人狼議事


268 Werewolves of PIRATE SHIP-V-

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


【人】 露店巡り シーシャ

[「昨日はごちそうだったのに」って
エルゴットの言葉にも大きく頷いた。
食い物に困っていたわけじゃない。
なのにどうして――。


「返り討ちにしてやりましょ!」って言うママには>>6
「もちろんそのつもり」って大きく頷いた。

「食われたくなかったら食うしかないな」>>1:180

ゆうべ、グスタフが言ってたことを思い出したら、
斧を握る手にぐっと力が入った。]

(50) 2019/03/16(Sat) 18時頃

【人】 露店巡り シーシャ


 じんろう……?


[船長室から医務室に行く間にもきいた言葉。
それについて僕はよく知らなかったから、
グスタフの話>>31にはふぅんって。

肉食っぽいのは想像ついてたけど、
瞳がきれいとか、人間を食ってそうなるとか、
変な生き物だなぁって思った。


「船長を殺せるヤツは船長の信頼を得ていた人物」
グスタフの考え>>32をきいて、なるほどなぁって。

僕は「なんで殺したんだろう」
「食べたかったのかな」ってことしか考えてなかった。
そういえばギリアンも「誰が」って言ってた。
考え方の順番が、僕と逆なんだ。]

(51) 2019/03/16(Sat) 18時頃

【人】 露店巡り シーシャ

「副船長を探してくる」ってグスタフが歩き始めて、
僕も医務室に向かった。


そういえば、人狼に会ったグスタフは
どうやって生き残ったんだろう。

船長を殺せるくらいのヤツらを、
どうやって殺せばいいんだろう。

もしかしてグスタフってすごく強いのかも。
今さら、そんなことを考えた。*]

(52) 2019/03/16(Sat) 18時頃

【人】 露店巡り シーシャ

――医務室――

[ジャーディンは着替えてたみたい。

医者の意見をききながら、
ジャーディンの喋り方がなんかこう、緊張?
怒ってる?ように感じたんだ>>18

そりゃあ、船長があんな変な殺され方したんだから、
僕の胸がムカムカしたのと同じことなのかなって思った。]


 よわみ? なんでよわみなの?
 だって、船長を殺ったヤツなんて仲間じゃないでしょ。

 「この船」から「船長」を奪ったんだから、
 他の賊と一緒。

 殺すんだよ。殺さないといけないんだよ。
 

(53) 2019/03/16(Sat) 18時頃

【人】 露店巡り シーシャ

[僕をじーっと見てくるジャーディンの目は
赤くてきらきら。

そのきらきらが瞼で半分隠れ、
「シーツは」と怒ったような声できかれて>>19
ハッと思い出した。

ききたいことばっかりきいて、
人に伝えることを忘れちゃう。

こんな僕だから、ずっと下っ端なんだ。]

(54) 2019/03/16(Sat) 18時頃

【人】 露店巡り シーシャ


 シーツは、食品貯蔵庫に置いてきた。
 それと、サイモンが殺されてた。

 ギリアンに引っ張られて連れてかれた、船底の牢で。
 腕と脚は落とされてて、体の中は食い荒らされてた。

 僕は、あんなことするのを、狂ってたとしても
 人間なんて思わないなぁ。
 獣ってのとも違うと思うんだよねぇ。


[食べたいだけなら、ひと思いに殺して食べればいい。
でもサイモンの死体はそうじゃなかった。**]


 じゃあ何がサイモンを殺したのかって?
 わからないから、ジャーディンに見て欲しいなぁ。

 ジャーディンは人狼に詳しい?

