人狼議事


258 夏合宿はじめました

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


【独】 少年 A

/*
デフォ投票アオ先輩になってたわ

とりあえず今日華麗に初回落ちキメたい
(仕事から帰れないフラグに怯えながら)

(-1) 2018/07/20(Fri) 10時頃

【人】 少年 A

い、今なんか物音……


[警備員がいるかもしれないという考えは
とうに少年の頭から抜け落ちていて
>>1:70どこからか聞こえた物音に、びくりと肩を震わせる。]

(27) 2018/07/20(Fri) 10時頃

【人】 少年 A


[>>22>>23>>24それから、七不思議の一つが
部長の口から語られることになると、唾を飲み込む。]


………それって、一人じゃなきゃ
だめなやつ……ですよね。


[夜の校舎。
普段では決して体験出来ない事をしている背徳感。
そんな特別な状況では、冷静でない頭で少年は考える。]

(28) 2018/07/20(Fri) 10時頃

【人】 少年 A



(ここで七不思議を一人で見つけられたら
お手柄だし、皆見直してくれるかもしれないぞ)


[そんな事を考える少年の頭の中では
>>10先程、後輩が話していた内容が反芻されていた。

次期部長には、少し憧れていた。
今の部長が自分を誘ってくれたように
もし自分が次の部長になったのなら
かつての自分のような一人で歩く背に、声をかけたいと思うから]

(29) 2018/07/20(Fri) 10時頃

【人】 少年 A


[それに、途中で“オスカーくん”にも会えたり?

そんな浮かれた考えは
>>17「開かない」その言葉に一時中断させられて
>>26続く部長が同じように試そうとしても
同じ結果しか返ってこない所で、再び考え込んだ。


少年が冷静であったのなら、
きっと少しでも多くの部員で固まって動こうとしただろう。
だって、外に出られない、なんて既に普通の状況じゃない。
七不思議なんか探している場合じゃないかもだからだ。]

(30) 2018/07/20(Fri) 10時頃

【人】 少年 A



階段の踊り場って、そんなに離れた所でもないし
俺、ちょっと行ってきます!

それに、違う場所なら
窓、開く所があるかもしれないし!


[一人で歩くのは嫌だと言ったな、あれは嘘だ。
と、熱に浮かされたように少年は駆け足になり
皆に手を振って合図をしながら、階段へと向かう**]

(31) 2018/07/20(Fri) 10時頃

【独】 少年 A

/*
負感情参加しなくてよかった……
24hだと負感情縁故を料理してる時間がねえ……!

(-2) 2018/07/20(Fri) 10時頃

少年 Aは、メモを貼った。

2018/07/20(Fri) 10時半頃


【独】 少年 A

/*
>>47 切り込み隊長わろた……わろた……wwwwww
大体中身が(RPの)狂人ムーブだから
どうしても速攻動きたくなるんだよn

(-5) 2018/07/20(Fri) 21時頃

【人】 少年 A


[駆け出す前、空木の提案による
>>34集合場所だけを記憶に留めて駆け出す。
>>35>>43響く先輩達の声を置き去りにしたのは
少年の中に燻る使命感と、この状況が生み出した熱のせいだろう。]


……ん?

[皆から距離を置いたところで
>>38後ろからついてくる足音に気が付く。
>>37そういえば先輩に紛れて、女の子の声がしたような]

(51) 2018/07/20(Fri) 21時頃

【人】 少年 A


夕季?

……おーい、夕季ー?

[確かに聞き慣れた彼女の声と、
ついてくる足音が聞こえた気がしたが
背後を見回してみても、そこには誰もいない。]

(52) 2018/07/20(Fri) 21時半頃

【人】 少年 A



……気のせいか。
福田程ではないにせよ
アイツも割と怖がり、だしなぁ。

[彼女があまりオカルト系が得意でない事は知っている。
であるならば、自分について来るよりも
ある程度固まった人数で動ける方を選ぶだろうと
そう判断した少年は再び、目的地へ向けて歩を進めた。

>>39>>40彼女が、“彼”との遭遇を果たしているとは知らぬまま。]

(53) 2018/07/20(Fri) 21時半頃

少年 Aは、メモを貼った。

2018/07/20(Fri) 21時半頃


【独】 少年 A

/*
自分の名前を自分が一番忘れる(だめじゃん

多分皆もスグルじゃなくてエイで変換してるのでは?
って思ってんだけど()

(-6) 2018/07/20(Fri) 21時半頃

【人】 少年 A

ぐッ……!!!!
〜〜〜っはーー、ここも駄目かぁ。

[階段踊り場へ向かう最中も
少年は手当たり次第、開けられる窓がないか調べる。
だがそのどれも、ネズミが入る隙間さえ開いてくれない。]

ここ、風通し良いから
よく窓開け締めされてるのになぁ。

[立て付けが悪い窓はあるかもしれない。
けれど、よく開いているところを見ている窓となれば
さすがの少年も、この状況に不信感を覚えてくる。]

(59) 2018/07/20(Fri) 21時半頃

【独】 少年 A

/*
こっから更新まで一人遊びすっか〜〜〜〜おお〜〜〜?

(-7) 2018/07/20(Fri) 21時半頃

【独】 少年 A

/* >>62どうもひよこです

(安心してくれよそろーる回しながら先輩の事しか書けてないから実質雛です)

(-11) 2018/07/20(Fri) 22時頃

【人】 少年 A

— 階段踊り場 —

[>>23そして、そこにその鏡はあった。
掃除が行き届いてないのがひと目で分かる程の埃。
不要ではあれど、捨てる場所が見つからずに
ただそこに置き去りにされているような、大きな鏡だ。]


ゴホッ!ゴホッ……
何でこんな鏡、ずっとこんな所に放置されてるんだ……


[埃を払う際、いくらか吸い込んでしまったようで
何度か咳を響かせながらも、少年はその鏡と対峙した。]

(65) 2018/07/20(Fri) 22時頃

【人】 少年 A

[大きな鏡に映るのは、覚えてもらいにくい自分の顔。
>>0:47あの時は自分の事を男前だなんて思った事なかったけど
今では、少しだけマシに見えた気がした。]


(……ああ、こいつの時間はずっと止まったままなんだ)


[少年は何故か、そう思った。

自分も部長がいなければ
あの時、声をかけてくれなければ
ずっと埃を被ったまま、この鏡のように
そこに居ても、居ないもののように扱われて
ただ時間だけを重ねた事になったかもしれない。]

(66) 2018/07/20(Fri) 22時頃

【独】 少年 A

/*
そろそろ先輩に迷惑がられてないか心配なんですが
なんですが

ひよこでゴメンネ

(-13) 2018/07/20(Fri) 22時頃

【独】 少年 A

/*
くしや先輩大丈夫かな……
多分いそがしいんやろなぁ……

(今日は初回落ちもぎ取るつもりで予定断って帰ってきた

(-14) 2018/07/20(Fri) 22時頃

【人】 少年 A



映してほしい自分、かぁ。


[>>23手順を踏む前に、
少年はその鏡にまつわる七不思議に想いを馳せながら
鏡との距離をもう少し詰めて、眺めてみた。

だが、鏡の中のとある一点を見た瞬間
少年は目を見開き、即座に後ろを振り返った。]

(69) 2018/07/20(Fri) 22時半頃

【人】 少年 A

————————ッ ……!!


[居た。
確かに今、人影が。赤い瞳が。

部員の誰にも当てはまらない小さい人影で
しかもマフラーを巻いていた、ような気がする。
(————こんな時期に?)

明かりは生憎iPhoneのライトしかないから
遠くまで光を当てられない。

でも、今確かに見たんだ。]

(72) 2018/07/20(Fri) 22時半頃

【人】 少年 A


もしかして、………


[オスカーくん?
名前を呼んだら、次の瞬間
後ろから肩を叩かれそうな気さえした。
だから、その続きは喉の奥へと飲み込んだ。

どくん、どくんと心臓の音がやけにうるさく響く。]

(73) 2018/07/20(Fri) 22時半頃

【人】 少年 A

[さすがの少年も、頭が冷えてきた。
もしこのまま出られないなんて事になったら
朝までここにいる事に?

そんな言いようのない不安がよぎったのなら]


(そういえば何か起こる前に……
いやなくても連絡をって、誰かが、言ってた気がする)


[>>58皆と別れる前に聞いた声を思い出して
そう不意に、助けを求めるようにiPhoneの画面を見た。]

(74) 2018/07/20(Fri) 22時半頃

【人】 少年 A

えっ、圏外……?


[そんな馬鹿な。

少年は、自分の目を疑った。
だって、いつもならちゃんと電波は届くはずだ!]

(75) 2018/07/20(Fri) 22時半頃

【独】 少年 A

/*
階段の踊り場から後ろって階段やないかい
とかいうツッコミがどっかから来てる気がするが
ファンタジーですファンタジー(目をそらす

(-18) 2018/07/20(Fri) 22時半頃

【独】 少年 A

/*
そういえば悪鬼つき誰やろ

(-19) 2018/07/20(Fri) 22時半頃

【独】 少年 A

/*
ああんゆうきちゃん〜〜〜〜〜
僕吊られる気満々だったんだけどどうしよお話したい〜〜〜〜

(-20) 2018/07/20(Fri) 22時半頃

【人】 少年 A


[————ぞくり]


[iPhoneの画面に集中していた少年は
背筋に走る、どうしようもない悪寒に身体を震わせた。

暗闇から伸びてきた手が
そのまま自身を引きずり込んでしまうような
そんな、沼の中にいるような嫌な………]

(86) 2018/07/20(Fri) 23時頃

【人】 少年 A



……っ!! ゆう、き


[丁度そんな頃だろうか
>>79こちらへ向けて、足音が響いてきたのは。

>>83掴まれた腕。
こんな場所なんて怖くてたまらない癖に
少年の身を案じて腕を引く姿に、少年は目を瞬かせた。

だから]

(87) 2018/07/20(Fri) 23時頃

【人】 少年 A

—————逃げろ、夕季!!!!


[少年は、叫んだ。

少女に掴まれた腕を振り払い。
この場から、あの赤い目の少年から逃がすように
その身体を強く押したのだ。]

(89) 2018/07/20(Fri) 23時頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:A 解除する

処刑者 (5人)

43回 (3d) 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.117 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび
下記の場所以外では、人狼議事内キャラチップ
の利用を許諾しておりません。ご了承ください。

議事総合トップ
人狼議事lobby
人狼議事morphe
人狼議事cafe
人狼議事perjury
人狼議事xebec
人狼議事crazy
人狼議事ciel

SoyBean
Sangria
@7korobi