人狼議事


268 Werewolves of PIRATE SHIP-V-

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点: 人

全て表示


【人】 蟻塚崩し エルゴット

[エルゴットの体は細い。
筋肉が豊富にあるようにも見えない。

しかしながら愛用の武器が鉄製の棍棒であることからもわかる通り、戦闘時に発揮する力は怪力とも言える力だった。
普段重いものを持つ事すら進んでしない事から、船員の多くはその事実を知ることがない。
もし知る事があるとすれば、エルゴットが振り回している武器を何らかの理由で触れた時漸く知るくらいだろう。

戦闘時にのみ解き放たれるその力は、
エルゴットが自分自身の体を労り力をセーブするという
普通の人間が誰しも無意識に行う事を苦手としていたせいだった。

力を出そうとすれば出しすぎる。
出しすぎて腕が痛くなる。
故に長期戦には向かない。キルマークすら稼げないのはそのせいだ。

けれど今この場面においては、そんな不都合も大した事ではなかった。]

(296) 2019/03/17(Sun) 21時頃

【人】 蟻塚崩し エルゴット


[振り上げた鉄の棍棒をタイミングを見極める。

普段出さない程の声でフェルゼに殺意を向けたシーシャが、
左右に斧を振り回す。>>280

フェルゼが例え攻撃を受け流そうと受け止めようと
身がひとつである以上は隙ができるはずだと
その時を見逃さないように、脂ぎった前髪の間から
ぎらついた目を向けた。**]

(297) 2019/03/17(Sun) 21時頃

【人】 墓堀 ギリアン

[狂ったフェルゼの言葉が本当かどうか、わからない。
仲間というのは人狼のことだろう>>269 2人、いや3人]


  『どうしたもこうしたもあるか』

[縺れて唸り声のようにしかならない言葉。
ああ、話せなくても困ってないなんてやっぱり嘘だ。

お前に話したいことはある]

(298) 2019/03/17(Sun) 21時頃

【人】 墓堀 ギリアン

[こちらに向かってくる体に触れ、そのまま担ぎ上げた。
サイモンを運んだのと同じやり方で。

ハワードとヌヴィルを同時には運べない。
伝声管の声を聞いた者は他にもいるだろう。けれどハワードをこの場所に一人で置いておく気はしなかった]

(299) 2019/03/17(Sun) 21時頃

負傷兵 ヒューは、メモを貼った。

2019/03/17(Sun) 21時頃


蟻塚崩し エルゴットは、メモを貼った。

2019/03/17(Sun) 21時頃


【人】 森番 ガストン

――11号室――

[ヒューが何を考えていたのか>>237>>238
人狼になったガストンには"もう"理解出来ない。

ただ、『もし、ヒューの過去を知っていたとしたら、>>2:40
誘っただろう。
お前も、人間など捨ててこちらに来いと。

人間に裏切られて、それでも人狼を憎むなんて馬鹿げてる。

お前は間違いなく"人間"だと、
そう、口にしたかもしれない。

それはもしもの話。]

(300) 2019/03/17(Sun) 21時頃

【人】 森番 ガストン

[饒舌に話していたガストンの眼の前で、刃が走った。>>240
顔を左に逸らしながら身を後ろに倒し避けようとしたが、僅かに間に合わない。
顔の右側、こめかみから瞳に向けて、熱が走った。]

あ゛あ゛あ゛あ゛

[これは11号室の扉の前、
声は大きく他の船室にも響いたかもしれない。]

(301) 2019/03/17(Sun) 21時頃

【人】 森番 ガストン

[右目が潰れた。
赤く染まる前の、普通の瞳。
だが、間髪置かず、左の瞳も赤く染まり始める。
人狼の色。

カトラスは、ガストンの顔を切り裂いた。
しかし、深く抉られることがなかったのは、
人狼となったことで、反射神経等も発達したからだ。]

(302) 2019/03/17(Sun) 21時頃

【人】 森番 ガストン

[残った左の赤い瞳でヒューを見る。]

奪いたいから奪う。
まるでヌヴィルだな!

