人狼議事


266 十二人の(  )こどもたち村【R15】

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


【人】 真向一気 シンイチ

[アイドルの世界に足を踏み入れたのは
間違いなく、真一自身の意思だった。
テレビの中で歌って踊る彼らに憧れて、
自分もそうなりたいと思った。

けれど、王子様なんていやしない。
それに気付いたのは、
自分がそう呼ばれる存在になってから。

手間暇かけて作られたテレビの中の偶像と
現実の真一は全くの別物だった。
事務所やプロデューサーが
綿密に作り上げた着ぐるみを着せられて
毎日、笑顔を振り撒いている。

そこに、真一自身の意思はない。]

(39) 2019/02/21(Thu) 12時頃

【人】 真向一気 シンイチ

[それでも、何処へ行くにも、
王子様の偶像はついてまわる。

無遠慮に向けられる視線とカメラ。
それを否定することは許されなかった。
王子様に人権は無いらしい。

仕事をしている時は当然のこと、
街中や電車、果ては家の中ですら怯える日々を
真一は送っていた。

まるで、犯罪者にでもなった気分だった。]

(40) 2019/02/21(Thu) 12時頃

【人】 真向一気 シンイチ

[『誰の為のお前なの?』
『誰の人生だよ』
吐き捨てられた言葉>>2:162
真一の胸に重くのしかかる。

あぁ、もう、やめよう。
これ以上考えるのは無駄だ。
首を振って、思考を追い出す。

少なくとも、今ここに居るのは
他でもない、真一自身の意思なのだ。]

(41) 2019/02/21(Thu) 12時頃

【人】 真向一気 シンイチ

―現在:地下・多目的室―

 えぇ、そうですね。
 さっさと行きましょう。

[行先が1番と同じでないなら、断る理由はない。
ご指名>>2:165に、マスクの位置を直しつつ
真一はすんなりと席を立っただろう。

ふんぞり返って待つ趣味はない。
王子様じゃあるまいし、ね。]

(42) 2019/02/21(Thu) 12時頃

【人】 真向一気 シンイチ

[ゆえまもる、だったか。
そう名乗っていた8番の男と
給湯室へ向かう、その途中。
真一は、不意に彼へと頭を垂れたと思う。]

 ……すみません、助かりました。
 ありがとうございます。

[意味が分からないようならそれでいい。
言葉を付け足すこともせず、眼鏡の位置を直して
少し俯いて、真一は歩いていく。

やけに彼からの視線を感じるような気がして
真一は帽子を深く被り直した。
気の所為なら、それでいい。*]

(43) 2019/02/21(Thu) 12時頃

真向一気 シンイチは、メモを貼った。

2019/02/21(Thu) 12時半頃


【人】 真向一気 シンイチ

―給湯室―

[かち、かち。
火が点いたり消えたりする音>>64を聞きながら、
まぁ、いつかはバレるよなぁ、と真一は思っていた。

ガラス戸を叩かれた訳でもないので、
手に持った火元を取り落とすことは無かった。
ただ、相手を推し量るように目を細めて、
点検を終えたチャッカマンを適当な場所に置く。

そうしてから、ようやく真一は
由衛に対して、こくりと頷いてみせた。]

(71) 2019/02/21(Thu) 18時半頃

【人】 真向一気 シンイチ

 えぇ、お察しの通りです。
 けれど、まぁ、あまり気にしないでください。

[マスクをポケットに突っ込んで
口元に苦笑を浮かべた。

舞台やテレビの時と違って、化粧は殆どしていない。
それでも、濃い疲労の色を
ファンデーションの下に隠すくらいは
出来ていたと思う。多分。]

(72) 2019/02/21(Thu) 18時半頃

【人】 真向一気 シンイチ

[彼の反応>>68は至極あっさりしたもので、
強ばっていた肩の力が抜けるのが分かった。

騒ぐつもりも、止めるつもりもないらしい。
それだけで、どこか救われたような気持ちになって
真一は微笑んだ。王子様のよう、と言われる顔立ちで。]

 ……聞くだけでいいなら。

[目の前の少年がここに来た原因が
同業他者にあるなんて思いもしないので、
まぁ、死ぬ前の感情の吐露か何かだろう、と
適当な当たりを付けて。

どうぞ、と手で続きを促し、
真一は壁にもたれ掛かった。
口元に手を当てて、彼の言葉を待つ。]

(73) 2019/02/21(Thu) 19時頃

【人】 真向一気 シンイチ

[何となく、煙草が吸いたいと思った。

中毒者って訳でもない。
今まで吸った回数なんて、
多分、両手に収まる程度のはずなのに、ね。*]

(74) 2019/02/21(Thu) 19時頃

真向一気 シンイチは、メモを貼った。

2019/02/21(Thu) 19時頃


【人】 真向一気 シンイチ

[時折目線を彼の方へ向けながら、
真一は黙って話>>91>>92を聞いていた。

緩く上がっていた口角が、徐々にへの字を描いて]

 ……はぁ?

[最後には、ぽかん、と
呆気に取られたように口が開いた。
はは、と乾いた笑いが漏れる。]

(124) 2019/02/21(Thu) 22時頃

【人】 真向一気 シンイチ

[語り終えた当の本人>>93はといえば
真面目な顔のまま、こちらを見ているものだから
給湯室には一人分の笑いが落ちて、消えた。]

 いや、俺にどうしろと?
 騒ぐのも話題にするのもテレビの奴らやん。
 ンなこと言われて、も、

[そこでようやく、はた、と気付いたように、
真一は目を見開いて、咳払いで誤魔化す。

はぁ、とため息を吐いて、
何事も無かったかのように言葉を続けた。]

(125) 2019/02/21(Thu) 22時頃

【人】 真向一気 シンイチ

 ……どうしようもありませんね、僕には。
 諦めるか、君の方が日をおいてください。

 大丈夫ですよ。
 僕の話題なんて、直ぐに消えると思います。

[メディアなんてそんなものだ、と
真一は肩を竦めた。

最初こそセンセーショナルに報道される話題も
数週間もしないうちに他のものへ入れ替わる。
この世界ではそれが常で、
人の死に対しても同様である。]

(126) 2019/02/21(Thu) 22時半頃

【人】 真向一気 シンイチ


[“王子様”だって、
それに抗うことは出来やしない。]
 

(127) 2019/02/21(Thu) 22時半頃

【人】 真向一気 シンイチ

 力になれなさそうで、すみません。

[眉を下げて、苦笑する。
申し訳ないというポーズだけは取りつつ、
意識は既に、他のことへと向いていた。]

 良ければ、有名になりたい理由をお聞きしても?

[力になりたいという訳ではない。
単純な興味だった。

病気や大衆に殺される訳でなく、
意味の分からない動機を掲げる
相手への好奇心。それだけの話だ。

何せ、彼の目的が果たせないとしても
真一が困ることは何一つないので。*]

(128) 2019/02/21(Thu) 22時半頃

真向一気 シンイチは、メモを貼った。

2019/02/21(Thu) 22時半頃


情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:シンイチ 解除する

生存者
(10人 0促)

シンイチ
32回 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.109 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび
下記の場所以外では、人狼議事内キャラチップ
の利用を許諾しておりません。ご了承ください。

議事総合トップ
人狼議事lobby
人狼議事morphe
人狼議事cafe
人狼議事perjury
人狼議事xebec
人狼議事crazy
人狼議事ciel

SoyBean
Sangria
@7korobi