人狼議事


266 十二人の(  )こどもたち村【R15】

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


【人】 真向一気 シンイチ

[時折目線を彼の方へ向けながら、
真一は黙って話>>91>>92を聞いていた。

緩く上がっていた口角が、徐々にへの字を描いて]

 ……はぁ?

[最後には、ぽかん、と
呆気に取られたように口が開いた。
はは、と乾いた笑いが漏れる。]

(124) 2019/02/21(Thu) 22時頃

【人】 真向一気 シンイチ

[語り終えた当の本人>>93はといえば
真面目な顔のまま、こちらを見ているものだから
給湯室には一人分の笑いが落ちて、消えた。]

 いや、俺にどうしろと?
 騒ぐのも話題にするのもテレビの奴らやん。
 ンなこと言われて、も、

[そこでようやく、はた、と気付いたように、
真一は目を見開いて、咳払いで誤魔化す。

はぁ、とため息を吐いて、
何事も無かったかのように言葉を続けた。]

(125) 2019/02/21(Thu) 22時頃

【人】 真向一気 シンイチ

 ……どうしようもありませんね、僕には。
 諦めるか、君の方が日をおいてください。

 大丈夫ですよ。
 僕の話題なんて、直ぐに消えると思います。

[メディアなんてそんなものだ、と
真一は肩を竦めた。

最初こそセンセーショナルに報道される話題も
数週間もしないうちに他のものへ入れ替わる。
この世界ではそれが常で、
人の死に対しても同様である。]

(126) 2019/02/21(Thu) 22時半頃

【人】 真向一気 シンイチ


[“王子様”だって、
それに抗うことは出来やしない。]
 

(127) 2019/02/21(Thu) 22時半頃

【人】 真向一気 シンイチ

 力になれなさそうで、すみません。

[眉を下げて、苦笑する。
申し訳ないというポーズだけは取りつつ、
意識は既に、他のことへと向いていた。]

 良ければ、有名になりたい理由をお聞きしても?

[力になりたいという訳ではない。
単純な興味だった。

病気や大衆に殺される訳でなく、
意味の分からない動機を掲げる
相手への好奇心。それだけの話だ。

何せ、彼の目的が果たせないとしても
真一が困ることは何一つないので。*]

(128) 2019/02/21(Thu) 22時半頃

【人】 透明女子会 ヒナコ

[誰かの気配を感じた>>123進さんだ
迷子になってるのが、バレてしまっただろうか

責められてるような声色じゃ、ないけれど]

  えと…案内板…、じゃなくて…
  備品倉庫に行こうと思って…その、見つけられなくて

[目的地に行けないなんて、少し恥ずかしい
案内板さえ見つけられれば、何とかなったと思うんだけれど

進さんなら、場所を知ってたりするだろうか*]

(129) 2019/02/21(Thu) 22時半頃

真向一気 シンイチは、メモを貼った。

2019/02/21(Thu) 22時半頃


透明女子会 ヒナコは、メモを貼った。

2019/02/21(Thu) 22時半頃


【人】 会堂長老会 ワタル

 ─ 屋外 ─


  構わないよ


[ まだ少し大きい学生服の袖を伸ばすようにして
  掌を守りながら手を伸ばす。

  敷地内に居るということを
  誰かに見られるのも不味い話であるので、
  早く終わらせるのが得策だろう。

  持ち上げてみれば思っていたよりも重く
  女一人で運ぶには難しいだろうなと考えた。 ]
 

(130) 2019/02/21(Thu) 22時半頃

【人】 会堂長老会 ワタル

 
[ 周囲を見渡しながら目立たない場所を探せば
  ユミの方から声が掛かる。

  直接的に問い質さないユミへ
  不思議そうな表情を浮かべるが、
  自らの行っていた模索のことだと思い当たった。 ]


  ああ、性格を決めてたんです
  サイコロを振って、表を見て、ね

  えーっと、ほら

 

