人狼議事


268 Werewolves of PIRATE SHIP-V-

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


【独】 山師 グスタフ

/*
えっジャーディン 狼なん?

(-6) 2019/03/16(Sat) 01時頃

【独】 山師 グスタフ

/*
うっわ役職ほんと誤解してた。やばい。

(-7) 2019/03/16(Sat) 01時頃

【独】 山師 グスタフ

/*
そっかあ……まじかあ。
えーーっと少女むつかしいな。
全然少女アピできなかったのでします。

(-9) 2019/03/16(Sat) 01時頃

【独】 山師 グスタフ

/*
ウサチャン解体されてる;;;;;

(-10) 2019/03/16(Sat) 01時頃

山師 グスタフは、メモを貼った。

2019/03/16(Sat) 01時頃


【独】 山師 グスタフ

/*
賢者:ヌヴィル
守護者:エルゴット
降霊者:ニール
賞金稼:?と?
人犬:?
狼血族:ヒュー
予言者:ギリアン
少女:グスタフ
囁狂人:フェルゼ
半狼:ガストン
首無:ハワード・ジャーディン

不明
シーシャ・ピスティオ・ザーゴ

(-14) 2019/03/16(Sat) 01時半頃

【独】 山師 グスタフ

/*
首無しと同じ部屋wwww
昨日までずっと預言者ジャーディンだと思ってた。
いや、PL目線開けたところ広すぎてどうしようってなってる。

(-15) 2019/03/16(Sat) 01時半頃

【独】 山師 グスタフ

/*
でも狼側透かせたくないとかあるかなあ。
表立って見えてる首無しジャーディン隠してるよね。

(-16) 2019/03/16(Sat) 01時半頃

【独】 山師 グスタフ

/*
いや、動きミスったなあ。
これ昨日の夜出かけとかないと聞こえないんじゃないか。
うーん、どうするか。

(-17) 2019/03/16(Sat) 01時半頃

【独】 山師 グスタフ

/*
じわじわきてるのが首無しに起きるまで見つめられていた事実です。

(-18) 2019/03/16(Sat) 01時半頃

【独】 山師 グスタフ

/*
これシーシャがじんけんで
賞金首ピスティオザーゴ?
今赤4だから今日村役か赤でいいよね。

(-19) 2019/03/16(Sat) 02時頃

【独】 山師 グスタフ

/*
混乱してる。

(-21) 2019/03/16(Sat) 10時半頃

【人】 山師 グスタフ

  ―第二甲板:食品貯蔵庫―

  仲間の筈だ。
  だが、実際に起きている。
  紛れもなく俺たちの中に犯人はいる。

[ ニールの言葉>>3を補強するように重ね
 ピスティオの申し出>>0には目を見開き
 その後、口角を上げた ]

  仲間だからこそ、ケジメはつける。
  一人で抱え込むなよ。

[ その時になって考えて間に合うのか>>4
 思う心はあれどその時は口にしなかった ]

(24) 2019/03/16(Sat) 12時半頃

【人】 山師 グスタフ

[ やがてシーシャが訪れる。
 彼の口から語られるサイモンの事>>1
 詳しくと話を促す声に迷いはなかった。

 獣のそれ>>5
 ニールの言う通りであるし、
 その意見にも同意だ>>6
 シーシャがジャーディンに見せたいもの
 それは確かに気になった。
 だがそれはピスティオが聞く筈>>7
 返答があったにせよ、ないにせよ
 サイモンの死体と船長の死体を比較する ]

  同じやつの仕業か?
  あまりにも違いすぎる。
  船長を殺したのは手練れの奴だろう。
  だが、聞いている限りサイモンを殺ったのは
  殺し慣れていないのか、
  敢えて殺さず甚振る必要があったのか
  そんな風に思える。

(27) 2019/03/16(Sat) 12時半頃

【人】 山師 グスタフ


  後者ならばマトモな人間がやるとは思えない。
  だが、必ずしもどちらかだけではない筈。

[ ただ殺す事が目的ならば心臓を貫けばいい。
 だが、サイモンの死体はそうではない。
 逃げるのを防ぐなら足を怪我させればいいだけ。
 腕まで切り落とす必要もないだろう。
 また、内臓を喰らっていたとの事から
 逸らした視線を今いる者らに戻す。

 話すべきだろうか。
 もしかしたら、疑われるかもしれない。
 だが、そうしている間に他の者も
 船長やサイモンのような気概が加わる可能性も
 最早否定できない状況となっていた。

 認めたくはなかった。だが、認めざる得ない ]

(29) 2019/03/16(Sat) 12時半頃

【人】 山師 グスタフ


  …………人狼はいる。
  俺は昔、二度会ったことがある。

  そいつらは、人間の肉に反応する。
  捕食する時に、その瞳はまばゆく美しく煌めく。

  この世にあるどんな宝石よりも、
  恐ろしいほど光る色を
  あいつらは人間を食う事で得る。

[ それが人狼を探る手がかりになるかもしれない。
 だが、その為に自分の肉を削げと言っている訳ではない。
 しかし状況が状況ではある。
 今、自分の獲物はサーベルとラッパ銃と
 水夫を殺したナイフが一つ。
 思考を張り巡らしながら口を開く ]

(31) 2019/03/16(Sat) 12時半頃

【人】 山師 グスタフ


  昨日の夜はガストンが船底倉庫で
  作業をしてたせいで騒がしかった。
  密室で何か起きたとしても気づけない。

  だが、それでもあの船長を殺せる奴は
  よっぽど船長の信頼を得ていた人物に思える。

[ その中で浮かび上がる人物は二人。
 副船長のハワードと古参のギリアンだ ]

(32) 2019/03/16(Sat) 12時半頃

【人】 山師 グスタフ

[ 状況的には動機のあり過ぎるヌヴィルが
 船長を殺しそうな人物ではある。
 だが、良くも悪くもヌヴィルは正直な男だ。
 そんな男が本当に船長を殺すだろうか。
 しかし可能性は捨てきれない。
 だから最悪ヒューが牢に連れて行ったとして
 その先で何か怪しい行為をするものなら
 グスタフ自身が殺すつもりではあった。

 だが正直なところ、
 ヌヴィルが人狼であるならば
 船長を出し抜くような狡猾さを持ち得ているのか。
 その点だけは自分の描く人狼像に当てはまらなかった。

 ヒューにおいても同意見ではある。
 だが、人狼に味方する人間いないとは限らない。
 ヒューはヌヴィルを守るために
 あの提案をしたのだと考えるが
 だが、人狼の為に他者から隔離した場所へ
 ヌヴィルを放り込んだ可能性も捨てきれない ]

(33) 2019/03/16(Sat) 12時半頃

【人】 山師 グスタフ


[ そこまで考えてハッと目を見開く。
 こうして淡々と自分の中の可能性を上げ
 仲間達の中から人狼を探している事実に。
 心地の悪さに眉間に皺を寄せた。
 口早にこの場にいる者たちに伝えよう ]

  副船長を探してくる。

[ 船長へ祈りを捧げながらもその場を立ち去る。
 あれから部屋に一度も帰っていない。
 雌だと聞いたあの兎を抱いて
 もう一度惰眠貪りたい程動揺する自分を
 誤魔化すように足先は早く ]*
 

(34) 2019/03/16(Sat) 12時半頃

【独】 山師 グスタフ

/*
ヒント与えすぎなんかなとは思うんだけど……うん。

(-23) 2019/03/16(Sat) 12時半頃

【人】 山師 グスタフ

  ―第二甲板:上階階段付近―

[ あのまま部屋を後にしたハワードが>>2:293
 どこへ向かったのかは分からない。
 上の階か、下の階か。
 少しの騒ぎになっているのは上階か。
 早足で向かったのは第一甲板へ続く階段付近。
 壁に張り付きながら耳を澄ませた。

 ここからじゃ顔は見えない。
 誰かに悟られないよう、息を潜めた。
 もしも見つかれば自分は殺される。
 そうでなくともあの瞳に見つめられたら
 誰かに護られていようと心臓が止まってしまうだろう。

 それ程までに人狼という存在が嫌いだ。
 赤い紅い瞳。
 心の中に詰め込まれた恐怖心。
 それらに潰れそうになるからだ ]

(35) 2019/03/16(Sat) 12時半頃

【人】 山師 グスタフ

  ―第二甲板→自室―

[ 震えた息を吐きながらも、
 しばらく立ち止まった後にその場を去る。
 第二甲板にハワードの姿は見えない。
 ならば船底か第一甲板か。
 それとも入れ違いで第三甲板か。

 どちらかに向かおうとして立ち眩みがした。
 尖らせた神経に限界が訪れたらしい。
 一先ず自室に戻るべきかと考えた。
 足は第三甲板へと赴き、自室に潜り込む。

 名前のついていないあの兎は何処だと探しながらも
 ずるずると扉を背に頭を抱えた ]

  気のせい、だよな。
  誰にも気づかれていない、筈。

[ ぽつりと呟く声は小さいまま、溶ける ]*

(36) 2019/03/16(Sat) 12時半頃

【独】 山師 グスタフ

/*
グスタフ心情まとめ
船長→ギリアンかハワードに疑い
サイモン→愉快犯か不慣れな人
ヌヴィル→どんな死体かによる(読んでるけど獣的な食われ方?)

(-24) 2019/03/16(Sat) 13時頃

山師 グスタフは、メモを貼った。

2019/03/16(Sat) 13時頃


【人】 山師 グスタフ


[ グスタフはこの船で10年少し程になる。
 ヒューより後に入って来た当初は
 元海軍という事もあり反感を買う事もあった。
 だが何とか丸め込み今に至る。
 その手段は単に殴り合いの喧嘩もあったが
 言葉で説き伏せる事だってあった。

 船長により下っ端の面倒を見ろと任されてからは
 戦い方の指導から海の上での暮らし方など
 面倒を見る事もあった ]

(61) 2019/03/16(Sat) 19時頃

【人】 山師 グスタフ


[ ただ、グスタフが此処に訪れる前に
 海兵の一人が不審死した事が一部では噂になり
 それは当然船長の耳にも入っている筈だ。
 腕に噛み付かれたような痕跡があったと。
 しかし軍では都合が悪く、
 転落死したと処分をした、との噂。

 船長が伝えているならば副船長の耳にも
 入っている情報だろう。
 一部の下っ端にも運悪く漏れてしまい、
 グスタフが関与しているのではと
 疑われる事もあるにはあったが、
 あの頃は船長に庇われ事無きを得ていた。

 だが、グスタフ自身が否定した事はない。
 何故なら、簡単だ。

 関与しているのは嘘ではないからだ ]

(62) 2019/03/16(Sat) 19時頃

【人】 山師 グスタフ


[ 死んだ海兵の男はグスタフの友人であり
 その男が好いた女は化け物だった。

 人の肉を喰らうルビーよりも鮮明な深紅。
 女の細腕の癖にあり得ない速度で
 人を襲う人ならざる者。

 不意を打っていなければ殺されたのは此方。
 海に投げ込んだ際の悍ましい姿を
 まだこの目は覚えている。

 人を喰らう人狼の眼差しを ]*

(63) 2019/03/16(Sat) 19時頃

【人】 山師 グスタフ

  ―第三甲板:8号室―

[ 室内に兎は見当たらない。
 混乱のままに逃げ出してしまったのか。
 だが、今は都合が良かった。
 
 扉の叩く音>>40
 弾かれたように顔を上げて耳を澄ます。
 扉越しに聞こえるのは何処か草臥れた
 副船長であるハワードの声だ。

 常ならば、副船長の業務で忙しいハワードが
 グスタフに船員の様子を聞きにきたのだと
 何の疑いもなく扉を開けるだろう。

 だが今は、腰に提げた獲物を確かめた ]

(64) 2019/03/16(Sat) 19時頃

【人】 山師 グスタフ


[ 今、この部屋には自分以外誰もいない。
 好都合のように思えた。
 もし、ジャーディンがいたのなら
 忙しいと断りを入れる必要があった。
 それ程ジャーディンの事は信頼していた ]

  よォ、ハワード、いるぜ。
  随分疲れ切った声だなァ。
  そりゃあ、無理もないか。

[ 声色はいつもと同じものを装った。
 警戒するまま扉を開けよう。

 獲物はいつだって自分の右手に。
 抜ける場所に用意をしながらも
 何故、此処に来たか探るよう目を動かした ]*

(65) 2019/03/16(Sat) 19時頃

【人】 山師 グスタフ

  ―回想:食品貯蔵庫―

[ 話してしまうか悩んだもの頷く ]

  人狼の飢えは人間の肉でしか満たされない。
  人間にとってのご馳走は
  人狼にとってのご馳走じゃない。

  人狼にとってのご馳走は俺たち人間だ。
  生きる為に喰らう必要があるんだろう。

[ 焚きつけるような発言かもしれない。
 だがこの船の人間を家族のように大事にしている
 そのように思えるエルにだからこそ伝えた ]

(66) 2019/03/16(Sat) 19時半頃

【人】 山師 グスタフ


  だからこそ疑問なんだ。
  どうしてサイモンはあんな殺され方をしたのか。
  食うだけなら、腕や脚を切る必要はない。
  船長をやったように首に噛み付いて殺せばいい。

[ 想像を膨らますエルゴット>>46に嘯く ]

  不確かなことが多過ぎる。
  だから俺たちも見て確かめる他ない。

  そうじゃなきゃ、食われるのは俺達だ。

[ この場にいる者達全員に聞こえるよう
 言い切って、視線を張り巡らせた。

 例えこの中にいても人狼がいても殺せるよう
 決意を深める為の行動だった ]*

(67) 2019/03/16(Sat) 19時半頃

山師 グスタフは、メモを貼った。

2019/03/16(Sat) 19時半頃


【人】 山師 グスタフ

[ グスタフはハワードに拾われた訳ではない。
 船長がグスタフの何を気に入ったのかは
 今もグスタフには分からない所だが、
 拾って貰った恩と庇ってもらった借りを
 忘れた訳ではなかった。
 
 あの女は死にゆく前に言っていた。
 お前達の情報をとある海賊船にいる男に売ったと。
 その船の名前までは分からなかったが、
 姿を隠し人を喰らう存在が船の上にいると知れた。

 もう二度と会いたくないと思っていたが
 だがこうした機械に舞い込んだ。

 転落死したと処理された海兵の腕に残る
 狼にでも喰われたような傷跡の謎。
 腹を何度も切り裂いたような女の死体。

 復讐は成されたと思っていたが、だが。
 同じように奪うなら、奪うまで ]

(113) 2019/03/16(Sat) 22時頃

【人】 山師 グスタフ


  ( 仲間を助ける為に仲間を殺す )*

(114) 2019/03/16(Sat) 22時頃

【人】 山師 グスタフ

  ―8号室―

[ 一見してハワードはいつも通りだ>>92
 浮かべる笑みすら人らしいものに思える。

 だが、何故ヌヴィルに対してだけ
 あのような辛辣な言動が出来たのだろう。
 ヌヴィルに疑いが集中するような
 そんな不躾な発言が出来たのだろう。

 彼ならば、誰かに疑いを被せることなく
 解決ができたのではなかろうか。
 そんな疑問が浮かんでは消えない。

 ニールの言う通りハワードは頭が切れる>>86
 彼が人間で味方であればどれ程力強いか。
 しかし裏を返せば彼が人狼なら、
 どれ程厄介なものか。
 思考を張り巡らせながら口を開いた ]

(115) 2019/03/16(Sat) 22時頃

【人】 山師 グスタフ


  変わった事、か。
  あれから船長の死体を貯蔵庫の方に持っていったが、
  その時あの場にいた奴らに不審な面は
  特に感じられなかったな。

  エルも落ち込んではいたが
  今は持ち直してニールの手伝いを買っていた。
  ピスティオもシーシャもこんな状況なのに
  しっかりとやっているし、
  ヒューも大した違和感はなかった。
  先生もいつも通りだったさ。

[ 何故それを今聞くのだろう。
 だが、こんな時だからだろうと決め括る。
 用はそれだけだろうか。
 こんな事態に自室を尋ねに来たのだ。
 他にも用があるのではないかと視線を向け
 少しの時間の後、与えられた問い>>93
 口角を上げて、笑った ]

(116) 2019/03/16(Sat) 22時頃

【人】 山師 グスタフ


  人狼?
  確かに知ってるさ。
  アンタも俺の噂くらいは聞いたことがあるんだろう。
  船長もあの時気にしていたしな。

  だが、それでも尻尾は掴めない。
  そんな中でも可能性として考えていた事はある。

[ 対峙する眼差しは人のものだ。
 あの心臓の血を垂れ流したような赤ではない、が ]

  おかしいな、ハワード。
  アンタが疑っていたヌヴィルはこの場にいないのに
  まだ他に人狼を探しているのか?

[ 問いに対して質問を投げ返す ]

(117) 2019/03/16(Sat) 22時頃

【人】 山師 グスタフ


  とはいえ死体は複数あったらしいな。
  俺が見たのは船長だけだが、
  サイモンも酷い目に遭ったんだとか。

  アンタこそ、どう思う?
  人狼はやはり複数いるのか。
  それから、アンタの目からして
  誰が人狼だと疑っている?

[ 俺が疑っているのはアンタだとはまだ告げず
 返答を待つように部屋の壁に凭れかかる。
 室内に足を踏み入れるなら拒まず、
 場所を変えた方がいいなら従うつもりで
 まっすぐと視線を交差させた ]*

(119) 2019/03/16(Sat) 22時半頃

山師 グスタフは、メモを貼った。

2019/03/16(Sat) 22時半頃


【独】 山師 グスタフ

/*
コア大丈夫なんかなあ。
赤側情報出してくれてるけど村側拾えそう?
全部拾って一人だけ情報持ちすぎてるのはなぁ。

(-38) 2019/03/16(Sat) 22時半頃

【独】 山師 グスタフ

/*
そろそろグスタフの俺つえええがチートな気がするから
こう、こう。早めに落ちれるようにしないとバランス崩れるよね。

(-39) 2019/03/16(Sat) 22時半頃

【独】 山師 グスタフ

/*
襲撃に来てくれるのかと思ってたんだけど、も、も。
違ったのか……?

(-48) 2019/03/16(Sat) 23時半頃

【独】 山師 グスタフ

/*
12人いるし赤4人だから今日村役2人落ちても問題はなさそうではある。首無しからしたらまだ落ちたくないかなら

(-49) 2019/03/16(Sat) 23時半頃

【人】 山師 グスタフ

  ―第三甲板:8号室/ハワードと―

[ 質問の裏側にある意図>>134は推し量れない。
 殺し方について問われる>>135
 人間であるならば当然の問いだろう。
 人狼であったとしてもそこに対する探りに
 気づく事は出来ないのだから口を開けた ]

  心臓を潰せばいい。
  首があるなら刎ねてもいいかもな。

[ 人狼をどう思っているのか。
 この答えを聞けば理解は出来るだろう。

 ハワードの言い分>>136は尤もだ。
 人ならば誰だって誤ちを犯す。
 なのにこの落ち着かなさは何なのだろう ]

(153) 2019/03/17(Sun) 00時頃

【人】 山師 グスタフ


[ ハワードはガストンから報告を聞いたらしい>>138
 確かにシーシャからの報告だけでは
 現状の把握は難しいだろう。

 見極めようとしている。
 その言葉に不思議と嘘偽りの類は感じない。
 グスタフは詐欺師や商人といった類ではないが、
 感覚的にはすんなりと受け止められた ]

  何故、ヌヴィルを人狼だと思う。
  アンタはヌヴィルが自分の技量を測れないほど
  バカな男だと思っていたのか……。

  それとも、アンタがヌヴィル個人に思うことがあったのか
  そこは俺には分からない事情、だが。

(154) 2019/03/17(Sun) 00時頃

【人】 山師 グスタフ


  さっきのアンタはらしくなかった=B

[ あくまでグスタフの目線から見た
 ハワードという男の印象だ。

 長年肩を並べた船長の死に冷静を保とうとして
 視界が狭くなっている可能性だって否定出来ない。
 分かっていても自分を納得させる為に
 誰かを人狼像に押し付けている自覚だってあるから ]

  アンタこそ、後ろには注意する事だな。
  寝首を狩られないように。

[ 室内に足を踏み入れられない。
 ならばそのまま見送り現状把握に努めるのみだが ]

(155) 2019/03/17(Sun) 00時頃

【人】 山師 グスタフ


  ハワード。
  俺はアンタを疑ってるよ。
  あの船長が気を許す相手なんて、
  アンタかギリアンしか思い浮かばなかった。

  アンタが誤った方にみんなを導くなら
  俺はアンタを殺す。

  でももしアンタが人ならば
  俺はアンタに協力する。

[ その背を見送りながら言い捨てる。
 彼の姿が見えなくなるまで扉の前に立っていた ]*
  

(157) 2019/03/17(Sun) 00時頃

山師 グスタフは、メモを貼った。

2019/03/17(Sun) 00時頃


【独】 山師 グスタフ

/*
フェルゼめちゃくちゃ狂人じゃん……本当すごい。
プロから助けてもらってるマン過ぎる。
あとハワードさん拘束してマジでごめん。

(-53) 2019/03/17(Sun) 00時頃

【独】 山師 グスタフ

/*
このPL目線で見えてるからっていうのちょっと辛い気がしてるから本当に早めに落ちねば……。

(-54) 2019/03/17(Sun) 00時頃

【独】 山師 グスタフ

/*
>>60 サイモンの死体運んでる
>>78 その中にガストン侵入
>>87 ヌヴィルの腕と足一本食べた
>>88 血のついた樽にシャツあり?証拠隠滅した? どっちだ。
>>89 ガストンとヌヴィルの部屋から船底へと続く水の跡
>>148 血が残ってる?

(-57) 2019/03/17(Sun) 00時頃

【独】 山師 グスタフ

/*
ガストンがヒント残してくれてるし拾いに行きたいんだよなあ。
でもヌヴィルの死体はヒューが見つけた方が美味しいって思ってて
だから今ちょっと行けないなあとかそんな。
うーーんどうしよ〜〜〜。

(-58) 2019/03/17(Sun) 00時頃

【独】 山師 グスタフ

/*
先生描写綺麗だよなあ。
シーシャが積極的に動いてくれてるから何とかなりそうな予感。

(-60) 2019/03/17(Sun) 00時半頃

【独】 山師 グスタフ

/*
いいものをみせにきたwwww
やったーーーーー!!!!!!!、!

(-61) 2019/03/17(Sun) 01時頃

【人】 山師 グスタフ

  ―自室―

[ どうも思考が固まってしまっている。
 ハワードとも交友がなかった訳ではない。

 仲間の事を打ち明けながら話す酒は
 美味かった記憶だってあるというのに
 疑心暗鬼に囚われていた。
 仲間との友情と天秤にかけながら
 答えのない正解を探していた。

 ハワードを見送りながら扉を閉じようと
 そうするのをやめたのは擦れ違うように
 ゆらりと近く血の気が引いた蒼白い顔>>162 ]

  ――――ッ、! ジャーディン !

[ 先生、とつけるのも忘れて傾く躰>>165
 腕の中に抱き止めた ]

(169) 2019/03/17(Sun) 01時頃

【人】 山師 グスタフ


[ 抱き留めた体は広い有様だ>>167
 男にしては線が細い体が状況も相まって
 酷く弱々しくこの目には映った ]

  ……そりゃそうだ。
  あんな状況で普通の人間がマトモでいられる筈がない。
  アンタは十分やってるよ。休むといい。
  誰か何か言ってきても追い出してやる。

[ もしまた死体が増えてしまったら
 ジャーディンの負担を重ねてしまうだろう。

 自分にも医学の心得があれば良かったが、
 一般常識程度にしか分からない。

 また彼を頼らざる得ない状況が出るだろう。
 だが少しでも休息が必要に思えた。

 だって、こんなにも、熱い>>168 ]

(170) 2019/03/17(Sun) 01時頃

【人】 山師 グスタフ


  ……先生、アンタ熱があるのか?
  兎に角着替えて寝た方がいい。
  そうじゃないと治るものも治らない。

[ 心配そうに見下ろすアンバーは
 金糸で縁取られた目尻へと向けられる ]

  アンタの言ってた病、治すんだろ。
  
[ 自分の肩に彼の腕を回そうとした。
 自然と首元を晒す格好を平然と選んだのは

 ジャーディンの事を信頼していたからだ ]

(171) 2019/03/17(Sun) 01時頃

【人】 山師 グスタフ


[ 熱に魘された時。
 親友の死に悪夢を見た時、
 病でなくとも、治してくれたひと≠
 グスタフは愚直なまでに信じていた。

 彼だから、
 彼が彼であるからこそ、
 この船に乗った理由を明かした。

 いつか船を手に入れて気儘に旅したいと
 そんな夢を描いては散ってしまった
 死んだ親友の夢と無念を叶えて晴らす為だと。

 秘密の共有を得てからグスタフは願った。
俺にもその病を治す手助けをさせてくれ≠ニ。
 申し出たあの日の事を忘れてはいない ]

(172) 2019/03/17(Sun) 01時頃

【人】 山師 グスタフ


[ その約束を反故にしない為にも
 グスタフは今出来る事がないかと考えた。
 ジャーディンが少しでも治るように
 守れなかった親友のように失わないように

 瞳を瞬かせる。
 まっすぐと見下ろしたのは彼の顔。

 ――――この旅で出来た仲間の、姿 ]**

(173) 2019/03/17(Sun) 01時頃

山師 グスタフは、メモを貼った。

2019/03/17(Sun) 01時半頃


【独】 山師 グスタフ

/*
不覚にもヒューくんの武士に爆笑した。

(-68) 2019/03/17(Sun) 11時半頃

【独】 山師 グスタフ

/*
凍りつく夜ってどんな夜だよwwww

(-71) 2019/03/17(Sun) 14時頃

【人】 山師 グスタフ


[ ジャーディンの内なる葛藤>>214
 グスタフは察してやる事が出来ない。
 随分と具合が悪そうだ。
 相当無理をしたのだろうと眉根を寄せた。

 昨日は先に眠ってしまったもの
 あの後どのような夜を過ごしたのだろう。
 少し寝苦しそうにしていたのを思い出す。
 その頃から体調が崩れていたと解釈した ]

  仕方ないさ。
  アンタだって一人の人間なんだから
  常に強くなんて不可能な話だ。

[ 覗き込む瞳>>215は柔らかい色だ。
 よく知った船医のジャーディンのもの。
 たまに賄賂だと医務室に押しかけては
 晩酌でもどうかと誘ってばかりいた、
 グスタフの目にはその人そのものに思えた ]

(231) 2019/03/17(Sun) 15時頃

【人】 山師 グスタフ


[ 月だけが浮かぶ夏の夜。

 過去に囚われ時折魘される男に寄り添い>>216
 彼自身の具合が悪そうであっても
 献身的にその知識と技術をもって助けてくれた。

 もう何度命を救われたのか分からない。
 この体が傷を浴びる度に治された。
 人として形を成せているのは彼のお陰だ。

 それが例え自己犠牲でなく利己的な思惑があり
 その上でなされたものだとしても、
 実際に助けられていたグスタフにとっては
 尊いものだと思っている ]

(232) 2019/03/17(Sun) 15時頃

【人】 山師 グスタフ


[ だから選んでもらった時は二つ返事だった。
 本の虫ならぬ医務室の彼が戻ってきては
 退屈しないようにと用意した話題を聞かせ
 少し緊張したその面持ちが和らぐものならと
 夜を明かす度に手を尽くしていた。

 だが、それも不思議と苦痛ではなかった。

 普段は人と一定の距離を保ちがちだというのに
 彼の纏う不思議な雰囲気が、
 何処か危うげな気配が手を伸ばさずにいられなかった ]

(233) 2019/03/17(Sun) 15時頃

【人】 山師 グスタフ


[ 寝台に連れて行く。
 服に手をかける彼を尻目に新しいシャツを
 この手にとって手渡そうとした。

 ひどく緩慢な指の動きだ。
 寝台の上に彼のシャツを置いて向き合う。
 躊躇いなく腰を椅子の上に下ろして
 同じ視線で彼と向き合った。

 血の色を知らないような赤。
 朝に色づくような花の色 ]

  思わない。
  だって、アンタの手は誰かを治す手だ。
  決して、誰かの命を奪う手じゃない。

[ 伸びた手は彼の頭へと向かう。
 幼子をあやすような手つきと似ていた ]

(234) 2019/03/17(Sun) 15時頃

【人】 山師 グスタフ


  休めばきっと良くなるさ。
  そうじゃないと、約束が果たせなくなる。
  アンタが元気になった時に、
  俺の船に乗せてやるって言っただろ?

[ 語り聞かせるような声色は甘い。
 具合が悪そうな彼に病だと思うとは告げられず
 今のままでいい、休めと告げ続ける。

 未だ室内に戻らない兎の行方は知らず。
 それだけは気がかりであるが、
 彼が眠りにつけば探しに行けばいい。
 悠長に暢気な事を夢見るように辿り ]

(235) 2019/03/17(Sun) 15時頃

【人】 山師 グスタフ


  だから早く、船長とサイモンを殺した
  人狼を見つけて、殺さないと。

  大丈夫だ。
  アンタのことは俺が必ず助ける。

  それでもアンタに治せない病だというなら
  俺がアンタを治してやるよ。

[ くしゃりと人好きがするような笑みを浮かべた ]**

(236) 2019/03/17(Sun) 15時頃

山師 グスタフは、メモを貼った。

2019/03/17(Sun) 15時頃


【独】 山師 グスタフ

/*
過去村読んでる限りだとアイテムによりささやきの声聞こえてるんだよな。
そっちのがよかったかなあ。うぅん。

(-73) 2019/03/17(Sun) 16時頃

【独】 山師 グスタフ

/*
でもジャーディンとハワードの名前フェルゼ言ってるからなあ。
んんんん!これ少女のせいで動きにくいとかある!?

(-75) 2019/03/17(Sun) 16時頃

【独】 山師 グスタフ

/*
少女が仕事しなさすぎてるせいで赤側めちゃくちゃ負担増やしてる気がしてるし、村目線困らせてる気がしてうううううん!

(-77) 2019/03/17(Sun) 16時頃

【独】 山師 グスタフ

/*
襲撃くれないかなあって思ってるマン。

(-79) 2019/03/17(Sun) 16時頃

【独】 山師 グスタフ

/*
ヒューの戦いって熱いな!いいぞ!って思ってる。
ガストンも頑張ってほしい。

(-81) 2019/03/17(Sun) 17時頃

【独】 山師 グスタフ

/*
みんなめっちゃ忙しそう。

(-83) 2019/03/17(Sun) 17時頃

【独】 山師 グスタフ

/*
(キラキラした目で見てる)

(-88) 2019/03/17(Sun) 19時頃

【独】 山師 グスタフ

/*
狼さん切なすぎて大好きなんだけど。
ハワードさんはごめんね。

(-89) 2019/03/17(Sun) 19時頃

【独】 山師 グスタフ

/*
ジャーディンが狼COしていると思う(させてたら本当にごめん)ので、いろいろしていいかな、、

(-90) 2019/03/17(Sun) 19時頃

【独】 山師 グスタフ

/*
これは今日落ちれそうなので頑張りたい。

(-91) 2019/03/17(Sun) 19時頃

【独】 山師 グスタフ

/*
そ、そっちか〜〜!?!?!?

(-92) 2019/03/17(Sun) 19時半頃

【独】 山師 グスタフ

/*
泣いてる。むり。

(-94) 2019/03/17(Sun) 20時頃

【独】 山師 グスタフ

/*
中の人的には号泣してるけど、PL的な負担を考えるとここで狼を落とすべきではないのではと悩んでいる。

(-96) 2019/03/17(Sun) 20時頃

【独】 山師 グスタフ

/*
助けてやりたい気持ちもある反面絶望するジャーディンくんも見たい反面。

(-97) 2019/03/17(Sun) 20時頃

【独】 山師 グスタフ

/*
でも見たって書いてあるから襲撃してくれるって思ってる。

(-99) 2019/03/17(Sun) 20時頃

【人】 山師 グスタフ


[ 俺らしい――とは何だろう。
 グスタフ自身その答えすら曖昧な癖に、
 他者にらしさを探してしまう>>242

 今も昔も変わらないものはある。
 だが、どの一瞬であれ過ごしたものは
 いつか変わってしまっても
 いつか色褪せてしまったとしても
 決して消えはしないと信じていた。

 疑っているのか、
 それとも、心配しているのか>>243

 グスタフでも自覚しなかった事だが ]

(283) 2019/03/17(Sun) 20時半頃

【人】 山師 グスタフ


[ 仲間を殺した人狼を許せない。
 だが、その人狼がハワードだとしても
 確かにあの夜、盃を交わした日は在り>>244

 それが人であっても人狼であっても
 何一つ変わりなどしない事実だというのに

 何故、こんな事になったのだろう ]

(284) 2019/03/17(Sun) 20時半頃

【人】 山師 グスタフ


[ 何故、彼が―――― ]

(285) 2019/03/17(Sun) 20時半頃

【人】 山師 グスタフ


[ 煌めく金の髪>>251から手を離そうとした。
 だが、その手首は動かない>>253 ]

  先生。

[ 今更何を言っている。
 人狼が、この船にいる事は分かっている。
 力を入れてみた。
 しかし、やはり離す事は出来ない。
 思考が、働こうとしたから唇を噛んだ。
 滲んだ鉄錆は空気に混ざる。

 ぐっ、と瞳に力を込めて覗いた。
 今にも降り出しそうな幼い顔を見つけた ]

(286) 2019/03/17(Sun) 20時半頃

【人】 山師 グスタフ


[ 病を治す手段を探す為に乗船した>>167
 だが、その病が何かは知らなかった。
 しかし今その病について明かされる>>254
 その研究自体は素晴らしい事だ。
 癒されるのならどれ程良い事だろう。
 口角を上げたまま眉間の皺を寄せた。
 理解している。
 理解している。
 理解しているからこそ、瞳が揺れた。

 血に濡れた指>>256に力は入っていない。
 グスタフの爪は白んでいるというのに ]

  ――――ッ!

[ 寝台に背を磔にされる。
 咄嗟に見上げたアンバーが深紅を視た>>258
 ぞわりと肌が粟立つ感覚を知っている。
 背筋を伝う冷たい汗を知っている ]

(287) 2019/03/17(Sun) 20時半頃

【人】 山師 グスタフ


  …………嘘だ。
  アンタが、……アンタが、ッ!

[ 呟いた声が掠れて震えた。
 彼を守ると決意を込めた瞳が揺れる。

 見上げる紅は凍りつきそうな程に美しい。
 本能的な恐怖を感じる程に。
 それが今にも泣きそうな色に見えたのは、
 気でも狂ってしまったのだろうか ]

(288) 2019/03/17(Sun) 20時半頃

【人】 山師 グスタフ


[ 手首の拘束を外される>>258
 無防備に指し示された場所は心臓。
 人狼であろうと確実に殺せる急所。

 意図を理解して目を見開いた。
 変わってしまった瞳の色>>263 ]

  アンタは、俺に、殺せとでも。

[ よく知った顔で、よく知りすぎた表情で
 切々と願う姿に視界が揺れる。
 唇は歯を立てすぎて血の味を残していた。
 至近距離にいるならば微量であれど
 香りを掠める事は出来るだろう ]

(289) 2019/03/17(Sun) 20時半頃

【人】 山師 グスタフ



  どうして、……どうしてだ、ジャーディン


[ 腰から取り出したのは水夫を殺したナイフ。
 皮肉なものだ。
 あの時水夫にかけた言葉を思い出す。
 これがアンタの運命だ、――と。

 こんなものが自分の運命だというのか。
 ようやっと出来た友を手にかける事が
 親友を見殺し女を殺し人から奪ってきた
 酷く醜い男の運命だというのか ]

(290) 2019/03/17(Sun) 20時半頃

【人】 山師 グスタフ


[ 見上げた彼は美しい。
 血で血を洗うように汚した自分の手とは異なり
 自らを律し、散ろうとしている。

 だが、彼が人狼であるというならば
 殺さなくては他の仲間がどうなる。
 死んでいった仲間たちはどうなる ]

  ッ、――

[ ナイフを持った手が震える。
 今更人を殺す事に抵抗なんてない。
 後はそれを突き刺すだけ。

 それだけで良かった。
 全てとは行かずとも誰かを守れる筈だった  ]

(291) 2019/03/17(Sun) 20時半頃

【人】 山師 グスタフ


  …………アンタを、助けたいよ。
  でも、アンタだって仲間じゃねェか。

[ 理解している。
 彼はきっと極限に至るまで耐えた結果
 救いを求めているに違いないと。

 今だって恐ろしい。
 友の姿をしながらも
 赤い血溜まりのような瞳に見下ろされ続け
 今にも恐怖で息絶えてしまいそうだ。

 それでも何かに縋るのは
 それ程までに失いたくなかった ]

  俺の友達をこれ以上殺させないでくれ。

[ 握りしめ過ぎたせいで掌に血が滲んだ。
 心臓に刃を向けたまま奥歯を食いしばる ]*

(292) 2019/03/17(Sun) 20時半頃

【独】 山師 グスタフ

/*
趣味wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
ジャーディンメモwwwwwwwwww

(-102) 2019/03/17(Sun) 20時半頃

山師 グスタフは、メモを貼った。

2019/03/17(Sun) 21時頃


【独】 山師 グスタフ

/*
ジャーディンにはゲロ甘なの勘弁してこいつ。

(-103) 2019/03/17(Sun) 21時頃

【独】 山師 グスタフ

/*
一応ジャーディンを殺せるようにセットだけはしておくね、、

(-104) 2019/03/17(Sun) 21時頃

【独】 山師 グスタフ

/*
やった〜〜!

(-111) 2019/03/17(Sun) 22時頃

【独】 山師 グスタフ

/*
たぶんフェルゼは吊られようとしてくれてて
ジャーディンは噛んでくれそうで
ヒューとガストンがどっちかどうにかなりそうで
ハワードは他の人とどうにかなりそうだから落ちても大丈夫な筈

(-115) 2019/03/17(Sun) 22時頃

【独】 山師 グスタフ

/*
???????
まって、私襲撃じゃないの!?
まってなんかえっ!?あっ

(-116) 2019/03/17(Sun) 22時頃

【独】 山師 グスタフ

/*
殺したくない人間vs食べたくない人狼

(-117) 2019/03/17(Sun) 22時頃

【独】 山師 グスタフ

/*
あっきられた半分読みたかっあっあっ
よし、私もじゃあなんかみんなに任せる感じで行こう(?)

(-118) 2019/03/17(Sun) 22時頃

【独】 山師 グスタフ

/*
メモ爆笑してるからほんとやめて笑う。

(-119) 2019/03/17(Sun) 22時頃

【独】 山師 グスタフ

/*
確かに投票どうするんだろう。
あと噛み先ジャーディン→グスタフだと思ってたけど……違うのかな?

(-121) 2019/03/17(Sun) 22時頃

【独】 山師 グスタフ

/*
ヒューガストン周りも見てるがフェルゼのこともあるからつりはフェルゼに集まりそう?
ジャーディンがグスタフ噛まないならガストンヒュー狙いだろうか。

(-124) 2019/03/17(Sun) 22時半頃

【独】 山師 グスタフ

/*
たぶん一番落ち濃厚相手がグスタフ達だと思うので何か書かねばなんだが、相手いない時に確定で動かすのもと躊躇う気持ち。

(-125) 2019/03/17(Sun) 22時半頃

【独】 山師 グスタフ

/*
でも3dにして赤2落ちはやばいと思うんだよなあ。

(-127) 2019/03/17(Sun) 22時半頃

【独】 山師 グスタフ

/*
ん〜〜どうしよう。
ここで狼キルしたとして噛めるのハワードだけだよね。
どういう処理になるんだ。

(-129) 2019/03/17(Sun) 23時頃

【独】 山師 グスタフ

/*
んんんんんどうしよう。

(-133) 2019/03/17(Sun) 23時頃

【人】 山師 グスタフ


[ 何に対してのどうしてだったのだろう。
 分かりきっている。
 よりにもよって、彼だった事が
 グスタフの選択を迷わせ惑わせた。

 目の前にいるのは、獣なのか人なのか。
 直向きに注がれる視線>>309
 その意味すらも曖昧にさせるというのに

 ふと、理解した ]

  ( どうして俺は、殺せないんだろう )

[ どうして、と尋ねたかったのは
 他でもない自分自身に対してもだった ]

(350) 2019/03/17(Sun) 23時半頃

【人】 山師 グスタフ


  ……ああ、どうしてだろう。
  どうして――……アンタだったんだ。

[ どうしたって獣の瞳だ。化け物のそれだ。
 しかし触れる手は息が詰まる程に人のもの。
 いつか縋った時と同じ温度>>310だった。

 彼を人として助けてやるのなら
 この切っ先を心臓に食い込ませるべきだ。
 苦しみを味合わせない道を選ぶのなら
 鉛玉を顳顬に合わせて引き金を弾くべきだ。

 あれ程ハワードは発破をかけたというのに
 実際この男は仲間の殺しには向いていない。
 ピスティオに兄貴面したのも唯の強がりだった ]

(352) 2019/03/17(Sun) 23時半頃

【人】 山師 グスタフ


[ 実際は酷く臆病でしかなかった。
 しかし今にも消えそうな笑み>>311を見て
 開いた唇は存外しっかりとした声を発した ]

  アンタが眠っていても、
  俺が連れて行ってやるから安心しろ。

[ それは精一杯の虚勢だ。
 涙に痕が残る滑らかな白い頬を見上げた。

 終わりの言葉。
 ナイフを捨てて取り出したのはラッパ銃。
 
 眠るように崩れ落ちた躰>>316を見つめる。
 引き金を引こうとする指が震えた。
 気づかないふりをして目を伏せて、開く ]

(353) 2019/03/17(Sun) 23時半頃

【人】 山師 グスタフ


  そういう、約束なんだから。

[ 発砲音が一つ、二つ、三つ。
 至近距離からなら外す事がない筈の弾丸。

 手元が狂ったか。
 それとも全て当たったか。
 あらぬ方向に撃ち込まれただけだったか。
 被弾したとしても生き汚ければどうか。

 運命の女神が示す未来は―― ]*

(354) 2019/03/17(Sun) 23時半頃

山師 グスタフは、メモを貼った。

2019/03/17(Sun) 23時半頃


山師 グスタフは、メモを貼った。

2019/03/17(Sun) 23時半頃


【独】 山師 グスタフ

/*
ふえええんん。。。。。

(-142) 2019/03/18(Mon) 00時頃

【独】 山師 グスタフ

/*
んんんんヒューがぁぁぁああぁあんんん

(-144) 2019/03/18(Mon) 00時頃

【独】 山師 グスタフ

/*
フェルゼくんがプロすぎる。
はーーーシーシャとエルもすごい。

待って。とりあえずヌヴィルとヒュー拾う。
後少女の色々も生かさねば。

(-145) 2019/03/18(Mon) 00時頃

【独】 山師 グスタフ

/*
銃ぶっぱしたら普通に死ぬよねって思ったし
やらない方が良かったと思ったけどもう吊りフェルゼ襲撃ヒューだしあれであれであれすぎてあれだ。うん。ごめんなさい。

(-149) 2019/03/18(Mon) 00時半頃

【独】 山師 グスタフ

/*
少女の発言で赤側ここまで村からの疑いの目線を集中させてしまってる結果になってるのはとても申し訳ない。

(-162) 2019/03/18(Mon) 01時頃

【独】 山師 グスタフ

/*
生存確定だろうし、発砲しない方がいいとは思ったんだがごめん。
うーん。これ赤側動きにくいよね。
明日からミスリードするしかない。

(-163) 2019/03/18(Mon) 01時頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:グスタフ 解除する

犠牲者 (5人)

グスタフ
16回 (4d) 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.187 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび
下記の場所以外では、人狼議事内キャラチップ
の利用を許諾しておりません。ご了承ください。

議事総合トップ
人狼議事lobby
人狼議事morphe
人狼議事cafe
人狼議事perjury
人狼議事xebec
人狼議事crazy
人狼議事ciel

SoyBean
Sangria
@7korobi