人狼議事


268 Werewolves of PIRATE SHIP-V-

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


下働き ピスティオは、メモを貼った。

2019/03/16(Sat) 23時頃


メモを貼った。


【人】 墓堀 ギリアン

[ぎゅぅるるるる。お腹鳴った。たぶん伝染した。
空腹を口にするフェルゼの声>>124に、厨房へ入りかけていた顔をそちらへ向けた。
目よりも耳からの情報の方がまだ信頼できるから]



 ……

[ギリアンの右目は火傷で濁っている。
左目も似たり寄ったりか。

かつてその瞳にどんな光が宿っていたかはもう関係ない。
呪いではあっても狼ならぬ死霊に憑かれた瞳。
美醜の基準はまっっったくわからないが。

混濁した角膜の奥には死が眠っていて、ギリアンはとっくの昔に死んだままで生きているだけ]

(132) 2019/03/16(Sat) 23時頃

【人】 墓堀 ギリアン

  『強い敵は怖いだろう』

[うんでもうーんでもない、どろどろと輪郭のない言葉。
思ったことがもつれる舌を動かしてしまう。

酔ったように抑制が外れているのか、頭痛の中で思考が乱れる*]

(133) 2019/03/16(Sat) 23時頃

弁務官 ジャーディンは、メモを貼った。

2019/03/16(Sat) 23時頃


/*
これから色々忙しいし、
表行動優先してくれていいんだぜ。
でも嬉しい、ありがとうな。


/*
ピスティオ賞金稼ぎだよ


【人】 執事 ハワード

― グスタフと ―

  それは、良かったです

[ 特に不審な点は無かった>>116、と。
その答えを聞き少し頬を緩める

" 仲間が疑われていないか "

本当に知りたかったことは概ね成功であり
彼らは上手く隠れているようだ ]

(134) 2019/03/16(Sat) 23時頃

【人】 執事 ハワード


  そうですね。
  噂を少々調べましてね。

  人狼についてよく知っているならありがたいです。
  では" 殺し方 "も?

[ さらりとグスタフに探りを入れていた事を明かしつつ
どれ程知っているのか、と。 ]    

(135) 2019/03/16(Sat) 23時頃

【人】 執事 ハワード


  ええ。
  私は彼が人狼だと思いますが、
  まだそれは確かではない。

  それに私にも間違う事はあります。
  盲信してついていったら後ろから刺された…

  なんて嫌でしょう?  
  
[問いに投げ返された質問に応えた>>117
そのヌヴィルが今は無残な死体となっている>>30事は
まだ知らない ]

(136) 2019/03/16(Sat) 23時頃

【人】 執事 ハワード


  ええ。
  私は彼が人狼だと思いますが、
  まだそれは確かではない。

  それに私にも間違う事はあります。
  盲信してついていったら後ろから刺された…

  なんて嫌でしょう?  
  
[問いに投げ返された質問に応えた>>117
そのヌヴィルが今は無残な死体となっている>>30事は
まだ知らない ]

(137) 2019/03/16(Sat) 23時頃

【人】 執事 ハワード

  ガストンの報告を聞いただけですが…
  船長だけでなくサイモンも襲われたのですね

  複数いるか…は
  サイモンの遺体を見てみないことには分かりませんね。
  ヌヴィルが人狼だと思う、
  それに変わりはありませんが
  見極めようとしているところです

  …貴方のことも。

[ それは彼が" 真実に辿り着くか否か "であるけれど。

まっすぐな視線を>>119を正面から受け止めた

仲間がサイモンを襲ったらしいが、
それがどのような様子かは、まだ見ていない
だから結局のところ" 分からない "と。
彼にとっては得られるものは少なかったかもしれない ]  

(138) 2019/03/16(Sat) 23時頃

【人】 執事 ハワード


  …足元を掬われないと良いですね?

[ 真意を掴ませない隙の無い言葉たち。
頭の良い男だろう。
船長はこの頭の回転を買ったのではないだろうか?>>113
そう思っても口には出さなかった

部屋に入ろうとはしない
そして、呟いたその言葉の意味は聞かれても答えない

それでは。と
グスタフの部屋を後にして捕虜牢へ向かおうとした *]

(139) 2019/03/16(Sat) 23時頃

執事 ハワードは、メモを貼った。

2019/03/16(Sat) 23時半頃


【人】 露店巡り シーシャ


 急に――?
 甲板に、他に誰かいた?


[見てた人は他にいないのかなって。
フェルゼからは見えなくても、
違う場所からなら何か見てたかも。

でもなんだろう。変なの。
フェルゼは落ち着いてて、
話し方>>131からしても、急に人間が落ちたことに
疑問を持ってるようには思えない。]

(140) 2019/03/16(Sat) 23時半頃

【人】 露店巡り シーシャ

[船底での、ザーゴの言葉を思い出した>>2:311
非力なフェルゼ。

ジャーディンを見送ったフェルゼの言葉>>131は、
僕の中にはない言葉だった。

船長を殺せる獣。
サイモンの腹の中を食った獣。

それを怖がらない言葉には、頷くことはできない。]


 なんでそう思うの? 食われるかもしれないのにさぁ。
 

(141) 2019/03/16(Sat) 23時半頃

【人】 森番 ガストン

――傷痕――

[船底から自室に戻る水滴の中に、鮮血が混じっていた。>>89]
 

(142) 2019/03/16(Sat) 23時半頃

【人】 森番 ガストン

[この傷は、ヌヴィルに付けられたもの。
牢にひとりいたヌヴィルは弱っていた。
その理由が、彼が持つ血色の宝石を使用した代償だと、ガストンは知らない。
それは、装着者の生命力を喰うらうもの。

ヌヴィルに体力があれば、ガストンが"変わったこと"に、すぐに気付けたかもしれなかったが。]

(143) 2019/03/16(Sat) 23時半頃

【人】 森番 ガストン

[牢は狭い。ヌヴィルとの距離は簡単に詰められた。
助けろと嘯いた声に、変化した銀の腕に、ヌヴィルが驚く。

その隙に噛み付いた肩の痛みに、どうやら意識を覚醒させたらしいヌヴィルが言う。]

 「……ばかじゃね?」

[その身を寄こせと告げたガストンに、
死を目の前にしても、媚びることも、怯えることも、命乞いをすることもなかった。

誰かに与えられている事に気付きもせずに>>1:173
我欲を満たし続けた自負を持ち、

この期に及んでも、自身が誰かに何かを与えるつもりはないと。]

(144) 2019/03/16(Sat) 23時半頃

【人】 森番 ガストン

[ならば奪うのみ。
与えられぬなら、奪えばいい。

ヌヴィルを甚振るように、肩に牙を喰い込ませる。

腹に拳を撃ち込まれるが、それでも弱っているヌヴィルの力では牙は外れない。]

 「がぁぁぁ!」

[叫び声が聞こえる。
なんて、心地良い。]

(145) 2019/03/16(Sat) 23時半頃

【人】 森番 ガストン

[ヌヴィルの肩を噛み千切ろうとしたその瞬間。]

……ッ

[胸を走る一条の痛み。
見下せばヌヴィルの爪が赤く染まり、
そして、自身の胸の肉が一筋、削り取られていた。

痛い。
人狼になっても、痛みは感じる。

けれど、ヌヴィルはもっと痛い。]

(146) 2019/03/16(Sat) 23時半頃

【人】 森番 ガストン

[愉悦が湧き上がる。
ヌヴィルを喰らっている。
強いと噂されているヌヴィルを。

ああ、人間はなんと弱いことか。

痛みとの狭間で、しかしなかなか抵抗を止めぬヌヴィルに爪を立てられ、
ガストンの一条の赤は何本も残った。

胸元、左腕前腕。腰。
海賊らしく上半身ラフな服装が仇となったが、
――ただそれだけ。

弱い、痛い、弱い、弱い、痛い
弱い弱い弱い弱い弱い弱い弱い

美味しい。

いつの間にか抵抗はなくなり、気付けば無心で喰っていた。
とても美味しいそれを。]

(147) 2019/03/16(Sat) 23時半頃

【人】 森番 ガストン

[だから証拠を隠滅する時に忘れたのだ。
――いや、人狼となった自身には取るに足りないものだと忘れてしまったのだろう。
ヌヴィルに最期に"与えられた"傷を。

隣の部屋の樽に入った水で血を流した際、
自身の傷も一緒に洗われて、新たな血を流したことにも気付かず。

食べ残した食糧も、放置している。]*

(148) 2019/03/16(Sat) 23時半頃

【人】 肉屋 ニール

― 厨房へ ―

 なぁに?

>>48エルゴットをはじめ、自分のことを「おかあさん」とか「ママ」とか呼ぶ同胞は、何人かいる。
 はじめのうちこそ少々気に障りもしたが、彼らのそれは、けして己を馬鹿にしたりからかっているわけではなく、むしろ、食事を作るものへの感謝のように聞こえていた。
 だから、あっさりとその呼び方を受け止めた。]

 あら、もう雄鶏捕まえてきてくれたの?
 気が利くわね……、あら?

[床に下ろされた雄鶏、てっきり、スープのためにエルゴットが捕まえてきてくれたものかと思っていた。
 けれど違った。この鶏は、エルゴットが飼いたいようだ。]

(149) 2019/03/16(Sat) 23時半頃

【人】 銀行屋 ザーゴ

 ― 第三甲板を抜け、さらに上へ ―

[シャツを着替えるつもりだった。
けれど階段をのぼって自室に向かったところで、
副船長の背中を見つけた。
それと同時に思い出したのだ。
洗っていない替えなんて、今はないってことを。

大体今だってイレギュラーの着替えだ。
それを汚したギリアンはやはり殺すべきかもしれない。
こんな姿を見られたくなくて、
(話している背中を横に隣室に入るのはきまりが悪い)
そのままさらに階段を上った]

(150) 2019/03/16(Sat) 23時半頃

【人】 肉屋 ニール

 ……そうねぇ。
 エルゴちゃんがちゃんと面倒見るのなら、いいんじゃないかしら。
 それと、もしこのあと、また食料不足ってことになったら、その子にもごはんになってもらうわよ。

>>48名前を「非常食」としているくらいだ、きっとその覚悟はエルゴットにもあるのだろうと思って。
 一応念押しをしてから、了承。]

 さて、それより食事の支度よね。
 それじゃあ、ジャガイモ茹でてもらっていいかしら?
 茹で上がったら、潰してほしいの。

[その先の指示は、またあとで。
 ひとまずジャガイモをエルゴットに任せたら、自分は、雄鶏をまた一羽、つぶしにいこう。*]

(151) 2019/03/16(Sat) 23時半頃

【人】 銀行屋 ザーゴ

 ― 第一甲板 ―

[誰かとすれ違えば、すごい目で睨んでいたかもしれない。
大体今の様子は、非常に危うい。
人が多そうな第二甲板もそのまま抜けて、
海水を浴びに外へ出た。

第一甲板。
渇いていない血の匂いも、もはや何が理由かわからない。
木桶で水を汲んで、頭から被った。
何度も、何度も。何度も。
全身ずぶぬれ、髪もへたれて、
それでも、血まみれよりはマシだ。
裸よりはマシだ。
嫌なことが多すぎる。全員殺せばいいのか、なんて、ギリアン一人殺せないくせにそんなことを考えた]

(152) 2019/03/16(Sat) 23時半頃

銀行屋 ザーゴは、メモを貼った。

2019/03/16(Sat) 23時半頃


【人】 山師 グスタフ

  ―第三甲板:8号室/ハワードと―

[ 質問の裏側にある意図>>134は推し量れない。
 殺し方について問われる>>135
 人間であるならば当然の問いだろう。
 人狼であったとしてもそこに対する探りに
 気づく事は出来ないのだから口を開けた ]

  心臓を潰せばいい。
  首があるなら刎ねてもいいかもな。

[ 人狼をどう思っているのか。
 この答えを聞けば理解は出来るだろう。

 ハワードの言い分>>136は尤もだ。
 人ならば誰だって誤ちを犯す。
 なのにこの落ち着かなさは何なのだろう ]

(153) 2019/03/17(Sun) 00時頃

【人】 山師 グスタフ


[ ハワードはガストンから報告を聞いたらしい>>138
 確かにシーシャからの報告だけでは
 現状の把握は難しいだろう。

 見極めようとしている。
 その言葉に不思議と嘘偽りの類は感じない。
 グスタフは詐欺師や商人といった類ではないが、
 感覚的にはすんなりと受け止められた ]

  何故、ヌヴィルを人狼だと思う。
  アンタはヌヴィルが自分の技量を測れないほど
  バカな男だと思っていたのか……。

  それとも、アンタがヌヴィル個人に思うことがあったのか
  そこは俺には分からない事情、だが。

(154) 2019/03/17(Sun) 00時頃

【人】 山師 グスタフ


  さっきのアンタはらしくなかった=B

[ あくまでグスタフの目線から見た
 ハワードという男の印象だ。

 長年肩を並べた船長の死に冷静を保とうとして
 視界が狭くなっている可能性だって否定出来ない。
 分かっていても自分を納得させる為に
 誰かを人狼像に押し付けている自覚だってあるから ]

  アンタこそ、後ろには注意する事だな。
  寝首を狩られないように。

[ 室内に足を踏み入れられない。
 ならばそのまま見送り現状把握に努めるのみだが ]

(155) 2019/03/17(Sun) 00時頃

【人】 蝋燭職人 フェルゼ

[シーシャの疑問>>140にはすらすらと答えていく]

  甲板に?
  ガストンも一緒だったね
  それ以外の人はみんな後から来たし

[ひっそりと宝石砕き野郎から格上げされた。
 もちろん、今まで彼のことを正しく名前で呼んだ事などない。]

  自分達の事、食うから怖いの?
  じゃあ、食われなきゃ、それでいい?
  自分達の事を食わないなら、別の船のやつの肉なら
  怖いなんて全く思わない?

[腕の一本ぐらいなら>>120、と優しい人は言うだろうが、それで終わるわけがない。
 人狼の食欲も、人間の恐怖も]

(156) 2019/03/17(Sun) 00時頃

【人】 山師 グスタフ


  ハワード。
  俺はアンタを疑ってるよ。
  あの船長が気を許す相手なんて、
  アンタかギリアンしか思い浮かばなかった。

  アンタが誤った方にみんなを導くなら
  俺はアンタを殺す。

  でももしアンタが人ならば
  俺はアンタに協力する。

[ その背を見送りながら言い捨てる。
 彼の姿が見えなくなるまで扉の前に立っていた ]*
  

(157) 2019/03/17(Sun) 00時頃

【人】 蝋燭職人 フェルゼ

[シーシャと話しながら、厨房へと近寄る。
 美味しい匂いの中、ニールがエルゴットと料理をしている>>151

  ねえニールちゃん、なんか食べるものない?
  お腹空いた

[残念ながら、今はまだ、朝食を作っている段階だ。
 潰されなかった鶏を、見る]

  鶏は、俺らのことをとっても怖いんだろうねえ
  飼われるって言ったって、怖いよねえ
  だって食べられちゃうんだもん
  非常食なんて名前つけてさ

[シーシャにも、エルゴットにも、聞こえるであろう声で]

  人狼は、人間のこと非常食なんて思ってないから
  人間よりずっと優しいんじゃない?

[にっこり笑いながら、語る]

(158) 2019/03/17(Sun) 00時頃

【人】 蝋燭職人 フェルゼ

  ねえ、一回食べてみても良いんじゃない?
  人間を、食べてみても


  食べてみたら、分かるかもよ
  人間を食べる気持ち

  今まで自分は人間だと思ってきたけど
  そんな人間を捕食する、もっと気高い生き物になれるかもしれないよ?


[歌うように、告げる。
 匂い立つ人間の為の食事。

 人狼が人間の肉を食べる時は、きっと、こんな素敵な味がするのだろう**]

(159) 2019/03/17(Sun) 00時頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

生存者
(5人 0促)

シーシャ
13回 注目
ギリアン
23回 注目
エルゴット
9回 注目
ニール
12回 注目
ザーゴ
16回 注目

犠牲者 (5人)

サイモン
0回 (2d)
グスタフ
16回 (4d) 注目
ヒュー
13回 (4d) 注目
ハワード
24回 (5d) 注目
ピスティオ
14回 (5d) 注目

処刑者 (4人)

ヌヴィル
26回 (3d) 注目
フェルゼ
0回 (4d) 注目
ガストン
0回 (5d) 注目
ジャーディン
12回 (6d) 注目

突然死 (0人)

舞台に (5人)

モンド
0回 注目
ブッカ
0回 注目
甚六
0回 注目
ボリス
0回 注目
ヨアヒム
0回 注目
村を出た人達

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.156 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび