人狼議事


244 原罪の伽藍テーブル

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


[静かな、狭間に。
 ふと、思い出していた。昔の事を。
 たわいもなく。

 男の「始まり」は、21の時だった]


【人】 修道士 ムパムピス

[「悪いかな」なんて、まるで「お肉になる動物がかわいそう」と駄々をこねる子供みたいで、私はくすくす笑った。
ギリアンはそんなこと言ったっけ。言わないかもしれないし、言ったとしたらほんの一瞬胸の奥をよぎった甘い憧憬に溜息を一つ。

散らばるギリアンだった者たちを踏みたくないのに、蹌踉めく足裏に肉の潰れる感触を覚える度に私は苦しくなる。
血に塗れた寝台に残るほんの少しの白い場所を示されて、素直に其処に腰掛けたら、隅に転がる指先をみとめて私は息を呑む。

ああ、これからこういうことをしようとしている。

それを突き付けられたみたいで。
でもやはり私の足は動かない。きっとワレンチナさんみたいに颯爽と動くことが出来たとて、私は車輪を動かそうともしない。]


ええ、寝ても覚めても、ここにいましょう。


[居眠りを誘うような授業をするわけじゃないけれど、きっとこのままこの子は腕の中で眠ってしまうんじゃないかと思って。]

(128) 2017/04/08(Sat) 00時半頃

【人】 修道士 ムパムピス

[智秋くんの手が私の手をとって、唇へと運んでいくのを見ているとなんだかはらわたの奥がむずむずする。
さっきまで子供みたいだと思ったはずなのに、なんだかそれは恋人にするものみたいだ。

私が嫌った、毛も薄らいだ真っ白な指が彼の口へと含まれてーー]


っ、うあ"っ!!


[刹那、思い切り噛み切られた。
右手の人差し指は、第二関節から先をぷっつりと失くして、とめどなく血を溢れさせていく。
残る左手でぐっと血に濡れたシーツを握り締めて荒く息をつむぐ。背中からじわりと脂汗が滲み出て服の中を伝っていった。]

(130) 2017/04/08(Sat) 00時半頃

【人】 修道士 ムパムピス


あっ……、あぅ……っ……!


[悲鳴をあげては彼はまた傷つくんじゃないかと、ぐっと唇を噛み締めて堪える。
くちゃくちゃと咀嚼する音を鼓膜が拾えば、私はゆるゆると微笑んで]


……美味しい、でしょうか……?


[不味いと言われてもいい、指の欠片でも彼と共にあれるなら。]

(131) 2017/04/08(Sat) 00時半頃

【人】 修道士 ムパムピス

[そっと寝台に倒れれば、傍らに彼は寝転がるだろうか。それともそのまま腰掛けて逃げないようにみはろうとするんだろうか。
ふう、ふう、と息を付いて痛みをやり過ごして、シーツに染みたギリアンの血に顔を埋める。

やっと、指先一つでも、誰かの何かになれた。
一緒にいることを許された。

ギリアンの死を知ってなお涙すら流さなかったというのに、今更のように頬を濡らすものがある。]


……うれしい。


[ぎゅっと目を閉じて想うのは、晴れて暖かくなった春の空の下、私と智秋とギリアンとで花を見ている光景。
傍らにいなくても、私達はずっと一緒にいる。
声は聞こえずとも、あなたと共に考える。]

(132) 2017/04/08(Sat) 00時半頃

[21の時。確か、冬の近付きつつある秋のある日の事だった。秋の日の夜。その頃男は差し迫る悩みを抱えていた。それは己の活動に関する事、活動から引き起こされた、問題だった。
 熱烈なファン。熱烈過ぎる、 ストーカーと化した女性。度が過ぎるファン、それこそストーカーの域に入るような人間は、何もそれが初めてではなかった、慣れる程には、よくあるものであって、
 ただ彼女は、その中でもそうはいない、特段に常軌を逸した手合いだった。彼女は男と自分が付き合っていると思い込んでいた。思い込み、幾度となく、妄想で彩られた手紙や、異様な「プレゼント」を送り付けてきていた。
 そして、しまいに、その日。
 彼女は男の家に押しかけてきた。
 何処からか突き止めた自宅に。
 ナイフを、持って。

 当時男は少々の恋愛沙汰が話題になっていた。
 それを見た彼女は思ったのだ。
 裏切られた と、 妄想に。]


【人】 修道士 ムパムピス

[そこで漸く私は気付いた。

祈れど赦しを乞えど神は沈黙を保っていたけれど、本当は私が勝手に「見放された」と泣いていただけだったんじゃないだろうか。]


なら、何も寂しいことは無かったのですね。


[ひとりそっと呟いて、左手でそっと智秋の髪を撫でよう。
この先彼が寂しい事がないように。
この体温が失われたとして、私の温もりを彼が忘れないように。

私はそっと目を閉じた。]*

(133) 2017/04/08(Sat) 00時半頃

 約束、  するよ
 ……ふは、  もう指切りは出来ないけどね

[いいこ、いいこと頭を撫でた。
綺麗に残った瞼に「おやすみ」と語りかけて、
寝ている子を起こさないよう、そっと嚙み切った。
本当は幼子にするみたいに口づけだけのつもりだったのに、
それがあんまり、美味しそうだったから。
片っぽだけ剥き出しになった目玉に]

 ………ごめんね

[そっと囁いた。
六川が来る、少し前の話。
食べきれなかった頭は、着替えが入った棚にそっと隠して]

 ありがとう、ごちそうさま

[理性を取り戻せない笑みは、
偽ることのない、本物の笑顔だった*]




[結論から言えば、男は死ななかった。男を殺そうと飛びかかってきた彼女を、男は、殺した。他ならない、そのナイフを以て。咄嗟に、殺してしまった。殺せてしまった。
 玄関から数メートル、廊下の半ば。
 赤く染まった中に佇み、赤く染まって、男は、慄いていた。殺されかけた恐怖。 殺してしまった恐怖。 男は呆然とする他なく、

 他、なく、

 甘い匂いがした。
 その時、不意に、何処からともなく。
 噎せ返る程の甘い匂いが。
 あまりに魅惑的な、 食欲をそそる匂いが]


[すぐに気が付いた。
 その匂いは辺り一面の赤からしているのだと。この血から、彼女から、しているのだと。

 すぐに思い至った。
 人間の血などを甘い匂いと感じる、人間から食欲を煽られなどする、これは、あの、「ケーキ」、「フォーク」、あの異常な存在達の話のそれで、そしてその話で言うなら、彼女は「ケーキ」で、
 自分は、「フォーク」なのだ、と。
 わかってしまった。

 その時、男は、
 「フォーク」に、なってしまった]


情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:ムパムピス 解除する

犠牲者 (4人)

ムパムピス
11回 (4d) 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.156 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび