人狼議事


268 Werewolves of PIRATE SHIP-V-

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


【独】 肉屋 ニール

/*
ぎゃー悩んでる間に更新したごめんなさい!!

(-2) 2019/03/16(Sat) 01時頃

肉屋 ニールは、メモを貼った。

2019/03/16(Sat) 01時頃


【独】 肉屋 ニール

/*
あろでまた、ってなんだよ自分……

ヌヴィルに気遣われてしまった(´・ω・`)スマンノゥ

(-12) 2019/03/16(Sat) 01時頃

【人】 肉屋 ニール

― 食料貯蔵庫 ―

[船長の亡骸を横たえたあと、胸に手を当て、暫し瞑目した。
 信仰心なんてものはないのだが、せめて、形だけでも。]

 そうね。
 今この船に乗っているのは、みんな、仲間。
 ……の、はずなのよ、本当は。

 けど…………

>>2:390けれど、そうではなかったという事実に、嘆息し、俯く。]

(3) 2019/03/16(Sat) 02時頃

【人】 肉屋 ニール

 ピスティちゃん……。

>>0新入りだからと、もしもの時の殺害に名乗りを上げるピスティオに、頷くことはできなかった。
 かといって、首を横に振ることも。]

 それは、その時になってから、考えましょ。

[過ごした時間が長ければ長いほど、いざとなれば辛いかもしれないけれど。
 しかし逆に、付き合いが長いほど、赦せないという感情が湧くこともある。
 その時にならなくては、分からない、と。]

(4) 2019/03/16(Sat) 02時半頃

【人】 肉屋 ニール

 あっ、シーちゃん。
 どうしたの、船長ならここに……。

>>1彼も、船長に別れを告げに来たのだろうか。
 恐ろしい人ではあったけれど、仲間に対しては寛容で、人望だってあった。そう認識している。
 簀子の上に横たわる亡骸を、シーシャに示し、前を譲り]

 なあに、サイモンがどうか
 ……えっ、サイモンもなの?!

[サイモンは昨日、食事を取りに来なかった。
 襲撃のあと、血のにおいが気になって食事が喉を通らないとか、そういう下っ端はよくいるし、彼がひどく怯えていたとは聞いていたから、さして気にしなかったのだけど。]

 体の中もって……内臓を食べるって、完全に獣の食事じゃないのそれ。

(5) 2019/03/16(Sat) 02時半頃

【人】 肉屋 ニール

 それから……何があったの?

[話を聞けば、その惨たらしいさまに、顔を顰めた。]

 ひどいわね……。
 けど、むざむざ、奴らの食事になってやるつもりはないわ、そうでしょう。

 返り討ちにしてやりましょ!

[たとえ昨日まで仲間だったとしても、船長を殺した奴など、もう仲間じゃない。
 そう己に言い聞かせるように。]

(6) 2019/03/16(Sat) 02時半頃

肉屋 ニールは、メモを貼った。

2019/03/16(Sat) 02時半頃


【人】 肉屋 ニール

― 食料貯蔵庫 ―

 ジャー先生が?
 ありがとう助かるわ。

>>49受け取ったシーツは、亡骸を覆うのに使わせてもらおう。
 今は、顔だけが出るようにして、そっとかぶせる。]

 えぇ、実際に見たわけじゃないから断言はできないけど、ちょっと違い過ぎるわね。
 同じやつとは、私も思えないわ。

>>27グスタフの意見に頷くが、だとしたら、あまり考えたくはないことだが、人狼は複数いるということ。
 おそらくグスタフが言いたかったこと、そしてきっと皆も感じとったであろうことで。]

(84) 2019/03/16(Sat) 21時頃

【人】 肉屋 ニール

 そうよね……お腹が空いたんだったら、ごはん、食べに来てくれればよかったのに。

>>43そうだ、昨夜は、今朝の分も少し残せる程度には、たくさんの御馳走を作ったのだ。
 それでも足りないといわれても、まだ材料は十分にあった。
 なのに何故、仲間を殺し、肉を喰らったりしたのだろう。
 それが獣の本能なのだといわれてしまえば、それまでかもしれないが。]

 …………グスタフちゃん、会ったことあるの?

[その答えは、グスタフの過去の告白>>31によって、導かれた。]

 そう、なの……。
 じゃあやっぱり、少なくともサイモンちゃんは、その為に食べられちゃったってことかしら。
 そして船長は…………。

[船長も同じだろうか。
 それにしては、喰らわれた形跡が薄い気もしたのだが。]

(85) 2019/03/16(Sat) 21時頃

【人】 肉屋 ニール

 そうね、副船長に聞いてみるの、いいかもしれないわ。
 あのひと、頭がきれるから。

>>34烏合の衆が集まってあーだこーだと推察するより、もしかしたら、いい意見を出してくれるかもしれない。
 先程から深い推察を見せてくれているグスタフと話し合えば、きっと何か糸口が掴めるかもしれない。]

 えぇ、お願いするわ。
 あたしはひとまず、皆に食事を用意するわね。
 人狼と戦うにしても何にしても、お腹が空いてちゃ厳しいでしょ?
 エルゴちゃん、お手伝いお願いね。

[重くなりそうな空気を振り払うように。
 グスタフを見送ると、エルゴットに声をかけて厨房へ向かおうとした**]

(86) 2019/03/16(Sat) 21時頃

肉屋 ニールは、メモを貼った。

2019/03/16(Sat) 21時頃


【人】 肉屋 ニール

― 厨房へ ―

 なぁに?

>>48エルゴットをはじめ、自分のことを「おかあさん」とか「ママ」とか呼ぶ同胞は、何人かいる。
 はじめのうちこそ少々気に障りもしたが、彼らのそれは、けして己を馬鹿にしたりからかっているわけではなく、むしろ、食事を作るものへの感謝のように聞こえていた。
 だから、あっさりとその呼び方を受け止めた。]

 あら、もう雄鶏捕まえてきてくれたの?
 気が利くわね……、あら?

[床に下ろされた雄鶏、てっきり、スープのためにエルゴットが捕まえてきてくれたものかと思っていた。
 けれど違った。この鶏は、エルゴットが飼いたいようだ。]

(149) 2019/03/16(Sat) 23時半頃

【人】 肉屋 ニール

 ……そうねぇ。
 エルゴちゃんがちゃんと面倒見るのなら、いいんじゃないかしら。
 それと、もしこのあと、また食料不足ってことになったら、その子にもごはんになってもらうわよ。

>>48名前を「非常食」としているくらいだ、きっとその覚悟はエルゴットにもあるのだろうと思って。
 一応念押しをしてから、了承。]

 さて、それより食事の支度よね。
 それじゃあ、ジャガイモ茹でてもらっていいかしら?
 茹で上がったら、潰してほしいの。

[その先の指示は、またあとで。
 ひとまずジャガイモをエルゴットに任せたら、自分は、雄鶏をまた一羽、つぶしにいこう。*]

(151) 2019/03/16(Sat) 23時半頃

【人】 肉屋 ニール

― 第一甲板 ―

[鶏を捕まえに、第一甲板へ。]

 あらザーゴちゃん。
 やだどうしたのずぶ濡れじゃない!

>>152そこで、頭から水を浴びているザーゴを見つけ、驚いて駆け寄った。]

 何があったか分かんないけど、そのままじゃ風邪ひいちゃうわよ!
 早く拭かないと……

[しかし手持ちの布はなく、とりあえず、自分のエプロンを渡そうとする。]

 もうすぐ、ジャガイモのお団子と鶏肉のスープができるから。
 あったまるから、食べにいらっしゃいね。

[それから、昨日のウサギシチューも残っていると声をかけ、それから急いで雄鶏を一羽捕まえ、また厨房へ向かうとしよう。*]

(163) 2019/03/17(Sun) 00時半頃

肉屋 ニールは、メモを貼った。

2019/03/17(Sun) 00時半頃


【人】 肉屋 ニール

― 再び厨房 ―

 お待たせエルゴちゃん、さっさと準備しちゃいましょ。

[厨房へ戻ると、すぐに鶏を絞めて羽根を毟り、解体を始めた。
 エルゴットの「非常食」は、それをどんな様子で見ていたのだろう。]

 おイモ、潰し終わったら、塩水と小麦粉と混ぜるから。
 こっちにちょうだい。

[指示する頃には、鶏はもう肉の姿。
 小さくぶつ切りにして、鍋に放り込むだけ。]

(174) 2019/03/17(Sun) 01時半頃

【人】 肉屋 ニール

[そんな匂いにつられたのか、フェルゼ>>158とシーシャ>>164がやってきた。]

 あらシーちゃんにフェルちゃん。
 ごめんなさい、もうちょっとで出来るから……あぁ、昨日のシチューの残りでよければ、すぐに食べられるわよ。

[空腹を訴えるフェルゼに、昨日のシチュー鍋を示しながら、鶏肉を一口大に切ってゆく。
 けれどフェルゼの視線は、何故か、「非常食」のほうへ向いていて]

 そうねぇ。
 鶏に感情があるならば、そうかもしれないわね。
 けど、もともと食料のつもりだったんだし……、って、ぅん?

[てっきり、鶏に同情でもしているのかと思ったら、なんだか様子がおかしい。
 肉を切る手を止め、フェルゼに怪訝な視線を向けた。]

(175) 2019/03/17(Sun) 01時半頃

【人】 肉屋 ニール

 フェルちゃん……ちょっと、何言ってるの?

>>158非常食だと思わないから、人狼のほうが優しいだなどと。
 理屈がまったく分からない。
 もし仮に、1000歩くらい譲ってそうだとしても、人間を食べてみれば>>159なんて言葉は、到底許容できなかった。
 普段は比較的温和だと自負するところだが、今ばかりは、ひどく厳しい眼差しを、フェルゼへと向ける。]

 ねえフェルゼちゃん、あなたそれ、本気で言ってるのかしら?
 冗談だとしたら、あまりにもたちが悪くて全然笑えないし、もし本気なんだとしたら、到底許容できないことよ。

[もしかして、彼が人狼なのだろうか。
 グスタフの見立てでは、人狼はおそらく複数……ならば、彼以外にもいるのだろうか。]

(176) 2019/03/17(Sun) 01時半頃

【人】 肉屋 ニール

 フェルちゃん、あなた……人狼なの?
 あなた以外にも、誰かいるの?

 ……船長とサイモンちゃん殺したの、あなたなの?

[はたして答えてくれるのか。
 期待はできないだろうと思いながらも、警戒を強め、チョッパーナイフを握りしめた。
 調理用のものではなく、戦いの時に使う、大ぶりで分厚いものを**]

(177) 2019/03/17(Sun) 01時半頃

肉屋 ニールは、メモを貼った。

2019/03/17(Sun) 02時頃


肉屋 ニールは、メモを貼った。

2019/03/17(Sun) 22時頃


【人】 肉屋 ニール

[フェルゼの言い分は、到底受け入れられるものではなかった。
 向ける視線が、より一層にきつくなる。]

 シーちゃん、エルゴちゃん、油断しちゃダメよ。

[後方にはギリアンの姿もあるから、現状、4対1かもしれない。
 けれど相手が本当に人狼だとしたら、それで勝てるかどうかも分からない。]

 …………っ、?

[また、何か聞こえた気がした。>>209
 気のせいだろうと、一度は首を振った。
 それより今は、目前のフェルゼをどうにかしなくてはならない。]

(342) 2019/03/17(Sun) 23時頃

【人】 肉屋 ニール

 あなた以外に……3人……!?

[グスタフたちと、少なくとも二人はいるだろうとは話したが。
 彼を含め、予想の倍も潜んでいたことに、愕然とする。
 デカませだろうとも思ったが、伝声管から聞こえてきたハワードの声。>>247そこでヌヴィルが襲われたと知れば、あながち嘘にも聞こえない。]

 ギリアンちゃん、気を付けて……!

[どこかへ走り去るギリアンを見送り、改めて、フェルゼに向き直る。]

(349) 2019/03/17(Sun) 23時半頃

【人】 肉屋 ニール

[先に動いてくれたのはシーシャ。それからエルゴットだった。
 ならばと自分は、彼らのフォローに回る。

 シーシャの斧が振り下ろされ、フェルゼの片腕が飛んだ。>>307
 普通ならそれで動揺してもいいはずが、フェルゼは笑っている。
 それどころか、斬られた腕を掴んで、シーシャに殴り掛かったように見えた。]

 シーちゃん!?

>>332咄嗟に庇いに入ろうとしたが、殴られたのではなく、その肉を喰らわせようとしたのだと知れば、気味悪さからもう一歩の踏み出しを躊躇った。
 その間に、シーシャがフェルゼを蹴り倒してくれた>>334けど。]

(357) 2019/03/17(Sun) 23時半頃

肉屋 ニールは、メモを貼った。

2019/03/17(Sun) 23時半頃


【人】 肉屋 ニール

 やだ……また。

[また、おかしな幻聴が聞こえてきた。
 どことなくヌヴィルの声に似ている気がしたが、彼はおそらく人狼に喰われ、もういないはずだ。

 片耳を抑え、顔を顰める。]

(369) 2019/03/17(Sun) 23時半頃

【独】 肉屋 ニール

/*
ほんと、紅組の皆さんありがとう!
頭が下がります。

(-141) 2019/03/18(Mon) 00時頃

【人】 肉屋 ニール

 ヌヴィちゃん……?
 どこかにいるの?

[もしかしてじつは生きていて、どこかに隠れているのかも知れないと、辺りを見回したのは一瞬のこと。
 シーシャがフェルゼの足を落とす音を聞き、ハッと振り返る。]

 そうね、たとえあなたが人狼だとしても、この船の仲間を襲ったりしなければ、きっと、好きになれてた……好きなままだったと思うのよ。

 けどもう、あなたは、あたし達の仲間なんかじゃない。
 この船を襲う、狂った怪物。その仲間。

[もう逃れられないであろうフェルゼを見下ろし、静かに、言葉をおとす。
 それでも、万が一のために、チョッパーナイフは強く握りしめたまま。]

(385) 2019/03/18(Mon) 00時半頃

【人】 肉屋 ニール

>>365エルゴットがフェルゼに別れを告げながら、棍棒を振り下ろす。
 目を逸らさずに、それを見た。
 仲間”だった”男が死ぬ……殺されるのを、見届けるために。
 そして、万が一、仕留め損ねたときに、すぐ加勢できるように。

 厨房に響いた鈍い音>>368が、骨の砕ける音だというのは、すぐ分かった。]

 …………。

[本当に息絶えたのだろうか。
 動かなくなったフェルゼの様子を、暫し見つめていた。]

(392) 2019/03/18(Mon) 01時頃

【人】 肉屋 ニール

 …………やだ、また聞こえる。

[不意に、耳に届く声は、やはりヌヴィルのものだった。
 改めて、周囲を見てみるが、やはりその姿は見当たらない。]

 ねえ、エルゴちゃん、シーちゃん。
 さっきから、ヌヴィちゃんの声が聞こえるような気がするんだけど……気のせいかしら。

[怪訝な顔で、ふたりに尋ねる。
 ここ最近、おかしな耳鳴りがしていたから、幻聴かもしれないけど。*]

(399) 2019/03/18(Mon) 01時頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:ニール 解除する

生存者
(5人 0促)

ニール
12回 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.203 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび
下記の場所以外では、人狼議事内キャラチップ
の利用を許諾しておりません。ご了承ください。

議事総合トップ
人狼議事lobby
人狼議事morphe
人狼議事cafe
人狼議事perjury
人狼議事xebec
人狼議事crazy
人狼議事ciel

SoyBean
Sangria
@7korobi