(131) 2019/02/21(Thu) 22時半頃

【人】 会堂長老会 ワタル

 
[ フェンスを持つ手を片方だけ外しポケットに入れ
  おぼつかない手つきで操作すると、
  その画面をユミへと見せるように傾ける。 ]


  ネットって、すごく便利だよね

  サイコロだってかんたんに振れるし
  性格一覧表なんてのもあるんだもん


[ ネットダイス、であるとか
  人の性格が100連ねられているページだとか
  少年の見せる画面には、
  そういったものが映っていた。 ]*
 

(132) 2019/02/21(Thu) 22時半頃

【独】 真向一気 シンイチ

/*
由衛くんの反応が推し見とる時のワイすぎて
わかりみがやばい(クソ語彙)

(-34) 2019/02/21(Thu) 22時半頃

【独】 透明女子会 ヒナコ

/*

進さん…見つけてくれてありがとう…!

(-35) 2019/02/21(Thu) 22時半頃

【独】 透明女子会 ヒナコ

/*
薬品保管室>レンくん、ノッカ

給湯室>ユエさん、シンイチさん ……あってる?

大丈夫!まだ備品倉庫は誰もいないはず!

(-36) 2019/02/21(Thu) 22時半頃

【人】 宇宙原理衆 ウツギ

― 多目的室 → ―

 …君は死にたかったの?
 行きたかったの?

[再び静かになった病室で
11番を見下ろしながら問いかける。

返事はない。
ただひどくゆっくりと呼吸音が響くだけ。]

 …決めなきゃね

[コツコツと靴音を立てながら
みんなの様子を確認しに地下室を後にする。*]

(133) 2019/02/21(Thu) 22時半頃

【独】 真向一気 シンイチ

/*
っていうか皆の文章が好きすぎて
永遠に読んでたくなる瞬間ある

こうめっちゃええとこに飛ばしてくれた球を
どう打ち返せばいいのか
っていう この(ろくろを回すポーズ)

(-37) 2019/02/21(Thu) 22時半頃

【独】 透明女子会 ヒナコ

/*
「…何処まで行くんだい?
笑って逝きたいと言っていた彼女に」

って書いてたから

「目的地に行けないなんて、少し恥ずかしい
案内板さえ見つけられれば、何とかなったと思うんだけれど」

って返してみたの。

何となく、リアルに起きてる事を言ってるんじゃないような文章に思えたから。でも、私の文章分かりにくいよね(泣)

目的地に行けないなんて、少し恥ずかしい
(普通に生きられなくて、誰にも言えない)

案内板さえ見つけられれば、何とかなったと思うんだけれど
(導いてくれる人(親)がいてくれれば、普通に生きられたのに)

みたいなのを醸し出したかったけど、難易度高杉た

(-38) 2019/02/21(Thu) 22時半頃

【独】 透明女子会 ヒナコ

/*
>>132 わお!

(-39) 2019/02/21(Thu) 22時半頃

【人】 架空惑星 レン


[ 締め切って探していたから
 フェンスの落ちた音は>>17遠かった。
 それでも何かが起きたような気がして
 一度姿勢を伸ばした。
 向かおうかと考えるも溜息をつく。
 お呼びではないだろうと決め込んで作業を再開した。

 これだけあれば足りるんだろうか。
 練炭での自殺とは知らなかった為に
 見下ろしながらもラベルを眺める。
 半ば心ここに在らずといった具合だから ]

  …………ノッカ?

[ 気が抜けたような声で振り返った。
 気のせいだと思ったがその人物は本当にここにいて>>118
 驚いたように目を見開くもの>>120
 それもまた落ち着いたように細まった ]

(134) 2019/02/21(Thu) 22時半頃

【人】 架空惑星 レン


  どうした?

[ 怒りでも悲しみでもなくたった一言。
 返す言葉は諦めたようにも聞こえるくらい
 凪いでいたのだからどうしようもない ]*

(135) 2019/02/21(Thu) 22時半頃

【人】 薔薇∴十字 ススム


 備品倉庫は地下の、多目的室の奥だったかな。

[勿論全ての位置関係を覚えているわけではないが、備品倉庫は見かけたから覚えていた。]

 …案内板は入院患者とかのためのものだから乗ってないだろうしな、気がつかないとたどり着けないだろう。

[じゃあ一緒に行くか、と。歩みを進めようとしたが、彼女は付いてきてくれるだろうか*]

(136) 2019/02/21(Thu) 23時頃

【人】 聖愛色同胞 ノッカ

[聞こえた声は、ひどく静かで。
なんだか胸がゾッとした。
目の前の金髪が、チカチカ、お母さんとシルエットがダブる。
ひどく傷ついて、弱ってて、優しくする余裕もない人。
静かな海みたいで、それでいて底の見えない人。
そんな感じに。

それでも、あたしは彼と話し合わなきゃいけないと思った]

 あたし、さ。

[とんとん、と靴を床に打ち鳴らす。
無意識に唇へ触れようとした指を、気がついて丸めて]

 赤ちゃんの頃以外に、れんくんと会ってないから。
 れんくんは、初対面の親族って、それだけなんだよね。
 ……ごめんね。れんくんみたいな気持ち、持てなくて。

(137) 2019/02/21(Thu) 23時頃

【人】 聖愛色同胞 ノッカ


 けどさ、あたしお兄ちゃんって、憧れてて。
 ……ずっと会いたいと思ってたし、会いに行こうとも思ってた。
 お母さんに住所聞けなかったから、行けなくて……嘘くさいだろうけどさ、はは、ごめん。

 だから、なんていうか。

[言葉がまとまらない。うまく言えない。
これも響いてるのか分からない。
彼を傷つけてないかと、そればかりが気になる。
もどかしさは、手を落ち着かなくさせて。
その手は、きれいにセットしていた髪を、ぐしゃりとかき乱した]

(138) 2019/02/21(Thu) 23時頃

【人】 聖愛色同胞 ノッカ


 れんくん……お兄ちゃん、のこと。
 少しも知らないまんま、お別れは、やだ。

 お兄ちゃんのこと、教えてほしい。
 あたしのことも教えるから、お兄ちゃんの話、聞かせてよ。

[ふう、と緊張した息を吐いて、それから。
ゆっくりと一歩、近付いた*]

 ……お兄ちゃんは、なんで死にたいの?
 どんな感じで、生きてきたの?

(139) 2019/02/21(Thu) 23時頃

【人】 会堂長老会 ワタル

 ─ 少年Wは逸失する ─

[ 少年は、自由となった。

  もはや、勉強したり料理を作ったりして
  母親に尽くすことはしなくていい。
  何でも自由に行うことが出来る。

  しかし、ならば、何をすればいい?

  自分が行いたいことをすればいいのだ。
  だが、少年のしたいこととは何だろう。
  一体何なのだろう。

  考えた時、少年の頭は真っ白になった。
  自分のやりたいことが分からない。 ]
 

(140) 2019/02/21(Thu) 23時頃

【人】 会堂長老会 ワタル

 
[ 半ば自覚し行っていたことであったが、
  少年の性格は勉学に励めるようなものだった。

  負けず嫌いで他人を見下し
  プライドが高い、努力家。
  勉強のノイズとなる友達も
  そういった性格では発生せず丁度いい。

  しかし、生命保険について知ってから数日後。
  少年は図書館で同級生に声をかけられる。

  それは少し前までなら無視を押し通していた
  「勉強を教えて欲しい」といった声だった。 ]
 

(141) 2019/02/21(Thu) 23時頃

【人】 会堂長老会 ワタル

 
[ 一度無視しようとして、考えた。
  時間の無駄だと思っていたが
  最早大学受験も何も関係が無い。
  時間なんて気にすることは無い。

  少年はソイツに勉強を教えることにした。
  同級生は野球部に所属しており、
  次赤点を取ると大会に出られないらしい。

  坊主頭を摩りながら話す同級生の話を
  以前なら記憶などするつもりは微塵も無かったのに
  言葉として認識する程度には聞いていた。 ]
 

