人狼議事


244 原罪の伽藍テーブル

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


【人】 さすらい人 ヤニク

―未明―


[逃げろ。

逃げろ、


声が途絶えた。]

(2) 2017/04/04(Tue) 01時半頃

【人】 さすらい人 ヤニク

[目立つ薄金は、くすんだ赤――最早、黒に近い色に隠して。
月明りを背に
途絶えるまでを、聞いていた。


*聞いていた*]

(3) 2017/04/04(Tue) 01時半頃

さすらい人 ヤニクは、メモを貼った。

2017/04/04(Tue) 01時半頃



[立ち込める、甘い匂いの中で。
 彼と交わしたやり取りが、頭に浮かんだ。
 何かに怯える彼。何かを察した彼。――そのくせ肝心なところには指先さえも届かなかった、可哀想な、彼の姿が。怯えて、けれど僕に対し幾らか安心する、よりによって僕を、信じている、
 信じていた、 可哀想で、愛おしい、
 「友人」たる、彼の事を、

 ――その 味を、 思い返していた]
 


【人】 さすらい人 ヤニク

―早朝―

[いつもよりも、早い時間。
絶叫に揺り起こされて>>7 目を覚ます。]


ひ、 ひひっ


[寝起きの乾いた喉から掠れ声。
瞼を下ろし、持ち上げ、天井を見上げて、窓の外
それから、廊下へと続く扉へと。

丁寧に、腹へ包帯を巻きながら
その指先は、震えていた。]

(22) 2017/04/04(Tue) 12時半頃

[聞いていた 聞いていた。
聞いていただけ。


開け放たれた扉の向こう
見たのは、全て終わった、その後。
散らかされた「ケーキ」の残骸
その形を、じっと、  見ていた。*]


【人】 さすらい人 ヤニク

―中庭―

[日課には、欠かせないものがあり
それを取り上げられてしまった日は、まず、探すことから一日は始まる。
昨日の鋏は、職員が処分してしまっただろうから
それに代わるものを。]

ある、かな あ、は、 

[何でもできてこその“王子様”
衰えることを知らない体は
窓から飛び降りるのだって容易いこと。
パンジーのプランターの近くへと、裸足が落ちて。]

(23) 2017/04/04(Tue) 12時半頃

【人】 さすらい人 ヤニク

[視線が留まったのは、からっぽの鉢。
素焼きのそれを、片手で軽々持ち上げて、]


[ごつり、重たい音。
育むためのテラコッタ
裁断道具の代わりにすらならないなんて、考える間もなく
存外、容易く壊れてしまうそれを
壁へと、思い切り、叩きつけた。*]

(24) 2017/04/04(Tue) 12時半頃

さすらい人 ヤニクは、メモを貼った。

2017/04/04(Tue) 12時半頃


【人】 さすらい人 ヤニク

――――ぁ あ

   おはよーございます、むつがわさん

[止めるものがいなければ、
好都合とばかり、欠片を踏みつけて
顔を上げる>>26]


あのね、これ、いたいかなぁ
はさみとか、隠されちゃってるから
みつからなくって、だから
でも、これ、結構分厚いんですね。知りませんでした。


[花の上にも降り注ぐ土色
変形したテラコッタ
握ったそれを、おもむろに首へと寄せながら
常と変わらず、笑った。*]

(30) 2017/04/04(Tue) 13時半頃

【人】 さすらい人 ヤニク

う あれぇ やってくれるんですか、むつがわさん


[欠片は、首筋を軽く突くだけに留まるものの
男のそれよりもずっと柔らかな手に包み込まれれば>>34
振り払うことはせず、期待めいた色を声に乗せる。
何度、何度、戒める言葉を重ねられようと同じだ
フードの中、言葉を理解するための器官は、音だけを掬い上げているよう

返事と呼べる言葉を、発したことは無い。]

(37) 2017/04/04(Tue) 15時頃

【人】 さすらい人 ヤニク

やってくれるなら うれしいなぁ
昨日も、いーこと、たくさんあって
今日も、朝から、良いことあったら
俺、しあわせなんだなぁって、 思うんです。


[気付く素振りは何一つない。
周りの者の心など。
只、怒りを、苛立ちを相手が浮かべるならば
全てぶつけてしまえと
視線が、ゲバルトを――仕置きを求める。*]

