人狼議事


252 Survivor's Guilt 未亡の民と永遠の呪い

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


信徒 オーレリアは、メモを貼った。

2018/03/13(Tue) 01時頃


【人】 信徒 オーレリア

─ 少しだけ昨日の話 ─

もう。わかったけど。
後でもってく。

[昨日はあれから、いつものように笑う幼馴染み>>3に、泣きそうなままの苦笑を返して。
 サイモンが薬を飲まされる様子は目の当たりにしなかったけれど。]

サイ……、…
おうち。カーテンあけてるわ。
明日の朝、陽が昇ったら、解るように。

[そう声をかけた。
 両手を握りしめて、祈る。彼に明日が来ますように。

 そうして、その後、ブローリン家に布と紐を持っていって。ついでだから、と手当ての手伝いまで行った。手慣れたものだ。懐かしい気持ちにもなる。
 帰る前に、*改めてもう一度、一言を伝えた*]

レオも、ドンも。……。おつかれさま。

(6) 2018/03/13(Tue) 02時頃

【人】 信徒 オーレリア

─ 翌朝・自宅 ─

[今日も祈りから朝は始まる。
 サイはこの迎えられただろうか?まだ解らない。
 本当に、本当に。私の祈りには、効果がない。

 作業場に移動する。フィルに頼まれた水袋の完成品と、髪飾りの試作品がある。 昨日はなんとなく眠れなくて、作業に没頭してしまった。
 帰ったらその後、兎のなめしの続きをして……ああ、一人いなくなったかもしれないのに、日常は当たり前のように続く。続いてしまう。

 軽く息を吐いて、荷物をもって、外に出た。]

(7) 2018/03/13(Tue) 02時頃

【人】 信徒 オーレリア

─ フィリップの家 ─

[午前中のうちに、と。
 フィリップの家のドアを叩く。]

フィルー、まだいる?リアよ。
届け物をもってきたわ。 例のやつ。

[そう声をかける。
 もししばらく声が帰らなかったら、もう出掛けたのだろうと判断するのだろうけれど。*]

(8) 2018/03/13(Tue) 02時頃

【人】 信徒 オーレリア

─ フィルの家 ─

[扉を叩いてから少しして、大きな音が聞こえてこちらもびっくりする。]

えっ なに!?
フィル? 大丈夫!?

[さらにどんどんどんっ、と音を重ねていると、鍵を開ける音が聞こえた。ほっとする。歩いてこれる状態ということだ。あ、でも開いたら別人だったらどうしよう。そう思って、扉が開いた時には少し恐る恐るとした表情で。]

……フィル?

[でも本人の顔を見ると、ほっとした顔をした。けれど涙の痕があって、 どうしたの?と、心配げな顔をする。]

(10) 2018/03/13(Tue) 02時半頃

オーレリアは、さっきすごく大きな音がしたけど、と付け加え。

2018/03/13(Tue) 02時半頃


信徒 オーレリアは、メモを貼った。

2018/03/13(Tue) 02時半頃


【人】 信徒 オーレリア

おちたあ?
もう、無茶もダメだけど気を付けてね?
痣とかできてない?

[単純に、青あざとか、打撲の意味だ。]

あら、 ええ。いいけど。
今日はおねぼうさんなのね?

[そう笑いかける。
 今のところは違和感に気付かない。]

(12) 2018/03/13(Tue) 02時半頃

【人】 信徒 オーレリア

[昨日、と言われると思い当たる事ばかりで。
 少しだけ目を伏せる。]

……そうね。フィルも、おつかれさま。
罠、大変だったわね?
でもさすがね、フィルが居たらきっとこの村は大丈夫ね。

[言い過ぎかしら、と。ふふ、と笑った。
 おうちにお邪魔して、食卓の椅子を借りた。膝の上には持ってきた荷物がある。]

あら、悪いわよ。少しだけど食べてるし。

(14) 2018/03/13(Tue) 03時頃

【人】 信徒 オーレリア

それでもよ。
それに昨日はフィルからもらった兎を食べたわ。
香草を使ってね、あ。今度フィルにもわけてあげる。

あら。

[せっかく頼りがいがあるって誉めたのに、と言って机に頬杖をついた。
 フィルが食べる様子を眺め、なが、ら。……。]


─── フィル。

[声が固かった。立ち上がって、フィルの手に手を伸ばそうとする。]

(16) 2018/03/13(Tue) 03時頃

【人】 信徒 オーレリア

褒められた気がしないわ。

[眉を寄せて、ただ静かに。投げ出された手をとって、その手のひらを眺めた。痣の色が、黒い。
 彼の声を聞きながら、痣を見つめている。安心して、と言われ顔をあげると、そこには笑顔があった。]

でも、おばさんは痣のせいじゃなかった。

[彼の母の死因は違ったはずだと、だから、彼だって。違うと言いたかった。でも現実が見下ろせばある。流行る時期、という言葉が耳に残った。]

……。うん。 うん、 うん。
そうね、薬は。あれは、希望の薬だから。
ねえ、きっと大丈夫よ。
のんだって、明日には、また、無事だった。って、
言いに来るんでしょ? 待ってるから。

[痣に重ねるように手のひらを重ねる。
 この手が、彼の言うように魔法の手だというのなら。この色を私が写し取ってしまえればいいのにと思いながら。目を伏せて、祈る。]

(18) 2018/03/13(Tue) 03時半頃

【人】 信徒 オーレリア

……。

[呪いだった。その言葉が重い。そうね、と呟く声が小さい。]

わかった。

[あれは、毒だ。そう、期待なんてできるはずがない。
 私も知っている、そう思っている。思っていて、大丈夫だという。希望の薬だといっている。 そう、あれは毒だ。 両親が飲んだ時も、兄が飲んだ時も、フィルの父親が飲んだときだって皆死んでいるんだから。
 だけど、大丈夫だと言わないと、飲めない。飲ませることも、きっとできない。だから、大丈夫だと言い続ける。]

水袋は、わかった。でも、

[机の上に置くのは楕円型の、兎の毛皮の髪飾り。

 少し大きめで、赤い革紐で白い楕円が縁取られ、下側に大きめのリボン結びが飾られていた。
 裏には革紐がつけられていて、髪を結べるような仕様だ。]

試作品なの。あげる。
どうするかは、任せるわ。

(21) 2018/03/13(Tue) 04時頃

【人】 信徒 オーレリア


───……っ、

[泣き顔に、一度口を引き結び。
 そして、指先で涙をぬぐって、頭を撫でた。]

いいのよ。フィル。泣いていいの。
情けなくなんてないわ。泣いていいの。
いいのよ。

私も、フィルが、皆が、大好き。
泣いたってなんだって、それは変わらないんだから。

(22) 2018/03/13(Tue) 04時頃

オーレリアは、フィリップが落ち着くまで、側にいるつもりで。

2018/03/13(Tue) 04時頃


【人】 信徒 オーレリア


[なにをしたって。
 それは、かわらないんだから。

 *たとえ、貴方に明日が来なくても*]
 

(23) 2018/03/13(Tue) 04時頃

信徒 オーレリアは、メモを貼った。

2018/03/13(Tue) 04時頃


【人】 信徒 オーレリア


…… 皆に、会えなくなるのは。
誰だってこわいもの。

[そう呟く声は優しく、眉の端をさげた笑みで。
 思い出す、思い出す。
 兄が死んだ日の事を。

 みんなにあえなくなるのがこわい。

 そういったのは、兄だった。*]

(24) 2018/03/13(Tue) 04時半頃

信徒 オーレリアは、メモを貼った。

2018/03/13(Tue) 04時半頃


オーレリアは、フィリップの言葉には

2018/03/13(Tue) 21時半頃


【人】 信徒 オーレリア

─ フィルの家 ─

ううん、良いのよ。

[最後の日。彼の時間をたくさん貰ってしまって、こちらこそ良いのだろうかとすら思う。── この時間は慈悲なのか、逆なのか。フィルとサイの在り方の違いに少しだけ目を細めた。]

酒場で宴、解ったわ。
賑やかになるといいわね。

ああ、まって、フィル。
目が赤い。

[そう言って少し水を借りる。自分のハンカチを浸して目元を冷やした。少しの間そうして、うん、と頷くと。自分も外へと出て、そこで別れた。]

じゃあまた夜にね。

(67) 2018/03/13(Tue) 21時半頃

信徒 オーレリアは、メモを貼った。

2018/03/13(Tue) 21時半頃


【人】 信徒 オーレリア


あら?

レオ!

[フィルの家を出て、村の中を歩く。とりあえず広場そばにいけば、誰かも居るだろうと。そう言えばセレストたちも年が近かったし、と。目的地はそこで。
 見かけた姿に>>66声をかけた。俯いた様子に、少し心配げな声で、]

…… どうかした?

(70) 2018/03/13(Tue) 21時半頃

【人】 信徒 オーレリア

あ、…

[名前と、駄目だった。という話を聞いて眉の端を下げる。視線もおとした。]

そっか。…駄目だったか。
祈ったのにな。

[手荷物をぎゅ、っと握り締め。彼を思って瞑目する。]

……… うん。確実だったら、良かったのに。

………、…… あ、そうだ。
あのね、フィルが今晩、酒場で騒ごうって。

(78) 2018/03/13(Tue) 21時半頃

【人】 信徒 オーレリア

そう、宴会。
張り切ってたわよ。

[ふふ、と笑う。]

うん。フィルらしいわよね。
もちろん。参加しなきゃ嘘でしょう。
大人数になるなら、
食材も持っていった方がいいかしら?

[フィルの話。悟られたら、たぶんフィルの望みが叶わなくなるかもしれないから。今は内緒のまま。なんでもないふりは得意だ。
 ──得意になった。
 あの時、抱き締めて貰えて、慰めて貰って。どれだけ泣きたくなったか、どれだけ叫びたくなったか。きっと知らないと思う。でも泣けなくて、ただ、じっと大人しくしていた。少しだけ、抱き締め返して。

 感謝している。それは本当だ。]

(83) 2018/03/13(Tue) 22時頃

【人】 信徒 オーレリア

あらいいわね。
私も漬け込んでるけど、やっぱり味が違うもの。

[楽しみにしよう、とまた笑う。
 サイの死の後に。フィルの死の前に。こんな風に笑える人間は、果たして優しいといえるのだろうか。村の性質と言えば其れまでだけれど。]

そうね、夜からだからまだあるかしら?
早めに行っても良いと思うけど。

行くにしても、先に兎をとりに行きましょうか。

[同じ目的地、同行しない理由はなかったので、同行前提で言う。
 村の喧噪が変わった気がする。フィルの宴会の話も聞こえてきて、私が触れ回らなくても大丈夫そうね、と思ったのも要因だ。]

(91) 2018/03/13(Tue) 22時半頃

【人】 信徒 オーレリア

[………レオの。
 控えめな微笑みは、良いと思う。昔から落ち着けた。同時に兄を思い出す。頷き返した。]

ほんとね。そういう私もだけど。

ふふっ、フィルとカトリか。
きっと素敵な夫婦になるんだろうな。
なるといいのに。

[─── なれるといいのに。心の底から、そう思う。
 レオと歩きながら、会話しながら。楽しい事だけを考えよう。きっとそれが一番良い。 酒場までの道のりは速かったように思う。
 楽しい時間、がすぎるのは、はやいのだ。]

─ →酒場 ─

(98) 2018/03/13(Tue) 23時頃

【人】 信徒 オーレリア

─ 酒場 ─

あら、ドンももう来てたのね。

[酒場に着いたとき、フィルの姿は未だなく少しだけ息を緩める。
 持ってきた食材を渡したり、軽い手伝いをしている内に、人が増えてきた。]

ふふ、賑やかになってきたわね?
うんうん。いいこと、いいこと。

[知らずに集まった人々が、明日どんな気持ちになるのだろうか。それは、今は考えない。共犯者になると決めた。楽しくすごしてほしかった。]

あら、いいの?
自分でもとりにいけるけど、……
お言葉に、甘えよっかな。

[ふふふ、笑って。お酒にしよう、と提案した。弱くはない。]

(108) 2018/03/13(Tue) 23時半頃

信徒 オーレリアは、メモを貼った。

2018/03/13(Tue) 23時半頃


【人】 信徒 オーレリア

[ここは宴会の会場だ。
 それに相応しい話題が飛び交う。賑やかに、楽しげに、笑い声とともに。

 見知った顔には軽く手を振ったりして。
 ネルの顔が見えたら、昨日の事もあるし後で挨拶にもいかなきゃなと。ドンの手当ての後に戻ったら、もうずいぶんと壺は戻されていた。感謝しかない。それに、…いや。それ以上に、私が伝えることはないんだけど。

 レオとの会話は弾む。少し、ふわふわとした心地でその低い声を聞いていた。ら、]

私?

[きょとん、とした顔になったろう。そして、くすくすと笑って、首を傾いだ。]

いたらとっくに、結婚してるわ。

(114) 2018/03/13(Tue) 23時半頃

【人】 信徒 オーレリア

[少し前。
 ドンの返事にはくすくすと笑って、>>112

もっともよ。
頑張ってね、ああ、酔っぱらいの仲裁にも、
気をつけてね?

[出てくるだろうし、と。手伝いの範疇のつもりでいう。
 サイの家の片付け。昨日見た、寂しい光景を思い出したけれど。それを顔に出すのは野暮だ。胸の内だけでサイを思う。
 途中で抜けたのには、その時には気付かなかった。]

(115) 2018/03/13(Tue) 23時半頃

【人】 信徒 オーレリア


………

[レオの言葉が、優しい。楽しげな笑いは、静かな笑みに変わる。手の中でグラスを揺らすと、液体もゆれた。]

ありがとう。
でも、私今でも十二分に幸せだもの。
これ以上なんて、考えられないわ?

それに、それを言うならレオもドンもでしょ。
二人が幸せにしてたら、私も幸せよ。

(120) 2018/03/14(Wed) 00時頃

【人】 信徒 オーレリア

[幸せじゃなきゃ、嫌だ。
 自分ではなく、他人が。お互いに、そう言い合う。

 今、いま。 お酒を飲んでしまって後悔している。いつもより、壁が薄くなっているのを自分で感じる。 もし、 と動く口元がみえ、自分の息が、とまるような感覚があった、けれど。その瞬間>>122

── っ、え、 あ、フィル!?
って、ええっ、結婚?!ほんと!?

おめでとう!!

[フィルへとそう大きく声をかけて、]

レオ、さっきの話、ほんとになったわね?

(129) 2018/03/14(Wed) 00時頃

【人】 信徒 オーレリア

[立ち上がった事については、]

良いのよ、おめでたい時だもの! ね?

[笑いかける。だめだ、危なかった、と。どこかで思う。
 危なかった、…………危なかった。助かった気持ちで居る。お酒を飲む量を、少し控えよう。前髪の分け目、隙間から見えただろう眼差しを、真水で奥の奥へと流し込んだ。

 そして、切り替える。
 そういう約束をした、と言う事は。]

………フィル。

[言ったんだろうなあ、と。苦笑する。それでも、カトリの様子にほほえましげに。彼女の髪に、髪飾りが見えた。]

カトリも。
本当に、おめでとう。

[皆の祝辞、わちゃわちゃとした様子。祝福、ドン>>132の声にもふふっと笑い声がもれた。]

(133) 2018/03/14(Wed) 00時半頃

オーレリアは、両手を、ぎゅ、と握り締めた。

2018/03/14(Wed) 00時半頃


【人】 信徒 オーレリア


[喧噪に紛れて、気付かれないように。
 そっと、そっと。

 祈る。

 明日が来ますように。
 薬が薬で、ありますように。
 二人に幸福が訪れますように。

 近くに居たレオには気付かれたかもしれないけれど。
 緩く、緩く、息を吐いた。]
 

(140) 2018/03/14(Wed) 00時半頃

【人】 信徒 オーレリア

[やっぱり少し、お酒を入れすぎた。
 そう思うけれど、笑って過ごす。]

ふふ、間に合わせでごめんなさいね?
できしだい、ちゃんとしたのも渡すから。

[フィルに贈らせる、とはいわない。
 幸せそうなカトリ>>129を見て、嬉しそうに微笑み。]

カトリは私にとっても妹みたいなものだもの。
祝福にかかわれて、嬉しいわ。

……… 幸せになって。って、もう、幸せか。
良いのよ、幸せなんだから。
もっともっと、幸せそうでいて。

二人の未来を、祈ってる。

[両手を握りしめたまま、ふふ、と笑いかけた。]

(141) 2018/03/14(Wed) 00時半頃

【人】 信徒 オーレリア

[そして、]

何かあったら言ってね。
力になる、とは断言できないけど。

愚痴くらいは、きけるから。

[パティの結婚生活の話も色々聞いた身よ、と付け加えて。明日のことを少し思う。
 この賑やかな旅立ちの宴が、永遠に続けば良いのに、とも思いながら───……**]

(142) 2018/03/14(Wed) 00時半頃

信徒 オーレリアは、メモを貼った。

2018/03/14(Wed) 00時半頃


情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:オーレリア 解除する

処刑者 (6人)

オーレリア
15回 (6d) 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.125 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび
下記の場所以外では、人狼議事内キャラチップ
の利用を許諾しておりません。ご了承ください。

議事総合トップ
人狼議事lobby
人狼議事morphe
人狼議事cafe
人狼議事perjury
人狼議事xebec
人狼議事crazy
人狼議事ciel

SoyBean
Sangria
@7korobi