人狼議事


244 原罪の伽藍テーブル

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


【人】 流浪者 ペラジー

[ゆるく握られる手も、『大きいね』って言って、強く握り返す>>125
 幸せって言ってくれるなら、
 うまく笑えなかったはずの南も、心から笑えるようになる]

 私も、幸せです
 さっきまではそうじゃなかった
 死んだらだめなのに、だめなことする人がいたら、
 ……もし、フォークがいたら
 同じことしてやりたいって思うのがいやだった

 でもあなたとお話してる時だけは、だめなことでもいいって思えるから

(137) 2017/04/05(Wed) 14時半頃

【人】 流浪者 ペラジー

[つぎは、とねだる声には(>>126)、じゃあ最後にと付け足して]

 あなた以外にそう思うことがないようになりたい
『逃げろ』って犀川先生言っていたの、私にはできない、したくないから
 私にも、だめなこと、してくれますか?
 

[うんと言ってくれたなら、手を離して、
 刃先が彼にも見えるよう持ち替えて、お腹をつんとつつく。
 深く深く埋まれば、また彼の喜ぶ顔が見られますように**]

(138) 2017/04/05(Wed) 14時半頃

流浪者 ペラジーは、メモを貼った。

2017/04/05(Wed) 14時半頃


【赤】 閉鎖管理 クレパスキュール

[彼はびくりと大きく震えた。先刻のものとは異なる震え。一たびの、痙攣。薄くて少し固めの舌、それを噛み締めながら唇を、顔を離すと、此方を見据える彼と目が合った。
 大きな目を一層に見開いて、零れ落ちてしまいそうなくらいにして、だから眼球が小刻みに震えているのがよく見えた。その顔は驚愕に、恐怖に、混乱に、そして痛覚にだろう、歪められていた。彼は赤が一挙に流れ落ちる口元を押さえて、何か言おうとしていたようだったけれど、ごぼごぼと濁った呻き声しか其処からは発せられなかった。
 ああ、本当に、愛おしい、と思った。口元を赤く汚して、恐らく食欲と恍惚に染まってしまっているのに違いない僕の事を、そうして見る、「友人」が「捕食者」に、自分が「被食者」に変わっていく、引き戻される、絶望的な状況にどうする事も出来ない可哀想な彼が。とても、 とても美味しくて、]

(*6) 2017/04/05(Wed) 15時半頃

【赤】 閉鎖管理 クレパスキュール

[僕は笑った。笑いながら、彼のもう片手を、左手を取り、その人差し指の爪先を歯で咥えた。そうして顔と手を引き離すように逆に動かせば、彼の爪は容易に剥がれ、僕の口内に収まった。彼は悲鳴をあげたが、ろくに響きはしないだろう、水音めく不明瞭なものだった。
 がり、と前歯を使って噛み切り少しずつ吞み込む、彼の爪はまさに飴のようだった。甘い甘い、犀川君。僕は彼をすぐにもっと食べてしまいたくなって、その指を根元まで飲み、噛み切った]

…… ねえ、犀川君。
君は、本当に美味しいね。
ずっと食べたかったんだよ、僕は、君の事が。

美味しそうで、美味しそうで、美味しそうで、
たまらなかった。
勿論みんな美味しそうだよ、食べたくて、
でもその中で、一番は君にしたいって。思ってたんだよ。

(*7) 2017/04/05(Wed) 16時頃

【赤】 閉鎖管理 クレパスキュール

[骨の欠片を吐き出しつつ、僕は彼をその場に押し倒した。その顔を見下ろしながら、言葉を紡ぐ。彼はじたばたともがき続けていたが、戒めを跳ね除けるには到底足りず、 助けなどはそれこそ来る筈もなかった。深い夜、閉め切られた彼の部屋で、二人きり、彼は叫びさえ失ったのだから]

君が悪いんだよ。
折角我慢してたのにさあ。
君が気が付いたりするから。気が付きそうになったりするから。

……ううん。

美味しそう過ぎるから、かな?
ふふ。君が悪いのは。ね。
そうだよ。ついに我慢出来なくなったから。
ね…… また、食べたくなったんだよ。 それだけ。

[悪戯げに笑い、それから柔らかく笑んだ。いつものように。いつものように、震える彼の手を取って、やわらかいその腕にかじりついた] 

(*8) 2017/04/05(Wed) 16時頃

【赤】 閉鎖管理 クレパスキュール




…… 犀川君。

まだ、生きてる?
もう、死んじゃった?
……ああ、まだ生きてるね。

すごくか弱く見えて、案外、しぶとくて……
君のそういうところ、好きだったよ。
君の作品の、登場人物と、通じる気もして……
キャラクターって、全員、作者の分身だって言うもんね。

そう、君の作品、本当に好きだったよ。
君の作品を演じられる事があったら、
よかったのに、なんて、話した事、覚えてる?

(*9) 2017/04/05(Wed) 16時頃

【赤】 閉鎖管理 クレパスキュール

[噛みちぎり、切り裂き、断ち切った、
 随分ばらばらになってしまった彼を見下ろしつつ、語りかける。彼は最早抵抗なく、瞳は虚ろに宙を見つめ、呼吸はほんの微かに聞こえる程度で、もう言葉が届くものか怪しかったけれど。
 切り開き、肋骨を半ば露出させた彼の胸元。
 その中に沈む、震えるように鼓動する心臓に、手にしたナイフの切っ先を添えて]

大好きだよ。大好きな、友達、犀川君。
……――さよなら。

[彼の唇に再び唇を合わせ、溢れる血を唾液と共に舐め呑み下す。そのもま、ぐ、と手元に力を込めた]

(*10) 2017/04/05(Wed) 16時半頃

【赤】 閉鎖管理 クレパスキュール



  ごちそうさま。

[その、のちに。
 静かな声と微笑とを残し、男はその部屋を後にした。赤く染まった光景と残骸を置き去って。満ち足りた幸福に浸りながら――飴玉のように、彼の眼球を口の中で転がしていた]
 

(*11) 2017/04/05(Wed) 16時半頃

【人】 さすらい人 ヤニク

[“次”への答え
言葉で示されたそれを、ゆっくりと飲み下していくような間、数秒。
きっと、何かをお願いしていて>>138
それを、形だけでも理解したかのように。]

(139) 2017/04/05(Wed) 17時半頃

【赤】 さすらい人 ヤニク

[だめなこと、は
赤衣にとっては、死ぬことで
それをするということは、 つまり。]



[そのあとは、どうしようか。
「フォーク」に差し出せば
「フォーク」は喜んでくれるだろうか。
彼らが違う、「ケーキ」を食らうならば
冷蔵庫にでも入れておけば、非常食にはなるのだろうか。]

(*12) 2017/04/05(Wed) 17時半頃

【赤】 さすらい人 ヤニク

[たくさんの“良いこと”をくれる娘を前にしながら
信仰にも似た「フォーク」への敬愛は

そんなことを、ぐるり、ぐるり。]

(*13) 2017/04/05(Wed) 17時半頃

【人】 さすらい人 ヤニク

うん いーですよ
だから、 だから、


[離れる手。
褐色を下ろして、腹へと添えて。
錆と汚れだらけの
それでも、拭われたおかげで、銀の煌めく刃先が、腹へと。]

(140) 2017/04/05(Wed) 17時半頃

【人】 さすらい人 ヤニク

あ゛ぁっ は、あは ひ あァっ――!


[待ちきれないと
娘の手ごと>>138 持ち手を握り締めて、腹へと。
内臓が傷つくか否か。その瀬戸際まで。
パーカーと、シャツと、綺麗に巻いた包帯をも貫いて
先の鋭い鋏を、ぐり、と 回して。]

い ひ、 ひひ ん゛あ゛ぁっ ひ、ひゃ、
あは はははっ 

[じわり、腹部を覆う布に、太ももに、
がくがくと震える膝に滲んでいけば
ぽたり、芽吹いた若い緑へと。
果実にも似た赤い色が、散って行く。*]

(141) 2017/04/05(Wed) 17時半頃

さすらい人 ヤニクは、メモを貼った。

2017/04/05(Wed) 17時半頃


【人】 流浪者 ペラジー

[声に包まれて(>>141)闇夜を照らす月のように、南の唇が弧を描く]

 痛いの、好きだよね?
 もっと痛いのがいいよね?

[何度も何度も、問いかけて、
 回された鋏の切っ先に気持ちをこめて、
 ねじり上げる。

 言葉少ない、彼の心をさぐるように、
 そこにたくさん詰まったやわらかいものを
 鋏を持っていな右手で強くつかんで、

 思いきり、自分の方へ引き寄せようと力を込めた。
 『どうして痛いのが好きなの?』と、
 聞かなかった代わりに]

(142) 2017/04/05(Wed) 18時半頃

【人】 流浪者 ペラジー

[がくがくと震える膝

 支えてあげなきゃ

 そう思った途端に涙と笑いがあふれて止まらなくなる。
 体中熱くなって、沸騰して、煮え立った血が
 どこもけがをしていなのに噴き出してしまいそう]

 一緒にいてね、置いて行かないで
 私をそこに連れて行って

[追いかけた視線の先は、若い緑へと>>141
 支えようとして伸びた指先が、ビクッと、一度だけ震えて
 落ちていく*]

(143) 2017/04/05(Wed) 18時半頃

流浪者 ペラジーは、メモを貼った。

2017/04/05(Wed) 18時半頃


【赤】 閉鎖管理 クレパスキュール

[談話室の中。
 沈痛の、怨嗟の、よそおいをしながら、
 散漫な思考を、過ぎらせていた。

 ――六川さんは、流石、慈悲深いなあ。
 まるで聖人様みたいなお言葉だ、

 語られる思想への反応や、

 ――「彼」は、食べるとしたら、
 誰を食べるのかなあ。

 「美味しそう」ではない唯一の収容者、 まず間違いなくそうなのだろう、 同類、への思惟や]

(*14) 2017/04/05(Wed) 19時頃

【人】 逃亡者 メルヤ

―いつかの話―

[いつも走っている自分
たまに声をかけるのが伊島さんだった>>129

包帯を見た時の言葉には思わずきょとんとしてしまったほどで
なんだかんだで、いつしか一緒にゲームをするくらいの仲]

 お化粧?知ってますよ。

[なんでそんなこと聞くのだろうとつい首を傾げて]

 やってみたい、とかですか?
 きっと、伊島さんなら化けますね。
 ふわふわな可愛い感じの、似合いそうですし。

 ……僕が深窓の令嬢だった。
 なんて言ったら信じます?

[冗談を口にするようににっこり笑って]

(144) 2017/04/05(Wed) 20時頃

【人】 逃亡者 メルヤ


 いつもは、僕が僕でなくなる気がしてやらないんですけど。
 たまには…いいかもしれませんね。
 今度してみましょうよ。

[そんなことしてたらゲームが終わってしまってました*]

(145) 2017/04/05(Wed) 20時頃

【人】 逃亡者 メルヤ

―現在:談話室―

[自分が辿り着いたころ
檀さん>>124までは確認した
けれどやっぱりみんなではない]

 ……肉叢さんと伊島さんは。
 少し、来れないかもしれません。

 ちょっとあれになってたので。
 ……中庭には、注意です。

[来れなそうな二人をぼやかして言葉にして
そういえば、ここに来るまでにたくさん走ったけれど
スタッフさんを、見てないような気がしました
少しだけ、ただただワレンチナさんの言葉>>123を聞くのみ]

(146) 2017/04/05(Wed) 20時頃

【人】 逃亡者 メルヤ

[話す人達>>133>>136の言葉を黙って聞いて、考えて]

 みんな、無理はしないでください。
 ……呉羽さんも、昨日から具合悪そうでしたし。

 ……なにか力になれることはありますか?

[そう言った時にふと、自分の包帯の状況について思い出す
ゆるんだ包帯の間は見せられるものじゃない
早くちゃんと巻き直さなければと思い至り]

 自室に一回戻りますので、力になれることがあれば。

[みんなに頭を下げれば
ふらふらとした足取りで自室へ向かおう*]

(147) 2017/04/05(Wed) 20時頃

【人】 営利政府 トレイル

―― 談話室 ――
[>>114 冷ややかにも聞こえる六川の声に、
瑠東は右手指の爪を見ながら ふぅん と気のない相槌を打った。

そうやって爪の間の犀川の欠片を見ているうちに
ある程度、もしくは、話を始めるに足るほどの
人数が集まったのだろう。

>>123イワコノフの語る内容を、
瑠東は廊下で喧騒を遠く観たのと同様に周囲を観察していた。
ひとり『食われた』ことをどう受け止めるのか
それぞれの顔に、なにが走るのか。

あたらしい玩具を探すにも似た頑是なさを
 眼のうちに潜ませて]

(148) 2017/04/05(Wed) 20時頃

【人】 営利政府 トレイル

[>>132>>133 『フォーク』は入所者の中にいる


 犀川の言葉を語りなおす呉羽を観、
 瑠東はまた、ふぅん、と相槌を打った。

 語られる言葉でなく、その沈痛な、面持ちを観て。
 微かに紫目はアーチを描いた]

(149) 2017/04/05(Wed) 20時頃

【人】 営利政府 トレイル

[それからの言葉も、猫がソファーにでも座っているかのように、何を言うこともなく 聞いていたが


>>135 六川の言葉に微かに目を見開き、ついで柔らかく眦を下げた]

 『何か意味がある』、ね

 
 俺、むつがわさんの言ってること、さんせい
 さっきの、『じゃあくな存在』はフォークだけじゃない、だっけ?
 あれも、そうだと思うよ

(150) 2017/04/05(Wed) 20時頃

【人】 営利政府 トレイル

 いつも つまらない話をする人だと思ってたけど
 ああ、でも嬉しいな
 同じようなこと思ってるんなら、うれしい
 なんだか懐かしい気持ちになったよ


 飴もくれない六川さんは きらいだけど


[>>136ふてくされた を否定もせずに
柔らかな笑みの欠片をのせたまま、
最後には詰る調子の言葉を吐き]

(151) 2017/04/05(Wed) 20時頃

【人】 営利政府 トレイル

これで 話は 一応終わりかな
 俺まだご飯食べてないから なんだか疲れちゃいました
 食堂にでもいくので
 またおはなしがあれば
 
[そんなことを退出の言葉として 誰に言うでもなく
談話室を後にした*] 

(152) 2017/04/05(Wed) 20時頃

営利政府 トレイルは、メモを貼った。

2017/04/05(Wed) 20時頃


【人】 士官 ワレンチナ

[ 呉羽の話>>131に耳を澄ます。何か知ってるかもしれない犀川と会い叫んだ意味がわかるのなら現状最も有力な情報だろうか]

 ・・・

[言葉が進んでいくにすれドクドクと高鳴る鼓動の音
ここにいる者達を疑うのはやはり躊躇いはある。
この惨劇にそれがもし身内の犯行だとするならばその事態の悪化は予測つくだろうか。唾を飲み込み聞いていくと小さく最後にぼやくような言葉>>133]

 ・・・・気持ちは同じだ。少し休め。

[あえて私はその言葉を聞きなおすことはしなかった。頭の片隅には身内の犯行も過ぎってはいる。けれどすぐにそれと断定し、探すとするならば、それはもう引き戻せない殺し合いにしかならない。
興奮して死者もでかねない。
彼の横に近寄ると肩に手を置いて、その激情を宥めた。]

(153) 2017/04/05(Wed) 20時頃

逃亡者 メルヤは、メモを貼った。

2017/04/05(Wed) 20時半頃


【人】 士官 ワレンチナ

[そうして宥めていると>>134>>135>>136六川の言葉 溜息交じりに視線を向けるとその言葉に反論した。]

 ・・・見つけたら殺すしかないだろうな。
 彼らにも言い分はあるだろうが、私達は残念ながら食事じゃない
 家畜じゃないんだ。同じ人間でいたいのなら抗わねばならん。
 殺した報いとここの平和のためにもな。

[国の違い、宗教の違い、人種の違い。
様々な要因で情勢不安定な母国の環境はある種力関係でそれをまとめてきた。ユダヤが迫害されてもコミュニティを守り、その宗教をその人種を存続させて今尚戦っているように、ワレンチナもまた自分がケーキであることの自覚ゆえに戦う必要性を考える。
鋭く目を細め、それは冷たい目であっても、元軍人として守りたい気持ちはあった。]

 とにかく私は調べてみるよ。 くれぐれも気をつけてくれ。
 檀、良かったら一緒にいかないか?

[傍らで見守る檀を誘い、彼女がよければそのまま部屋を出て入り口などを調べに向かおうか*]

(154) 2017/04/05(Wed) 20時半頃

【人】 さすらい人 ヤニク

っあ゛ ひぎ、が、ア゛は゛ぁっ 
やば、 きも゛ち い、ぃ あ゛ひ、 あひっ

あ、すき いたいの、 だいすき、好き、


[こくり、何度も何度も、首が縦に揺れる。
死なないようにと、綱渡りにも超えることをなかった一線を
娘の小さな指先が搔き乱す>>142

日差しの下、引き出された、赤塗れの桃色。
出しただけでは、死にはしない。
腹裂きの執行台にも似た光景になったことか。
響く声が、悦楽のそれでさえなければ。]

(155) 2017/04/05(Wed) 20時半頃

【人】 さすらい人 ヤニク

[娘の左手を、右手がつかんだままに
ぬらりと 赤色の滴る左手が、頬へとのばされる。
撫でようと、触れようと。

――あるいは

その涙を拭おうとするようにも見えるか>>143

優しいだけの指が、頬へ、触れることを許されたならば
親指は、まなじりを 撫でようと。*]

(156) 2017/04/05(Wed) 20時半頃

士官 ワレンチナは、メモを貼った。

2017/04/05(Wed) 21時頃


執事見習い ロビンは、メモを貼った。

2017/04/05(Wed) 21時頃


【人】 修道士 ムパムピス

[語る傍らから声が上がる>>150瞬間私の顔は実に晴れやかなものだった……が、ちくちくと刺さる言葉を聞くにつれて眉尻を下げた。
この子はどれだけ飴を欲していたのだろう……その気持ちに次こそ応えようにもスタッフがいなくては調達もままならない。]


嫌いでもいいですから、ご飯の前にはちゃんとその手を洗いなさいね。


[席を立とうとする>>152のに要らぬお世話を焼いて。]

(157) 2017/04/05(Wed) 22時頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

生存者
(3人 24促)

ワレンチナ
17回 注目
トレイル
28回 注目
メルヤ
17回 注目

犠牲者 (4人)

サイモン
0回 (2d)
ギリアン
7回 (3d) 注目
ムパムピス
11回 (4d) 注目
マユミ
14回 (5d) 注目

処刑者 (5人)

ペラジー
16回 (3d) 注目
ヤニク
2回 (4d) 注目
チアキ
15回 (5d) 注目
ロビン
0回 (6d) 注目
クレパスキュール
23回 (7d) 注目

突然死 (0人)

舞台に (0人)

村を出た人達

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.148 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび
下記の場所以外では、人狼議事内キャラチップ
の利用を許諾しておりません。ご了承ください。

議事総合トップ
人狼議事lobby
人狼議事morphe
人狼議事cafe
人狼議事perjury
人狼議事xebec
人狼議事crazy
人狼議事ciel

SoyBean
Sangria
@7korobi