人狼議事


261 Werewolves of PIRATE SHIP-2.5-

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


【人】 奴隷運び ヌヴィル

[甲板へ向かおうと、梯子に脚を掛けかけたところで。
 探し人が、こちらへと降りてきた。>>0
 足を引き、数歩下がって、待つ。]

 おぉ、生きてたか。
 なぁリーヌスよ、どうだ、次の陸地までの見通しみてぇなもんは。
 美味い酒は飲めそうか?

 できりゃ、魚釣りなんざしなくていいと助かんだがね。

[クリストファーに言われたことを軽く揶揄い、苦々しげに口元を歪める。]

(1) 2018/10/17(Wed) 01時頃

【人】 奴隷運び ヌヴィル

>>2リーヌスの仕草を見れば、それだけで、返答が喜ばしくないものだということも見当がつく。
 案の定、返答は口元が引きつるようなものだった。]

 ハッハハ、なんだそりゃ。
 海賊やめて漁師にでもなれってか。
 そりゃ笑えねぇ冗談だ。

[本当に笑えない。]

 つーても、おめぇさんド突き飛ばしたところで、船の速度が上がるもんでもねぇしなぁ。
 明日にゃ少しはマシな風が吹いてることを祈るしかねぇってか。

(3) 2018/10/17(Wed) 02時頃

【人】 奴隷運び ヌヴィル

 ……となりゃ、ここでグダグダ考えてても、体力の無駄、油の無駄ってな。

 血も足りてねぇし、横んなってささやかな休息でも得るとすっか。

[そう考えだすと、途端に眠くなるもので。
 軽い伸びと、大欠伸。]

 じゃあな、俺ぁ寝る。

[そして覚束ない足取りで、自身の船室へとおりていった**]

(6) 2018/10/17(Wed) 02時頃

奴隷運び ヌヴィルは、メモを貼った。

2018/10/17(Wed) 02時半頃


【独】 奴隷運び ヌヴィル

/*
しまった、すごい今更だけど、これ明日以降に半狼か覚醒すると、そこで村終わりもあるんだ!

(-5) 2018/10/17(Wed) 03時半頃

【人】 奴隷運び ヌヴィル

─ 深夜・自室 ─

[ろくに物の置いていない個室、けれど毛布だけはそれなりの上物。
 夜はいつも、ぐっすりと眠る。
 だがその夜は、ひどく夢見が悪かった。

 ────ヌヴィルの主な仕事は、捕えた女どもを売りさばくこと。
 船員の中には、生娘と聞くとこぞって手を付けたがる奴等もいたが、にヌィルにとってそれは「高値のつく商品」であり、傷つけられたら困るのだ。
 女が欲しければ、陸に上がったときに、商売女を抱けばいい。その方がよほど楽だし、いい思いもさせてもらえるというのに。

 だが、あれはかれこれ10年近く前のことか。
 通された部屋でひとしきり愉しんで、深い眠りに落ちたあと。
 とつぜん悲鳴と咆哮があたりに響き、全裸のままで飛び起きると、ついさっきまで傍らで眠っていたはずの商売女が、目前で、獣のようななにかに引き裂かれていた。]

(37) 2018/10/17(Wed) 23時頃

【人】 奴隷運び ヌヴィル


[これはヤバイと直感し、すぐさまそこから逃げ出したのだが、そのとき、獣の爪に額を深く切り裂かれた。
 おかげで、三日三晩、熱に魘されることになった。

 古くからの船員ならば、知っている話。
 そうでない者も、誰かから聞いているかもしれない話。
 けれど己は、もうほとんど忘れていた。

 それを、何故、今頃になって夢に見たのか。]

(38) 2018/10/17(Wed) 23時頃

【人】 奴隷運び ヌヴィル

─ 翌朝 ─

 あ”〜……いてぇ。
 傷口がぞわぞわする。

[目覚めは良くなかった。
 夢見のせいか、昨日の戦闘で負った傷だけでなく、古傷までもが、ぞわぞわと不快だった。

 水でも飲めば、少しはさっぱりするだろうかと。
 頭を振りながら、部屋を出たところで。
 第三甲板の方から、誰かの声が響いてきた。]

(39) 2018/10/17(Wed) 23時頃

【人】 奴隷運び ヌヴィル

 ぅお〜〜い、そっち何かあったのかぁ〜?

[気怠いまま、下へと向かう。
 悪寒がひどい、のに、古傷がやけに熱く感じた**]

(40) 2018/10/17(Wed) 23時頃

奴隷運び ヌヴィルは、メモを貼った。

2018/10/17(Wed) 23時頃


【人】 奴隷運び ヌヴィル

[降りてゆけば、厭でも鼻につく。
 嗅ぎ慣れてはいるが、いまひとつ好きになれない臭い。
 顔を顰めると、また古傷がずきりと痛んだ。]

 あぁなに、誰が死んだって?
 サイモン?

[あいつかぁ〜……と、呆れたように息を吐き]

 ま、いいんじゃねぇの。
 陸につくまでどんだけかかるか知らねぇが、無駄飯食いがひとり減っただけだろ。

(53) 2018/10/18(Thu) 00時半頃

【人】 奴隷運び ヌヴィル

[リーヌスは見に来ないほうがいいと言った>>45が、好奇心が勝った。
 ひょいと、階下に顔を覗かせる。]

 おぉなんだ先生もいたのか。

 ……ぅお、思ったよりヒデェなこりゃ。

[成程、これは好き好んで見るようなものではない。
 若干の後悔もあったが、案外すぐに見慣れてしまった。]

 バケツとレーキ?
 わぁった、持ってきてやんよ。

>>54あんなモノの後片付けをするのは御免だが、見てしまったのだし、道具を用意する手伝いくらいはすべきだろうと。
 痛む頭を抑えながら、階段を上がっていった。]

(58) 2018/10/18(Thu) 01時頃

【人】 奴隷運び ヌヴィル

[さて、取ってきてやると言ったはいいが。
 普段掃除になど手を貸さない男は、肝心の用具の在り処が分からなかった。]

 ぅお〜い、誰かバケツとレーキ、どこにあるか知らねぇか〜?

[仕方なしに、誰か置き場を知っている奴はいないかと、声をかけながら、上の甲板へ移動した**]

(63) 2018/10/18(Thu) 01時半頃

奴隷運び ヌヴィルは、メモを貼った。

2018/10/18(Thu) 01時半頃


【人】 奴隷運び ヌヴィル

 おー、フウタか。
 下はなかなかひっでぇぞ。

[階段を上る途中、フウタ>>69と鉢合わせた。
 顎をしゃくり、船底の惨状を軽く示す。]

 とりあえず、片付けは先生に任すとして……バケツとレーキ、どこだっけな。

[悲しむでもなく、憤るでもなく。
 汚いゴミを片付けるという程度に、淡々と。]

(90) 2018/10/18(Thu) 22時半頃

【人】 奴隷運び ヌヴィル

[バケツとレーキは程なく見つけ、ガラガラ音を鳴らしながら、また船底へ向かう。]

 ほらよ、お使いもん。

[投げ私、少し離れた階段に腰を下ろし、作業するクリストファーの様子を眺める。
 手伝う気は更々ない。]

(97) 2018/10/18(Thu) 22時半頃

奴隷運び ヌヴィルは、メモを貼った。

2018/10/18(Thu) 22時半頃


【人】 奴隷運び ヌヴィル

― 甲板へ ―

[しばらくそうして後始末の様子を見ていたが、こんな血と黴と腐敗臭にまみれた場所に、好んで長くはいたくない。
 そろそろ新鮮な空気を吸おうかと、甲板へ上がることにする。]

 おぉ、なんだ。
 賑やかじゃねぇか。

 結構生き残ってやがったんだなぁ。

[甲板へ着くと、そこでやいのやいの騒いでいる面子を一瞥。]

(102) 2018/10/18(Thu) 23時頃

【人】 奴隷運び ヌヴィル

 つーかなんだ、折角新鮮な空気吸いに来たってのに、臭っせぇな。
 誰だしょんべん漏らしやがったアホは。

[甲板に出見た水たまりと、そのアンモニア臭に気付き、顔を顰める。
 ざっと様子を見るに、犯人は……]

 おめぇか。
 何てことしてやがんだよ、おい。

[呆れたように、見張り台を見上げる。]

(110) 2018/10/18(Thu) 23時頃

【人】 奴隷運び ヌヴィル

 つかなんだ、ごちゃごちゃと喧しいのは、アレか。
 サイモン殺った奴が誰か、って話か。
 まぁたしかに、尋常じゃねぇ死に方してたけどな。

 んで、なんだ……。

[周りの話を聞いていると、犯人はどうやら人間ではない……人狼、らしい。
 何を馬鹿なことをと思ったが、あの凄惨な現場を目の当たりにしては、否定のしようもない。
 それに、過去に似たような現場に遭遇しているのだから。]

(123) 2018/10/18(Thu) 23時半頃

【人】 奴隷運び ヌヴィル

 おいおい、もしその人狼とやらが本当にこの船にいるとして、だ。
 どいつがその人狼かって、どうやって探すんだ。

[呆れ気味に肩を竦めていると、フウタの視線>>121がこちらへ向いていた。]

 おお、どうした。
 怖ぇ顔しやがって。

[ヘラっと笑い、また辺りを見れば、マストでツヅラとワッターが追いかけっこをしていた。]

 昨日の今日で、まぁ、元気な連中だなおい。

(129) 2018/10/19(Fri) 00時頃

【人】 奴隷運び ヌヴィル

 あぁ〜?

>>130リーヌスに名を呼ばれ、怠そうにそちらを向く。
 そういえばだいぶ前に、酒を飲みながら、彼にも話していたのだったか。]

 ああ、あん時の話か。
 そんなら丁度、嫌ぁ〜な夢で思い出さされたとこだ。

 ……言われてみりゃ、似てんな。あん時の食い散らかされた娼婦に。あの死にざまはよ。

[たしかに重なる。
 肉を、獣の牙で抉られたような、あの死にざま。]

(133) 2018/10/19(Fri) 00時頃

【人】 奴隷運び ヌヴィル

 ……じゃあなんだ、マジメに、この船にその人狼とやらがいるかもしれねぇってことか。

 Misfortunes never come singly.

[成程、「不幸は単独では来ない」とは、よく言ったものだ。
 ただただ、嘆息するしかない。]

(137) 2018/10/19(Fri) 00時頃

【人】 奴隷運び ヌヴィル

 で、そりゃさておくとして、なにやってんだアイツらは。

>>131>>135マスト上の決闘は、何が原因なのやら。
 ただの私怨か、そこに散っている臭い排せつ物のせいか。]

 狼ってより猿だなありゃ。

[見上げたまま、ぼそりと呟くと、紅い飛沫が散ってきた。]

 おいおい、ンなところで殺し合いとか正気かおめぇら!

[叫びはするが、止めたり諫めたりするつもりはない。
 ただ、降ってきた血が不快だった。]

(145) 2018/10/19(Fri) 00時半頃

【人】 奴隷運び ヌヴィル

 ぁ、ん?

>>140リーヌスに、耳を貸すように引かれ、そちらへ身を傾ける。]

 あぁ……そうだなそんな話もあるな。

[彼の言うとおり、人狼に襲われた人間が同じ人狼になるというケースも、少なくはないと聞く。
 疑い向けられるのは当然だ。]

 が、残念ながら俺は違ぇ。
 つぅかそんな力が身についてんなら、誰が隠すか勿体ねぇ。

[そう、小声で返したのだが]

(149) 2018/10/19(Fri) 00時半頃

【人】 奴隷運び ヌヴィル

 おいおいフウタ、物騒だな!
 違ぇよ勘違いすんな!

>>141突き付けられた獲物には、流石にぎょっとした。]

 今こいつにも言ったが、俺がそんな力持ってたら、こんな勿体ぶったうえ、よりによってあんなゴミ喰らうのに使ったりしねぇよ。
 どうせならもっと柔らかそうな肉を────

(154) 2018/10/19(Fri) 00時半頃

【人】 奴隷運び ヌヴィル

 うおっ!?

>>147急に、何かが落ちてきた。]

 おいワッター!

  ……ァ、いや、流石に死んだかこりゃ。

[見事に身体がひしゃげている。
 事故か故意か、マスト上のツヅラを見上げ]

(155) 2018/10/19(Fri) 00時半頃

【人】 奴隷運び ヌヴィル

 おいツヅラ何やってやがんだ!
 こりゃワッター死んじまっ……

 …………
 …………?!

>>150死んだ、と思ったのに]

 生きてやがる、だと……?

>>151歪んだ顔は、まるでこちらを見て笑っているかのようで。
 うすら寒いものを感じ、身構えた。]

(157) 2018/10/19(Fri) 00時半頃

【人】 奴隷運び ヌヴィル

[続いて頭上から降ってくる声。>>161

 おいおい殺せって!
 まさかこいつが人狼なんだってんじゃねぇだろうな!

[唐突過ぎる。
 が、あの高さから落下し、骨をひしゃげさせて、それでも起き上がってくるこれは─────]

 冗談でなく、マジかァこれ。

[流石に、笑ってやる余裕はなかった。
 生憎、持ち合わせの武器は肉切りのナイフくらいだが、護身くらいにはなるだろうか。
 ひとまず、ワッターへへ向けて構える。]

(163) 2018/10/19(Fri) 01時頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:ヌヴィル 解除する

処刑者 (3人)

ヌヴィル
6回 (5d) 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
裏方
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.109 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび
下記の場所以外では、人狼議事内キャラチップ
の利用を許諾しておりません。ご了承ください。

議事総合トップ
人狼議事lobby
人狼議事morphe
人狼議事cafe
人狼議事perjury
人狼議事xebec
人狼議事crazy
人狼議事ciel

SoyBean
Sangria
@7korobi