人狼議事


261 Werewolves of PIRATE SHIP-2.5-

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


独尊隊 ツヅラは、メモを貼った。

2018/10/17(Wed) 01時頃


【人】 独尊隊 ツヅラ

─ 朝 ─

[目覚めは、良くは無かった。
変な夢を見ていたらしい。
気持ち悪かった、という感覚だけで、内容は覚えていないけれど。]

 おはよー。

[声を出しても、返事はない。
昨日までは部屋にも誰かしらいて常に騒がしかったものだが、今聞こえてくるのは船にぶつかる波の音ばかりだ。]

 ……水。

[それでも声を出してしまうのは、習慣だから。
こういえば世話焼き好きのあいつが水のコップを差し出してくれるのだけれども、今朝からは自分で取りに行かないと。]

(12) 2018/10/17(Wed) 12時頃

【人】 独尊隊 ツヅラ

─ 船底 ─

 ここ嫌いなんだよねー。
 暗いし。じめじめしてるし。

[ぶつくさ文句を言いながら、船底へ降りる。
水ー、みずー、と貨物庫の扉を開けようとしたところで、奥に誰かいる気がして目を凝らした。]

 あれー。なんでそんなとこで寝て ――

[今は無人のはずの牢の中に横たわっている人物がいる。
暗さに目が慣れるより先に、嗅ぎ飽きた鉄錆の臭いがぶつかってきた。]

  う、え ?

[鼻と口を押さえながらも近づいて覗きこむ。
鉄格子の開け放たれた牢の床に倒れているのは、かろうじてサイモンと判別できた。
けれども身体はズタズタに引き裂かれていて、赤いなにかとしかわからない。
死体なんて見慣れているけれど、これはさすがに胸からなにかこみあげてきそうになった。]

(13) 2018/10/17(Wed) 12時頃

【人】 独尊隊 ツヅラ

─ 第三甲板 ─

 船長ー!!せん……
 ああもう、えーと、

 船医さーん!!
 サイモン死んでる!ぐちゃぐちゃ!

[ともかく報告を、と染みついた見張り根性のままに大声で船長を呼びながら階段を駆け上がり、途中で思い出して船医を呼ぶ。
声を押さえるとか、そんなこと思いもしない程度には動揺していた。*]

(14) 2018/10/17(Wed) 12時頃

独尊隊 ツヅラは、メモを貼った。

2018/10/17(Wed) 12時頃


【人】 独尊隊 ツヅラ

─ 第三甲板 ─

[声上げて走り回って、医務室の前まで突き当たったところで、探し人の顔を見つけた。>>22]

 あ、センセー、
 サイモンすごいよ、もうめちゃくちゃで
 牢屋。下の。普通じゃない。

[ゆるく適当な普段の雰囲気はどこへやら。
気が動転している様子は顔にも声にも出ていた。
ついでにいえば、怯えている様子も見て取れるか。
敵兵が甲板に乗り込んできた時だってのほほんと笑っていたというのに。*]

(30) 2018/10/17(Wed) 22時頃

【人】 独尊隊 ツヅラ

[肩に手を乗せられて>>31、どれだけ自分の鼓動が早くなっていたか自覚する。
大丈夫、もういい、と繰り返される言葉が、忘れていたつもりの記憶をひとつ引っ張り出した。
浅く息をして、船医の目を見て、小さく吐く。]


 ……。
 せんせ、人狼って知ってる?

[見てきます、と言う彼に、囁くような声で言い、
すぐに身を翻して階段を駆け上がっていった。]

(33) 2018/10/17(Wed) 22時半頃

【人】 独尊隊 ツヅラ


  っ、フウタ、
  ちょっと、こっち。きて。

[階段を駆け上がる途中でフウタにぶつかりそうになり、そのまま襟首ひっつかむ勢いで壁際に連れていこうとする。
その間も微かに震える片手で自分の懐をしきりに探っていた。]

