人狼議事


268 Werewolves of PIRATE SHIP-V-

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


【人】 森番 ガストン

確かに、美しい。

[クリストファーが咲かせた赤より。
フェルゼの持つ宝石より。

ハワードの持つ、真っ赤な輝きに、心奪われる。


薬も効いていただろう。
けれど、動きが止まったのは、その輝きに魅せられたから。

"美しい"と、思った。]

(21) 2019/03/16(Sat) 11時半頃

弁務官 ジャーディンは、メモを貼った。

2019/03/16(Sat) 11時半頃


【人】 森番 ガストン

[ハワードに押し倒されて、呻き声をあげる。
それは、押し倒された痛みからではない。

押し倒される時、ハワードに落ちた槌が、ハワードの左腕から溢れた赤が、
ガストンの顔を染める。

それは呻いたガストンの口の中にも触れて。

飲み込んだ赤が、胃の腑へと落ち、
身体が、瞳が、ざわりと変化する。

真っ赤な瞳へと。
そして、銀の毛並みへと。

それは、ハワードが喰らい付こうとした首元さえも、覆っただろう。

ハワードに気付かせるには十分な変化。>>12]

(22) 2019/03/16(Sat) 11時半頃

/*
>>*20
もぐもぐして♡


【人】 森番 ガストン

[そして、自身でも理解した。
今、己は、人ではなくなった。]

ああああああ。

[慟哭が漏れる。
人でありたかった。
"サイモン"をああしたような、畜生にはなりたくなかった。

しかし、そう思ったのは、人狼を忌避していたのは、
──本当は、自身の手で、"人を壊してみたかった"からだと気付きたくなかったからだ。
修理することが好きで、作ることが好きな人間である。
そんな自己暗示を繰り返して生きてきた30年と少しなど、この瞳の前では無意味。


知ってしまえば、もう後戻りなど出来ない。]

(23) 2019/03/16(Sat) 12時頃

【人】 山師 グスタフ

  ―第二甲板:食品貯蔵庫―

  仲間の筈だ。
  だが、実際に起きている。
  紛れもなく俺たちの中に犯人はいる。

[ ニールの言葉>>3を補強するように重ね
 ピスティオの申し出>>0には目を見開き
 その後、口角を上げた ]

  仲間だからこそ、ケジメはつける。
  一人で抱え込むなよ。

[ その時になって考えて間に合うのか>>4
 思う心はあれどその時は口にしなかった ]

(24) 2019/03/16(Sat) 12時半頃

【人】 森番 ガストン

退いてくれ…!

[戸惑ったハワードを押し退ける。
覚醒したばかりで力の加減が出来ない。

はぁはぁと息を吐く。

覚醒した血が、抑えられない。
なにか、何か、ナニカ。

"人間のようなものを襲いたい。"]

(25) 2019/03/16(Sat) 12時半頃

【人】 森番 ガストン

[しかし、人狼になってしまったとバレるわけにはいかない。
ハワードやフェルゼを置いて、部屋へと戻る。

同室者のいない自分の部屋に。]





ヌヴィル…?

[そして知る。
ヌヴィルが捕虜牢に捕らえられていることを。]

(26) 2019/03/16(Sat) 12時半頃

【人】 山師 グスタフ

[ やがてシーシャが訪れる。
 彼の口から語られるサイモンの事>>1
 詳しくと話を促す声に迷いはなかった。

 獣のそれ>>5
 ニールの言う通りであるし、
 その意見にも同意だ>>6
 シーシャがジャーディンに見せたいもの
 それは確かに気になった。
 だがそれはピスティオが聞く筈>>7
 返答があったにせよ、ないにせよ
 サイモンの死体と船長の死体を比較する ]

  同じやつの仕業か?
  あまりにも違いすぎる。
  船長を殺したのは手練れの奴だろう。
  だが、聞いている限りサイモンを殺ったのは
  殺し慣れていないのか、
  敢えて殺さず甚振る必要があったのか
  そんな風に思える。

(27) 2019/03/16(Sat) 12時半頃

【人】 森番 ガストン

──船底の牢屋──

[船底の牢を訪れたのは、人気が減った頃。

船底には、まだ血の匂いが充満している。
それはとても、心地良い。

自然と笑みが浮かぶ。
その笑みを、ヌヴィルに向けて。]

(28) 2019/03/16(Sat) 12時半頃

【人】 山師 グスタフ


  後者ならばマトモな人間がやるとは思えない。
  だが、必ずしもどちらかだけではない筈。

[ ただ殺す事が目的ならば心臓を貫けばいい。
 だが、サイモンの死体はそうではない。
 逃げるのを防ぐなら足を怪我させればいいだけ。
 腕まで切り落とす必要もないだろう。
 また、内臓を喰らっていたとの事から
 逸らした視線を今いる者らに戻す。

 話すべきだろうか。
 もしかしたら、疑われるかもしれない。
 だが、そうしている間に他の者も
 船長やサイモンのような気概が加わる可能性も
 最早否定できない状況となっていた。

 認めたくはなかった。だが、認めざる得ない ]

(29) 2019/03/16(Sat) 12時半頃

【人】 森番 ガストン


[牢に残されたのは、ヌヴィルの無残な死体。

その死体は、獣に食い荒らされたまま、血の匂いをまき散らしながら、牢屋の中に放置されていた。]**
 

(30) 2019/03/16(Sat) 12時半頃

【人】 山師 グスタフ


  …………人狼はいる。
  俺は昔、二度会ったことがある。

  そいつらは、人間の肉に反応する。
  捕食する時に、その瞳はまばゆく美しく煌めく。

  この世にあるどんな宝石よりも、
  恐ろしいほど光る色を
  あいつらは人間を食う事で得る。

[ それが人狼を探る手がかりになるかもしれない。
 だが、その為に自分の肉を削げと言っている訳ではない。
 しかし状況が状況ではある。
 今、自分の獲物はサーベルとラッパ銃と
 水夫を殺したナイフが一つ。
 思考を張り巡らしながら口を開く ]

(31) 2019/03/16(Sat) 12時半頃

【人】 山師 グスタフ


  昨日の夜はガストンが船底倉庫で
  作業をしてたせいで騒がしかった。
  密室で何か起きたとしても気づけない。

  だが、それでもあの船長を殺せる奴は
  よっぽど船長の信頼を得ていた人物に思える。

[ その中で浮かび上がる人物は二人。
 副船長のハワードと古参のギリアンだ ]

(32) 2019/03/16(Sat) 12時半頃

【人】 山師 グスタフ

[ 状況的には動機のあり過ぎるヌヴィルが
 船長を殺しそうな人物ではある。
 だが、良くも悪くもヌヴィルは正直な男だ。
 そんな男が本当に船長を殺すだろうか。
 しかし可能性は捨てきれない。
 だから最悪ヒューが牢に連れて行ったとして
 その先で何か怪しい行為をするものなら
 グスタフ自身が殺すつもりではあった。

 だが正直なところ、
 ヌヴィルが人狼であるならば
 船長を出し抜くような狡猾さを持ち得ているのか。
 その点だけは自分の描く人狼像に当てはまらなかった。

 ヒューにおいても同意見ではある。
 だが、人狼に味方する人間いないとは限らない。
 ヒューはヌヴィルを守るために
 あの提案をしたのだと考えるが
 だが、人狼の為に他者から隔離した場所へ
 ヌヴィルを放り込んだ可能性も捨てきれない ]

(33) 2019/03/16(Sat) 12時半頃

【人】 山師 グスタフ


[ そこまで考えてハッと目を見開く。
 こうして淡々と自分の中の可能性を上げ
 仲間達の中から人狼を探している事実に。
 心地の悪さに眉間に皺を寄せた。
 口早にこの場にいる者たちに伝えよう ]

  副船長を探してくる。

[ 船長へ祈りを捧げながらもその場を立ち去る。
 あれから部屋に一度も帰っていない。
 雌だと聞いたあの兎を抱いて
 もう一度惰眠貪りたい程動揺する自分を
 誤魔化すように足先は早く ]*
 

(34) 2019/03/16(Sat) 12時半頃

森番 ガストンは、メモを貼った。

2019/03/16(Sat) 12時半頃


【人】 山師 グスタフ

  ―第二甲板:上階階段付近―

[ あのまま部屋を後にしたハワードが>>2:293
 どこへ向かったのかは分からない。
 上の階か、下の階か。
 少しの騒ぎになっているのは上階か。
 早足で向かったのは第一甲板へ続く階段付近。
 壁に張り付きながら耳を澄ませた。

 ここからじゃ顔は見えない。
 誰かに悟られないよう、息を潜めた。
 もしも見つかれば自分は殺される。
 そうでなくともあの瞳に見つめられたら
 誰かに護られていようと心臓が止まってしまうだろう。

 それ程までに人狼という存在が嫌いだ。
 赤い紅い瞳。
 心の中に詰め込まれた恐怖心。
 それらに潰れそうになるからだ ]

(35) 2019/03/16(Sat) 12時半頃

【人】 山師 グスタフ

  ―第二甲板→自室―

[ 震えた息を吐きながらも、
 しばらく立ち止まった後にその場を去る。
 第二甲板にハワードの姿は見えない。
 ならば船底か第一甲板か。
 それとも入れ違いで第三甲板か。

 どちらかに向かおうとして立ち眩みがした。
 尖らせた神経に限界が訪れたらしい。
 一先ず自室に戻るべきかと考えた。
 足は第三甲板へと赴き、自室に潜り込む。

 名前のついていないあの兎は何処だと探しながらも
 ずるずると扉を背に頭を抱えた ]

  気のせい、だよな。
  誰にも気づかれていない、筈。

[ ぽつりと呟く声は小さいまま、溶ける ]*

(36) 2019/03/16(Sat) 12時半頃

山師 グスタフは、メモを貼った。

2019/03/16(Sat) 13時頃


メモを貼った。


【人】 執事 ハワード


[ ガストンの唇から呻き声が漏れ>>22

驚きに微か目を瞠れば‘ 己と同じ ’
紅き瞳が爛々と輝いていた

その慟哭>>23を耳にすれば
自然、唇は弧を描く

なんて< 美しい >
私は疾うに人間として過ごした日々を、
人間が当たり前に持つ感情を忘れてしまった。

その慟哭は私が忘れてしまったものを
僅か思い出させるようで ]

(37) 2019/03/16(Sat) 14時頃

【人】 執事 ハワード

  …ふふ、これから、ですね?

[押し退けられた>>25時の力の加減が上手くいかぬ様子を揶揄って。

少々よろめきながらも上から退いて
ゆるりと毛並みを揺らせば
そこにいるのは普段通りの副船長だった

ガストンの覚醒を見送ったならば
第一甲板に長く留まる事はない

ただフェルゼとこれからの健闘を祈り
下の階へ降りて行った ]

(38) 2019/03/16(Sat) 14時頃

【人】 執事 ハワード

― ⇒第三甲板 ー

[ ‘ 副船長ならどう動くか? ’

それだけを考えつつ動く
普段船に居ない事もあるものだから、
船員たちの動きを把握出来ない事もある

そして、船員たちの動きを一番
よく見ているだろうと私が思うのは… ]

(39) 2019/03/16(Sat) 14時頃

【人】 執事 ハワード

  ……グスタフ、居ますか?

[遠慮がちに8番の部屋>>36をノックした
今はまだ、彼の疑い>>32に気付く事はなく。

船員たちに変わりは無いか聞く為に
中堅の彼を頼りにこの部屋をノックする事も多かった。

ただ一つ違うのは
今はその声がひどく疲れているということ ** ]

(40) 2019/03/16(Sat) 14時頃

執事 ハワードは、メモを貼った。

2019/03/16(Sat) 14時頃


メモを貼った。


【人】 蟻塚崩し エルゴット

─ 食料貯蔵庫 ─
[着いたのはどのタイミングだっただろう。
恐らくは皆からそう遅れた時間ではないと思う。]

 お、おま おまたせ

[布の束をニールへすぐに手渡し>>2:382
船長だったものが横たえられるのを見る。
昨日まで息をしていて、昨日まで確かに動いていたソレは
今はもう沈黙し、これから朽ち果てるのを待つだけ。

少しでも綺麗にと拭うニールの手を、
真似するように船長の体を拭いた。]

(41) 2019/03/16(Sat) 17時半頃

【人】 露店巡り シーシャ

――ちょっと前・船底からの階段――

 なぁんだ、よかったー。


[船長を食べなきゃいけないのかと思った。
「安置だ」ってヒューが教えてくれて>>2:386ホッとした。

どんなにママが美味しくしてくれても、
元がアレだと思うと、
親父臭とか面倒くさい話する時の顔とか
僕をこの船に誘ってくれた時の顔を思い出しちゃって、

食べなきゃ死ぬって時以外は食べられそうもないから。]

(42) 2019/03/16(Sat) 17時半頃

【人】 蟻塚崩し エルゴット

[すべてが終わった後、シーシャがジャーディンの所在を聞きに来た。>>2:384
グスタフとピスティオがそれに答えるのを見ながら>>2:393>>7
シーシャが人狼だったら嫌だなぁ、とぼんやり思った。
もしジャーディンが襲われたらどうしよう
そう思う心もあったけれど、襲うつもりならば
わざわざ僕らに所在を確かめには来ないだろう。

シーシャの口から語られるもうひとりの犠牲者>>1
の話を前に、目をスッと細めた。]

 ──……き、昨日は ごちそうだったのに。

[獣のソレ>>5は、そうなのだろう。
もしもこの船に巣食うのが人狼ならば。
けれど、どうして。
昨日はあんなに美味しいごちそうだったのに。] 

(43) 2019/03/16(Sat) 17時半頃

【人】 露店巡り シーシャ


 えーだって、他に食べ物あるんだから
 船長なんか食べたくないよ。


[なんだかぐったりしてるヌヴィル>>389を見て、
上での出来事を知らない僕は、
二日酔いかなぁなんて思いながら、
つっこみに言い返した。


船長の首に噛みちぎったヤツの気がしれない。
肉が落ちてなかったから、きっと食べちゃったんだろう。

例えば僕が船長を殺したいって思ったら、
武器を使って殺す。
できるかはわからないけど、それで終わりだ。

そんなこと考えてたからか、
サイモンのことを言うの、忘れちゃったんだ。*]

(44) 2019/03/16(Sat) 17時半頃

【人】 蟻塚崩し エルゴット

[お腹が空いたなら、ニールにお願いすればよかったんだ。
非常食を差し出したってよかった。
人じゃないと飢えを満たせないというのなら
貨物船から人を奪ってきたってよかった。

どうしてエルゴットの家族を食べたんだろう。

船長の亡骸を見る目が、じわじわと悲しみから別のものに色を変える。
また涙が溢れそうになって、慌てて目をごしごしとこすった。

これからどうしようか。改めて戸惑う心を前に、
グスタフの口から語られたのは衝撃の話だった。>>31]

 …あ、あ 会ったこと、あるの?
 ほ、宝石、より 綺麗な 目…?

[噂話ともお伽噺とも違う。家族の口から語られるのは寓話でない事実。
棍棒を握る手に、ギリ、と力が入った。]

(45) 2019/03/16(Sat) 17時半頃

【人】 蟻塚崩し エルゴット

[『人狼の瞳は、人の肉を捕食する時に美しく煌めく。』

その言葉を聞いてすぐに思い浮かんだのは、フェルゼの顔だった。
宝石が大好きなフェルゼ。
狂っていると言われる事すらある狂信ぶりは、人らしからぬといえばその通りだ。

考え込んだ頭は、更に何かを話すグスタフの言葉をどこか遠い事のように耳に通した。>>32

もしフェルゼが人狼ならば、最も美しいのは己の瞳ということになる。
だとすれば、だとすれば。

”今フェルゼに両目がついているのはおかしい。”

エルゴットはそう思った。
けれどもし、フェルゼが人狼ではなくて
その上で、人狼の瞳の美しさを知っていたら?]

 …………。

[想像の域を出ない。]

(46) 2019/03/16(Sat) 17時半頃

【人】 蟻塚崩し エルゴット


[考え込む男を脇に、グスタフは副船長を探しに部屋を出ていった。]

 き、気をつけてね

[そう告げることを忘れずに、手を振って見送る。>>34

頭の中はぐしゃぐしゃだ。
元より回転の良い方ではないのに、立て続けにいろんな情報がなだれ込んできて
なだれ込んだ上で、自分でも考えなくてはいけなくて。

こんがらがった頭を一度がしがしと掻いてから、
手腕をきれいな布で拭った。

これからニールのお手伝いをする。
つまり食材を扱うという事で、いくら普段は不潔なエルゴットでも、その時くらいは綺麗に整える努力はした。]

(47) 2019/03/16(Sat) 17時半頃

【人】 蟻塚崩し エルゴット


 に、ニール おかあさん
 あの、あのね ひ、非常食 飼いたい
 お、お世話、するから 他の子と、一緒に おいとく

[それから、脇に抱いていた非常食─首に目印の麻紐が巻かれたソレ─を一度床に置く。
逃げること無くエルゴットの足に纏わりつく雄鶏を、
足で雑に撫でてやった。**]

(48) 2019/03/16(Sat) 17時半頃

蟻塚崩し エルゴットは、メモを貼った。

2019/03/16(Sat) 17時半頃


【人】 露店巡り シーシャ

――第二甲板・食品貯蔵庫――

 ジャーディンが、シーツ持ってこいって言ってたから。


[「これ」と、抱えてたシーツをママに差し出した。

ピスティオが不思議そうにしてて>>7
グスタフに「そっちは」ときかれたから、
船底の牢でのサイモンのことを話した。]


 サイモンを、ジャーディンに見てもらおーと思って。


[「獣の食事」>>5、ママの言うとおりなんだけど、
ちぎられた腕と脚とか、
刃物で開かれたような胸とかが気になって。

グスタフが話すのを>>27>>29、コクコクと頷きながらきいてた。]

(49) 2019/03/16(Sat) 18時頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

生存者
(5人 0促)

シーシャ
13回 注目
ギリアン
23回 注目
エルゴット
9回 注目
ニール
12回 注目
ザーゴ
16回 注目

犠牲者 (5人)

サイモン
0回 (2d)
グスタフ
16回 (4d) 注目
ヒュー
13回 (4d) 注目
ハワード
24回 (5d) 注目
ピスティオ
14回 (5d) 注目

処刑者 (4人)

ヌヴィル
26回 (3d) 注目
フェルゼ
0回 (4d) 注目
ガストン
0回 (5d) 注目
ジャーディン
12回 (6d) 注目

突然死 (0人)

舞台に (5人)

モンド
0回 注目
ブッカ
0回 注目
甚六
0回 注目
ボリス
0回 注目
ヨアヒム
0回 注目
村を出た人達

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.156 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび