人狼議事


268 Werewolves of PIRATE SHIP-V-

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


/*
業務連絡

サイモン&船長キリング、どうしますか?
表で描写する必要は無さそうですが
俺は動けなくはないですが、理由付けは少し厳しいので人狼組がやれるなら任せたい所です


/*
サイモンに接触がなかったのでどうしたものかと考えていました。キリングって赤と表のどっちでするのかな?
今の所ハワードが一番接触ある感じかな?
出来ればお任せしたいところですがどうだろう。
今夜はいられる予定なので、その件についての相談は22時以降ならできます〜。


/*
じゃあサイモンは俺がいきます
描写は多分表でしてもしなくてもどちらでもいい、だと思います。たぶん
擦り合わせもあるし表の動きに間に合わないので、伏せておくつもりです
船長はハワード待ちつつ……

設定面について質問ですが
ハワードは以前から人狼のようですが
ジャーディンは人狼に目覚めてますか?自覚ありますか?
ジャーディン次第ですが、サイモン殺してジャーディンに食わせて人狼覚醒させる、とか考えていますが、いかがですか


/*
フェルゼありがとう……!
あ、目覚めてて、自覚もありです。ただ人殺し童貞(?)だけど。
人狼化を病認定してるせいで、
どうにか治そうと躍起になってるって陰キャ医者でした。
食わせてもらえるならそっから衝動を憶える形に出来たらうれしいかなー!

あとすいません、お腹痛すぎ侍なので今日はこれで……。
他に何かあったら赤においといてください。


/*
ああ、拘束してすみません
腹痛お大事に!ゆっくりおやすみください

襲撃ロールは赤でゆっくり進めればいいと思うので、無理せず


/*
ジャーディン、腹痛は本当お大事に…!体調第一です。

ハワードの方は自覚あり&もう何人も喰ってる(そっと逸らし目)ので、行くも行かないも問題なし!
では、フェルゼがサイモン、ジャーディンが船長さんモグモグでよいかな?


/*
おはよーございます。
おなかは少し良くなりました、ありがとう。
昨日のお話の流れみたいに船長はハワードさんに任せられるなら任せて、サイモンをフェルゼが殺して私が頂くという感じの流れではだめそうかな?


/*
俺がサイモン
ハワードが船長、だと思ってましたが…
ハワードは船長キリング難しいでしょうか?


/*
ジャーディンさん、良くなってきたようで何より!
ハッ…なるほど!大丈夫ですよ〜!色々読み違えてました

船長さん襲撃行きますね!


― いつかの邂逅 ―

[ あの時は、賑やかな船の中に混じる殺気と
不穏の空気だけは朧げに感じていた

ただそれは日常の喧騒に紛れ
裏切り者の存在を確信することは無いままに

フェルゼに会ったのはちょうどそんな時 ]



   人狼ゲーム、ですか…
   それはまた…
   人狼は必死、でしょうね。


[ 『人狼』
その言葉にポーカーフェイスの裏側では
一気に警戒心が引き上がる

彼は己の正体を探ろうとしているのか?
警戒心を表に出すことは無いけれども
注意深く彼の様子を観察していた ]


そして目に留まるのは
『ハンギャクシャアリ』のサイン。

罠、だろうか?
しかし徒に警戒心を上げてもいい事は無いはずだ
上手い方法なら他に幾らでもある。

何より
…彼は信頼できる人間だ

なんて。
最後は自分の直感に頼った賭けだった  ]


  しかし、信頼できる占い師がいれば
  安心ですね

  宝石を識別する確かな目を持った貴方なら…
  出来るんじゃないですか?

[ 冗談に紛れ込ませ
指が刻むのは『 情報求む 』のサイン ]


   ああ、でも占い師はすぐ喰われちゃいますよね

   "守護者"でしたっけ?
   私でも、貴方一人分くらいの、であれば
   なれるかもしれませんね


[ 手伝いを申し出てくれたこと
言外に危険な任務だと仄めかし
それでも付いてきてくれるのか?と

返答が何であれ、彼の守護者であろうとした
事に変わりは無いけれど。 ]



[その後、慎重な調査の結果
首謀者を炙りだすことに成功し

…そして" 不幸な事故死体 "が一つ出来た
そこに呵責の念は無かった

ただ護りたかったものを護れた。
その満足の色だけが浮かんでいた
人はそれを狂気と呼ぶのだろう ]



   貴方は、本当に狂ってますね?

[  私は狂った人間が大好きだ **]


/*
あ、赤ログのRPはもし余裕があったらで、返信は気にしないでくださいね
船長襲いに行ってきます[ブクブク]


[ジャーディンの瞳は、なかなか揺らめいてくれない。
 勿体ないことだ。
 あんなに美しいものを持っているのに]


  ジャー君、起きてるー?
  いや君が寝てるはずないよねー入るよー

[医務室に遠慮なく侵入し
 兎を解体しているジャーディンの顔を覗き込む。

 兎程度じゃ、その瞳は輝かない。
 勿体ない。]

  ちょーっと用事あんだよね
  ねー来てよ、来て来て、来ーーーてーーーー

[腕を引いてでも、ジャーディンを無理やり部屋から連れ出し
 下へと、捕虜牢へと向かっていく]


  ジャー君、ほら
  美味しそうでしょ?


  ほら、ジャー君は素敵な人狼だよ!

[嬉しそうに、笑った]



[夜風にあたりたいならば甲板へ往くべきだったろう。
 だが、足は無意識に医務室へ向き、
 扉のメモを夜に知るが、放置し内に籠って。
 
 手にしたのは、医療鞄に入れた小箱。
 中に入っている紅色のサンプルは、果たして人か、
 それとも獣のものか──そんな思考に耽って暫し。

 肉片はおそらく兎だろう。
 兎特有の赤み、その匂い、何よりこの微細な手触りが、
 何も己に昂揚を齎さないただの獣肉。

 貨物船の船医が何を思って意味のない肉を、
 こうしてサンプルとして採取した理由は推測できる。
 だからこそ手袋をして解体しようとメスを手に取り、
 肉に刃先を向けたその刹那、
 己に向けてかけられた声音に眉根を寄せた。

 こんな距離に近づかれるまで気づかない、だなんて]


銀行屋 ザーゴは、メモを貼った。

2019/03/14(Thu) 22時半頃


【人】 銀行屋 ザーゴ

 ― 惨劇の前、夜の話 ―

[結局パンとシチューをもらいにいったのはかなり後になってから。
鍋の隅っこでただただ柔らかくなるのを待っていた肉の塊に、鉄面皮と言われた無表情で食らいつき、ごちそうさまの一言くらいはかけて再び静かな自室へ戻る。

同室者がいたころは、酒をくらって無理やり寝てしまうことも多くあった。これは客の吠え声だ、と念じれば我慢も出来そうだったが、余計殺意が湧くだけだととっておき用に確保していた酒が日々減っていった、ということに対してまた殺意が湧いたりもしたものだ。

今夜は久々に、波音よりも大きな船底からの騒音をかき消すために。三口ほど食らって眠るとしよう。
数えられたのは、二口目まで]

 ―――…あいつの腕が確かでなきゃあ、

[寝言に紛れた独り言の続きは、自分でも見失ったまま夢の中へ――否、真っ暗な眠りの中へ*]

(108) 2019/03/14(Thu) 23時頃

【人】 銀行屋 ザーゴ

 ― 翌朝 ―

[三口目からは覚えていない。
というよりも大抵二口目までしか覚えていない。
酒に弱いということか、飲みすぎということか。
波音に促される目覚めは鈍く、常よりもさらに剣呑な目つきのまま扉を開ける。船長室の前に人影が見えた気もしたが、朝はまず甲板に行って用を足して………]

 は?

[聞こえた声>>118に足を踏み外して軽く躓いた。あくまで軽く、だ。その場に座り込みながら、聞こえた言葉の意味を考える。

船長が、死んでいる]

 誰が?

[誰かが殺したのか。
そう考えるのは、海賊としては自然だろうか。自然死なんてものは、実際のところ一番、面白くない。生者にとっても、死者にとっても]

(127) 2019/03/14(Thu) 23時半頃

 ―いつかの邂逅・その後―

[占い師ができるのでは、とハワードは言った
 実際、それに近い事が狂気の上で出来るようになるなんて
 思ってもみなかったわけだが。


 地上でハワードと言葉を交わす事幾度か。
 ハワードの事を人狼だと知ってしまったのは何の因果か。
 奇跡に近い一瞬で、ハワードが捕食するその瞬間を目撃した。

 それに対してフェルゼは、目が美しすぎてやばいと別方面の大興奮を見せただけで
 ハワードが食った人間の後始末と証拠隠滅を手伝った。

 その瞳が煌めくのが見られるなら、むしろ喜んで手を貸そうというものだ]


[船の上ではほとんどキルマークを上げることはなかったが
 地上にて、キルマークは多かった。

 自分の詐欺に気付いたライバル商人を適当に処分し、ついでにハワードに食事として食べてもらい証拠隠滅をはかる。
 相手がゴミのような奴を食わせるのは多少申し訳なさがあったが。


 人狼は、人間の肉に反応する。
 捕食する時に、その瞳はまばゆく美しく煌めく。

 だからもっと食べて欲しい。
 もっとその綺麗なおぞましい瞳を見せて欲しい。


 その偏った人狼知識と
 “占い師”にも匹敵するであろう瞳を見る能力と
 それをジャーディンに見出したのも、偶然ではないのだった*]


[ハワードの飢えには気付かなかった。
 まさかあのハワードが船長を殺すのは色々な意味で予想外ではあったが]


  うそでしょ
  ハワードさんが船長食べるなんて そんな そんな……


  そんな凄いシーンを見落としたなんて!!!!!!


[俺とってもショックです。
 教えてよハワードさん!!!**]


[腕を引かれて、意識は混乱から現実へ。
 患者が真夜中でも医務室にいることが多い己を頼りに、
 こうして訪れることは稀にある出来事だった、

 故に、誘い出しにも不自然さを感じることや、
 警戒心が刺激されることもなくその後に続いて。

 行く先が捕虜牢だと知っても警鐘は鳴らず、
 蒼白な肌をしたサイモンを見下ろしても変わらない。
 強いて言えば説明を求め、
 フェルゼを瞳に映したくらいだろうか。

 乾いた喉が鳴る匂いに脳漿を揺らされ、
 紅を揺らしたことも変化のひとつとも言える]


 
  なにを


[するつもりだ、の問いかけは途絶えて。
 振り下ろされる斧よりも、濃密な血潮の香よりも、
 瞳に映すフェルゼの嬉しそうな様子に気圧されて。

 眼前で解体されゆく人体に憐れみも何もなく、
 ただ、拷問めいた幕あけに薄い唇を噛み締め耐える。

 ふつりと沸き起こる衝動は”拙い”ものだと思えて、
 辛うじて淵へと留まる思考は、
 拒絶するかのようにゆるりと金糸を横へと揺らす]



  きみは、人間を、食えとでも


[息が苦しく、言葉の節を区切って息継ぎし、
 鼻腔を満たす熱い香りにまた意識が薄れて遠く。
 心臓が呈され背筋を震わせた。
 不思議と逃げねばという発想には至らず、
 気づけば鼻先に弱々しく動く 肉 がある。

 瞼を落とし、視界を塞いだ。
 けれど鼻から入り込む匂いが、間近な体温が、
 閉じていた唇を弱々しく開かせ瞳と同じ紅い舌が覗く。

 これは夢だと否定する人間性が、
 紅い舌先が心臓を艶めかせる甘露へと触れた刹那、
 まるで極上のソースのようにとろり蕩けて]



 ン、……


[ぴちゃりと舐めとった雫の味は、ただ甘く。
 抑え続けた獣性の衝動は、
 後頭部に添えられたフェルゼの腕を振り解きながら。

 人間としての傲慢な思考を捨て、
 喉を潤すかの如く心臓の血潮を啜り、
 肉を咀嚼し、そのみ瑞々しい硬さを味わい尽くす。

 きっと、見るに堪えない醜悪さで。
 癒えることのなかった衝動を発露した獣の性は、
 この場における人間を食い尽くすべく、
 双眸を生き残りへ向いて迫るもその言葉に



 ……人狼


[押しては返す潮騒のように。
 衝動が引いて、人としての嫌悪が膨れて繰り返す。

 人狼。病。呪い──あぁ、これが。

 独白めいた囁きは音の意味はなく《聲》にて。
 そうして漸く、人の匂いに交じる獣がもう1匹──
 そう気付いて苦笑を滲ませ、口元の血を拭う。

 このままでは戻れまい。人間にも、船にも。
 だが、後者であれば、用意周到な協力者がいれば別だ]


【人】 銀行屋 ザーゴ

[第二甲板から降りて来る奴がいたら、座り込んだ会計係という珍しいものを見れたかもしれないが、それも一人や二人だろう。
足音が聞こえれば慌てたように立ち上がり、寝ぐせ一つない真っすぐな髪を乱暴にかき回した。

階段の影から自室の前を通り船長室の方へ。
集まる人の声、医務室に向かう影があれば階段を挟んですれ違うか。
そこでようやく、気づく]

 ……血の匂い、か

[相当に寝ぼけていたらしい、あるいは酒のせいか。
誰かの背中越しに船長室の中を見た。
ここが赤く染まっているのは初めてだ、と。
それでも、こんな状況でも表情はさして変わらずに]

(144) 2019/03/14(Thu) 23時半頃


  あぁ、そうだな。
  済まないが着替えを用意しているだろうか。


[言葉は少なく、無愛想は常の温度で。
 後悔と充足の天秤がどちらに傾いているのかは隠し、
 血塗れのシャツを脱ぎフェルゼへ手渡す。

 紅というよりは血色の瞳を。
 宝石で例えるならば極上の鳩血の双眸は、
 今宵、この狂気を孕んだ協力者へ注がれ続けた*]
 


 ―新たなる人狼の目覚め―


[きらめく瞳は美しい。ああなんて美しい。
 口元を濡らす血の色も、それを更に引き立てる]


  着替え?
  えー、自分の無いの? まあ俺の貸すけど

[協力的だか何なんだか分からないがもちろん証拠隠滅をするつもりである。
 フェルゼ自身も血まみれだったため、血を拭き取りながら服はその場で脱ぐ。
 海賊というには色白で貧弱な体をフルオープンしつつ
 パンイチの姿で宝物庫に戻って、自分の着替えとジャーディンに貸す服を持ってきた]

  元の服は捨てていい?だめ?面倒なんだけど

[衣服はもったいないので洗うのがベストなのだが
 船で誰にも気付かれずに洗うのは難しいので、暫く保管となるだろう。]


  あ、ハワードさんも人狼なんだよ
  先輩だね!
  色々教えてもらうと良いよ!

[人狼の吠え声も、ハワードと共犯している間に理解できるようになった。

 解き放ったジャーディンの瞳に満足気に頷いた]


【人】 銀行屋 ザーゴ

 ………ないとは思うが、
 何か盗られたり、してねーか 見る

[犯人が、とか。人狼が、とか。
そういったことには口を挟まずに船長室に入ろうと人だかりを押しのけようとする。
といってもたいしたものはない。
あるいは知らない。宝があったとして航海図くらいなものだろう。

冷静になりたかったのかもしれない。
昨夜ここを辞したあとのことを考えたのかもしれない。

そういえば昨夜ヌヴィルが、と思い出して見渡しても、
まだその姿を見つけることは出来なかった]

(167) 2019/03/15(Fri) 00時頃

【人】 銀行屋 ザーゴ

[中に入れなかったとしても、昨夜からさして変わらない机上は見て取れる。
血が散っているくらいだ。
それがすべてを台無しにしている。

血が渇いた紙は、どうにももう使い物にならないというのに。
首を、……と、そこでようやく傷口に目が行った。
何の傷痕だろう、と思った。
思って、考えかけて思考停止した。
この船には船医がいる。死んでいなければ、だが]

 ……人狼なんて、いるわきゃねーだろ

[いたところで変わりはしない。
この船に獣は、兎と鶏くらいなものだ。
船長を殺したのがそれらでなければ、
誰かが、思考して、船長を殺すことを決めたのだ。
そうでなきゃあ、こんなことにはならない。
そうして思考する生き物ならば、人間だろうと人狼だろうとどうでもいい。どっちでも、殺される覚悟があって殺したのだろう、と決めつけることにする]

(172) 2019/03/15(Fri) 00時半頃

【人】 銀行屋 ザーゴ

[つまり、武器だ。
今必要なのは人を確実に殺せる武器だ。

油断していた貨物船の奴らなんかではなく、船長を殺せるようなやつを殺せる、獲物が必要だ]

