人狼議事


268 Werewolves of PIRATE SHIP-V-

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点: 人

全て表示


シーシャ墓堀 ギリアンに投票した。
ハワード奴隷運び ヌヴィルに投票した。
ギリアン蟻塚崩し エルゴットに投票した。
フェルゼ奴隷運び ヌヴィルに投票した。
ピスティオ執事 ハワードに投票した。
グスタフ奴隷運び ヌヴィルに投票した。
エルゴット森番 ガストンに投票した。
ガストン蝋燭職人 フェルゼに投票した。
ジャーディン奴隷運び ヌヴィルに投票した。
ニール蝋燭職人 フェルゼに投票した。
ヒュー露店巡り シーシャに投票した。
ザーゴ蝋燭職人 フェルゼに投票した。
ヌヴィル執事 ハワードに投票した。

ヌヴィルは村人の手により処刑された。


時は来た。村人達は集まり、互いの姿を確認する。
犠牲者はいないようだ。殺戮の手は及ばなかったのだろうか?


今日は、特別なことのない一日のようだ。さあ普段通り、誰かを処刑台にかけよう。


現在の生存者は、シーシャ、ハワード、ギリアン、フェルゼ、ピスティオ、グスタフ、エルゴット、ガストン、ジャーディン、ニール、ヒュー、ザーゴの12名


露店巡り シーシャは、メモを貼った。

2019/03/16(Sat) 01時頃


肉屋 ニールは、メモを貼った。

2019/03/16(Sat) 01時頃


銀行屋 ザーゴは、メモを貼った。

2019/03/16(Sat) 01時頃


蝋燭職人 フェルゼは、メモを貼った。

2019/03/16(Sat) 01時頃


森番 ガストンは、メモを貼った。

2019/03/16(Sat) 01時頃


墓堀 ギリアンは、メモを貼った。

2019/03/16(Sat) 01時頃


下働き ピスティオは、メモを貼った。

2019/03/16(Sat) 01時頃


墓堀 ギリアンは、メモを貼った。

2019/03/16(Sat) 01時頃


蟻塚崩し エルゴットは、メモを貼った。

2019/03/16(Sat) 01時頃


天のお告げ (村建て人)は、メモを貼った。

2019/03/16(Sat) 01時頃


弁務官 ジャーディンは、メモを貼った。

2019/03/16(Sat) 01時頃


山師 グスタフは、メモを貼った。

2019/03/16(Sat) 01時頃


負傷兵 ヒューは、メモを貼った。

2019/03/16(Sat) 01時頃


執事 ハワードは、メモを貼った。

2019/03/16(Sat) 01時頃


露店巡り シーシャは、メモを貼った。

2019/03/16(Sat) 01時半頃


【人】 下働き ピスティオ

――食料貯蔵庫――

仲間……か。

[かつての仲間であっても>>2:390
 それは、ともに船に乗っていた時間が長ければ長いほど、辛く、苦しい選択だろう。]

――なあ、もしさ。
もし、犯人がわかって、ふん縛って、それでも誰も殺せないようならさ。
オレがやるよ。

新入りだし。

[一番短いのは、たぶんオレだ。
 ヌヴィルやヒューなんかと比べたら力は弱いかもしれないし、キルマークも大したことないが、それでも短剣に血を吸わせたことは何度かはある。]

(0) 2019/03/16(Sat) 01時半頃

【人】 露店巡り シーシャ

――第二甲板・食品貯蔵庫――

 医務室、戻ったんだ?
 
 こっち? ―――あ、


[グスタフに「そっち」ときかれて>>2:393かたまった。
途中で会ったヒューとヌヴィルに
サイモンのことを言い忘れちゃった。
僕って本当にばかだなぁ。]


 サイモンが牢で殺されてたよ。
 こっちは、体の中も食われてた。

 
[細かくきかれたら、使っただろう斧と剣のこと、
下手に落とされた腕と脚のことも伝えてから、
医務室に向かうつもり。*]

(1) 2019/03/16(Sat) 02時頃

【人】 露店巡り シーシャ

――第三甲板・医務室――

[ココココン。
今回のノックの音は短めだ。]


 ジャーディン、どうだった。
 やっぱり、狩りの準備は必要かな?


[サイモンの死体も見てもらいたいけど、
まずは船長の死体。

アレをやった犯人について、
医者の意見がききたかったんだ。**]

(2) 2019/03/16(Sat) 02時頃

露店巡り シーシャは、メモを貼った。

2019/03/16(Sat) 02時頃


【人】 肉屋 ニール

― 食料貯蔵庫 ―

[船長の亡骸を横たえたあと、胸に手を当て、暫し瞑目した。
 信仰心なんてものはないのだが、せめて、形だけでも。]

 そうね。
 今この船に乗っているのは、みんな、仲間。
 ……の、はずなのよ、本当は。

 けど…………

>>2:390けれど、そうではなかったという事実に、嘆息し、俯く。]

(3) 2019/03/16(Sat) 02時頃

【人】 肉屋 ニール

 ピスティちゃん……。

>>0新入りだからと、もしもの時の殺害に名乗りを上げるピスティオに、頷くことはできなかった。
 かといって、首を横に振ることも。]

 それは、その時になってから、考えましょ。

[過ごした時間が長ければ長いほど、いざとなれば辛いかもしれないけれど。
 しかし逆に、付き合いが長いほど、赦せないという感情が湧くこともある。
 その時にならなくては、分からない、と。]

(4) 2019/03/16(Sat) 02時半頃

【人】 肉屋 ニール

 あっ、シーちゃん。
 どうしたの、船長ならここに……。

>>1彼も、船長に別れを告げに来たのだろうか。
 恐ろしい人ではあったけれど、仲間に対しては寛容で、人望だってあった。そう認識している。
 簀子の上に横たわる亡骸を、シーシャに示し、前を譲り]

 なあに、サイモンがどうか
 ……えっ、サイモンもなの?!

[サイモンは昨日、食事を取りに来なかった。
 襲撃のあと、血のにおいが気になって食事が喉を通らないとか、そういう下っ端はよくいるし、彼がひどく怯えていたとは聞いていたから、さして気にしなかったのだけど。]

 体の中もって……内臓を食べるって、完全に獣の食事じゃないのそれ。

(5) 2019/03/16(Sat) 02時半頃

【人】 肉屋 ニール

 それから……何があったの?

[話を聞けば、その惨たらしいさまに、顔を顰めた。]

 ひどいわね……。
 けど、むざむざ、奴らの食事になってやるつもりはないわ、そうでしょう。

 返り討ちにしてやりましょ!

[たとえ昨日まで仲間だったとしても、船長を殺した奴など、もう仲間じゃない。
 そう己に言い聞かせるように。]

(6) 2019/03/16(Sat) 02時半頃

肉屋 ニールは、メモを貼った。

2019/03/16(Sat) 02時半頃


【人】 下働き ピスティオ

シーシャ。
あー……えっと、何かあったか?

[合流したシーシャ>>2:384に、ギリアンに探されていた理由から聞きたかったが、聴きたいことがありすぎて言葉にならずあまりに曖昧かに聞いた。
 大丈夫グスタフが真面目に聞いてくれてる>>2:384。]

見てもらいたいもの?

[船医に見せるものなんて、怪我くらいしか思いつかない。
 改めて、何が起きたんだろうという気持ちが強くなる。]

(7) 2019/03/16(Sat) 03時頃

【人】 執事 ハワード

― 第一甲板 ―

  …、仕方ないですね。

[ガストンは、私の正体を見抜いたようだ>>2:379

ならば私たちが生き残るために他に方法は無い。
一度知ってしまえば知る前には戻れない

相手は戦闘員ではないとはいえ
長年の大工仕事で鍛え上げられた身体は本物だろう

そして人間時の私の戦闘力は決して高い方ではない
(――それこそ毒殺に頼らざるを得ない程には) ]

(8) 2019/03/16(Sat) 08時頃

【人】 執事 ハワード

  最期に見れて良かったですね?
  貴方が恐れる『 人狼 』の姿が。


[ 見る間に瞳は血の滴りそうな朱に変わり
くつり、得物を見据えて輝いた

左脚と両手が滑らかな燻し銀に覆われたかと思うと
ダン、と床を蹴ってガストンの方へ踏み出した ]

(9) 2019/03/16(Sat) 08時頃

【人】 執事 ハワード


[ 薬が効いている状態ならば
きっと此方の方が動きは早い

重い足取りのガストン>>2:383に飛び掛り
両の銀の毛並みを肩口に当て床に押し倒そうか

それが叶ったかどうか]

(10) 2019/03/16(Sat) 08時頃

【人】 執事 ハワード

  ――…!!

[ どちらにしても接近していたから
振り下ろされた槌>>2:385は避けることが出来なかった

それは左腕を捉え嫌な音を立てる

焦って、いたのだろう
槌を薙ぎ落とそうと振り払った右腕は
同時に自分の左腕にも触れ
毛皮混じりの赤い血が
ガストンの顔にパタパタと舞い落ちた ]

(11) 2019/03/16(Sat) 08時頃

【人】 執事 ハワード

[ 殺さねば、という" 理性 "に
痛みが混じり、明確な殺意をガストンに向けた

ガッと口を開け首元に喰らいつこうとしたが
何故か躊躇いが生まれ、動きを止めること数瞬 ― **]

(12) 2019/03/16(Sat) 08時頃

執事 ハワードは、メモを貼った。

2019/03/16(Sat) 08時頃


負傷兵 ヒューは、メモを貼った。

2019/03/16(Sat) 09時半頃


森番 ガストンは、メモを貼った。

2019/03/16(Sat) 10時頃


【人】 墓堀 ギリアン

[誰かいないのか。
その声に振り返り>>2:387
一度ザーゴを見て。

船尾の方へ引き返す。足音を殺すほど器用ではない]

(13) 2019/03/16(Sat) 10時半頃

墓堀 ギリアンは、メモを貼った。

2019/03/16(Sat) 10時半頃


【人】 墓堀 ギリアン

[首がべっとりしているので手のひらで拭った。
黒い汚れがザーゴのペンから噴き出したインクなのか、自分の血なのかよくわからないけど。
……少し頭痛がする]


 ……

[牢の前には二人の男。中には一つ。
ヒューがヌヴィルを支えている?
もう少し近づいて錐を突きつけているのが見えた]


 ん

[これはなんだ]

(14) 2019/03/16(Sat) 10時半頃

【人】 墓堀 ギリアン

[檻の中の死体は見れば説明不要の状態だと思う。
ヒューとヌヴィルの方が説明が要る。どうなってる?
ヌヴィルが弱ってるように見えるのは?

──不意に頭痛と共に思考が飛躍する。
   斧を振り下ろす瞬間、腕の力が抜ける
   芯が外れ、斧の刃は骨を断ち切れず
   サイモンのくぐもった呻き]


 ……

[ヌヴィルを指差した]




[*こいつか?*]

(15) 2019/03/16(Sat) 10時半頃

墓堀 ギリアンは、メモを貼った。

2019/03/16(Sat) 10時半頃


【人】 弁務官 ジャーディン

─ 医務室へ ─

[医務室への道は慣れたもので、
 思考に耽っていても躓くこともなく。

 途中、ヒソヒソと噂を囁く下っ端を目にして、
 その噂に、集中して耳を欹てていた。
 概ね、船長室の騒ぎが漣のように広がり、
 疑惑がヌヴィルに向いているのに溜息が漏れる。

 恐怖は、狂気は、怒りは伝播し、
 膨れて破裂するときには手が施しようもなく、
 人間の傲慢さで排斥が始まるのだろう]

(16) 2019/03/16(Sat) 11時頃

森番 ガストンは、メモを貼った。

2019/03/16(Sat) 11時頃


【人】 弁務官 ジャーディン


  医者が治せない病など、ひとつでいいのにな。


[罅割れた言葉の本来の意味を知るものは、
 この場にはいない──己ですらも。

 柳眉は寄ったまま、唇は震えたまま、
 船長を診た折の血で汚れた姿で溜息を籠らせて。
 噂の蔓延の綻びを縫うように医務室へと]


[未だ扉に留められたメモを手に扉の内へ。
 汚れた上着を脱ぎ捨て着替えながら、
 手近なシーツや包帯を新たに鞄へと入れ直す。

 表情は未だ失せたままだった。
 最もそれは常と変わらず、
 短めのノックの音にも反応は薄い。>>2

(17) 2019/03/16(Sat) 11時半頃

【人】 弁務官 ジャーディン


  少なくとも狂人の凶行なのは確かだな、
  喉を噛み千切るなど、正気の沙汰ではない。
  そして、その狂人が間違いなく船に居る。

[薄い唇を歪めてただ事実だけを伝え、
 そうして、改めて紅い瞳でシーシャを見据えて。

 唇が歪んでいるのは恐らく彼も気付いた事だろう。
 それが嫌悪に見えるか、
 果たして別の何かに見えるかは兎も角として]

(18) 2019/03/16(Sat) 11時半頃

【人】 弁務官 ジャーディン


  狩りの準備がしたいなら好きにしろ、
  それは強みでも弱みでもある。

  きみの信念が否と言わないなら武器になるだろう。
  仲間だった者を前に決意を挫けさせない限りはな。
  
 
[それで、シーツは、と続けた言葉は静かで、
 怒りに満ちたような響きはどこへ向けたものでもなく。
 半眼となった眼差しだけがシーシャを射抜いている**]
 

(19) 2019/03/16(Sat) 11時半頃

【人】 森番 ガストン

──第一甲板──

[ハワードの声が、妙に頭に響く。>>8
思考は濁っているのに、何故。

その理由もまた、ハワードの声で示された。>>9

ハワードの瞳の色が変わる。
手が、足が、変化する。


 それは、ガストンが恐れるモノ。
 ガストンが恐れたモノ。

 排除せねば。
 人狼を魔女狩りと称して排除するように。
 ガストンは人間なのだから。

 ああでも。]

(20) 2019/03/16(Sat) 11時半頃

【人】 森番 ガストン

確かに、美しい。

[クリストファーが咲かせた赤より。
フェルゼの持つ宝石より。

ハワードの持つ、真っ赤な輝きに、心奪われる。


薬も効いていただろう。
けれど、動きが止まったのは、その輝きに魅せられたから。

"美しい"と、思った。]

(21) 2019/03/16(Sat) 11時半頃

弁務官 ジャーディンは、メモを貼った。

2019/03/16(Sat) 11時半頃


【人】 森番 ガストン

[ハワードに押し倒されて、呻き声をあげる。
それは、押し倒された痛みからではない。

押し倒される時、ハワードに落ちた槌が、ハワードの左腕から溢れた赤が、
ガストンの顔を染める。

それは呻いたガストンの口の中にも触れて。

飲み込んだ赤が、胃の腑へと落ち、
身体が、瞳が、ざわりと変化する。

真っ赤な瞳へと。
そして、銀の毛並みへと。

それは、ハワードが喰らい付こうとした首元さえも、覆っただろう。

ハワードに気付かせるには十分な変化。>>12]

(22) 2019/03/16(Sat) 11時半頃

【人】 森番 ガストン

[そして、自身でも理解した。
今、己は、人ではなくなった。]

ああああああ。

[慟哭が漏れる。
人でありたかった。
"サイモン"をああしたような、畜生にはなりたくなかった。

しかし、そう思ったのは、人狼を忌避していたのは、
──本当は、自身の手で、"人を壊してみたかった"からだと気付きたくなかったからだ。
修理することが好きで、作ることが好きな人間である。
そんな自己暗示を繰り返して生きてきた30年と少しなど、この瞳の前では無意味。


知ってしまえば、もう後戻りなど出来ない。]

(23) 2019/03/16(Sat) 12時頃

【人】 山師 グスタフ

  ―第二甲板:食品貯蔵庫―

  仲間の筈だ。
  だが、実際に起きている。
  紛れもなく俺たちの中に犯人はいる。

[ ニールの言葉>>3を補強するように重ね
 ピスティオの申し出>>0には目を見開き
 その後、口角を上げた ]

  仲間だからこそ、ケジメはつける。
  一人で抱え込むなよ。

[ その時になって考えて間に合うのか>>4
 思う心はあれどその時は口にしなかった ]

(24) 2019/03/16(Sat) 12時半頃

【人】 森番 ガストン

退いてくれ…!

[戸惑ったハワードを押し退ける。
覚醒したばかりで力の加減が出来ない。

はぁはぁと息を吐く。

覚醒した血が、抑えられない。
なにか、何か、ナニカ。

"人間のようなものを襲いたい。"]

(25) 2019/03/16(Sat) 12時半頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点: 人


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

生存者
(5人 0促)

シーシャ
13回 注目
ギリアン
23回 注目
エルゴット
9回 注目
ニール
12回 注目
ザーゴ
16回 注目

犠牲者 (5人)

サイモン
0回 (2d)
グスタフ
16回 (4d) 注目
ヒュー
13回 (4d) 注目
ハワード
24回 (5d) 注目
ピスティオ
14回 (5d) 注目

処刑者 (4人)

ヌヴィル
26回 (3d) 注目
フェルゼ
0回 (4d) 注目
ガストン
0回 (5d) 注目
ジャーディン
12回 (6d) 注目

突然死 (0人)

舞台に (5人)

モンド
0回 注目
ブッカ
0回 注目
甚六
0回 注目
ボリス
0回 注目
ヨアヒム
0回 注目
村を出た人達

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.203 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび
下記の場所以外では、人狼議事内キャラチップ
の利用を許諾しておりません。ご了承ください。

議事総合トップ
人狼議事lobby
人狼議事morphe
人狼議事cafe
人狼議事perjury
人狼議事xebec
人狼議事crazy
人狼議事ciel

SoyBean
Sangria
@7korobi