人狼議事


258 夏合宿はじめました

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


【人】 常世倶楽部 アオ



 頼んだ、二人共。
 七不思議を見たら、僕にも教えてくれよ。

[崇>>2:88の調子は常と変わらない
しかし、それでいて頼もしい奴だった。
瑞貴>>2もそれを受け入れる様子。
こちらもまた、いつもどおりの言葉を言い添え、
自分を拒まなかった園家>>2:93
そして快く了承した星野>>4に頷いて
そのまま、残る者達から離れてゆく。]

(7) 2018/07/20(Fri) 23時半頃

【人】 常世倶楽部 アオ



 …………?

[どれ程歩いたか、どのタイミングか。
少なくとも同行を決めてからそれ程経っていない頃。

一度、歩を止めた男は背後を振り返る。
数度瞬きを早めるも、再び向き直り足を踏み出した。

────その時何が起きたかなど、知る由もなく。]

(8) 2018/07/20(Fri) 23時半頃

【人】 常世倶楽部 アオ


 僕はあくまで付き添いのつもりだから。

[水を向けられて>>10の反応は簡潔なもの。
会えねばどれも同じだし、
会えればどれでも構わないのだ。
追加メンバーが注文を付けることは無い。
しかし、顎に手を添えて付け加える言葉。]

 でも、そうだな
 行きたいなら行ってみればいいんじゃないか。
 もしかしたら、大丈夫かもしれない。

[校舎内の移動には恐らくそう困らないのだろう。
脱出口となりえる窓と扉以外なら、多分────
そこから導き出される結論
口に出さない程度の常識はこの男にもあった。

移動中も窓を見れば唯一の男手が力を使うが、
全て、無駄となり続ける。]*

(15) 2018/07/21(Sat) 00時頃

常世倶楽部 アオは、メモを貼った。

2018/07/21(Sat) 00時頃


【人】 常世倶楽部 アオ


 ふむ。そっちか。
 楽しみが沢山あるのは良いことだね。

[視聴覚室、音楽室。園家からは二つの提案>>16
下駄箱の話をしていたのを聞いていたから、
それについて言ったつもりだったが。
行けるか分からないところより他なのだろう
幾つかの候補は先程から二人で考えていたようだし
合理的であるように感じ相槌を打つ。]

 誰もいない視聴覚室から聞こえる笑い声
 ……なんて噂があったね。
 音楽室は、鳴り続ける無人のピアノだったか。

[やはりどちらもそれらしく音に関する怪談だ。
他にも二つの教室に纏る話はあったかどうか。
男は自分の知る範囲を頭から掬い、口にする。]

(20) 2018/07/21(Sat) 00時半頃

【人】 常世倶楽部 アオ



 確か、音楽室のほうは
 演奏を目撃するだけなら無害で
 静かに邪魔をしなければ帰してもらえる。
 ────でも、その曲が葬送曲だったら危ないらしい。

[星野>>10も同意し、三人の意向は固まった。
ここから近いのは視聴覚室の筈だ
まず、そこを目指すことになる。

男が窓に伸ばしていた確認の手は、やがて伸びなくなった。]

(21) 2018/07/21(Sat) 00時半頃

【人】 常世倶楽部 アオ

── 視聴覚室前 ──

[道中、他にも何か言葉を交わしたか
そう長い時間は掛からず、目的地が見えてくるだろう。
性質上他の教室とは違う造り、厚めの扉。
暗い廊下でも、見紛うことはない。

数歩先を歩く男は其処を目の前にして立ち止まる
二人を待つ為、そして────何か聞こえないか探ろうと。]*

(24) 2018/07/21(Sat) 00時半頃

アオは、まだ扉に手を伸ばさない**

2018/07/21(Sat) 00時半頃


常世倶楽部 アオは、メモを貼った。

2018/07/21(Sat) 00時半頃


常世倶楽部 アオは、メモを貼った。

2018/07/21(Sat) 22時頃


【人】 常世倶楽部 アオ


 防音扉だからなぁ。

[やはり、厚い扉越しでは判断はつかない
こちらの意見も、園家とまた同じ。
手を掛けたのは彼女が先だった。>>37
そして、容易に開いてしまう。

一瞥された男の表情は、考え込むようなもの
────先程出した結論は、“全ての窓が開かない“こと
そして、対照的なこの現象に……
しかし、今は思考を巡らせるばかりではいられず
少し遅れ、細く小さな背を追い掛ける。]

(63) 2018/07/21(Sat) 22時頃

【人】 常世倶楽部 アオ

[視線を巡らせ、その先を手元の灯りが頼りなく照らす。
視聴覚室は何も変わらないように見えた。
ただ、来る時間帯の違いが雰囲気を変えているだけ
厚い暗幕が窓を覆うことで、廊下よりも暗い。

その筈だ。
何故、垂れ下がるべきそれが揺れている?
窓は開かない筈だ。開ける者もいない筈だ────
男は、同行する二人に注意を促そうと口を開き
彼女らの名前を呼ぼうとしたが。]

 ……これは、これは

[それを止めたのは、“四人目”の笑い声>>38
少年のような声はしかしくぐもり、暗闇から聞こえ
無邪気さも明瞭さも感じさせず。

蠢く影が昏く嗤う>>39光景を確かに認めた。]

(64) 2018/07/21(Sat) 22時頃

【人】 常世倶楽部 アオ

[この声と重なったのは、何かが落ちる音>>40
園家の手元から懐中電灯が消え
教室に灯る明かりが一つ、減ってしまう。

先程は笑顔を見せてくれて、怪談について会話した>>36
「音楽室に行くのが更に楽しみになった」
なんて、まるでいつもどおりのように返したのも今は遠い。

動かない彼女とゆっくりと近づく影の間へ立つ。]

 やあやあ、会いたかったよ。
 ずっとずっと、きっと気づいた時から……。

[口元を緩め、見据える両目は細くなる。

そこに嘘は無いのだけれど。
出来ることなら、素直に楽しめるような会い方がしたかったものだ。
一見稚気な言葉からは、確かな悪意を感じた。]

(65) 2018/07/21(Sat) 22時頃

【人】 常世倶楽部 アオ


 
 逃げろ。とにかくここから離れるんだ。

[振り返らないまま、二人に告げる。
それをこの影が────校舎の怪異が許してくれるのか
分からない、それでも。
男は何の不思議な力も無い、普通の人間。
過去、祖母に連れられた寺院で確かにそう断言された。

出来ることなど、今この時彼女らを逃がすことのみ。]

(67) 2018/07/21(Sat) 22時頃

【人】 常世倶楽部 アオ

 走れ、園家!星野!

[二人は言うことを聞いてくれるだろうか。
動くことは、出来るだろうか。
────横戸碧が部員らに声を荒げたのは
この時が初めてだった。]*

(68) 2018/07/21(Sat) 22時頃

【独】 常世倶楽部 アオ

/*
うぐぐぐ時間ない

(-28) 2018/07/21(Sat) 23時頃

【人】 常世倶楽部 アオ



 鬼さんこちら、手の鳴る方へ

(81) 2018/07/21(Sat) 23時頃

【人】 常世倶楽部 アオ

[格好をつける暇などは無い。

彼女らは動けたか、走れたか、何にしても
男は影を煽り、二人より後に教室を後退りしながら出て

床を蹴り、来たのとは逆の方向に駆ける。]

(83) 2018/07/21(Sat) 23時頃

【人】 常世倶楽部 アオ

[独り、影に追われ駆ける男

その姿が廊下から、校舎から忽然と消えたことなど
無我夢中の本人には、気づけはしない。]

(85) 2018/07/21(Sat) 23時頃

【人】 常世倶楽部 アオ

──── ??? ────


[異変に気づいたのはさていつか
時間の感覚が失われ、分からない。

────おかしなところに迷い込んでいる。

扉が、窓が、一つも無い。
曲がり角も階段も見当たらず、
特徴の無い廊下が見通せない闇の奥まで続いている……

ああ、そんな話もあったような気もするな。
影に追われる、夜の無限回廊だったっけ?]

(86) 2018/07/21(Sat) 23時頃

【人】 常世倶楽部 アオ



           それはズルなんじゃないか?

[後ろから少年の笑い声が聞こえた。
とても、とても近くに。] 

(87) 2018/07/21(Sat) 23時頃

【人】 常世倶楽部 アオ

[男の姿が再び校舎の廊下に見えることは、無かった。]*

(90) 2018/07/21(Sat) 23時頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:アオ 解除する

処刑者 (5人)

アオ
26回 (4d) 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.125 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび
下記の場所以外では、人狼議事内キャラチップ
の利用を許諾しておりません。ご了承ください。

議事総合トップ
人狼議事lobby
人狼議事morphe
人狼議事cafe
人狼議事perjury
人狼議事xebec
人狼議事crazy
人狼議事ciel

SoyBean
Sangria
@7korobi