(55) 2019/03/16(Sat) 18時頃

【人】 蝋燭職人 フェルゼ

 ―顛末を―

[振り下ろされた槌はハワードの腕を捉え、血が飛んだ>>11
 そして、ガストンが、変わる>>22
 真っ赤な瞳は、何度も見たことのある、人狼のもの]

  あらー………

[慟哭するガストン見ながら、目をぱちくり>>23
 こんなこともあるものなんですね。
 いや、というか美しさが分からない筈のお前が美しいってなんかこう
 自分の中で論理矛盾を起こしそうだよ。

 若干、憮然な表情になっていたのは許して欲しい。
 心の整理って大変なんだ]

  ああいう目覚め方って、あるんだねえ……

[去っていくガストン>>26とハワード>>38をを見送りながら、呟いた]

(56) 2019/03/16(Sat) 18時頃

【人】 蝋燭職人 フェルゼ

[外見上は事故死の見張りのクリストファー。即死。
 下の甲板から人を呼び、彼も下に運んでもらおう。
 とりあえずはジャーディンの所か。
 そのあたりは下っ端に任せたいところ。
 フェルゼが一人で運ぶのは厳しいので。

 いずれ、クリストファーの遺体も、サイモンと共に並べられるのだろう]


  お腹すいたなあ……

[自分は人間の肉は食わない。
 いや、一応食べてみたこともあったが、美味しいとは感じなかった。
 ニールの食事のほうがずっと美味しい。
 同じレアの肉でも、牛と人間では全く違うのだ]

(57) 2019/03/16(Sat) 18時頃

【人】 蝋燭職人 フェルゼ

[胸元で呪いの宝石が煌めく。

 もっと、人狼、いないかな。
 人狼がたくさんいれば、素晴らしいのに。
 食事が足りないならば、腕とか足とか普通に差し出しても良いぐらいだ。
 彼らの姿を観察できる頭だけ残してくれれば充分。
 美しいものを見たいだけ。


 人狼の目は美しい。それは血が通ってこそのものである。
 死んだ人狼の目には覇気が無い、野生が無い。
 死んでしまえば何の意味もない]

(58) 2019/03/16(Sat) 18時頃

【人】 蝋燭職人 フェルゼ

[ゆるゆると船の中を歩く。

 裏切り者だ、人狼だ、そんな声は止まらない**]

(59) 2019/03/16(Sat) 18時頃

露店巡り シーシャは、メモを貼った。

2019/03/16(Sat) 18時頃


蝋燭職人 フェルゼは、メモを貼った。

2019/03/16(Sat) 18時頃


【人】 墓堀 ギリアン

─ ─

[無実を示すために牢に入る>>2:335という発想はギリアンにはよくわからないものだ。
ともかく、ヒューはヌヴィルを檻に入れ、代わりに。

ギリアンは、サイモンの体を担いで階段を上がっていた。
船長の遺体は食糧貯蔵庫に安置することになったと聞いて。
サイモンの方はさっさと海に還してやればとも思うが、誰か見たいかもしれないし。

一応ばらばらにならないように倉庫の麻布で包んだが、肝心の頭がはみ出している。
のでサイモンの死体を見た誰彼の呻くような声を何度か聞いた]


 ……うーん

[死体というのは重いが、扱いにくい。
既に硬直を始めているとはいえ、サイモンは武器として振り回すには向いていない。
今はとりあえずこの荷運びを済ませるか*]

(60) 2019/03/16(Sat) 18時半頃

墓堀 ギリアンは、メモを貼った。

2019/03/16(Sat) 18時半頃


【人】 山師 グスタフ


[ グスタフはこの船で10年少し程になる。
 ヒューより後に入って来た当初は
 元海軍という事もあり反感を買う事もあった。
 だが何とか丸め込み今に至る。
 その手段は単に殴り合いの喧嘩もあったが
 言葉で説き伏せる事だってあった。

 船長により下っ端の面倒を見ろと任されてからは
 戦い方の指導から海の上での暮らし方など
 面倒を見る事もあった ]

(61) 2019/03/16(Sat) 19時頃

【人】 山師 グスタフ


[ ただ、グスタフが此処に訪れる前に
 海兵の一人が不審死した事が一部では噂になり
 それは当然船長の耳にも入っている筈だ。
 腕に噛み付かれたような痕跡があったと。
 しかし軍では都合が悪く、
 転落死したと処分をした、との噂。

 船長が伝えているならば副船長の耳にも
 入っている情報だろう。
 一部の下っ端にも運悪く漏れてしまい、
 グスタフが関与しているのではと
 疑われる事もあるにはあったが、
 あの頃は船長に庇われ事無きを得ていた。

 だが、グスタフ自身が否定した事はない。
 何故なら、簡単だ。

 関与しているのは嘘ではないからだ ]

(62) 2019/03/16(Sat) 19時頃

【人】 山師 グスタフ


[ 死んだ海兵の男はグスタフの友人であり
 その男が好いた女は化け物だった。

 人の肉を喰らうルビーよりも鮮明な深紅。
 女の細腕の癖にあり得ない速度で
 人を襲う人ならざる者。

 不意を打っていなければ殺されたのは此方。
 海に投げ込んだ際の悍ましい姿を
 まだこの目は覚えている。

 人を喰らう人狼の眼差しを ]*

(63) 2019/03/16(Sat) 19時頃

【人】 山師 グスタフ

  ―第三甲板:8号室―

[ 室内に兎は見当たらない。
 混乱のままに逃げ出してしまったのか。
 だが、今は都合が良かった。
 
 扉の叩く音>>40
 弾かれたように顔を上げて耳を澄ます。
 扉越しに聞こえるのは何処か草臥れた
 副船長であるハワードの声だ。

 常ならば、副船長の業務で忙しいハワードが
 グスタフに船員の様子を聞きにきたのだと
 何の疑いもなく扉を開けるだろう。

 だが今は、腰に提げた獲物を確かめた ]

(64) 2019/03/16(Sat) 19時頃

【人】 山師 グスタフ


[ 今、この部屋には自分以外誰もいない。
 好都合のように思えた。
 もし、ジャーディンがいたのなら
 忙しいと断りを入れる必要があった。
 それ程ジャーディンの事は信頼していた ]

  よォ、ハワード、いるぜ。
  随分疲れ切った声だなァ。
  そりゃあ、無理もないか。

[ 声色はいつもと同じものを装った。
 警戒するまま扉を開けよう。

 獲物はいつだって自分の右手に。
 抜ける場所に用意をしながらも
 何故、此処に来たか探るよう目を動かした ]*

(65) 2019/03/16(Sat) 19時頃

【人】 山師 グスタフ

  ―回想:食品貯蔵庫―

[ 話してしまうか悩んだもの頷く ]

  人狼の飢えは人間の肉でしか満たされない。
  人間にとってのご馳走は
  人狼にとってのご馳走じゃない。

  人狼にとってのご馳走は俺たち人間だ。
  生きる為に喰らう必要があるんだろう。

[ 焚きつけるような発言かもしれない。
 だがこの船の人間を家族のように大事にしている
 そのように思えるエルにだからこそ伝えた ]

(66) 2019/03/16(Sat) 19時半頃

【人】 山師 グスタフ


  だからこそ疑問なんだ。
  どうしてサイモンはあんな殺され方をしたのか。
  食うだけなら、腕や脚を切る必要はない。
  船長をやったように首に噛み付いて殺せばいい。

[ 想像を膨らますエルゴット>>46に嘯く ]

  不確かなことが多過ぎる。
  だから俺たちも見て確かめる他ない。

  そうじゃなきゃ、食われるのは俺達だ。

[ この場にいる者達全員に聞こえるよう
 言い切って、視線を張り巡らせた。

 例えこの中にいても人狼がいても殺せるよう
 決意を深める為の行動だった ]*

(67) 2019/03/16(Sat) 19時半頃

山師 グスタフは、メモを貼った。

2019/03/16(Sat) 19時半頃


【人】 弁務官 ジャーディン


  そうも簡単に切り替えられるのなら、
  君にとって弱みにならないものなのだろう。

  私は……医者だ。
  医者は病を治すための存在で、奪う側には──…


[言葉を途中で閉ざし、視線は力なく床へ。
 吐き出した音は沈んで震え、それこそ弱さを晒す。

 前髪が紅い双眸どころか顔の半ばを隠しただろうか。
 俯いた時はそう長くはなかったが、
 キルマークだなんだと騒がしい仲間とは一線を引き、
 過去に一度もその戦果を上げて居ないのは彼も知る筈。

 治療の甲斐なく未来が閉ざされた者へ、
 慈悲のための尊厳死とは違う、殺人の発想。
 自衛の為であっても命を奪うことなど考えたこともない。
 ───そう、今までは]

(68) 2019/03/16(Sat) 19時半頃

【人】 弁務官 ジャーディン


  ……聞くに堪えない惨状だな。


[喧騒からは遠い医務室で響くシーシャの報告に、>>55
 吐き出したのはそんな言葉と、
 もとより白い肌に青みを足した顔色のみで。

 片手は口元を覆い隠して吐き気を堪えるように、
 喉奥まで迫り上がる何かを耐えて、呼吸を整える。

 言葉より連想した光景が意識を揺らし、
 胸奥に疼く何かを熱い吐息と共に掌の内へ吐き出して]

(69) 2019/03/16(Sat) 19時半頃

【人】 弁務官 ジャーディン


  わかった、診る。
  本来検死など私の仕事ではないはずだが、
  そうも言ってられないんだろ。

  ついてきてくれ、シーシャ。
  今この船で、……ひとりは、拙い。


[鞄を掴んで、ふらつく足取りで扉へ。
 問いかけには背を向けたまま、>>55
 逡巡の間を以て、ゆるりと首を横へ振る]

(70) 2019/03/16(Sat) 19時半頃

【人】 弁務官 ジャーディン


  人狼……、私は、病かと思っていた。


[思い出すのは、昨夜、食堂での仲間との会話。
 傲慢だと交わした言葉も脳裏に甦り、苦笑して]


  病ならば治せるもの……だともな。
  だがそれは、私の傲慢だったのだろう。


[扉を押し開く掌は未だ赤く汚れていて、
 拭き残した血の汚れに視線を落とし息を飲みながら。
 後は静かに、シーシャが後続しようがしまいが、
 迷いなく行く先は捕虜牢へと]

(71) 2019/03/16(Sat) 19時半頃

【人】 弁務官 ジャーディン

─ 廊下 ─

[うん、捕虜牢へ行くつもりだった。
 だったのだが、何故か死体袋を抱え、
 うろつくギリアンと出会うハメになった。>>60

 下っ端たちが妙に戦いて居るかと思えばこれだ。
 予想もつかない行動に呆気に取られたが、
 現場保存の観点などないだろう彼に小言も通じまい]


 ……食品貯蔵庫が遺体安置所になりそうだな。

 ニールが許可を出さない理由もなさそうだが、
 あれは、怒ると怖いタイプだと思うぞ。

 
[頭痛でも起こしたかのような口調で溜息を一つ。
 だが、診ることを望まれているなら放置もできず、
 とりあえずは食品貯蔵庫へと運ぶように指示をして]

(72) 2019/03/16(Sat) 20時半頃

【人】 弁務官 ジャーディン

─ 食品貯蔵庫 ─

[なんの因果かまた戻ることになってしまった。
 ニールの許可は得られただろうか。
 いや、得られずとも、他に安置する場所もない。

 検死が済めば海葬できるといい含め説得し、
 貯蔵庫で誰かを共にし麻袋の中を確かめようと紐解いて。

 その惨状に目を背け口元を覆った。
 肉の匂い、血の匂い、赤黒い染み、そして食事の痕跡。

 尋常ではない光景を前にした人間ならこうなる、
 そんなお手本のような反応は、恐らく見学者も同じか。

 手足の拘束、切り開かれた胸板。
 そこへ直接口をつけたのだろう食事を容易く想像できる、
 柔らかな内蔵や、心臓のない肉体──]

(73) 2019/03/16(Sat) 20時半頃

【人】 弁務官 ジャーディン


  恐らく、拘束が先だ。
  鬱血の痕が濃い、縛られ、身動きできなくされ、
  その後に血を流さなければこうはならない。


[千切れかけた腕と脚の鬱血を指差し、それから]
 

(74) 2019/03/16(Sat) 20時半頃

【人】 弁務官 ジャーディン


  切開痕も不慣れな者の犯行だろう。
  切り口は失敗の痕が見られる──
  拷問というよりは切開行為に慣れない切り損じ。

  刃は船長の喉を切り裂いたものより鈍く、
  少なくとも斧ともう一つ何かといったところ。

  ……だが、そうだな。


[並べ立てる言葉はどれも空虚めいていて、
 事実でありながら他人事のような響きもまた少し。

 現実から目を背けたかのような感覚のまま、
 サイモンを調べるに至って再び汚れた衣服や手足に、
 悲壮に満ちた曇った双眸を見学者へ向けて]

(75) 2019/03/16(Sat) 20時半頃

【人】 弁務官 ジャーディン


  内蔵を食った者と、
  サイモンを切り開いたものは別人だろう。
  人間の中身を食い荒らす鋭いものがあるなら、
  こんな拷問めいた行為をする必要はないと思える。

  私の見解はこうだ。
  人間がサイモンを殺し、獣が食った。
 

[鞄に詰めたシーツを取り出して、
 今はもう肉片でしかないサイモンを包んでやりながら。
 バラバラな手足を繋ぎ止める針も糸もなく、
 布で巻いて形だけでも人へと戻すことしかできない]
 

(76) 2019/03/16(Sat) 20時半頃

【人】 弁務官 ジャーディン


[不和の、不審の、不穏の、共鳴を避けていた。
 それは己の信念とは別の何か、
 防御反応であったのだろうと今更思いながら。

 シーシャを見て、ふっと息を吐く。
 疲れ切った顔のそれは妙に柔らかく届くだろうか]

 
  ……狩りを、するべきなのだろう。
  少なくとも自衛はするべきだな、絶対に。


[彼への答えを、いま定まったかのように。
 色濃い疲労を隠さずに、そっと、崩壊の背を押した*]
 

(77) 2019/03/16(Sat) 20時半頃

負傷兵 ヒューは、メモを貼った。

2019/03/16(Sat) 20時半頃


弁務官 ジャーディンは、メモを貼った。

2019/03/16(Sat) 20時半頃


【人】 森番 ガストン

――牢屋:ヌヴィルと――

[牢からサイモンの遺体はすでに運ばれていた。>>60
それでも、入れ替わりにヌヴィルが入ったため、
牢の中にはまだ拭い切れていない血の匂いが充満していただろう。]

ヌヴィル。

[名を呼ぶ。
ヌヴィルと言葉を交わすのは、いつも部屋でだった。
振り返れば、揺れるハンモックの上から覗かれていたり、
それこそガストンが昨夜発生させていた騒音よりもうるさい鼾が聞こえて来たり。

問題児と思われていただろうヌヴィルとの同室だったが、
ある種穏やかな生活が繰り広げられていたが。]

(78) 2019/03/16(Sat) 21時頃

【人】 森番 ガストン

[牢を覗き込むガストンの瞳は赤い。
第一甲板からばれぬように自身の部屋へと駆け込んだ。
それで何とか銀の毛並は戻せたが、
――衝動が抑えられない。

飢えが、止まらない。>>66]

(79) 2019/03/16(Sat) 21時頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

生存者
(5人 0促)

シーシャ
13回 注目
ギリアン
23回 注目
エルゴット
9回 注目
ニール
12回 注目
ザーゴ
16回 注目

犠牲者 (5人)

サイモン
0回 (2d)
グスタフ
16回 (4d) 注目
ヒュー
13回 (4d) 注目
ハワード
24回 (5d) 注目
ピスティオ
14回 (5d) 注目

処刑者 (4人)

ヌヴィル
26回 (3d) 注目
フェルゼ
0回 (4d) 注目
ガストン
0回 (5d) 注目
ジャーディン
12回 (6d) 注目

突然死 (0人)

舞台に (5人)

モンド
0回 注目
ブッカ
0回 注目
甚六
0回 注目
ボリス
0回 注目
ヨアヒム
0回 注目
村を出た人達

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.156 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび