人狼議事


244 原罪の伽藍テーブル

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 エピローグ 終了 / 最新

視点: 人

全て表示


【人】 逃亡者 メルヤ


 肉叢くん。
 僕は君がフォークには見えないんだけどね。

 フォークなら、いつでも僕を食べれたはずだし。

 ……って、この言葉も聞こえてる?

[誰かに止められなければ彼の腹をつつこうとした]

(87) 2017/04/07(Fri) 15時半頃

【人】 逃亡者 メルヤ


 ……でも、止める気は無い。
 みんなのこと、好きでもないしね。

 ……みんなと過ごした日々はどうだった?

 ……殺されるなら、誰に殺されないとかないの?

 僕は優しくないから、首絞めるくらいしかできないけどね。

[そう問いかけてじっと見つめて
その後は様子を見ていた**]

(88) 2017/04/07(Fri) 15時半頃

逃亡者 メルヤは、メモを貼った。

2017/04/07(Fri) 15時半頃


【人】 さすらい人 ヤニク

ぐって、掴んでね。俺、中身ブチまけるの、初めてなんですけど
ひ、これも、いーですね えっと
腹の動脈って、もっと、奥ンとこでしたっけ、なら
これくらい、なら 大丈夫ですもんね。なんで、気づかなかったんだろぉ


[冷えたまなざし一つさえ>>85
悦楽の要因にしかならず
かけられた声>>86
座り込んだ、常よりもずっと低い位置から見上げて。]


あ、やえさんだ。


[いつものように 音が聞こえてくるならば
いつものように 笑ったまんま。]

(89) 2017/04/07(Fri) 17時半頃

【人】 さすらい人 ヤニク

[つつけば、それは柔らかく
引き攣ったような笑い声。
褐色の指先も、それをぎゅうと握って]


ころされ、る


[ぱちり
瞬く瞳。]

(90) 2017/04/07(Fri) 17時半頃

【人】 さすらい人 ヤニク

「フォーク」がいーなぁ
何よりもね、楽しいこと おしえて、くれた、から
だから、おれね 「ケーキ」らしく「フォーク」のご飯に、なりたいんです
「フォーク」だったら、誰でもいーや 食べてくれるなら だれでも、だか――ぁ


[ぐらり、ぐらり、 
赤衣が揺れて
どさり、いつものように 自分で汚した床へと横たわり。]


あ、 は、ひゃはっ やば、 血、たりない、いひっ


[からから、からから
*おかしげに笑う*]

(91) 2017/04/07(Fri) 17時半頃

【人】 修道士 ムパムピス

[かつて私を襲った少女と同じように、私は彼の手を己の胸元に寄せた。
触れたところがじんわり暖かい。
彼も私も生きている証拠である。
形が少し違うだけで。

彼が大きく息を吸うのが聞こえる。「ケーキ」としての私が発する香りはどんなものか分からないから、ひたすらにくすぐったくて恥ずかしくてたまらない。

ぐ、と身体を引き寄せられて私は杖を取り落とす。乾いた音を立てて床に落ちたそれは、床の上の肉片に抱きとめられた。引き寄せられる痛みには微かに呻くだけ。]


ギリアンのことは愛しています。
あなたを殺めようとした手が止まるほどには。


[こうなることは望まなかったかもしれないが、彼は智秋くんの中にいる。じっくり溶けて胃の腑の中から骨の髄にまで染み渡っていこうとしている。
ならば手をかけることもできない。]

(92) 2017/04/07(Fri) 18時半頃

【人】 修道士 ムパムピス

[吐息を交わせるくらい顔を近付けて、私は彼の目をじっと覗き込む。
満ち足りた色をしていたはずなのにまだ貪ろうと舌を伸ばすなら、強張った顔をほんの少し綻ばせながら受け止めよう。]


こら、食べたばっかりなのでしょう。古代ローマ人ですかあなたは。
今日今すぐに食べなくってもいいんです……私は逃げませんから。


[しっかりした子だと思っていたけれど、彼は存外に甘えたな犬みたいだ。
その髪を梳いてあげたい……そう思うのに、杖を無くした私の身体は重心を支えきれずふらついてしまうから、胸の中の一回りほど小さな身体をぎゅっと抱き締めるだけ。]*

(93) 2017/04/07(Fri) 18時半頃

白銀∴秘星 マユミは、メモを貼った。

2017/04/07(Fri) 19時頃


執事見習い ロビンは、メモを貼った。

2017/04/07(Fri) 20時頃


さすらい人 ヤニクは、メモを貼った。

2017/04/07(Fri) 20時半頃


【人】 営利政府 トレイル

――  :中庭 ――
[瑠東が その白い欠片を拾い上げて、目前にかざした頃、>>78 なにをしているのか と問いかける声が湧いた。
 声の方向を見、上げていた手を下ろす]

 ああ、どうも やえさん

 ほら、こんな血だらけだから、
 死体をね 探してるんです
 けどここにはないみたい

[返答のあと、八重自身の歩く理由を聞き「お揃いですね」と、相槌を打った。日頃かぶせた一枚の礼儀の抜けた、軽侮だけが残る笑みを形作って]


 で、やえさんは誰の死体を探してるんですか
 それとも フォーク か ―― はは、食べやすいケーキだったり?

(94) 2017/04/07(Fri) 20時半頃

営利政府 トレイルは、メモを貼った。

2017/04/07(Fri) 21時頃


営利政府 トレイルは、メモを貼った。

2017/04/07(Fri) 21時頃


友愛組合 チアキは、メモを貼った。

2017/04/07(Fri) 21時半頃


【人】 友愛組合 チアキ

[「手が止まる」「殺めよおうとした手が」
彼が言うのは、六川自身のことだろうとわかるのに、
智秋の頭に浮かんだのは、この部屋で違う、二人きりだったこと。

体躯の違うギリアンを食べたくせに、智秋は何一つ傷ついていない。ギリアンがケーキとしての生を甘んじたとは思っていない。
その真意はわからないけれど――――


きっと、彼ら二人は似ている。
それが酷く羨ましくて、羨ましいと思う気持ちからも目を逸らしたくて、わざと喉の渇きに意識を傾けた。甘い香りに酔おうとした]

(95) 2017/04/07(Fri) 22時頃

【人】 友愛組合 チアキ

[六川の頬は、なめらかな生クリームのようだった。
純粋な甘い香りに、きっと同時に頬を緩ませた]

 古代ローマ人は、 そんなに食いしん坊だったわけ?

[殴られても、殺されても、理不尽ではない。
そんな状況で、食欲のためだけに触れあったのに、不思議だった。杖の落ちる音がして、ふわりとした甘い香りに全身を包まれる]

 なんで逃げないの

 逃げないと食べるよ
 ………甘いものは別腹だし

[今か、後かはわからないけれど、
やっぱり食べようと決めた。
六川を食べるなら自分じゃなくちゃいけない。
彼らケーキがもう一人のフォークに気付いているかはわからないけれど、渡せない。
ギリアンを食べた自分が、六川を食べなくちゃ行けない。
思いついたその考えに、智秋は六川の腕の中で小さく声をあげて笑い]

(96) 2017/04/07(Fri) 22時頃

【人】 友愛組合 チアキ

 そっか、  俺が六川さんを食べて
 春になったら野菜を植えれば―――…

 約束、守れるね

[顔をあげて、満面の笑みを見せた。
それがいい。そうしよう。
今でなくてもいい、後でもいいし明日でもいいけど、
でも、六川の気が変わったら嫌だ。
逃げないと言っているのは、今の気分だけだろうし。
野菜の植え方でも聞いてみようか。
それともおやつに指一本くらい強請って、それを口の中で転がしながら一眠りしたっていい。
良い香りに包まれたこの部屋のベッドなら、この1年で一番の眠りにつけるはずだから*]

(97) 2017/04/07(Fri) 22時頃

【人】 士官 ワレンチナ

 裏切られたら・・・?
 よくそんなこと目の前で言えるわね。

[あくまで冷静に、動揺など微塵も見せず私は言い返す。>>86
八重が肉叢にする行為はまるで猫をあやすかのよう。
横たわる伊島に視線を向ける、彼はまだ殺したとも運んでた理由も何も答えていないのに]

 今それを私が語る必要はないわね、
 少なくとも利害は一致してるのだから。
 それより肉叢が違うと言うなら貴女はどう見るのかしら
 私達が到着したとき、そこの伊島は死んでいたわ。
 廊下に続く血をあなたも見たでしょう? 肉叢が運んでいたの。
 彼がケーキだとして、何のためにここまで連れて来たのかしら?
 そこは厨房よ・・・・・・

[心情を見れば彼はケーキに見えるが状況が示すのは彼の食事前、そこの疑問が解けぬ限り、やはりワレンチナには彼を信じることは出来そうもない] 
 

(98) 2017/04/07(Fri) 22時半頃

【人】 修道士 ムパムピス

[頬を舐めとった顔はこちらからは見えない。髭も生えない肌を蛞蝓のような舌が這って、まもなく耳元を微かな吐息が掠めただけ。]


「古代ローマ人は食べるために吐いて、吐くために食べる」と言われるほどに。
……今更何のプライドか、「吐瀉物」にはなりたくないと思うのです。


[彼の中の「糧」として生きたいから、吐き出されたら少し悲しい……きっと寂しい。
腕にほんの少し力を込めて、身体の隙間をもっと埋めていけば、この寂しさは薄れるんだろうか。
逃げないのか、なんて今更なことを言うのだもの。
逃げようと思う気持ちが少しでもあるなら、きっと私はこの部屋の戸を叩こうとすらしなかったろうに。]


……悪い癖ですね。あなたは否定と拒絶の言葉を待っている。


[死ねと言われることを予想して、嫌だと拒まれることを期待して、彼は言葉を選んでいるように見えたから……そっと手を彼の髪に延ばして、血の付いていない後頭部の髪をふわふわと梳いた。もう片方の手は、子供にするみたいに彼の背中をぽんぽんと摩る。]

(99) 2017/04/07(Fri) 23時頃

【人】 修道士 ムパムピス

[そして胸元から聞こえた笑い声と提案とに、私はようやく破顔した。]


ええそう、いつでも、あなたの気が向いた時に。

三人で一緒に野菜を植えて、色んな花を見て、本を読んで……病める時も健やかなる時も、我らはずっとあなたと共にありましょう。


[だからどうか怯えないでください、と耳元に囁いて、柔らかな耳朶に唇を落とした。

怖くないかと言われたらそれは嘘で、彼の髪を撫でる手はほんの微かに震えている。
だが、手を震わす程度の恐れだ。足は全く動かない。]

(100) 2017/04/07(Fri) 23時頃

閉鎖管理 クレパスキュールは、メモを貼った。

2017/04/07(Fri) 23時頃


【人】 士官 ワレンチナ

[>>91 楽しそうにのたうち回り笑う姿に狂っているのは自分かそれともこの男か。見ているとそれすらもわからなくなる。
檀はどうするのだろうか。殺して食べるのか、それとも切り取り生かすのか。ただ手を貸さなければどの道彼は死ぬんじゃないだろうか。
そんなことすら感じるほどに、赤く流れる血は綺麗で醜い*]

(101) 2017/04/07(Fri) 23時頃

【人】 修道士 ムパムピス


眠いのなら、おやすみなさい。
元より立ても歩けもしない身です。


[請われればきっと、かつてあの少女にしたように、全てを踏み越えても、彼の望むものを与えるだろう。
それが指であれ、脚であれ、口付けであれ……この肉体であれ、もはや踏みとどまらねばならぬ理由は何もない。]*

(102) 2017/04/07(Fri) 23時頃

白銀∴秘星 マユミは、メモを貼った。

2017/04/07(Fri) 23時頃


【人】 逃亡者 メルヤ

―辿る途中:中庭にて―

[理由を聞くことが出来たので>>94
納得してふむふむと頷いて]

 どーも、瑠東さん

 ちょっと辿ればあるかも?
 案外、こんなところとか?

[どんな形でも笑みを返されればにっこりと笑って物置へ]

 ……探してると言えば、探してるのかもしれません。
 フォークさんに聞いてみたいことがあるので。

 ……ん?ここにまで広がってるのね。

[物置の影にまで広がってるのかと>>2:215
思わず呟いてしまったけれどかまわずに物置を開けて]

(103) 2017/04/07(Fri) 23時頃

【人】 逃亡者 メルヤ


 んー…ないかな?

 あ、瑠東さん……見つかるといいね?
 それでは、さようならー。

[そんなことを言って元気よく手を振って
にっこりと笑ってお別れしましょう*]

(104) 2017/04/07(Fri) 23時頃

【人】 逃亡者 メルヤ

―現在:どこかの廊下―

[常のような肉叢くん>>89
握る手もいつも通り>>90]

 ……やっぱり、君は君のままだね。
 もう少しくらい変わっても…。
 ううん、それは、無理か…伊島さんでも、無理だったのかな。

[おかしげに笑う肉叢くん>>91
よしよしと頭を撫でて]

(105) 2017/04/07(Fri) 23時頃

【人】 逃亡者 メルヤ


 ……ちょっと、体上げてくれる?
 最後に、いつものやってあげる。

 あ、無理ならいいよ?

[止められても無視するように
よいしょっと顔を近づけていつもより顔を近づけて
思いっきり離して額同士を打ち付けて]

 ……治療なんて出来ないから。
 肉叢くんをどうするかは貴方達に任せます。

 ……肉叢くん、理由とか、ちゃんとお話したら。
 ……フォークさんに食べてもらえるかもよ?

(106) 2017/04/07(Fri) 23時頃

【人】 逃亡者 メルヤ


 ……安全そうな場所に眠らせよう、として
 彷徨ってたら厨房だった、とか?
 それか…もし、ケーキだとして彼がフォークに協力する気なら。
 もしかしたら…フォークが後から来たかもしれないですね。

 ……肉叢さん…元々方向音痴だからそれすらもよくわからないんですけど。

[包帯から漏れた血が
頭から蜂蜜みたいに垂れてくる
答えが答えになってるかもわからない>>98]

(107) 2017/04/07(Fri) 23時頃

【人】 友愛組合 チアキ

 やだなー 吐き出したりしないよ

[もし吐いてしまったら、床だろうが舌を這わせて全部舐めとろう。
きっと胃液を少しでも含んだ肉は、甘いだけじゃなくなっていて、それはとても似合うと思った。

試したいわけじゃないけれど、否定の言葉を待っているのは、言われてみれば「本当」のようで、何も言えない。
自身で気づけなかった本当を指摘してくれる六川は、やっぱり「せんせい」のようだった。せんせい。自分に何かを教えてくれる人。じゃああの人も先生だろうか。いちごジャムのような甘酸っぱい香りを思い出す]

(108) 2017/04/07(Fri) 23時頃

【人】 逃亡者 メルヤ


 ……それでは、さようなら。

[いつものように元気に手を振って
いつものように笑って
頭から流れる血もそのままにその場を後にする*]

(109) 2017/04/07(Fri) 23時頃

【人】 友愛組合 チアキ

[六川の言葉は結婚の誓いのようで
髪を撫でる仕草は親のようで
落とされた囁きと口づけは睦言のようだった]

 怯えてないよ、
 ただ ……悪いかな、って

[こうして慰められるのは、腹の中にいるギリアンだったろうに。
可哀想なこども。
可哀想ぶることも知らず、ただ純粋で、だからこそ哀れなこども。
美味しかった、ありがとう。
そっと腹を撫でて、笑って、顔をあげた]

 じゃあ、  こっち、来て

[食べ残しの多くは床に転がっているから、六川が部屋の奥へと足を進めれば、全てをよけることは出来ないだろう。
ベッドの隅には、手か足かもわからないがどこかの指が転がっていた。それを気にせずに、隣に座って、と先に腰を下ろして智秋は比較的綺麗な場所をとん、と叩いた]

(110) 2017/04/07(Fri) 23時半頃

【人】 友愛組合 チアキ

 一緒に、寝てくれる?

[甘さに包まれながら寝たかった。
どんな飲み物より素晴らしい血を啜って喉を潤したかった。

ただ眠りたいのも嘘じゃないけれど、きっと我慢は出来ないだろう。座ってくれたら、――あるいは促すように手をとって、その爪の先へと唇を押し付けて、

思い切り噛みつけば指の一本くらい、口の中に転がるだろう。
咄嗟に引かれれば爪だけで済むだろうが、それでもいい。
柔らかい爪は、ケーキを飾る飴細工なのだから*]

(111) 2017/04/07(Fri) 23時半頃

【人】 逃亡者 メルヤ

[廊下を進む、進む
頭を二人で打ち付けて、毎回、傷つくのは自分のほう
もう一つ、伊島さんと笑いあった日々を思い出して]

 ……わからないなぁ…。

[頭の血が片目に入って目をつぶって歩く
横たわった伊島さん、死ぬかもしれない肉叢くん
見た時にぽっかり穴が開く気がした]

 ……なんなんだろうね。

[二人の真似をしてフードを頭に被ってみる
白でも赤でもない、全く、二人と似ていない色
歩く、歩く、血が床に落ちても、知らない
誰か他に人がいないかと歩きながら辺りを見渡した*]

(112) 2017/04/07(Fri) 23時半頃

【人】 営利政府 トレイル

 ――   :中庭 ――
[>>103 笑み返されるそれに、
瑠東は鼻白んだような顔をして 物置を開ける姿を距離開けて眺めた。]


 いいですよ別に
 そんなに興味ないし
 
 やえさんこそ、見つかるといいですね
 そんなに聞きたいことの、答えがもらえると
 


[>>104場違いに笑う顔に 笑みは返さなかった。
同じように返してやるのが面倒に思ったし、
 そうするだけの興味を、わらう彼女にも、彼女の返答にも持たず。

拾い上げた白い欠片に何が付着していたのか
つまんだ人差し指が、表面がぬるりと溶けていて
傍にあった若葉で拭う方が有意義に思えた]

(113) 2017/04/07(Fri) 23時半頃

【人】 営利政府 トレイル

[彼女の いつも通り に付き合う義理は感じなかった。

けれど、『ききたいこと』とやらを尋ねたその時、
どんな表情をしているのかは、多少、気にはなるなと

そんなことを思って
もしそうなら、もしも、彼女が無事に聞けたとするなら、そして無事でなくなるとするなら。
そんな、常の瑠東ならば思わないだろうことを、続けて思って、口端で嗤い捨てた*]

(114) 2017/04/07(Fri) 23時半頃

【人】 さすらい人 ヤニク

あ゛っ はぁ……
は、 ふわふわ、 して
いつも、より は、いー、ひひっ


[“いつもの”に釣られるように
上体を、ゆるり、起こせば
腹にまで響いてくる衝撃>>106
どさり もう一度、冷えた床へと寝そべって。]


あひ、あ  あ゛ー……

(115) 2017/04/07(Fri) 23時半頃

【人】 さすらい人 ヤニク

――――……


[ぼそり、
天井を見上げて、小さな、小さな。
揺れる手に>>109
右腕を持ち上げようとして――ぱしゃり、床へと沈む。赤色が跳ねて。]


あ、 あー、ひ、あはっ あははっ!

――、

[声にならない、音を漏らす。*]

(116) 2017/04/07(Fri) 23時半頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 エピローグ 終了 / 最新

視点: 人


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

生存者
(3人 24促)

ワレンチナ
17回 注目
トレイル
28回 注目
メルヤ
17回 注目

犠牲者 (4人)

サイモン
0回 (2d)
ギリアン
7回 (3d) 注目
ムパムピス
11回 (4d) 注目
マユミ
14回 (5d) 注目

処刑者 (5人)

ペラジー
16回 (3d) 注目
ヤニク
2回 (4d) 注目
チアキ
15回 (5d) 注目
ロビン
0回 (6d) 注目
クレパスキュール
23回 (7d) 注目

突然死 (0人)

舞台に (0人)

村を出た人達

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.132 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび
下記の場所以外では、人狼議事内キャラチップ
の利用を許諾しておりません。ご了承ください。

議事総合トップ
人狼議事lobby
人狼議事morphe
人狼議事cafe
人狼議事perjury
人狼議事xebec
人狼議事crazy
人狼議事ciel

SoyBean
Sangria
@7korobi