(41) 2018/10/17(Wed) 23時頃

独尊隊 ツヅラは、メモを貼った。

2018/10/17(Wed) 23時頃


【人】 独尊隊 ツヅラ

[フウタを壁際に追い詰めるような態勢のまま、曲がっていないタバコを探し当てる。
幾度かライターを空打ちしたあと、なんとかタバコに火をつけた。
フウタの顔の前までタバコを近づけ、細く立ち昇る白い煙越しに暫くフウタの目を覗きこんだあと、力が抜けたようにふらふらと数歩下がる。]


 良かった。フウタは違う。

[緊張が解けたせいか、へにゃへにゃとなんだか変な笑顔になった。]

(48) 2018/10/18(Thu) 00時半頃

【人】 独尊隊 ツヅラ


 へへへ。
 ごめん。おまじない。

[ぺたと壁に背を付けて、煙を吐いて、ふにゃりわらう。
泣き笑いのような、吐く直前のような顔をしていた。]

 サイモンさー。死んでた。
 見ない方がいいよ。ひどいから。

[言って、なにかためらう間を一拍置く。]

(55) 2018/10/18(Thu) 01時頃

【人】 独尊隊 ツヅラ


 あのさー。
 ……笑うなよ?

[念押ししてから、声を潜める。]

 サイモンのヤツ、人狼にやられたんだ。
 あいつ、昨日きっとなにかに気づいたんだよ。

 だから食い殺されたんだ。

[冗談とは程遠い、真剣な顔だった。]

(56) 2018/10/18(Thu) 01時頃

【人】 独尊隊 ツヅラ


 噂話なんかじゃないよ。
 だって、俺の村……

[言いさして、喉になにか詰まったような顔になった。
深々と煙を吸い込み、吸い過ぎてむせる。]

 げほ、うぇ っふ。
 とも、かく、
 あれはクソったれ狼に間違いないって。

(66) 2018/10/18(Thu) 02時頃

【人】 独尊隊 ツヅラ

[動揺灯したフウタの目を見て唇を歪める。
怯えと、暗い優越感が瞳によぎった。]

 狼のクソヤロウは人間に化けるんだ。
 ある日突然、となりのおじさんが狼に変わるんだよ?
 朝にはまた何くわない顔で人間のふりしてるんだ。

 だから、さがして、みつけて、ころさなきゃ。

[笑み浮かべながら、ふらりと階段を登りだす。
得物の二本のナイフを、掌で愛おしげに撫でていた。**]

(67) 2018/10/18(Thu) 02時頃

独尊隊 ツヅラは、メモを貼った。

2018/10/18(Thu) 02時頃


【人】 独尊隊 ツヅラ

─ 甲板 ─

[甲板に出て、ぐるりと周囲を見回す。
まず目に入ったのがリーヌスだった。]

 やあリーヌス。
 キミ、狼を知らない?

[気安い調子で声を掛ける。
だが、昨日までとは雰囲気も、口調も変わっていた。]

 ボクは狼を殺さなきゃいけないんだ。
 あのクソッタレな化け狼をさ。

 見たでしょう?サイモン。
 見てない?どっちでもいいけどさ。
 あれが人狼の喰い跡だよ。

 ボクらの中に、ヤツがいるんだ。
 殺さないと、みんな殺されちゃう。

(88) 2018/10/18(Thu) 22時頃

【人】 独尊隊 ツヅラ


 ねえ。
 リーヌス。知ってたら教えてよ。

  それとも、キミが狼?

[ふわりとした笑顔の中心で、目が狂気と偏執を孕んでいた。]

(89) 2018/10/18(Thu) 22時頃

独尊隊 ツヅラは、メモを貼った。

2018/10/18(Thu) 22時半頃


【人】 独尊隊 ツヅラ


 人狼が、みんな殺したんだ。
 だから、あの化け物を殺さなくちゃ。

[視線も言葉もかみ合わない。
リーヌス>>98に顔を向けながら、見ているのは過去の光景だ。
忘れたつもりでいた記憶。]


  リーヌスが化け物だったらさ。
  殺さないといけないんだよ。


[手が2本のナイフにかかる。
けれど、抜かなかったのはやはり、どこかにためらいがあったからか。
視線が揺れ、上を向いて、あ、という顔をする。]

(104) 2018/10/18(Thu) 23時頃

【人】 独尊隊 ツヅラ



  それとも、あいつが狼?


[見上げたマストの上に、ワッターがいた。]

(105) 2018/10/18(Thu) 23時頃

【人】 独尊隊 ツヅラ

[誰かが来た。
物音に気付いて後ろを見る。

水音の方を見れば船医がいる。>>106
声が聞こえた方を見れば、ヌヴィルが来ていた。>>110

彼らのうちのどちらかが人狼だろうか。
かもしれない。
違うといい。

唇湿らせて、ナイフを抜く。]

(114) 2018/10/18(Thu) 23時頃

【人】 独尊隊 ツヅラ


 それは、そう、かも。

[体調悪いのに>>108というリーヌスに頷いて、彼にタバコを投げてよこす。
殆ど吸い殻な上に、妙に湿気ていた。]

 おまもり。
 ばあちゃんが教えてくれた。
 悪いやつがいたら煙が黒くなるって。おまじない。

[言ってから片方のナイフを口に咥え、マストに取りつく。]

(115) 2018/10/18(Thu) 23時頃

【人】 独尊隊 ツヅラ

 
 戦い?
 終わってなんかない。なんにも。

[ワッターに答える声はくぐもっている。>>107]

 ころさなきゃ、ころされる。
 また、夜になったら。ヤツが来るんだ。

[言葉の終わりは、泣き出しそうに歪んでいた。]

(118) 2018/10/18(Thu) 23時半頃

【人】 独尊隊 ツヅラ

[登ろうと、足を掛けたロープが緩み、前につんのめる。]

 クソっ、

[悪態をついて、靴を脱ぎ捨てた。
素足になれば、ロープなどなくてもマストくらい登れる。
片方のナイフは鞘に戻し、今度は両手両足を使って登り始めた。]

(122) 2018/10/18(Thu) 23時半頃

【人】 独尊隊 ツヅラ

[マストを登りきるより前にワッターが降りてくる。
相手を追って、自分もシュラウドに取りついた。
横に張られた細いロープの上を渡って近づいていく。]

 ころさなきゃ、
 ころさなきゃ、
 ころさなきゃ、

[不安定な足場の上で片手を離し、口に咥えたナイフを右手に持ち替えて、ワッターをめがけ振り回した。]

(131) 2018/10/19(Fri) 00時頃

【人】 独尊隊 ツヅラ

[下からの声は届いていなかった。
名を呼ばれても気が付かない。
耳は、意識は、今ここではない声を聞いていた。

悲鳴。また殺された、という声。
ころせ、と連呼する大人たち。
大丈夫だ。おまえは見なくていい、と頭を撫でた手。

ころされたのは、ころせなかったから、だから。]

(143) 2018/10/19(Fri) 00時半頃

【人】 独尊隊 ツヅラ

[赤い色が飛んだ。
ナイフが肉を引っかける感触。
目の前の、おおかみの身体がロープから浮いた。]


 わ、ああああぁぁ!


[叫んで、飛び込んでいた。
胸の前にナイフを構え、体当たりするほどの勢いでワッターに飛びかかる。]

(144) 2018/10/19(Fri) 00時半頃

【人】 独尊隊 ツヅラ

[飛びかかった身体は、そのままなら一緒に落ちていただろう。
だが押しやられたことで墜落を免れた。
シュラウドの上を滑り落ち、途中で引っかかって止まる。

足に縄が絡まってひっくり返り、逆さまになった視界の中で、ワッターが怪物じみた様相で立ちあがるのが見えた。]

 まだそいつ死んでない!
 ころしてよ!
 ころしてったら!

[もがきながら叫び、足に絡んだ縄を切ろうとする。
やがてぶつりと音がして、体は落下を始める。

それなりに低いところまで来ていたから、死にはしないだろう。たぶん。]

(161) 2018/10/19(Fri) 01時頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:ツヅラ 解除する

生存者
(3人 45促)

ツヅラ
24回 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
裏方
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.156 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび
下記の場所以外では、人狼議事内キャラチップ
の利用を許諾しておりません。ご了承ください。

議事総合トップ
人狼議事lobby
人狼議事morphe
人狼議事cafe
人狼議事perjury
人狼議事xebec
人狼議事crazy
人狼議事ciel

SoyBean
Sangria
@7korobi