(38) 2017/04/04(Tue) 15時頃

【人】 さすらい人 ヤニク

しあわせ、 幸せ  しあわせ

[離れる手へ 欠片握らせようと差し出すも
それより早く、腹へとふくよかな手が伸ばされて>>41
抉られるか、包帯でも取られ、引っかかれるか。
そんな、至上の悦楽を今か今かと待ちわびる瞳は

その刹那、見開かれる>>42]

(43) 2017/04/04(Tue) 17時頃

【人】 さすらい人 ヤニク

……い、  う、


[きょとん、と
珍しく、不可思議そうに黙り込む数秒。
期待が大きいほど、それが為されなかった場合の落胆は大きいものではあるが
赤フードの下、殆ど笑顔の絶えないかんばせには
幾つもの、隠しきれない疑問符が、ありありと浮かべられる。]


あ、 ぁー、 あ、は、


[遠くなった幸せ 痛いか、苦しいか、悲しいか。
鈍い足取り>>42 に背を向けて、
中庭にも目立つ赤衣は、パンジーのプランターの傍らへと座り込み。]

(44) 2017/04/04(Tue) 17時頃

【人】 さすらい人 ヤニク

は、 あは、ひ あひひっ は
おあずけ、されちゃったぁ……


[離れてしまえば、きっと、聞こえない。
吐息交じりに、愉楽を吐き出せば
取り上げられもしなかった欠片が
頬を*強く引っ掻いた*]

(45) 2017/04/04(Tue) 17時頃

さすらい人 ヤニクは、メモを貼った。

2017/04/04(Tue) 17時頃


【人】 さすらい人 ヤニク

― 中庭 ―

あ 

[かり、かり り
頬を掻いて、掻いて、掻いて
刃物でつけるそれよりも、ずっとずっと薄いそれを、爪がつつこうとして、止まる。
近づく音と、白い色。>>58
それと、 袋越しにも、鈍くきらめく、]

(84) 2017/04/04(Tue) 23時半頃

【人】 さすらい人 ヤニク

わ、いしまさん それ、どこにあったんですか
おれね、さがしてたんですよ
鉢は、代わりになるかなって、試しても、やっぱり、足りなくって
ね、 ねぇ それ、貸してくれますか


[握っていた欠片は、無造作に落としてしまい
まるで、宝物を見つけた子供のように
ぱぁ  と、花開くような笑みを作って、歩み寄り
指の示す先よりも、取り出された鋏に
視線は、釘付けに。

出来ないかもしれない、と、告げられたのに>>58
いつものが、出来ると
そんな、歓喜を隠しもしない*]

(86) 2017/04/04(Tue) 23時半頃

さすらい人 ヤニクは、メモを貼った。

2017/04/04(Tue) 23時半頃


さすらい人 ヤニクは、メモを貼った。

2017/04/04(Tue) 23時半頃


【人】 さすらい人 ヤニク

あれ あれ、あれ れ
だめ ですか どーしたら、貸してくれますか
職員さん、いじわるなんです。すぐ、隠すから
だから、 

[お願いしても、聞いてくれないならば
それはつまり、だめということで>>101

鋏からそらした瞳は
じっと、ずっと低い位置にある顔へと。
眉を下げ、首をかしげる様は
おねだりをする、子供めいて*]

(103) 2017/04/05(Wed) 00時頃

【人】 さすらい人 ヤニク

[一歩、二歩と
近づいてくる刃物を、ちらりと二度、三度。
どうやら、貸してもらうには、条件がついているようで>>111
暫しの沈黙、から。]

なに、したら いーですか?
なんだって、やりますよ、だから
おわったら、かしてください。そしたら
いっぱい、いっぱい  いっぱい、するんだ、 ひ、 あはっ

[今しがた、提示された条件なんて、聞いていないように
白い前歯が、指先を噛む。
もし、全て終える前に渡してしまえば
すぐにでも、刃を褐色の下へと埋めてしまいそうな
声色は、それほどに
裁断の瞬間を待ちわびている。*]

(113) 2017/04/05(Wed) 00時半頃

さすらい人 ヤニクは、メモを貼った。

2017/04/05(Wed) 00時半頃


【人】 さすらい人 ヤニク

[右手>>120
無骨の左手が、緩く握る。
何も持たないそれを、差し出されるその意味を
理解しているか、どうか。どちらととるかは、相手次第だが。]


いっぱい いっぱい、できる、なんでも、なんでも
ひ、 やっぱり、いー日ですね おれ、昨日も、今日も
幸せで、 しあわせで 生きてるって感じして て


[向かい合う娘へと 向けた だけの、二つの色を細めて。]

(125) 2017/04/05(Wed) 01時半頃

【人】 さすらい人 ヤニク

――――ねぇ、つぎ、は?


[何かするならば、応じよう。
どこかへ行くならば、好きな所へ

指示を待つ。

おあずけされたままの満足
*それだけのために*]

(126) 2017/04/05(Wed) 01時半頃

さすらい人 ヤニクは、メモを貼った。

2017/04/05(Wed) 01時半頃



[それは偽りの証言だ。
 彼らを煽動するための。
 舞台の、場面転換をするための。

 もしかしたら、彼は、本当に、
 そこまでは辿り着いていたのかもしれない、
 誰がそれだとまでは知れずも、
 本当なら、知って、告発したかったのかもしれないが]
 



[昨夜最後に聞いた彼の声は、否、正確には違う、そう、最後に聞いた、言葉は、本当は全く異なるものだ。犀川は、最後、男の名前を口にしていた。「……呉羽……?」そう、戸惑った声で。錯乱さえも一瞬忘れたような、当惑の極まった声色で。
 彼の右手首を冷えた左手で掴み、彼の左頬に熱のある右手を添える、そうしてゆっくりと顔を近付けてくる、男の名前を。
 男は、そのまま、彼の唇に己の唇を合わせた。彼は身をびくりと震わせ、咄嗟に逃れようとするような素振りをした。だが、その痩せた体から出る力など、ごく簡単に押さえ込めた]


[僕は彼の唇をなぞるように舐め、そうして、その隙間に舌先を差し込んだ。見た目によらず並びの極めて良い歯列を、やはりなぞるように舐めて、それから、その舌に己の舌を絡めた。
 舌を絡め、吸い上げ、唾液を啜る、その行為に、彼は恐らく快楽を感じてくれていたのだと思う。彼はぴくりぴくりと小刻みに震え、そして僅かに声の混じる荒い息を、唇の隙間から、唾液と共に零していた。彼は心底驚いていただろう。友人だと思っていた僕から、いきなりそんな事をされて。けれども嫌悪もなく、あるいは僕が実際そうした好意を打ち明けていたとしても、関係を迫っていたとしても、もしかしたら、彼はただ、受け入れてくれたのかもしれなかった。
 そんな思考を過ぎらせながら、
 でも僕はもっと別の事を考えていた。
 別の事で頭が満たされていた]


[――美味しい。

 嗚呼、なんて、美味しいんだろう。犀川君はなんて美味しいんだろう。なんでこんなに美味しいんだろう。それは彼がケーキで僕がフォークだからだ。それでも彼は特段に美味しく感じた。今まで、食べてきた、ケーキの中でも。上等に感じるのは、彼の資質故か、いやきっと、築いてきたものがそうと感じさせるのに違いなかった。想いがこもったもの。手間をかけたもの。好きなもの。我慢してとっておいたもの。そんなものを人は余計に美味しく食べられるものだ、何もフォークに限った事じゃない、そう、だから、大好きな、ずっと我慢してきた、我慢して、我慢して、我慢して、大切にとっておいた、犀川君が、とても美味しいのは、きっと当たり前の事なのだろうと思えた。
 彼は混じり気のない透徹な、だが鮮烈な、そんな甘さを持っていた。例えるなら糖蜜、水飴、そんな感じだった。
 僕はその甘い舌をじっくり舐めて、吸って、甘噛みして、――ぶちりと、一息に噛みちぎった]


[彼はびくりと大きく震えた。先刻のものとは異なる震え。一たびの、痙攣。薄くて少し固めの舌、それを噛み締めながら唇を、顔を離すと、此方を見据える彼と目が合った。
 大きな目を一層に見開いて、零れ落ちてしまいそうなくらいにして、だから眼球が小刻みに震えているのがよく見えた。その顔は驚愕に、恐怖に、混乱に、そして痛覚にだろう、歪められていた。彼は赤が一挙に流れ落ちる口元を押さえて、何か言おうとしていたようだったけれど、ごぼごぼと濁った呻き声しか其処からは発せられなかった。
 ああ、本当に、愛おしい、と思った。口元を赤く汚して、恐らく食欲と恍惚に染まってしまっているのに違いない僕の事を、そうして見る、「友人」が「捕食者」に、自分が「被食者」に変わっていく、引き戻される、絶望的な状況にどうする事も出来ない可哀想な彼が。とても、 とても美味しくて、]


[僕は笑った。笑いながら、彼のもう片手を、左手を取り、その人差し指の爪先を歯で咥えた。そうして顔と手を引き離すように逆に動かせば、彼の爪は容易に剥がれ、僕の口内に収まった。彼は悲鳴をあげたが、ろくに響きはしないだろう、水音めく不明瞭なものだった。
 がり、と前歯を使って噛み切り少しずつ吞み込む、彼の爪はまさに飴のようだった。甘い甘い、犀川君。僕は彼をすぐにもっと食べてしまいたくなって、その指を根元まで飲み、噛み切った]

…… ねえ、犀川君。
君は、本当に美味しいね。
ずっと食べたかったんだよ、僕は、君の事が。

美味しそうで、美味しそうで、美味しそうで、
たまらなかった。
勿論みんな美味しそうだよ、食べたくて、
でもその中で、一番は君にしたいって。思ってたんだよ。


[骨の欠片を吐き出しつつ、僕は彼をその場に押し倒した。その顔を見下ろしながら、言葉を紡ぐ。彼はじたばたともがき続けていたが、戒めを跳ね除けるには到底足りず、 助けなどはそれこそ来る筈もなかった。深い夜、閉め切られた彼の部屋で、二人きり、彼は叫びさえ失ったのだから]

君が悪いんだよ。
折角我慢してたのにさあ。
君が気が付いたりするから。気が付きそうになったりするから。

……ううん。

美味しそう過ぎるから、かな?
ふふ。君が悪いのは。ね。
そうだよ。ついに我慢出来なくなったから。
ね…… また、食べたくなったんだよ。 それだけ。

[悪戯げに笑い、それから柔らかく笑んだ。いつものように。いつものように、震える彼の手を取って、やわらかいその腕にかじりついた] 





…… 犀川君。

まだ、生きてる?
もう、死んじゃった?
……ああ、まだ生きてるね。

すごくか弱く見えて、案外、しぶとくて……
君のそういうところ、好きだったよ。
君の作品の、登場人物と、通じる気もして……
キャラクターって、全員、作者の分身だって言うもんね。

そう、君の作品、本当に好きだったよ。
君の作品を演じられる事があったら、
よかったのに、なんて、話した事、覚えてる?


[噛みちぎり、切り裂き、断ち切った、
 随分ばらばらになってしまった彼を見下ろしつつ、語りかける。彼は最早抵抗なく、瞳は虚ろに宙を見つめ、呼吸はほんの微かに聞こえる程度で、もう言葉が届くものか怪しかったけれど。
 切り開き、肋骨を半ば露出させた彼の胸元。
 その中に沈む、震えるように鼓動する心臓に、手にしたナイフの切っ先を添えて]

大好きだよ。大好きな、友達、犀川君。
……――さよなら。

[彼の唇に再び唇を合わせ、溢れる血を唾液と共に舐め呑み下す。そのもま、ぐ、と手元に力を込めた]




  ごちそうさま。

[その、のちに。
 静かな声と微笑とを残し、男はその部屋を後にした。赤く染まった光景と残骸を置き去って。満ち足りた幸福に浸りながら――飴玉のように、彼の眼球を口の中で転がしていた]
 


【人】 さすらい人 ヤニク

[“次”への答え
言葉で示されたそれを、ゆっくりと飲み下していくような間、数秒。
きっと、何かをお願いしていて>>138
それを、形だけでも理解したかのように。]

(139) 2017/04/05(Wed) 17時半頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:ヤニク 解除する

処刑者 (5人)

ヤニク
2回 (4d) 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.14 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび
下記の場所以外では、人狼議事内キャラチップ
の利用を許諾しておりません。ご了承ください。

議事総合トップ
人狼議事lobby
人狼議事morphe
人狼議事cafe
人狼議事perjury
人狼議事xebec
人狼議事crazy
人狼議事ciel

SoyBean
Sangria
@7korobi