(142) 2019/02/21(Thu) 23時頃

【人】 会堂長老会 ワタル

 
[ 同級生は同じ生き物かと思えないくらい
  要領が悪く覚えも遅かったが
  少年は時間にそれなりの猶予がある為
  納得がいく程度には教え続けた。

  夕陽が図書館に落ち切った頃
  少年は同級生へ数学を一章叩きこみ終わった。

  結構疲れたな、と息を吐いた少年へ同級生は
  焼けた肌に生えさせるように歯を見せて笑う。
  「一堂って結構いいやつだよな!
   今度遊びに行こうぜ、奢ってやるから」

  ウケるだの、楽しいだの、言う同級生に
  少年もまた、悪く無い時間だったと自然に考えた。 ]
 

(143) 2019/02/21(Thu) 23時頃

【人】 会堂長老会 ワタル

 

[ 自分は友達を作ることなど嫌いだと思っていた。
  しかしそれは、以前の“母の為の自分”で
  最適なものを演じていたのではないだろうか。

  本当の自分は、今までの自分とは何もかも
  違うのではないだろうか。

  というのが、少年の気付きだった。 ]

 

(144) 2019/02/21(Thu) 23時頃

【人】 会堂長老会 ワタル

 
[ 今までの自分が無意識に演じてたものなら
  本当の自分は一体何者だろう。

  好きなものは?嫌いなものは?苦手なものは?
  晴れが好き?雨が好き?曇りが好き?

  何一つだって分からない。 確定していない。
  無理に慌てて決めつけようとすると
  何も掴めない暗闇の中を掻き分ける感覚に陥る。

  ならば、試して行けば良い。
  以前と今を比べたことで一つ分かったのだ。
  今のように、ひとつづつ、反対を振舞って。
  対照実験のように。 ]
 

(145) 2019/02/21(Thu) 23時頃

【人】 会堂長老会 ワタル

 
[ どんな性格があるか調べ、少年は
  一日ごと、あるいは数時間ごとに性格を変えた。

  消極的か、積極的か。 神経質か、無神経か。
  感情的か、冷静沈着か。 勇敢か、臆病か。

  暗闇から自分の形を手探りで創り出す。
  自分のものだと思える部分を決め、
  無限にも思える暗闇の、他の可能性を切り捨てた。

  少しずつ削っていく。
  なんにでもなれるかもしれない少年を
  少年は自ら少しずつ殺していく。

  そして、最後に残った本当の自分。
  自分で生み出した自分の姿で、少年は死ぬ。 ]
 

(146) 2019/02/21(Thu) 23時頃

【人】 会堂長老会 ワタル

 
[ それは、素晴らしいことに思えた。
  なんだか丁度いい感覚がした。
  少なくとも、その時の少年には。

  母のサインを見た時から自殺を決めていたが
  それすら“本当の自分”の意志か不確かだったので
  再び母の言いなりになる実験すら少年はした。

  とても腹が立ったので途中でやめた。

  母親に貢いだ後の中年で過ごす余生と
  今若いうちに体験できる一年は同価値だ、と
  少年はやや強引に自分を納得させ、
  自由な一年を楽しむことにした。 ]
 

(147) 2019/02/21(Thu) 23時頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

生存者
(10人 0促)

はのん
54回 注目
ススム
18回 注目
ノッカ
16回 注目
マユミ
20回 注目
レン
14回 注目
ヒナコ
31回 注目
ワタル
17回 注目
シンイチ
32回 注目
ユエ
18回 注目
ガーディ
33回 注目

犠牲者 (1人)

0回 (2d)

処刑者 (1人)

ウツギ
11回 (5d) 注目

突然死 (0人)

舞台に (0人)

村を出た人達

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.132 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび
下記の場所以外では、人狼議事内キャラチップ
の利用を許諾しておりません。ご了承ください。

議事総合トップ
人狼議事lobby
人狼議事morphe
人狼議事cafe
人狼議事perjury
人狼議事xebec
人狼議事crazy
人狼議事ciel

SoyBean
Sangria
@7korobi