに違いない僕の事を、そうして見る、「友人」が「捕食者」に、自分が「被食者」に変わっていく、引き戻される、絶望的な状況にどうする事も出来ない可哀想な彼が。とても、 とても美味しくて、]


[僕は笑った。笑いながら、彼のもう片手を、左手を取り、その人差し指の爪先を歯で咥えた。そうして顔と手を引き離すように逆に動かせば、彼の爪は容易に剥がれ、僕の口内に収まった。彼は悲鳴をあげたが、ろくに響きはしないだろう、水音めく不明瞭なものだった。
 がり、と前歯を使って噛み切り少しずつ吞み込む、彼の爪はまさに飴のようだった。甘い甘い、犀川君。僕は彼をすぐにもっと食べてしまいたくなって、その指を根元まで飲み、噛み切った]

…… ねえ、犀川君。
君は、本当に美味しいね。
ずっと食べたかったんだよ、僕は、君の事が。

美味しそうで、美味しそうで、美味しそうで、
たまらなかった。
勿論みんな美味しそうだよ、食べたくて、
でもその中で、一番は君にしたいって。思ってたんだよ。


[骨の欠片を吐き出しつつ、僕は彼をその場に押し倒した。その顔を見下ろしながら、言葉を紡ぐ。彼はじたばたともがき続けていたが、戒めを跳ね除けるには到底足りず、 助けなどはそれこそ来る筈もなかった。深い夜、閉め切られた彼の部屋で、二人きり、彼は叫びさえ失ったのだから]

君が悪いんだよ。
折角我慢してたのにさあ。
君が気が付いたりするから。気が付きそうになったりするから。

……ううん。

美味しそう過ぎるから、かな?
ふふ。君が悪いのは。ね。
そうだよ。ついに我慢出来なくなったから。
ね…… また、食べたくなったんだよ。 それだけ。

[悪戯げに笑い、それから柔らかく笑んだ。いつものように。いつものように、震える彼の手を取って、やわらかいその腕にかじりついた] 





…… 犀川君。

まだ、生きてる?
もう、死んじゃった?
……ああ、まだ生きてるね。

すごくか弱く見えて、案外、しぶとくて……
君のそういうところ、好きだったよ。
君の作品の、登場人物と、通じる気もして……
キャラクターって、全員、作者の分身だって言うもんね。

そう、君の作品、本当に好きだったよ。
君の作品を演じられる事があったら、
よかったのに、なんて、話した事、覚えてる?


[噛みちぎり、切り裂き、断ち切った、
 随分ばらばらになってしまった彼を見下ろしつつ、語りかける。彼は最早抵抗なく、瞳は虚ろに宙を見つめ、呼吸はほんの微かに聞こえる程度で、もう言葉が届くものか怪しかったけれど。
 切り開き、肋骨を半ば露出させた彼の胸元。
 その中に沈む、震えるように鼓動する心臓に、手にしたナイフの切っ先を添えて]

大好きだよ。大好きな、友達、犀川君。
……――さよなら。

[彼の唇に再び唇を合わせ、溢れる血を唾液と共に舐め呑み下す。そのもま、ぐ、と手元に力を込めた]




  ごちそうさま。

[その、のちに。
 静かな声と微笑とを残し、男はその部屋を後にした。赤く染まった光景と残骸を置き去って。満ち足りた幸福に浸りながら――飴玉のように、彼の眼球を口の中で転がしていた]
 


[だめなこと、は
赤衣にとっては、死ぬことで
それをするということは、 つまり。]



[そのあとは、どうしようか。
「フォーク」に差し出せば
「フォーク」は喜んでくれるだろうか。
彼らが違う、「ケーキ」を食らうならば
冷蔵庫にでも入れておけば、非常食にはなるのだろうか。]


[たくさんの“良いこと”をくれる娘を前にしながら
信仰にも似た「フォーク」への敬愛は

そんなことを、ぐるり、ぐるり。]


[談話室の中。
 沈痛の、怨嗟の、よそおいをしながら、
 散漫な思考を、過ぎらせていた。

 ――六川さんは、流石、慈悲深いなあ。
 まるで聖人様みたいなお言葉だ、

 語られる思想への反応や、

 ――「彼」は、食べるとしたら、
 誰を食べるのかなあ。

 「美味しそう」ではない唯一の収容者、 まず間違いなくそうなのだろう、 同類、への思惟や]


【人】 士官 ワレンチナ

[ 呉羽の話>>131に耳を澄ます。何か知ってるかもしれない犀川と会い叫んだ意味がわかるのなら現状最も有力な情報だろうか]

 ・・・

[言葉が進んでいくにすれドクドクと高鳴る鼓動の音
ここにいる者達を疑うのはやはり躊躇いはある。
この惨劇にそれがもし身内の犯行だとするならばその事態の悪化は予測つくだろうか。唾を飲み込み聞いていくと小さく最後にぼやくような言葉>>133]

 ・・・・気持ちは同じだ。少し休め。

[あえて私はその言葉を聞きなおすことはしなかった。頭の片隅には身内の犯行も過ぎってはいる。けれどすぐにそれと断定し、探すとするならば、それはもう引き戻せない殺し合いにしかならない。
興奮して死者もでかねない。
彼の横に近寄ると肩に手を置いて、その激情を宥めた。]

(153) 2017/04/05(Wed) 20時頃

【人】 士官 ワレンチナ

[そうして宥めていると>>134>>135>>136六川の言葉 溜息交じりに視線を向けるとその言葉に反論した。]

 ・・・見つけたら殺すしかないだろうな。
 彼らにも言い分はあるだろうが、私達は残念ながら食事じゃない
 家畜じゃないんだ。同じ人間でいたいのなら抗わねばならん。
 殺した報いとここの平和のためにもな。

[国の違い、宗教の違い、人種の違い。
様々な要因で情勢不安定な母国の環境はある種力関係でそれをまとめてきた。ユダヤが迫害されてもコミュニティを守り、その宗教をその人種を存続させて今尚戦っているように、ワレンチナもまた自分がケーキであることの自覚ゆえに戦う必要性を考える。
鋭く目を細め、それは冷たい目であっても、元軍人として守りたい気持ちはあった。]

 とにかく私は調べてみるよ。 くれぐれも気をつけてくれ。
 檀、良かったら一緒にいかないか?

[傍らで見守る檀を誘い、彼女がよければそのまま部屋を出て入り口などを調べに向かおうか*]

(154) 2017/04/05(Wed) 20時半頃

士官 ワレンチナは、メモを貼った。

2017/04/05(Wed) 21時頃


[引き出されたものへ、寄せられる唇。
食べてくれるのか、なんて 
そんな、淡い期待よりも。


彼女は、「フォーク」ではない
そんな、落胆。]


[「フォーク」だったら
喜んで、「ケーキ」の身を引き裂いて、差し出すのに。

「フォーク」のためになるならば
別に、死んだって。]


[だけど、]


[談話室を出たのは、こみあげてくる笑いに耐えきれそうになかったから。テレビで見たことのある役者は、生で見てもやっぱり素晴らしい演技力だと、指さして笑いたい気分だった。

今日は朝から腹が減って仕方がない。
全て、全て彼のせいだ。
あんな濃い――甘い香りを巻き散らして。
今だって腹いっぱいだろうに、あんな顔をして]

 ………ずるい

[何の味もしない水を、透明な水を見つめながら、廊下に吐いたのはそんな言葉]


 おなかすいたなー

 ……すいたなー





 おなかいっぱい、たーくさん。 食べたいなぁ


[談話室、広くはない空間に、たくさんのケーキ。
殺したいわけじゃない。
命を奪いたいわけじゃない。
好きなわけでもない。

ただ、食べたいだけ。
美味しいケーキを口いっぱい、満腹になってもまだ余るくらいたくさん。どうせ頬張るなら、たくさんの方がいい。そう、―――子供みたいな身体より、中身はどうあれ大きいほうが、きっと食べでがあるに違いない]


[誰が一番美味しそうだとか、誰が一番、フォークに殺意を向けているか、なんてわからない。
―――誰が一番、フォークに好意を向けているかは、わかる。
味を教えてくれた人。
ある意味では、守るべき人。
そして羨ましい人。

だからまだ、食べてなんかやらない。
本当の望みを、叶えてなんかやらない]


【人】 士官 ワレンチナ

――談話室→――

 ・・・・

[>>150自分が否定した言葉への賛成の声
ワレンチナは諦めにも似た溜息を経て出て行く彼を見送っただろう。]

 それじゃ後でな。

[話が済み、六川が言葉に詰まるのを見ると檀を引き連れて出て談話室を出て外へと繋がる扉を一つ一つ調べていく。]


 埃が残ってる。開いた形跡は無いわ。

(192) 2017/04/06(Thu) 00時半頃

【人】 士官 ワレンチナ

―館内 外へと繋がる扉の付近―



[もしどこかの扉が開き、そしてこじ開けた後でも見つけたならばワレンチナはすぐにみんなに知らせただろう。
これは事故で、ここにいる必要もなく、スタッフ達も逃げたと判断できる。しかしすべて問題ないとなれば――。
「スタッフはわれわれを見捨てた
          もしくは手引きした]
                     」
避難の指示もなく複数人による不自然な失踪では全員殺されたと見るよりはそう思考を巡らせる他なく。 スタッフに向ける感情は自然と怒りすらこみ上げてくる]

(193) 2017/04/06(Thu) 00時半頃

【人】 士官 ワレンチナ

 助ける気が無いということでしょうね。今更でも無いわ。
 私達は今まだその真意もわからないのだから。
 

[檀の>>178にそう答えて彼女が進むのを後ろから見守る。やがてそれが作りかけの戸棚で何か探しているらしきことを感じ取れば近寄り、合わせられた視線に向けて不思議そうに見た。]

 ・・・それは?

[それは小さなカッターだろうか。
小さな道具箱を取り出し柄を向けられたそれを見る]

(194) 2017/04/06(Thu) 00時半頃

【人】 士官 ワレンチナ

 ・・・。

[檀のその話す様子に少しだけ戸惑う、どうしてこんなにあっさりと彼女は殺すことを受け入れられたのだろう。 
自分が言い出したことではあるのにその言葉と様子に不思議な気持ちがわきおこる。
表情こそすぐに戻って彼女の言葉を真剣に聞きはじめるも、すべて聞き終えるのを待つと、カッターを貰い、カチカチと刃を確かめた。]

・・・ありがと。これは預かっておくわ。
ところで一つ聞いてもいいかしら?

その切り分けたケーキをあいつらは簡単に"甘い"とどうやって言わせる気かしら?

 [ワレンチナもそれは考えている。しかし甘いと言わせる状況がまだ思いつかないのだ。 
さりげなく物を与え、感想を述べて貰えたならあるいはわかろう。しかし現状では難しく、ワレンチナは思いあぐねている。]

檀、私はイザとなれば誰でも殺すことを躊躇わない。
でもだからと言ってむやみにも殺せないわ。
餌を作るだけならば・・・今あなたを殺さない理由もなくなってしまうもの・・・。 

[少しだけ目を閉じてカッターをしまい。封筒はいいと、カッターだけをポケットに入れる。彼女は何か判別する方法を知ってるのだろうか*] 

(195) 2017/04/06(Thu) 00時半頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:ワレンチナ 解除する

生存者
(3人 24促)

ワレンチナ
17回 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.14 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび
下記の場所以外では、人狼議事内キャラチップ
の利用を許諾しておりません。ご了承ください。

議事総合トップ
人狼議事lobby
人狼議事morphe
人狼議事cafe
人狼議事perjury
人狼議事xebec
人狼議事crazy
人狼議事ciel

SoyBean
Sangria
@7korobi