人狼議事


268 Werewolves of PIRATE SHIP-V-

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


【人】 蝋燭職人 フェルゼ

[食事が終われば、また色々と動く。

 ニールの元からウサギの毛皮を回収し
 下っ端にうさ耳帽子と狼耳帽子の製造を依頼、もとい無茶振りをして。

 そして、宝物庫の奥で鑑定をしながら眠るのだ。


 呪いの宝石は、枕元で光っている。
 きらきらと、美しく、禍々しく**]

(3) 2019/03/14(Thu) 01時頃

蝋燭職人 フェルゼは、メモを貼った。

2019/03/14(Thu) 01時頃


【人】 蝋燭職人 フェルゼ

 ―夜―

[美しい満月が輝いていた。
 とても美しい満月。
 しかしその美しさも、真なる美しさには霞むというもの。

 追い求めていた宝石がこの手に入った。
 心を揺さぶる、悍しいほどの美しさでありながら
 しかし、心は凪いでいる。

 何故だろう。
 願い祈り焦がれた宝石が、この手にあるのに]

(42) 2019/03/14(Thu) 20時半頃

【人】 蝋燭職人 フェルゼ

[ハワードの瞳が持つあの禍々しい色に
 敵うものはないのだと思い知った。
 知ってしまった、気付いてしまった。


 人狼の瞳の美しさは
 伝説の宝石なんて霞むぐらい、美しいものなのだと知っている]

(43) 2019/03/14(Thu) 20時半頃

【人】 蝋燭職人 フェルゼ

 ―捕虜牢―

[今は誰もいない筈の牢の真ん中で
 拷問用の椅子にサイモンが縛られ、青白い顔でこちらを見ている。
 フェルゼの姿を見れば、猿轡を咬まされたまま、ひい、と慄く。
 逃げる事はできない。
 縄が腕に食い込み、血の匂いが牢に充満している。

 最初にサイモンが宝物庫に逃げ込んできて
 ちょうどガストン達が爆音作業をしていて
 非常にタイミングが良かったものだから。

 ひっそり仕掛けられている宝物庫のトラップを発動させ、サイモンを昏倒させ牢に運び込んだ。
 宝物庫で血を流すなんて、許されない]

(46) 2019/03/14(Thu) 20時半頃

【人】 蝋燭職人 フェルゼ

  ねえねえ、どう?
  気になる?

[血の匂いが足りないかな?
 側の斧を振り上げ、サイモンの脚に振り下ろす。
 ばきゃ。
 千切れ飛んだ脚から、鮮やかな血が溢れる。
 濃密な血の匂いで溢れ返る。

 “彼”の顔を覗き込む。
 まだ駄目かな、どうだろう、足りないかな?
 人狼になんてなりたくない、なんて
 そんな理性はまだ、壊れるには至らないかな?]

(47) 2019/03/14(Thu) 20時半頃

【人】 蝋燭職人 フェルゼ

[ばきゃ。
 腕は切断しきれず、中途半端に繋がったまま。
 ばきゃ。
 残りの脚もうまく切断できなかった。サイモンが身を捩らせ逃げたせいだ。
 サイモンは苦悶に喘いでいる。その瞳は全く美しくない。
 人間だから、しょうがない。

 血の匂い。血の匂い。血の匂い。

 まだかなあ?
 まだ耐えるのかなあ?

 早く楽になればいいのに]

(48) 2019/03/14(Thu) 20時半頃

【人】 蝋燭職人 フェルゼ

[斧は重くて使いにくい。
 拷問用の剣(据え付け)を持ち上げる。

 もうそろそろサイモンの意識は危ういと思いきや
 まだ耐えていたようで、涙やら何やらでぐちゃぐちゃの顔を向けてくる。
 もう治りっこないし、死んだ方が楽って言いたいのかもしれない。知らんけど。

 サイモンの胸に、深すぎないように剣を当て切り拓く。
 解剖などしたことがないが、何となくの人体の知識はある。
 服を裂き、皮を拓き、筋肉を引き裂き、肋骨をへし折りながら外し


 生身の心臓が、そこにある。
 かなり弱々しくなってきたが、まだ動いている心臓が]

(49) 2019/03/14(Thu) 20時半頃

【人】 蝋燭職人 フェルゼ

  ほら、心臓だよ!
  どう? 一番美味しいらしいよ!
  食べてみなよ! ね?

[“彼”の後頭部に手を当て、ぐぐいと押す。
 サイモンの脈動する心臓に、唇が触れるように]


  どうぞ、召し上がれ


[君の瞳は、とても美しい獣の瞳。
 理性無く、衝動に満ち溢れた野生の宝石。

 見せてよ。
 君の持つその、おぞましい宝石の煌めきを]

(50) 2019/03/14(Thu) 20時半頃

【人】 蝋燭職人 フェルゼ

[拷問され、人狼に食い荒らされたサイモンの死体は
 牢に寂しく、打ち捨てられている**]

(51) 2019/03/14(Thu) 20時半頃

蝋燭職人 フェルゼは、メモを貼った。

2019/03/14(Thu) 20時半頃


【人】 蝋燭職人 フェルゼ

 ―朝・宝物庫―

[臓物食わされた方は大変だったかもしれないが
 こっちは別に何事もなく爆睡――するには工事の音が煩かったので
 結果的に寝不足である]

  ふぁーあ、ねむいな……寝てていい……?

[いや起きます。のっそり起き上がる。

 宝物庫から出れば、おっと牢は既に発見された後だった。
 まあ特に隠してないけど。面倒だし]

(81) 2019/03/14(Thu) 22時半頃

【人】 蝋燭職人 フェルゼ

[昨日の夜は良いもの見れたのに
 寝起き一番が宝石砕き野郎>>80とは納得いかない]

  なに……

[当社比塩対応。ガストンを半目で睨む]

(89) 2019/03/14(Thu) 23時頃

蝋燭職人 フェルゼは、メモを貼った。

2019/03/14(Thu) 23時頃


蝋燭職人 フェルゼは、メモを貼った。

2019/03/14(Thu) 23時頃


【人】 蝋燭職人 フェルゼ

[と思ったけど俺に気付かずガストンは上へと上がっていった>>86

 とりあえず自分も様子見として第二甲板へ向かう]

(90) 2019/03/14(Thu) 23時頃

【人】 蝋燭職人 フェルゼ

[朝の第三甲板はざわざわしている。
 海賊たちの日常はここから始まる。

 けれど今日の気配は、どことなく重い]

  ?

[船長室から、気配。
 普段そちらに足を進めることはないのだが
 近くまで寄って、部屋を覗き込む。

 シーシャとヒューの姿と、そして]


  えっ!?!?
  船長、なんで、死んでんの!?!?

[廊下に響く大声で叫んだ。
 これについては心から本気だった。
 自分が臓物食わせた人狼の動向しか、知らなかったから]

(118) 2019/03/14(Thu) 23時頃

【人】 蝋燭職人 フェルゼ

[叫びは下っ端達に伝わり、船内を駆け巡る。
 シーシャが出ていったので誰かを呼びに行ったのだろう。

 扉の外に居ても、血の匂いはする]

  うわあ……

[人狼だ、人狼が出たんだ、と下っ端が叫ぶと
 そのまま下っ端達の大騒ぎに発展する。
 人狼が! 人狼が! 人狼が!


 ここに上がってくるまでに、見ている筈の地下牢のサイモンについて
 フェルゼは何も言わなかった。
 その矛盾に気付くものが、居るのかどうか]

(137) 2019/03/14(Thu) 23時半頃

【人】 蝋燭職人 フェルゼ

[人が溢れてくるので、ついでに流されつつ
 人間達の目を、観察する。

 自分が知っている人狼は今の所2人だけなのだが
 最近人狼の噂が出ていたし
 もう一人や二人、いてもおかしくないのかもしれない、むしろ居てくれたら嬉しい。

 そもそも人狼が感染するのか生まれつきなのかもわからないが
 あの美しい瞳を持つ者が、まだいるなら。


 いるなら 見せてよ。
 その素敵な目を、美しい宝石のような瞳を、見せてよ。
 その為ならば、臓腑を食わせるも、死にそうなまでの恐怖を与えるも
 何だってしてみせるのに]

(163) 2019/03/15(Fri) 00時頃

【人】 蝋燭職人 フェルゼ

[下っ端達の目を覗き込む。
 なかなか人狼の輝きというものは分からない。
 そもそも常にあの瞳をしているわけではない。
 一瞬、人狼の本能が目覚めるが如くの瞬間に、煌めくのだ。

 覗き込んでいた目が、ガストンに変わる>>195
 露骨に嫌そうな顔をした。恒例である]

  何なのさ……昨日?
  そりゃ宝物庫にいたけど

  サイモンの事件……さあ、知らないね
  すげー煩かったしね昨日

[お前だよお前、の非難の目。
 普段は感情だだ漏れだが、フェルゼは詐欺商人でもある。
 感情、表情の制御はお手の物]

(211) 2019/03/15(Fri) 01時半頃

【人】 蝋燭職人 フェルゼ

  船長といい、サイモンといい……
  人狼の仕業だってね

[人狼が出た、と下っ端達の声が響く。
 恐慌状態に陥っているところもある]

  人狼、ねえ……眉唾過ぎて、意味がわからないってのが本音だけど
  船に、居る、として……犯人探しで

[船の上で罪を犯してしまったのは完全に失敗であったが
 起きてしまったことはしょうがない。
 今までのように、人狼の存在の証拠を消し去るだけ]

(212) 2019/03/15(Fri) 01時半頃

【人】 蝋燭職人 フェルゼ

  あんたは、人狼のアテとかあんの?
  この船の中の、誰が人狼なのか、わかんの?

[ガストンの瞳を覗き込む。
 人狼の煌めきは、今のところ感じない。

 むしろ、危険なのは探られる事。
 ハワードに、他の人狼達に、手が届いてしまう事。
 この寡黙な男が真実に切り込んでしまうなら
 処分してしまわなければ。
 ガストンの声を、瞳を、更に注意深く観察する]

(213) 2019/03/15(Fri) 01時半頃

【人】 蝋燭職人 フェルゼ

[戦闘は得意ではないが
 殺す方法はいくらでもある。

 ハワードがかつてしてきたような>>1:25
 事故死に見せかける殺し方、とか。


 準備不足は否めないが
 いざとなれば、躊躇してはいられない]

(214) 2019/03/15(Fri) 01時半頃

【人】 蝋燭職人 フェルゼ

[それに


  人狼が見つからないのは
  血が足りないせいかもしれないから

  さらなる血が流れれば
  まだ気付いていない人狼が目覚めてくれるかもしれないから


 胸ポケットに入れた、呪いの宝石がきらめく。
 もっと、もっと、地獄をと望むかのように**]

(215) 2019/03/15(Fri) 01時半頃

蝋燭職人 フェルゼは、メモを貼った。

2019/03/15(Fri) 01時半頃


蝋燭職人 フェルゼは、メモを貼った。

2019/03/15(Fri) 11時半頃


【人】 蝋燭職人 フェルゼ

[ガストンの話を黙って聞いていたが。
 『あんなことを出来るやつが、人間のはずがない』>>218と聞き
 すうと目を細める]

  ……そうだね、移動しよっか
  上行こう
  今なら第一甲板が一番人少ないっしょ

[一応食事時だからどこも人は多い(食えるかどうかは別にして)
 ガストンにあっさりと背中を見せ、先に階段を上がった]

(234) 2019/03/15(Fri) 18時頃

【人】 蝋燭職人 フェルゼ

 ―第一甲板―

[眩しい陽光が降り注ぐ。
 荒れもなく、適度な風が維持された絶好の航海日和。
 今も誰かが、この混乱の中でも舵を取っているのだろう。
 行き先を示す船長が死んでしまったとしても。

 ガストンが上がってくれば、彼に向き直る]

  あれをやったのは、人間じゃない、ねえ……
  まあ確かに、人間では、ないだろうけど

[首から下げた宝石は、昨日散々大騒ぎした、呪いの宝石。
 今は陽光を浴びて、鮮やかな海の色に煌めく]

  全く、だからお前は宝石の美しさが分からないんだよ
  ただの人間ごときが、貴石なんて持ち得るわけないじゃん
  アレは、選ばれたものが手にするものだ

[脈絡の無い言葉を発しながら、大きく手を広げる]

(235) 2019/03/15(Fri) 18時頃

【人】 蝋燭職人 フェルゼ

  人間ではない、と言うのなら
  “人間ではない”と言えばいい 思えばいい

[浮かべる表情は、小さな怒りと大きな嘲り。
 何故分からないのだろう。
 何故理解しないのだろう。
 それが分からないなんて、あまりにも愚かだと歌うように述べる。

 人間のように生き、人間よりもずっと美しい人狼を
 畜生のように表現するなど、赦せるはずもない]

  分からないなんて、気付かないなんて
  あまりにも、愚かすぎる

[にたり。
 笑みのように崩れた表情は、どこまでも狂い果てた人間のもの**]

(236) 2019/03/15(Fri) 18時頃

蝋燭職人 フェルゼは、メモを貼った。

2019/03/15(Fri) 18時頃


【人】 蝋燭職人 フェルゼ

  美しい獣と並び立てられるのは光栄だけど
  それだと自分じゃ瞳が見えないんだよなあ

[自分が人狼である、ということを否定はしなかった。
 勘違いされるなら、それで良かった]

  人間しか乗ってはいけない、って、酷くない?
  “Red Wolf”号なのにね
  もしかしたら、人狼ばっかり集まった船に
  あんただけ人間なのかもしれないよ?

[そんなに人狼いたら素晴らしいですね!
 さすがにいないだろうけどね!]

(260) 2019/03/15(Fri) 21時半頃

【人】 蝋燭職人 フェルゼ

[ガストンとの体格差は大きい。
 力で当たれば確実に負ける。
 ただしガストンも戦闘員ではない。
 敏捷さではこちらが勝る。

 ガストンが甲板に手を伸ばす>>242
 恐らく狙うはロープか。
 武器は持たせてもいいと判断。
 敢えて隙を作るように逃げるように後退り、甲板を走る]


  風向き良好、あの時と同じ条件だ


[見張り台に居た船員がこちらの様子に気付いた。
 しかし、彼の運命はそこまで。
 見張り台から少し離れた場所で、ポケットからら取り出した粉を風に流す。
 ひらりひらり、殆ど見えない粉は風に巻き上げられ、見張り台の上に達し

  ―――それは、一瞬の失神を齎す薬]

(261) 2019/03/15(Fri) 21時半頃

【人】 蝋燭職人 フェルゼ

[ダァン!

 見張り台から、船員が落ちる。
 ぐちゃ、という音と共に、当たりどころの悪かった彼は一瞬で命を奪われた。
 赤色の花が咲く。

 それはかつて、ハワードが行った自然な事故死と同じ手口。
 ただし彼の名誉に従って、あのハワードの制裁の件は、紛れもなく船の為に行ったものだった。

 フェルゼとガストンの間に落ちた死体から
 濃密な匂いが漂う。
 足止めか、驚きか、何らかの助けになれば良いのだが*]

(262) 2019/03/15(Fri) 21時半頃

蝋燭職人 フェルゼは、メモを貼った。

2019/03/15(Fri) 21時半頃


【人】 蝋燭職人 フェルゼ

[胸元の宝石がきらりと光る。
 狼の唸り声のような、風のような音が、小さく響く。
 船長室で事を進めているハワードに向かって]

  仲間、殺したね
  別にさ、このクリストファーの事だって、嫌いじゃないんだよ?
  面白いもの拾ってくるし

[見張り台から落ちた彼をそっと見遣る]

  でも、海賊って、略奪するものじゃん?
  欲しい物の為には、なりふり構っていられなくて

  病……なのかなあ、人狼って
  ジャー君に聞いてみないとわかんないね
  治すの、勿体ないけど

(275) 2019/03/15(Fri) 22時半頃

【人】 蝋燭職人 フェルゼ

[ワンステップ、再度ガストンに近付く。
 近づきながら、失神薬を少しだけ散布する。
 量が多いと自分も食らうから、ほんの少量。
 ガストンが一瞬の隙を見せてしまう程度の。

 武器は未だに無いまま
 東の大国を思わせる、独特の構えを取る。
 バリツだとかニンジャカラテだとかカンフーだとか、こちらでは呼び名もあやふやなそんな武術。
 呼吸一息、ガストンの懐に飛び込んで顎を蹴り上げる]

  軽っ

[鋭さはあっても、筋力と体重の不足による攻撃の軽さは如何ともしがたい*]

(287) 2019/03/15(Fri) 22時半頃

蝋燭職人 フェルゼは、メモを貼った。

2019/03/15(Fri) 22時半頃


【人】 蝋燭職人 フェルゼ

  名前を知っていようとも、排除すんのは人間じゃん?
  人狼で魔女狩り、なんて、珍しくもなんともないのにね

[ヒューの事情そのものは知らなかったが
 人狼と言われ排除された事実は存在する>>39>>40
 海賊船で噂になったこともある]

  人狼は宝石ぐらい、それよりもっと美しいのに……

  頭は昨日もぶつけたんだけどなー
  昔っからみんな俺のことを狂ってるって言ってたじゃん
  それから何回も頭打ったのにな

[ちなみに一番フェルゼを狂ってると評したのは間違いなくザーゴである。
 たくさん罵られたものだった>>289
 いやあとても煩かったですね!人のこと言えないけどね]

(324) 2019/03/15(Fri) 23時半頃

【人】 蝋燭職人 フェルゼ

[ハワードがフェルゼの隣に立つ>>317
 せっかく隠してきたのに、隣に立ったら
 あんたが人狼だってバレてしまうじゃないか。

 そう思ったが、喋る余裕は無かった]

  今のところ無事だけど、厳しいね
  仲間がもっと、いるといいのに……

[ハワードを見て、ガストンを見る]

(325) 2019/03/15(Fri) 23時半頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:フェルゼ 解除する

処刑者 (4人)

フェルゼ
0回 (4d) 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.14 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび
下記の場所以外では、人狼議事内キャラチップ
の利用を許諾しておりません。ご了承ください。

議事総合トップ
人狼議事lobby
人狼議事morphe
人狼議事cafe
人狼議事perjury
人狼議事xebec
人狼議事crazy
人狼議事ciel

SoyBean
Sangria
@7korobi