[ヒューは笑っていた。>>241
少なくともガストンにはそう見える。

それを見て、ガストンも笑う。
笑いながら、腕を、足を、変化させる。

体毛が銀に変わり、爪が鋭く伸びる。
錐のように。]

(303) 2019/03/17(Sun) 21時頃

【人】 墓堀 ギリアン

[真っ当なレベルの抵抗ならそのまま担いで第三甲板への階段を上がる。
ザーゴを押さえつけたのと同じだ。殺す気の害意と力があれば、ギリアンを殺せるというだけ]


 ……ん

[足元が少しふらついて、また点々と残る水滴を踏んだ]

(304) 2019/03/17(Sun) 21時頃

【人】 森番 ガストン

[そして、そのまま部屋の中へと後ろ飛びに下がった。
笑みを浮かべた目の前の男が、引くとは思えない。

扉の前でやり合えば、誰かに見られるだろうと思ったが、
だが、それなりに広い部屋だとは言え、
乱暴に歩けば、足にガラクタが絡まって邪魔だ。

チッ、と舌打ちをし、それらを蹴飛ばした。
大きな音を立てて、部屋の端へと飛んで行く。

飛んで行ったのは、自らこの部屋に持ち帰ってきたガラクタの山。
もう必要のないそれを蹴散らしながら、部屋の中に入ると、
ヌヴィルのハンモックを掴んだ。]*

(305) 2019/03/17(Sun) 21時頃

【人】 蝋燭職人 フェルゼ

  ヌヴィル?
  わーお、目覚めたばかりなのに、筋がいいね!

[伝声管からの声に微笑んだ]

  ヌヴィルを襲った人狼はね、ずっと自分の事を人間だって信じてて
  でも、ほんの一瞬の血が口に入ったせいで
  自分の中の人狼を覚醒させたんだよ

  今までも、昨日までも、ずっとずっと
  自分が人狼だなんて知らずに、この船で生きてきたのにね

[大変だったね、と微笑んで]

  うまく血を飲ませる結果になって、良かった

[だいたいの諸悪の根源]

(306) 2019/03/17(Sun) 21時半頃

【人】 蝋燭職人 フェルゼ

[振り下ろされるシーシャの斧>>280
 一撃目は回避する。
 というかこちらは徒手空拳なので、受けるなんてできるわけがない

 そしてその裏から飛んでくる明確な殺意>>296
 こっちのがやばいのでは。
 エルゴットが戦ってるところなんて見たことないけれど。

 武器を持った2人を裁くなんて、戦闘員でもないフェルゼには確実に不可能だ。
 斧の一撃を、利腕に食う。
 がつん、と腕が千切れ飛ぶのを、何とか自分で捕まえた。
 ぼたぼたと血が溢れる。

 扉のすぐ側。調理台から距離がある。
 背後に扉があるが、逃げるつもりはまるで無い。
 だって人狼は、どんなチャンスで目覚めるかわからないから。
 奇跡を逃すなんてそんなこと、できやしない]

(307) 2019/03/17(Sun) 21時半頃

【人】 蝋燭職人 フェルゼ

  ほら、食べてみよ?
  もしかしたら、今度こそ、人狼になれるかもよ?

[血を流す片腕を手に、痛みなんて感じない程に狂っているのだろう。
 斧と棍棒をギリギリで回避しつつ
 シーシャの懐に飛び込み、目の前に千切れた腕を突き出そうとする。

 血の匂いを嗅いでしまえ。
 そのまま口に入ると、尚いいけれど*]

(308) 2019/03/17(Sun) 21時半頃

森番 ガストンは、メモを貼った。

2019/03/17(Sun) 21時半頃


蝋燭職人 フェルゼは、メモを貼った。

2019/03/17(Sun) 21時半頃


【人】 弁務官 ジャーディン


  どうして……、か。
 

[応じたそれは静かで、
 漣のような震えだけを宿した声。

 視線は向けられた刃へ落としもせずに、
 心臓を貫こうとするなら抗わないだろう無防備さで
 濡れた瞳の中心に友人を映し続けて。

 微かであろうと血の芳香に喉が鳴り、>>289
 擡げる獣が抑え込む意思を崩そうと熱を吐く。
 その熱の吐息に揺らぐのは獣と人間、
 どちらであるのか、未だ理解できないまま]
 

(309) 2019/03/17(Sun) 21時半頃

【人】 弁務官 ジャーディン


  どうしてだろうな。
  なぁ、グスタフ……どうしてだろう……


[震える掌を包むようにして支え、笑った。
 屈託のない笑みは人であるかのように、
 ただ瞳だけを爛々と血の色彩で輝かせて。

 己の脈動を断つべく導くのは簡単だっただろう。
 だが、それをすることがないのは、
 彼の意思で――
 否、彼を食いたくない慾を映した、己の意思で、
 終わらせて貰うのを願っての我儘に過ぎない]
 

(310) 2019/03/17(Sun) 21時半頃

【人】 弁務官 ジャーディン

 
[眼前の男の顔が涙の膜に歪まされていても、
 感情が揺れ動き、留まろうと必死に足掻いても、
 極上の肉に見えるこの感覚を、伝えらえたなら。

 全身を鑢掛けされたかのような苦痛は、
 暴れようとする獣を無理に抑える弊害でもある――
 そんな有様でも未だ、
 人間の側へ留まらせてくれている存在へ柔らかく笑い]


  あぁ……、
  きみと一緒に、船旅をしたかったな


[それは終わりの言葉。
 何方の終わりかは零した己にもわからない、
 血色の瞳からとうとう決壊した雫で頬を一筋濡らし、
 血に逸る獣の性を宿した双眸をグスタフだけで占めて]
 

(311) 2019/03/17(Sun) 21時半頃

銀行屋 ザーゴは、メモを貼った。

2019/03/17(Sun) 22時頃


【人】 銀行屋 ザーゴ

 ― 第一甲板 ―

[びしょ濡れになっても、シャツの血の色は全ては拭えない。
ニールにどうした、と声をかけられても>>163言葉がうまくみつからなかった。ただ、事実としては]

 ギリアンのクソ野郎のせいだ、
 ……いや、

[差し出されたエプロンに戸惑っているうちに、いつものようにRedwolfのママは的確な動きで鶏を捕まえると去っていった。
手に残ったエプロンは拭うのにも水を吸うのにも適していないうえに、少し油くさかった。厨房の主のものだから当たり前だが、普段なら受け取ることさえしなかったろう]

 ………、考えても仕方がない

[エプロンを手近な場所にひっかけて、もう一度水を被った]

(312) 2019/03/17(Sun) 22時頃

【人】 負傷兵 ヒュー

[ヒューは会ったことのない人狼に嫌悪感は持っていなかった。
初めから男は、冤罪に苛立っていただけだ。
あの日の繰り返しを嫌悪していた。

喰うために奪う事も、人間と大差ない。
奪われる覚悟は双方向にあるべきものだ。
そして、弱い奴が奪われる――その思考、ともすれば、人狼に染まる事もあり得たろう。

だが、もしも>>300はなく、今しかない。

薙いだカトラスはガストン>>301の右に赤い筋を作る。
低い叫びに、口角は深く吊り上がる。
あの体躯に敵わなくとも、男には経験がある。
これなら殺せると血が沸き立った。]

(313) 2019/03/17(Sun) 22時頃

【人】 負傷兵 ヒュー

[赤に染まるのは左右共>>302に。
右目は血に、左目は宝石のような赤へ。
だがそれはそれだけだ。
ヒューは恐怖も、魅入られもしない。]

 アレと一緒にすんなってぇの。
 確かに奪いたいから奪うけどな
 俺は"奪われる前に奪う"
 ――奪われたら、戻って来ないからな。

[吐き捨てるように告げる。
何が違うのかはわからなくてもいい、持論だ。

部屋へと後退るガストンに続き、ヒューも室内へ雪崩込む。
徐々に姿を変えていくガストンに、思い切り舌打ちをした。]

(314) 2019/03/17(Sun) 22時頃

【人】 負傷兵 ヒュー

 ハ、それが本性かよ、ガストン。

[体毛は銀>>303、爪の形は――ヒューの腕のようだ。
こめかみに血管が浮きそうだ。
ジャーディンは腕だけ人でなしにしろと言っていたが、
まさか、人狼が人でなしにヒューを変えていたとは。
滑稽すぎやしないか。

ヒューも義肢に仕込まれた錐を出す。
カトラス一本で牙と爪の両方を、凌ぎきれると思えない。]

(315) 2019/03/17(Sun) 22時頃

【人】 弁務官 ジャーディン


[死体を見続け疲弊した精神が軋みを上げて、
 暴れる獣を抑え続けた肉体が限界を迎えるまで。
 
 非道だと理解しながらの無言の懇願は、
 張り詰めた糸が途切れたかのように意識を失い、
 グスタフの上へ細身が崩れ落ちるまで続いただろう*]
 

(316) 2019/03/17(Sun) 22時頃

【人】 負傷兵 ヒュー

[ガラクタを退け暴れる場所を作るガストン>>305 には軽く感謝をしながら、詰め寄る。

ハンモックを掴まない方の腕が迫るのなら、錐で払う。
カトラスは持ったまま、左手を床につけると、
詰め寄ったその勢いのまま、遠心力に任せ、ガストンの左脛を蹴る。

転ばし、体勢を崩さねば、力で押し負けるヒューには分が悪い。
義肢だって、何度も攻撃には耐えられないのだ。*]

(317) 2019/03/17(Sun) 22時頃

【人】 銀行屋 ザーゴ

[突然にかけられた声>>197に驚いて上を向こうとして、海水が目と鼻に入り盛大に咽た。咳払いじゃごまかしきれないそれが収まってから、ようやく見張り台を見上げる。
沁みてよく見えない目でも、耳はまともだ]

 ピスティオか、  ……汚れを落としてんだよ
 落ちないけどな

[空になった木桶をけ飛ばす。
海に落ちないよう繋がったそれは、甲板を跳ねて足元まで戻ってきた。もう一度け飛ばしてから、近くにあった血痕からは勿論離れて、甲板にどっかと座り込んだ。
少しくらいは、乾くかと思ったのだ]

(318) 2019/03/17(Sun) 22時頃

負傷兵 ヒューは、メモを貼った。

2019/03/17(Sun) 22時頃


弁務官 ジャーディンは、メモを貼った。

2019/03/17(Sun) 22時頃


【人】 銀行屋 ザーゴ

[人を殺したくなったことがあるか?>>255
仮にも海賊に聞くには随分とおかしな質問だ]

 ……それは、

[見張り台に十分届くよう、少しばかり声を張り上げる]

 俺が「ない」と思って聞いているのか?
 それとも「ある」と?

 お前にとって、俺はどっちに見える。

[なんでそんなこと、と聞けば犯人を探したいからだという。
さすがに鼻で笑うが、さて見張り台にまで見えていたかどうか]

(319) 2019/03/17(Sun) 22時頃

肉屋 ニールは、メモを貼った。

2019/03/17(Sun) 22時頃


墓堀 ギリアンは、メモを貼った。

2019/03/17(Sun) 22時頃


【人】 銀行屋 ザーゴ

[そんなことを聞くからには、ピスティオは「ない」のだろう。あるいは、船長がサイモンが死んで初めて「あった」のか。誰とも知らぬ対象への殺意は、想像だけでもおかしなものだ。
行く当てが不明瞭で、たとえば誰も殺したことがないのなら、持て余してしまうだろうくらい。
……なんて、全部想像だが*]

(320) 2019/03/17(Sun) 22時頃

銀行屋 ザーゴは、メモを貼った。

2019/03/17(Sun) 22時半頃


【人】 下働き ピスティオ

落ちないのに落としてんの?
それって落ちてるの、落ちてないの。

[振り向いて顔に水ぶちまけて咽せてるのを見て>>318、げらげら笑った。
 こんな滑稽なザーゴを見られるのは最初で最後かもしれない。
 木桶を蹴ったのが反発で返ってきて、もう一度蹴っている様子までおかしかった。

 仲間が死んだの誰が殺したの、というやり取りがすぐ下でされているのに、まるで平和だった。]

(321) 2019/03/17(Sun) 22時半頃

【人】 下働き ピスティオ

そーだな。
なさそうだと思ったけど、あったらいいなと思った? かな。

[>>319「殺したい」というのは、略奪や戦闘行為よりも明確に「怒り」や「恨み」が付随するものだと思っていた。
 例えば、オレは略奪の末に相手を殺したことはあっても、別に憎しみの末とかの結果じゃない。]

誰か、っつったのは、なんてーの?
そこらの敵の名前も知らねー奴じゃなくて、アイツをどうにかしてやりたいとか、そういう話。

(322) 2019/03/17(Sun) 22時半頃

【人】 下働き ピスティオ

ザーゴはそういう事考えなさそうな気がしたけど、考えたことがあるんなら聞いてみたい。
あと、今ちょうど見えたから。

[最後のひとつが一番の理由。あると思っても、ないと思ってもいないし、ましてや疑いを向けているわけでもない。
 会話をしやすいようにと、見張り台を降りる。
 座り込むザーゴの斜め前に陣取った。]

(323) 2019/03/17(Sun) 22時半頃

【人】 銀行屋 ザーゴ

[海水に咽るのだって、こんなに髪も服もへなへなになってるのだって、つまりこんな惨めな姿は船にのってから一度だってさらしたことはなかった。少なくとも記憶にあるうちは。
ピスティオが大笑いするのを睨みつける。
しかし逆の立場なら、これ以上ないくらい笑ってみせたかもしれない。例の怪文書を思ってこらえたろうが]

 落ちない。
 いくらやっても落ちない。
 そもそも時間がたった血がしみたシャツなんてな……

[捨てるか。
それとも細かく刻んでギリアンに食わしてやろうか、なんて]

(324) 2019/03/17(Sun) 22時半頃

【人】 森番 ガストン

――11号室――

[人狼となり、身を変化させることは出来ても、
なり立ての男にはコントロールはまだ難しい。
気に入った銀の毛並も、
気が逸れればすぐに人のものに戻ってしまう。

ガストンが成ったのは、
狼ではなく、人狼なのだから。

常にその力を振るうことは、出来ない。]

(325) 2019/03/17(Sun) 22時半頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点: 人


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

生存者
(5人 0促)

シーシャ
13回 注目
ギリアン
23回 注目
エルゴット
9回 注目
ニール
12回 注目
ザーゴ
16回 注目

犠牲者 (5人)

サイモン
0回 (2d)
グスタフ
16回 (4d) 注目
ヒュー
13回 (4d) 注目
ハワード
24回 (5d) 注目
ピスティオ
14回 (5d) 注目

処刑者 (4人)

ヌヴィル
26回 (3d) 注目
フェルゼ
0回 (4d) 注目
ガストン
0回 (5d) 注目
ジャーディン
12回 (6d) 注目

突然死 (0人)

舞台に (5人)

モンド
0回 注目
ブッカ
0回 注目
甚六
0回 注目
ボリス
0回 注目
ヨアヒム
0回 注目
村を出た人達

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.218 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび