人狼議事


268 Werewolves of PIRATE SHIP-V-

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


【人】 山師 グスタフ

  ―前日までのこと―

[ 今日のジャーディンは珍しく調子が良い。
 医務室までの荷運びの間に何かあったのだろうか。
 視界に収めながらも一瞬窺うよう見つめた。

 冗談など言われていたら、
 これで全員の秘密を暴けるかもなんて
 人目がなければ調子の良く返しただろうが
 ウィンクの一つで秘密を強請った。

 やっぱり、様子がおかしい>>18
 怜悧な眼差しを向ける男だったか。
 分かりやすく避ける男だったか ]

(93) 2019/03/14(Thu) 23時頃

【人】 山師 グスタフ


  その考え方が傲慢だぞ、先生。
  ただ、その考えは悪くない。

  あんたも人間だなと思える。
  まァ、治すことに囚われんなよ。

[ 疑問に思いながらも呟いた言葉。
 独り言めいた声色で落とし口角を上げた ]

  とかいって食うなよ。
  この兎も俺ンだからな。

[ 海の天気みたいに気紛れな言葉も一つで頷く。
 なんだかんだ同室者の男の事は信頼していた。
 珍しく医務室に立ち寄らない男に気を良くし
 夜更かしに付き合う兼見張りをしていただろう ]

(96) 2019/03/14(Thu) 23時頃

【人】 山師 グスタフ


[ いつもならこうした宴が終わった後は
 夜にこっそり出歩いている。
 広い部屋は好きじゃないからだ。

 その時々によってターゲットは疎らで
 怪文書に記された人物>>1:253は勿論
 船長までも巻き込む事もあった。

 そんなお出かけも珍しい同室者がいる今
 また明日でいいだろうと決め括った。
 それで今度こそはガストンを捕まえてやると
 謎の意気込みを見せるくらいに
 この男は平和ボケしていたのだろう ]

(97) 2019/03/14(Thu) 23時頃

【人】 山師 グスタフ


[ 水面下で起きている事なんて、知らず。
 同室者が部屋を出て行った事も知らず ]*

(98) 2019/03/14(Thu) 23時頃

山師 グスタフは、メモを貼った。

2019/03/14(Thu) 23時頃


【人】 山師 グスタフ


[ 少年の頃の好奇心。
 友だちに唆されるまま夜の森を歩いた。
 息を潜めて、耳を澄ませる。
 
 あの家には人狼が住んでいるらしい。

 ヒソヒソとないしょ話。
 少年、少女達は夜を往く。

 ふと、影が揺れる。
 驚いて散り散りになった子供達が駆けていく。
 一人取り残された事に気付いた子供は
 弾かれたように走り出す。

 頬を撫でる風が生温い。
 妙に纏わりつく空気が気持ち悪い。
 振り向いてはいけない。
 そう思っていたのに視線を逸らした ]

(123) 2019/03/14(Thu) 23時半頃

【人】 山師 グスタフ


[ 一瞬見えた血溜まりのように濃い赤。
 悪い子供を寝かしつける為のお伽話。
 
 それが幼少期の思い出だと笑えなくなったのは、
 同じ色だったからだ。

 あいつが愛したあの女の眸と ]

(124) 2019/03/14(Thu) 23時半頃

【人】 山師 グスタフ


[ その日、初めてひと≠殺した ]*

(125) 2019/03/14(Thu) 23時半頃

【人】 山師 グスタフ

  ―朝―

[ 弾かれたように目を覚ました。

 見下ろされる紅い眸>>103
 一瞬だけ怯えたような表情を浮かべた ]

  び、……ビックリするだろ!
  朝起きたら先生の顔が近くて
  心臓が止まるかと思った。

[ すぐに口角を上げるも左胸は煩い。
 きっと、嫌な夢を見たせいだ。
 ガシガシと頭をかきながら起き上がる。
 鶏の鳴き声に今更気づきながら
 ようやっと外の騒ぎに意識を向けた ]

(133) 2019/03/14(Thu) 23時半頃

【人】 山師 グスタフ


  まァ、なんか昨日ヌヴィルと船長が揉めたり
  なんか色々あったみてェだしな。
  俺も用意したら顔出すか。

[ 既に身支度を整えているジャーディンは
 今日も賑やかな仲間達の為にお仕事か>>107
 頑張れよと見送ろうと上がった右手が止まった ]

  …………そうか。
  じゃあ、育ててやらないとなァ。
  
  病気して死なねぇように。
  
[ 呆気にとられて空いた口が存外柔らかく弧を描いた。
 海賊らしからぬ表情だと自覚しないまま ]

(134) 2019/03/14(Thu) 23時半頃

【人】 山師 グスタフ


  名前考えないとなァ。
  折角だしこどもの方は先生がつければいい。

  んじゃ、行ってらっしゃい。

[ やわい笑みにつられて目許を和らげていた  ]*

(135) 2019/03/14(Thu) 23時半頃

【人】 山師 グスタフ

  ―第三甲板―

[ そうしてグスタフが部屋の外に出たのは
 ジャーディンが医務室に行ってからの事。
 騒がしさにも眉を潜めたが、
 鼻をツンっと刺激するような臭いに
 目を見張らせ、周囲を見渡した ]

  …………おい、何事だ。
  なんで、血の臭いがしてる?

[ その呟きに答えるかのような声>>118
 この耳にも届いたのはその時だった ]*

(138) 2019/03/14(Thu) 23時半頃

山師 グスタフは、メモを貼った。

2019/03/14(Thu) 23時半頃


【人】 山師 グスタフ


[ 病みたいに伝染していく声>>139
 心臓がざりざり撫でられてるようで気分が悪かった。

 船長室の前には人だかり。
 自室の部屋の前からでも騒ぎは確認出来た。
 副船長はこの状況を知っているのか。
 また、船医であるジャーディンを呼ぶべきだろう。
 騒いでいては冷静に判断など出来ない。
 一先ず状況の把握に努めねばならない ]

  船長が死んでるのは、本当なのか。

[ 本当ならば誰がどうして? ]

(151) 2019/03/15(Fri) 00時頃

【人】 山師 グスタフ


  どうして船長は殺されたんだ。
  あの船長、だぞ。
  誰がどうやって?

[ 白い骨が覗く程肉の抉られた痕>>33
 人間業に思えない所業に ]

  人狼が、本当にいるのか。

[ 呟いた声は存外大きく響いた ]*

(152) 2019/03/15(Fri) 00時頃

【人】 山師 グスタフ


[ ヒューから確かに聞いていた>>153
 それでもこの目にするまでは俄かに信じられず
 譲られたドアの奥から見える光景に黙り込んだ ]

  …………犯人、か。
  捕虜が、なんて考えてらんねェな。
  海の上で単独で夜襲も出来ない筈。

  ……はは、嘘だろ。

[ 思わずニールとヒューに交互に視線を向ける。
 謀反者がこの仲にいるという事なのか。
 それとも本当に人狼がいるのか ]*

(156) 2019/03/15(Fri) 00時頃

【人】 山師 グスタフ


[ 苛立たしげなヒューの様子>>157
 理解している。しているからこそ黙る。

 船の中にいて
 船長を殺せる程の戦力がある
 そんな存在に絞り込もうとするならば

 昨日ヒューが口にしていた事>>1:68
 今この瞬間の事のように覚えている。
 いつか憧れの存在をぬけたらいいなァと
 言葉にしないが応援していたのだ。

 だから、いい憚られた ]

(168) 2019/03/15(Fri) 00時頃

【人】 山師 グスタフ


  ……俺は、信じたいとは思う。
  だからこそ、探らねェとな。

[ 言葉にはしないまま、
 気休めであっても肩>>160を軽く叩こうと ]

  誰が船長を殺したのか。

[ 人狼が、とはもう言わなかった。
 何処か不機嫌になる様子>>41を知っていたからだ。
 未だに死体が別のある場所には知らぬまま
 昨日まで豪快に笑っていたその顔を
 思い浮かべる傍で喉を鳴らした ]*
  

(170) 2019/03/15(Fri) 00時頃

【人】 山師 グスタフ


[ 船長に拾ってもらってもう10年程になる。
 無意識に噛んでいた唇に鉄錆の味がした。

 今、大勢人がいる。
 奮闘している仔細は分からないが
 それぞれが成すべき事をしているようだ ]

  喉に噛み付いたってか?
  ハハ、それこそ獣みたいだが。

  ン……分かった。
  
[ 死因>>186と改めて告げられる言葉>>187
 ニールの読み通り>>196
 言いにくかった言葉は確かな形を持つ。
 先程頷いていたニールに相槌を>>198 ]

(205) 2019/03/15(Fri) 01時頃

【人】 山師 グスタフ


  馬鹿じゃあないらしい。
  理性を失っても知性は残るか。

  こんな事は言いたくないが、
  自衛できるように何か持ってた方がいい。

[ そんな冷静な言葉を返していた時だ。
 たった一人の声>>201がよく通った ]

  ……エル、

[ 言葉をかけられない。
 呟くような声が溢れていった。
 抑えきれなかったよう蹲るエルに>>203
 視線を合わせるようしゃがみ込む。

 死体はこのままに出来ない。
 こんな見せしめのような状況は避けたい。
 とはいえ涙を流す仲間に鞭など打てなかった ]**

(206) 2019/03/15(Fri) 01時頃

山師 グスタフは、メモを貼った。

2019/03/15(Fri) 01時半頃


山師 グスタフは、メモを貼った。

2019/03/15(Fri) 22時頃


【人】 山師 グスタフ


[ 焼きつくような肌が空気を撫でる。
 痛ましげな表情に眉を寄せた。
 伸びた手>>243に何の警戒心も抱かず
 指先を受け入れようとしたが、止まる。

 こんな時でも冷静な副船長の言葉>>230
 副船長らしいその人に対して
 平静さを保つ事が出来る反面、
 この場でも落ち着いてられる精神の強さに
 底知れなさを感じてしまった。

 床に落ちる手の甲を見る>>244
 震える声がグスタフを呼んだ>>245

 信じて、いいのか。

 問われた答えに対して正しいものは何か。
 そんなもの一つも分からないが ]

(277) 2019/03/15(Fri) 22時半頃

【人】 山師 グスタフ



  俺はお前を裏切らない。


[ 落ちた手をこちらからつかもうと伸ばす。
 へらりと笑う表情はいつものものだった ]

(279) 2019/03/15(Fri) 22時半頃

【人】 山師 グスタフ


[ 不穏な言葉だ>>243
 普段ならば気にするなと仲裁を買うが
 今間に割った所で逆効果だろう。
 ヌヴィル達の事情>>233は分からない。
 弔うべきだという言葉は同意で>>250 ]

  船長を運ぶなら俺も手伝う。
  なんでアンタ達船長の死体を前に
  ンな事で……。

[ ぽつりと呟くも断ち切るように頭を振った ]

  ジャーディンと俺は昨日自室にいた。
  少なくとも俺が寝るまではいたぞ。
  ……まァ、共犯だとかを疑う事も出来るな。

[ それぞれ事情があるだろうが、
 ジャーディン の言葉>>253に重ねるよう
 真実だけを今は口にした ]

(280) 2019/03/15(Fri) 22時半頃

【人】 山師 グスタフ


[ こんな時にまで兄貴面をしてしまう。
 左胸は今も突き上げんばかり脈動する。
 ヒューに対したものも同じだ>>254
 自分が冷静になる為に振舞っているだけ。
 だが、分からない事は確かに多いのだ。

 そんな中、不穏な情報>>233はよくなかった。
 伝染するようにヒューが詰め寄る>>259
 ヌヴィルの声>>264が響く。

 ずっと競い合ってきた二人だ。
 ヒューが一番ヌヴィルを知っている筈だ ]

  ヒュー

[ きっと誰の目よりも確かに。
 見守るように向ける視線が一つ増える ]*

(281) 2019/03/15(Fri) 22時半頃

山師 グスタフは、メモを貼った。

2019/03/15(Fri) 22時半頃


【人】 山師 グスタフ


  そうだな。
  俺は頭の方を持つから
  誰か足の方を手伝ってくれるか?

[ 一人でもかつげそうではあるが、
 かといって丁重に運ぶ必要があると考え
 二人で持った方が効果的だろう。

 ジャーディンには頷きつつ>>283
 エルとニールに視線を向けた ]*

(285) 2019/03/15(Fri) 22時半頃

【人】 山師 グスタフ


[ 移動させる事を考えつつも、
 ヌヴィルが船長を殺すようには思えない。
 ただ、この場で分が悪いとは思う ]

  まァ、冷静になるって意味ではアリか。
  何もしてねェなら誰かが開けりゃいい。

[ このまま要らぬ疑いが広まり
 ヌヴィルが危害を加えられる可能性の方が
 避けた方が良いと考えてすらいた ]

(290) 2019/03/15(Fri) 23時頃

【人】 山師 グスタフ


  その間に殺したやつを見つけて、

[ それからどうするべきか。
 もう一度、船長を見下ろす。
 屈強な男の壮絶な死を再認識する。

 喉を鳴らして、黙り込んだ。
 目の前に在るのは紛れもない現実。
 本当にこの船には、いるのだ。
 船長を殺せる程強く狡猾な存在がいる。

 見つけねば、殺される。
 それが嫌なら奪われる前に、奪え ]

  殺す。

[ 裏切り者には死を ]*

(291) 2019/03/15(Fri) 23時頃

【人】 山師 グスタフ

[ 握り返された手>>306は温く思えた。
 立ち上がるのは一人で出来るだろう。
 ふらついてたとしてもそこは見守り
 同じように二本足で突っ立った ]

  ……ン。有難うな、エル。
  俺も船長の為に泣けるお前が殺したとは思えない。

[ しかし狡猾な者なら出来るのだろうか。
 一瞬チラつくが、思考を止める。
 疑心暗鬼になるなと言い聞かせながら
 触れた手に残る温度に縋った ]

  俺は俺で出来る事はする。
  こう見えて偵察は得意なんだ。任せろ。

[ エルの言葉>>303に同意するよう頷く。
  ニールの許可も降りた>>304
 ピスティオ>>297にエルにニール>>313
 それぞれが手伝いに名乗り上げてくれる ]

(327) 2019/03/15(Fri) 23時半頃

【人】 山師 グスタフ


  ニール、アンタの手は
  みんなに飯を食わせてくれる手だろ。
  俺とピスティオで持つ。
  エルはニールを手伝ってくれるか。
  こんな今だからこそいつも通りが大切だ。

  とりあえず人が多いに越した事はない。
  移動するなら行くか。

[ それぞれに言い渡しながらピスティオが脚を持つなら
 剥き出しの骨が覗く頭部部分を此方が持とう。
 ピスティオのつぶやき>>306が耳に馴染む  ]

  そうだな。
  こんな時だからこそ見誤るなよ。
  
[ そうは言いながらも耳を敧てる。
 昨日とある水夫の血を啜ったナイフが
 何かの声を拾ったような気がした ]*

(328) 2019/03/15(Fri) 23時半頃

山師 グスタフは、メモを貼った。

2019/03/15(Fri) 23時半頃


山師 グスタフは、メモを貼った。

2019/03/16(Sat) 00時頃


山師 グスタフは、メモを貼った。

2019/03/16(Sat) 00時頃


【人】 山師 グスタフ


[ 閃く左手>>329
 きっとヒューならば同じ事>>330
 描いてくれる筈だと信じていた。
 半ばこの方法がヌヴィルを疑いから
 晴らすことのできる言動だと思っていた。

 副船長は疑ってままであるらしい。
 船長との付き合いのは彼だろう。
 普段からヌヴィルに思う事でもあったのか
 ヒューに任せたまま立ち去るその人に
 何とも言えない感情を覚えたのは確かだ。

 とはいえ今はやることがある ]

(344) 2019/03/16(Sat) 00時頃

【人】 山師 グスタフ


[ 武器を弔いに捧げた細腕の船医>>338
 一人になど出来ない。
 自ら弱さを晒け出せるその人こそ
 本当に強いのだと武器を手放せない男は
 心の内側で苦く思うのだ。

 ピスティオの言葉>>321が幼く聞こえた。
 答えるニールの声が心細く思えた>>337
 儚げに映るジャーディン の姿>>339
 先程まで泣きじゃくっていたエル。

 もし今日ヌヴィルがヒューによって
 地下に連れて行かれるのならば
 誰が守ってやれるだろう、と ]

(345) 2019/03/16(Sat) 00時頃

【人】 山師 グスタフ


[ 自分一人すらままならない臆病者の癖に
 俺がやらねばならないと胸中に残し ]

  先生、一人じゃ危ないだろ。
  誰かついてやってくれ。

[ 一応は声をかけながらも移動しよう>>341
 向かうは食品貯蔵庫 ]*

(346) 2019/03/16(Sat) 00時頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:グスタフ 解除する

犠牲者 (5人)

グスタフ
16回 (4d) 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.179 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび
下記の場所以外では、人狼議事内キャラチップ
の利用を許諾しておりません。ご了承ください。

議事総合トップ
人狼議事lobby
人狼議事morphe
人狼議事cafe
人狼議事perjury
人狼議事xebec
人狼議事crazy
人狼議事ciel

SoyBean
Sangria
@7korobi