 くそ、 ……気分わりーな

[船長室から踵を返す。
寝起きの不機嫌さを思い出して、さらに眉間の皺を深くする。
今度は上じゃない、下だ。
何か手に入れなければ]

(174) 2019/03/15(Fri) 00時半頃


  捨てていい、むしろ捨ててくれ。


[海に沈めれば進む船の上ではもはや見つかるまい。
 血塗れのシャツを脱ぎ捨てた今は白い肌を晒し、
 闇の中で白と血色を浮かばせシャツを待つこと暫し。

 着替えを済ませ、楽しげにかけてくる言葉に頷いた。
 誰がこの匂いのもとかをなぜ知っているのか、
 そんな疑問が浮かんだが今更協力者を疑う余地もない。

 着替え終われば元通り──
 白いシャツはややサイズが違って違和感があるも、
 寝乱れれば同室者にも気づかれまい]



[秘事の如く、彼と別れて部屋に戻って寝台へ。
 瞼は先刻と違って重く、充足を得た眠りへと落ちる*]
 


【人】 銀行屋 ザーゴ

[部屋を出れば階段は目の前。
しかしよろめきながら、まずは向かい側へ、自室の扉に縋りついた。
寝巻、というものがあるわけもない。
単に昨日着ていた服のまま、そんなことを気にする者はほとんどいないが、今はそれが居心地が悪い]

 くそ、 くそ、くそ!!!

[理由はわかっている。
昨日、食堂で、甲板で、どこかで。
船長を殺した誰かと触れたかもしれないからだ。
普段から人に触れられるを良しとはしないが、限りある船上、そんなことを言うわけにもいかず。
けれど、今は、と。
部屋に置いておいた貴重な飲料水で顔を洗った。
一口飲んで残りは頭から被った。

シャツだけ精いっぱい陽光で乾かしたものに着替えて、今度こそ、と階下に向かったわけだが……]

(194) 2019/03/15(Fri) 01時頃

【人】 銀行屋 ザーゴ

 ― 船底、血の匂いを辿って ―

 ………なんだ、それ

[おかしいと思わなかったこと自体、判断力が鈍っていた。
血の匂いは薄くならなかった。
常ならば階段を下りればより潮の匂いがきつく、また何か凝った臭いがしたものだが、血の匂いはそのままについてきて、いやより強くなっていた]

 ギリアン、  シーシャ、
 なんだよそれ、  ……ちっ、

[じわ、と唾がわいてきた。
口の中が不味くて、舌打ちのふりしてその場に唾を吐いた]

(197) 2019/03/15(Fri) 01時頃

銀行屋 ザーゴは、メモを貼った。

2019/03/15(Fri) 01時頃


【人】 銀行屋 ザーゴ

[床の掃除なんて気にしたことがない。
やれと言われればやるが、それ以前にこの船でやることはある。
吐いた唾がいつもよりねばっこく見えた。
酒を飲んで、歯を磨いていないからだ。
歯を磨かない連中はこの船には多いが、そんなところを見習うつもりは一切なかった]

 サイモン? ……ああ、サイモンか

[シーシャの応え、サイモンの名に浮かんだのはその綴り。
顔は浮かばず、そしてすでに上書きされた血まみれの印象で、もう二度と彼の顔を思い出せないことを自覚した]

 殺され、 ………船長と、同じ?

[奴に、殺されたのか。と。
誰が犯人かもわからないから、答えられる奴がいるはずもなかろうに。

Redwolfは強い船だ。
死は常に隣にあるが、決して船の中に住まわせてはいなかった。
――そのはずだった**]

(208) 2019/03/15(Fri) 01時半頃

銀行屋 ザーゴは、メモを貼った。

2019/03/15(Fri) 01時半頃


銀行屋 ザーゴは、メモを貼った。

2019/03/15(Fri) 13時半頃


【人】 銀行屋 ザーゴ

 ― 船底 ―

[サイモンがやられた手口は船長とは違うようだ。>>226
よくよく見ればそんなことはさすがにわかう。
けれど死ぬべきではない場所で、
予想もしなかった方法で、
立て続けに二つの死体を見た]

 食われるって ……化け物かよ
 獲物使ったのは、もしかして
 中身だけが目的で―――……っ、

[海上生活でそれなりに鍛えているとはいえ、あくまでそれなりだ。重い荷物は持たないし、重い武器だって不得手。優男とも評されるこの男が「敵」と認識していないギリアンを避けるはずもなく]

 は、 っあ!?

[待て、すら言えずに捕らえられ>>209
彼の目論見通りに床に引きずりおろされ、元々の不衛生な床に広がった血が、着替えたばかりの明るい色のシャツにしみこむのを感じ―――]

(248) 2019/03/15(Fri) 21時頃

【人】 銀行屋 ザーゴ

 ふ、 ……っざけんな!!

[咄嗟に掴んだのは愛用しているペン。
何も仕込んでいないただのペンのキャップを親指で飛ばし、ギリアンの太い首あたりを目指して振りかぶる。
しかし肩は床につき押さえられ、どの程度思うように動けたかはわからない。

結果を確認する間もなく、足を、膝をばたつかせ巨体から逃れようと試みた**]

(251) 2019/03/15(Fri) 21時頃

銀行屋 ザーゴは、メモを貼った。

2019/03/15(Fri) 21時頃


銀行屋 ザーゴは、メモを貼った。

2019/03/15(Fri) 22時半頃


[赫い聲が、ハワードに届く]

  今、第一甲板にいるんだけと
  俺死んじゃうかも

  助けてくれませんか、ハワード

[彼もまた今忙しいかもしれないが]


【人】 銀行屋 ザーゴ

[短くはない海賊生活の中で、この男がこれまで生き残ってきたのには様々な要因があるが、最も大きな理由は「運が良かったから」だろう
この見た目は舐められる。
舐めてきた戦闘員ではない敵船員を殺すくらいの準備はしてきた。
危ないところにはあまり出向かないし、本格的にRedwolf内で不興を買いそうな時は(ある意味での)金と権力をちらつかせてきたのだ。

勿論、殺される覚悟も出来ていただろう。
殺す覚悟と同時に両手で持つべきものだから。

けれど今は違う。
珍しくも本気で動揺をし、思考も行動も優先順位がわからなくなっていた矢先の出来事だ]

(286) 2019/03/15(Fri) 22時半頃

【人】 銀行屋 ザーゴ

[ギリアンは重い。
見た目だけでもわかっていたつもりだったが、実際はそれ以上だった。

この豚が、肉塊が、なんてことも口走るが、それがどれだけのダメージを負わせられるか。勿論、肉体的にはゼロだ。精神的にもゼロだろう、おそらく。

ふ、と軽くなったのだって押しのけたからじゃない。
ギリアンが自分で退いたからだ。
シーシャが斧を突き出さなければ、そのままとびかかっていたかもしれないが、結局は肩で息をしながら、シーシャを睨みつけることとなった]

(288) 2019/03/15(Fri) 22時半頃

【人】 銀行屋 ザーゴ

 どうした、って  俺が聞きたい111
 ふざけるな、 この………

[母国語の、牧師だか神父だかが十字を切りそうな罵声を並べ立てた。
早口すぎて舌を噛みかけて、もう一度さっきまで自分が転がっていた床に唾を吐いた。
こんな罵声を聞いたことがあるのは、かつて7号室で寝泊まりしていたころのフェルゼくらいなものだろう。
(つまり隣の部屋くらいまでは響いていただろうが)]

 ………おい、シーシャ
 その斧を寄越せ、  
 ――殺してやる

[奪い取る、なんてことはせず、手のひらを上に向けて突き出した。
当然シーシャは寄越さないだろうから、その時は目の前にある武器庫に大股で向かうつもりだ。
殺意がどの程度本気かは、………サイモンの死体が再び目に入れば、減じる程度のものかもしれないが*]

(289) 2019/03/15(Fri) 23時頃


  分かりました、
  今行きますね

[ 私の可愛い狂い人の元へ *]


【人】 銀行屋 ザーゴ

[どちらにしろノーダメージだろう、わかっている。>>298
顔を見ればわかる。
鉄面皮と言われた面々とは違う意味で表情の窺えない顔なのに、不思議と(最初よりは)わかるようになっていることに対してもう一度舌打ちをした]

 ……そりゃあそうあ、

 シーシャ、お前はクソなほどマトモだな!!

[斧を断られた>>295事に対しては、言葉通り、そりゃそうだろうという思いしかない。
ここで渡してくるような男ではないだろう。
振り向いて、つまりは彼らに背を向けて階段を睨みつけた。
あの上にも死体がある。
きっと上は上で大変なことになっているのだろう]

(305) 2019/03/15(Fri) 23時頃

【人】 銀行屋 ザーゴ

[背中を向けてから気づくのだろう。
もはや、ここに殺意がないことに気づいていたと。

いつもの定位置、抗争中の第一甲板だってそうだ。
誰が多くを殺したか。誰が多くを奪ったか。
数えるためには身の安全が必要だ。
幸運と、ある程度身を守る力と。
そして一方向くらいは信用していなければ、この海上では生き残れない]

 ………おい、ギリアン。それとシーシャ
 わかっているだろうが、

 俺は、やってないぞ
 ついでに言うと誰が、とかも知らん。

 俺を ……くそっ、非力と見込んでのことなら

[この上なく悔し気な舌打ち]

 俺と並ぶのはあのクソ鑑定士くらいだろうよ

(311) 2019/03/15(Fri) 23時半頃

【人】 銀行屋 ザーゴ

[背は向けたままだ。
ギリアンのすまなげな顔を見ずに済んだのは幸いだったかもしれない。

ギリアンの不明瞭な声の意とは掴めず、
それに答えたシーシャに重ねるように、悪態をついた。>>311

殺意はないと思っても、それでも足は武器庫に向かう。
結局、今生きているのも運が良かったからだ。
サイモンや船長は知らない。
実は背中の二人がやっていたってもはや驚くこともないだろう。
ただ二人が殺す気がなかった、少なくとも今は。
それだけの理由で、それだけの幸運でこうして生きているのだ]

(314) 2019/03/15(Fri) 23時半頃

【人】 銀行屋 ザーゴ

[武器庫の扉を開けた。
中には雑多に見えて、それなりにカテゴリ分けされた武器が並んでいる。
武器は消耗品だ。
投げれば消えるし、銃だって海風にあたればあまり持ちはよくない。暴発なんてしたらシャレにならないから、船を襲うたびにある程度は向こうに捨て、新しいのを持って帰るものだ]

 ……殺されるなら殺す、のはマトモだろ
 誰が黙って殺されるか。

[武器庫に入る前、シーシャに向けた言葉は、少し距離が離れたからかそれとも怒鳴り続けたからか、いつもよりも大声で乱暴に響いた。

マトモじゃないのは、殺されそうでもないのに殺すやつだ。
サイモンはどうだ。あんなひょろい奴に何が出来る。
船長はどうだ。………これは、わからない。
船長を殺す理由はもしかしたら誰にでもあって、同じくらい殺さない理由があるから平和だったのかもしれない]

(336) 2019/03/16(Sat) 00時頃

銀行屋 ザーゴは、メモを貼った。

2019/03/16(Sat) 00時頃


  何で来たんですか、馬鹿なんですか?
  来たら人狼ってバレるでしょう

[自分から弱音を吐いて呼んでおいてこの体たらくであるが
 ちゃんと感謝している]


[あなたたちの美しい瞳を

 殺させるわけにはいかないのです]


/*
襲撃はおまかせします

賢者:ヌヴィル
守護者:エルゴット
降霊者:
賞金稼:ガストン
人犬:
狼血族:ヒュー
預言者:ギリアン?
少女:ニール
囁き狂人:フェルゼ
半狼:グスタフ
首無騎士:ハワード、ジャーディン

不明:ザーゴ、ピスティオ、シーシャ


【人】 銀行屋 ザーゴ

 ― 武器庫 ―

[最初に目についたのは斧だ。
投げてもなかなかの殺傷力だろう。ひとつ手に取って、行き場に困った。
次はピストルだ。
幸い弾薬はいくらでもある。木箱の中を覗き込んで溜息をついた。
さすがに撃ち方は知っているし自室にもある。一つ掴んでベルトにねじ込んだ。

それから、………]

 くそ、
 船長の下で安全に稼ぎたかったのになぁ

[海賊らしくないと言われながらも、陸の上ではやりたいことをやらせてくれる男だった。
そんなに金を稼ぎたいなら賞金首でも探せ、と言って馬鹿笑いしていた。あの船長だって、確かどっかの国では賞金がかかっている。そのことを知っての冗談だったのだろう。

―――結局、小ぶりの斧を手にした。
カトラスやガリより、人を殺すイメージがつきやすいのが理由だった]

(340) 2019/03/16(Sat) 00時頃

/*
降霊者はニールかな、自己申告がありました。
少女は出歩き癖があるみたいだしグスタフかも?
半狼なのかな……
襲撃はヌヴィルが良いかなと思ってました!


/*
自分の予想貼り

ハワード:首無し
フェルゼ:囁き

ニック :降霊者
ギリアン:預言者
ザーゴ :賞金稼ぎ
グスタフ:少女?
ヒュー :人犬?狼血族?


/*
あ、降霊者って声が聞こえたんですね……じゃあニールですね
ならグスタフ少女で
半狼は誰……


/*
私もあまりよく分かってない…

賢者:ヌヴィル
守護者:?
降霊者:ニール
賞金稼:?
人犬:?
狼血族:ヒュー
予言者:ギリアン
少女:グスタフ?
囁狂人:フェルゼ
半狼:?
首無:ハワード・ジャーディン

不明
シーシャ・ピスティオ・エルゴット・ザーゴ・ガストン


/*
RP的にはガストン襲撃が一番やりやすいのですけど
(▲ガストンセット中)


/*
ドラマがほしいし半狼は覚醒させたいですよねえ。
アピールほしい(切実)

ガストン襲撃の、ヌヴィル投票かな。
流れ的にきれいなのは。


【人】 銀行屋 ザーゴ

[ベルトにピストル、片手に斧。
そんな状態で武器庫を出れば、シーシャは一人で階段を上っていく様子。しわくちゃの何かを抱えている。今はそれですら清潔そうに見えた。

それでも人前でシャツを脱ぐ気にはならない。
何もかもが煩わしい。それもこれもギリアンのせいで、サイモンのせいで……、不思議と今は落ち着いて死体が見られる気がして、もう一度牢を、と視線を投げれば]

 ……なんだ?

[反対側、つまり宝物庫を指し示すギリアン。
素直にそちらを見て、また顔を顰めた。
宝物庫。
役職柄それなりに縁があり、心情としては近づきたくない場所だ]

(357) 2019/03/16(Sat) 00時半頃

/*
ですねぇ(切実
賞金稼なら博打ですが、ガストンでいってみますね


【人】 銀行屋 ザーゴ

[斧を手に宝物庫に足を向ける。
シャツがそれなりに濡れたということは、サイモンが死んでからそう経っていないのか、単に捕虜牢の状態が悪いのか両方か。

誰が上にいて、誰がさらに上にいて。
そんなこともわからないから、此処に来る時いつもするように大きく三回、扉を叩いた。会計係としての用がある時に使う叩き方だ]

―――返事は、勿論ない。
扉は、まあ開くだろう。
お宝中のお宝は鍵のかかるところにあるが、戦利品全てを底に押し込むことは出来ないから。
何よりここは、大体がただの「フェルゼの部屋」だ]

(370) 2019/03/16(Sat) 00時半頃

/*
ガストン、メモでパスしたと言ってたから
稼がれることはないかと
稼ぐとしても俺だろうし


銀行屋 ザーゴは、メモを貼った。

2019/03/16(Sat) 01時頃


/*
まさかのおまえかーーーーーー


/*
ガストンこれ半狼ですかね?


【人】 銀行屋 ザーゴ

[表情はわかるような気もするがそんな複雑な意思>>378までわかるはずがない、というかわかろうともしないのがこの男だ。

ただこの男、ギリアンを動物のようなものだと思っている節がある。
嗅覚だとか、本能だとかそういうものを持っていると。
海賊らしければ皆もっているかもしれないそれだ。

だからきっと4歩くらい後ろにいるのだろう。
あまり背後をとられるとうっかり斧を投げたくなるから賢明だ]

(391) 2019/03/16(Sat) 01時頃

銀行屋 ザーゴは、メモを貼った。

2019/03/16(Sat) 01時頃


情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:ザーゴ 解除する

生存者
(5人 0促)

ザーゴ
16回 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.148 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび