人狼議事


268 Werewolves of PIRATE SHIP-V-

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


/*
業務連絡

サイモン&船長キリング、どうしますか?
表で描写する必要は無さそうですが
俺は動けなくはないですが、理由付けは少し厳しいので人狼組がやれるなら任せたい所です


/*
サイモンに接触がなかったのでどうしたものかと考えていました。キリングって赤と表のどっちでするのかな?
今の所ハワードが一番接触ある感じかな?
出来ればお任せしたいところですがどうだろう。
今夜はいられる予定なので、その件についての相談は22時以降ならできます〜。


/*
じゃあサイモンは俺がいきます
描写は多分表でしてもしなくてもどちらでもいい、だと思います。たぶん
擦り合わせもあるし表の動きに間に合わないので、伏せておくつもりです
船長はハワード待ちつつ……

設定面について質問ですが
ハワードは以前から人狼のようですが
ジャーディンは人狼に目覚めてますか?自覚ありますか?
ジャーディン次第ですが、サイモン殺してジャーディンに食わせて人狼覚醒させる、とか考えていますが、いかがですか


/*
フェルゼありがとう……!
あ、目覚めてて、自覚もありです。ただ人殺し童貞(?)だけど。
人狼化を病認定してるせいで、
どうにか治そうと躍起になってるって陰キャ医者でした。
食わせてもらえるならそっから衝動を憶える形に出来たらうれしいかなー!

あとすいません、お腹痛すぎ侍なので今日はこれで……。
他に何かあったら赤においといてください。


/*
ああ、拘束してすみません
腹痛お大事に!ゆっくりおやすみください

襲撃ロールは赤でゆっくり進めればいいと思うので、無理せず


/*
ジャーディン、腹痛は本当お大事に…!体調第一です。

ハワードの方は自覚あり&もう何人も喰ってる(そっと逸らし目)ので、行くも行かないも問題なし!
では、フェルゼがサイモン、ジャーディンが船長さんモグモグでよいかな?


【人】 弁務官 ジャーディン

─ 前日:食堂にて ─
[咀嚼もなにもなく、
 胃袋に収まる肉の味には柳眉を落とす。
 問いかけに応じるグスタフの言葉には苦笑し、>>1:280
 残念だと珍しく諧謔で返すのが珍事件とも言える。

 視線を落とせば、ふわふわの耳が見えた。
 とうとう腹に耳でも生えたか、など続けようと思えど、
 隠す様子から話題に上げるのは控えるべきなのだろう。
 
 続く声音の意味から逃れる理由を兎に被せて、>>1:283
 紅い双眸は分かりやすく逸らされ、息をそっと吐き]

  私に治せない病があるとしたら、そうだな……
  人間の傲慢さくらいだろう。

[吐き出した息と共に絡めた音韻は、
 故に、傍らにしか届かない程度で独り言のように。
 頭を撫でる男の行為を視界にいれて頷いて、
 今日は部屋に戻るつもりだと話題を切り替えた]

(18) 2019/03/14(Thu) 11時半頃

【人】 弁務官 ジャーディン


  妙な噂のせいではないが、兎は後で診せろ。
  専門ではないが、一応……な。


[そんな気紛れでしかない行動が、
 ザーゴの忠告を軽やかに無視していた>>1:233
 と気付くのは、もちろん、翌日の話で。

 今宵は医務室に戻らずまっすぐと部屋に戻り、
 兎を一晩中、調べ尽くすことだろう*]

(19) 2019/03/14(Thu) 11時半頃

/*
おはよーございます。
おなかは少し良くなりました、ありがとう。
昨日のお話の流れみたいに船長はハワードさんに任せられるなら任せて、サイモンをフェルゼが殺して私が頂くという感じの流れではだめそうかな?


/*
俺がサイモン
ハワードが船長、だと思ってましたが…
ハワードは船長キリング難しいでしょうか?


/*
ジャーディンさん、良くなってきたようで何より!
ハッ…なるほど!大丈夫ですよ〜!色々読み違えてました

船長さん襲撃行きますね!


― いつかの邂逅 ―

[ あの時は、賑やかな船の中に混じる殺気と
不穏の空気だけは朧げに感じていた

ただそれは日常の喧騒に紛れ
裏切り者の存在を確信することは無いままに

フェルゼに会ったのはちょうどそんな時 ]



   人狼ゲーム、ですか…
   それはまた…
   人狼は必死、でしょうね。


[ 『人狼』
その言葉にポーカーフェイスの裏側では
一気に警戒心が引き上がる

彼は己の正体を探ろうとしているのか?
警戒心を表に出すことは無いけれども
注意深く彼の様子を観察していた ]


そして目に留まるのは
『ハンギャクシャアリ』のサイン。

罠、だろうか?
しかし徒に警戒心を上げてもいい事は無いはずだ
上手い方法なら他に幾らでもある。

何より
…彼は信頼できる人間だ

なんて。
最後は自分の直感に頼った賭けだった  ]


  しかし、信頼できる占い師がいれば
  安心ですね

  宝石を識別する確かな目を持った貴方なら…
  出来るんじゃないですか?

[ 冗談に紛れ込ませ
指が刻むのは『 情報求む 』のサイン ]


   ああ、でも占い師はすぐ喰われちゃいますよね

   "守護者"でしたっけ?
   私でも、貴方一人分くらいの、であれば
   なれるかもしれませんね


[ 手伝いを申し出てくれたこと
言外に危険な任務だと仄めかし
それでも付いてきてくれるのか?と

返答が何であれ、彼の守護者であろうとした
事に変わりは無いけれど。 ]



[その後、慎重な調査の結果
首謀者を炙りだすことに成功し

…そして" 不幸な事故死体 "が一つ出来た
そこに呵責の念は無かった

ただ護りたかったものを護れた。
その満足の色だけが浮かんでいた
人はそれを狂気と呼ぶのだろう ]



   貴方は、本当に狂ってますね?

[  私は狂った人間が大好きだ **]


/*
あ、赤ログのRPはもし余裕があったらで、返信は気にしないでくださいね
船長襲いに行ってきます[ブクブク]


[ジャーディンの瞳は、なかなか揺らめいてくれない。
 勿体ないことだ。
 あんなに美しいものを持っているのに]


  ジャー君、起きてるー?
  いや君が寝てるはずないよねー入るよー

[医務室に遠慮なく侵入し
 兎を解体しているジャーディンの顔を覗き込む。

 兎程度じゃ、その瞳は輝かない。
 勿体ない。]

  ちょーっと用事あんだよね
  ねー来てよ、来て来て、来ーーーてーーーー

[腕を引いてでも、ジャーディンを無理やり部屋から連れ出し
 下へと、捕虜牢へと向かっていく]


  ジャー君、ほら
  美味しそうでしょ?


  ほら、ジャー君は素敵な人狼だよ!

[嬉しそうに、笑った]


【人】 弁務官 ジャーディン

─ 真夜中 ─

[───酷い、酷い頭痛に浸り、夢を紡ぐ。

 忙殺の中に見出した蜉蝣を、
 掴み所のない妄想だと嘲笑うかのように。
 
 喉が焼けるように熱かった。
 粘膜を満たす潤いを水に欲しても、
 満たされたと思うことはただ一度もない。
 
 好意とレモンとライムに酔い、
 何より蔓延する噂に酔い溺れ自室に戻り、
 今宵ばかりは焦燥を忘れ、卵を夢見ようと──

 そうでなければこの酔いが癒やされまい、
 そんな長閑な発想で無理に眠ったのが悪いのか]

(59) 2019/03/14(Thu) 22時頃

【人】 弁務官 ジャーディン


 ────っ、は……


[”治す”ことから一時目を逸らしたのが悪いのか、
 結局のところ、眠りを貪れたのは、概ね一刻程度。
 疲れが取れたかといえば真逆で、
 得体の知れない焦燥と共にベッドを軋ませ、
 眠りの安寧からそれこそ無理やりに引き上げられた。

 魘されていたのだろう。
 汗ばみ、疲れ──何故か昂揚した肌を見下ろし、
 それから見慣れない天井を見上げ、
 次いで室内を見渡し、荒らいだ息を整える。

 薄いシャツ1枚の寝巻きは薄っすらと寝汗で湿り、
 未だ心臓が煩いことこの上なく、寝乱れていた。
 そんな酷い有様でありながら、
 同室者に動く様子はなく、吐く息を安堵に変えて]
 

(63) 2019/03/14(Thu) 22時頃

【人】 弁務官 ジャーディン


  ……眠れもしないか。
  なら、夜風にでも、…………
 

[物心ついた頃より時折訪れる不可解な衝動を抱え、
 すでに慣れた歪みを病と認識しここまで来た。

 その衝動は遠く、近く、潮騒のように。

 掴み所のないそれを治すべく邁進するのが、
 運命なのだと己の何もかもから訴えられた現状では。
 眠れもしないのならば、
 眠らずに、今、己ができることをするのみ]

(66) 2019/03/14(Thu) 22時頃

【人】 弁務官 ジャーディン


[そうして静かな音を最後に、部屋の扉が閉まって。
 医者の姿は夜のひととき、寝室からかき消えていた*]
 

(67) 2019/03/14(Thu) 22時頃


[夜風にあたりたいならば甲板へ往くべきだったろう。
 だが、足は無意識に医務室へ向き、
 扉のメモを夜に知るが、放置し内に籠って。
 
 手にしたのは、医療鞄に入れた小箱。
 中に入っている紅色のサンプルは、果たして人か、
 それとも獣のものか──そんな思考に耽って暫し。

 肉片はおそらく兎だろう。
 兎特有の赤み、その匂い、何よりこの微細な手触りが、
 何も己に昂揚を齎さないただの獣肉。

 貨物船の船医が何を思って意味のない肉を、
 こうしてサンプルとして採取した理由は推測できる。
 だからこそ手袋をして解体しようとメスを手に取り、
 肉に刃先を向けたその刹那、
 己に向けてかけられた声音に眉根を寄せた。

 こんな距離に近づかれるまで気づかない、だなんて]


弁務官 ジャーディンは、メモを貼った。

2019/03/14(Thu) 22時半頃


【人】 弁務官 ジャーディン

─朝─

[夜風を浴び、癖のない金髪を枕に散らし、
 深い睡眠を貪った朝は鶏の目覚まし時計により潰えた。

 瞼を開いて数度瞬きし、
 見慣れない天井の理由を思い出して身を起こし、
 細い指先で乱れた前髪を整えて瞳の焦点を定めて。

 皺のよってしまった寝間着を脱ぎ捨て、
 無言のままに新しい服へと着替えて息をつく。
 昨日と変わらない白衣の上着も羽織り、
 未だグスタフが眠っているならば声だけは掛ける。

 ──彼の身が平穏ならばだが。
 
 覗き込み観察している紅い双眸に宿るは興味の色。
 が、そんな好奇心の瞳と目が合うかは彼次第だろう。
 医者は医者の領分を守り、
 彼の健康を観察しているに(恐らく)過ぎない]

(103) 2019/03/14(Thu) 23時頃

【人】 弁務官 ジャーディン


  起きているか。
  外が想像しい、何か騒ぎでも起きたんだろう。


[起きれば淡々とそれだけ。
 まるで興味を失ったかのようにふいと離れて、
 身支度を終えた今、目指すは医務室へ──だ。

 なんせ、騒ぎがある=医務室が混む。

 そんな日常茶飯事であるからして、当然といえよう。
 という訳で勤めを果たすべく医務室へと行くのだが。

 涼しい顔で扉を潜る刹那、一言を添えた。
 兎の触診の結果は───]

(107) 2019/03/14(Thu) 23時頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:ジャーディン 解除する

処刑者 (4人)

ジャーディン
12回 (6d) 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.148 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび
下記の場所以外では、人狼議事内キャラチップ
の利用を許諾しておりません。ご了承ください。

議事総合トップ
人狼議事lobby
人狼議事morphe
人狼議事cafe
人狼議事perjury
人狼議事xebec
人狼議事crazy
人狼議事ciel

SoyBean
Sangria
@7korobi