人狼議事

244 原罪の伽藍テーブル


【人】 白銀∴秘星 マユミ

[掠れた声が、幾度も挑戦して紡ぎ出したのは、YESでもNOでもなくて、わたしへの質問。
 ゆっくりと開かれた瞼、その奥にある双眸を暫く見つめて――視線はすっと、開かれた身体の中へ]

[指先を沈め、小さな欠片を選び出し、凝った血潮と共に口へ含む。
 馴染みのない香りと、頭へ注ぎ込まれる、藤也くんの甘さ。ここに居るのはあの子でも犀川さんでもなくて藤也くんなんだと、わたしにゆっくりと、確実に、語りかける味]


 ――ええ。
 
 とろとろのゼリーと、果肉と。
 ほんとに、いちごジャムみたい。
 ……おいしい。懐かしいわ。


[もう一欠片、口に含んで、飲み込んで]

[“ほんとうよ、美味しいわ”って、彼の双眸が焦点を結べなくなっても、覗き込んで微笑を向けよう]*

(141) 2017/04/08(Sat) 01時頃

← ↓ ■ □

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.125 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび