人狼議事


268 Werewolves of PIRATE SHIP-V-

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


山師 グスタフは、メモを貼った。

2019/03/16(Sat) 01時頃


【人】 山師 グスタフ

  ―第二甲板:食品貯蔵庫―

  仲間の筈だ。
  だが、実際に起きている。
  紛れもなく俺たちの中に犯人はいる。

[ ニールの言葉>>3を補強するように重ね
 ピスティオの申し出>>0には目を見開き
 その後、口角を上げた ]

  仲間だからこそ、ケジメはつける。
  一人で抱え込むなよ。

[ その時になって考えて間に合うのか>>4
 思う心はあれどその時は口にしなかった ]

(24) 2019/03/16(Sat) 12時半頃

【人】 山師 グスタフ

[ やがてシーシャが訪れる。
 彼の口から語られるサイモンの事>>1
 詳しくと話を促す声に迷いはなかった。

 獣のそれ>>5
 ニールの言う通りであるし、
 その意見にも同意だ>>6
 シーシャがジャーディンに見せたいもの
 それは確かに気になった。
 だがそれはピスティオが聞く筈>>7
 返答があったにせよ、ないにせよ
 サイモンの死体と船長の死体を比較する ]

  同じやつの仕業か?
  あまりにも違いすぎる。
  船長を殺したのは手練れの奴だろう。
  だが、聞いている限りサイモンを殺ったのは
  殺し慣れていないのか、
  敢えて殺さず甚振る必要があったのか
  そんな風に思える。

(27) 2019/03/16(Sat) 12時半頃

【人】 山師 グスタフ


  後者ならばマトモな人間がやるとは思えない。
  だが、必ずしもどちらかだけではない筈。

[ ただ殺す事が目的ならば心臓を貫けばいい。
 だが、サイモンの死体はそうではない。
 逃げるのを防ぐなら足を怪我させればいいだけ。
 腕まで切り落とす必要もないだろう。
 また、内臓を喰らっていたとの事から
 逸らした視線を今いる者らに戻す。

 話すべきだろうか。
 もしかしたら、疑われるかもしれない。
 だが、そうしている間に他の者も
 船長やサイモンのような気概が加わる可能性も
 最早否定できない状況となっていた。

 認めたくはなかった。だが、認めざる得ない ]

(29) 2019/03/16(Sat) 12時半頃

【人】 山師 グスタフ


  …………人狼はいる。
  俺は昔、二度会ったことがある。

  そいつらは、人間の肉に反応する。
  捕食する時に、その瞳はまばゆく美しく煌めく。

  この世にあるどんな宝石よりも、
  恐ろしいほど光る色を
  あいつらは人間を食う事で得る。

[ それが人狼を探る手がかりになるかもしれない。
 だが、その為に自分の肉を削げと言っている訳ではない。
 しかし状況が状況ではある。
 今、自分の獲物はサーベルとラッパ銃と
 水夫を殺したナイフが一つ。
 思考を張り巡らしながら口を開く ]

(31) 2019/03/16(Sat) 12時半頃

【人】 山師 グスタフ


  昨日の夜はガストンが船底倉庫で
  作業をしてたせいで騒がしかった。
  密室で何か起きたとしても気づけない。

  だが、それでもあの船長を殺せる奴は
  よっぽど船長の信頼を得ていた人物に思える。

[ その中で浮かび上がる人物は二人。
 副船長のハワードと古参のギリアンだ ]

(32) 2019/03/16(Sat) 12時半頃

【人】 山師 グスタフ

[ 状況的には動機のあり過ぎるヌヴィルが
 船長を殺しそうな人物ではある。
 だが、良くも悪くもヌヴィルは正直な男だ。
 そんな男が本当に船長を殺すだろうか。
 しかし可能性は捨てきれない。
 だから最悪ヒューが牢に連れて行ったとして
 その先で何か怪しい行為をするものなら
 グスタフ自身が殺すつもりではあった。

 だが正直なところ、
 ヌヴィルが人狼であるならば
 船長を出し抜くような狡猾さを持ち得ているのか。
 その点だけは自分の描く人狼像に当てはまらなかった。

 ヒューにおいても同意見ではある。
 だが、人狼に味方する人間いないとは限らない。
 ヒューはヌヴィルを守るために
 あの提案をしたのだと考えるが
 だが、人狼の為に他者から隔離した場所へ
 ヌヴィルを放り込んだ可能性も捨てきれない ]

(33) 2019/03/16(Sat) 12時半頃

【人】 山師 グスタフ


[ そこまで考えてハッと目を見開く。
 こうして淡々と自分の中の可能性を上げ
 仲間達の中から人狼を探している事実に。
 心地の悪さに眉間に皺を寄せた。
 口早にこの場にいる者たちに伝えよう ]

  副船長を探してくる。

[ 船長へ祈りを捧げながらもその場を立ち去る。
 あれから部屋に一度も帰っていない。
 雌だと聞いたあの兎を抱いて
 もう一度惰眠貪りたい程動揺する自分を
 誤魔化すように足先は早く ]*
 

(34) 2019/03/16(Sat) 12時半頃

【人】 山師 グスタフ

  ―第二甲板:上階階段付近―

[ あのまま部屋を後にしたハワードが>>2:293
 どこへ向かったのかは分からない。
 上の階か、下の階か。
 少しの騒ぎになっているのは上階か。
 早足で向かったのは第一甲板へ続く階段付近。
 壁に張り付きながら耳を澄ませた。

 ここからじゃ顔は見えない。
 誰かに悟られないよう、息を潜めた。
 もしも見つかれば自分は殺される。
 そうでなくともあの瞳に見つめられたら
 誰かに護られていようと心臓が止まってしまうだろう。

 それ程までに人狼という存在が嫌いだ。
 赤い紅い瞳。
 心の中に詰め込まれた恐怖心。
 それらに潰れそうになるからだ ]

(35) 2019/03/16(Sat) 12時半頃

【人】 山師 グスタフ

  ―第二甲板→自室―

[ 震えた息を吐きながらも、
 しばらく立ち止まった後にその場を去る。
 第二甲板にハワードの姿は見えない。
 ならば船底か第一甲板か。
 それとも入れ違いで第三甲板か。

 どちらかに向かおうとして立ち眩みがした。
 尖らせた神経に限界が訪れたらしい。
 一先ず自室に戻るべきかと考えた。
 足は第三甲板へと赴き、自室に潜り込む。

 名前のついていないあの兎は何処だと探しながらも
 ずるずると扉を背に頭を抱えた ]

  気のせい、だよな。
  誰にも気づかれていない、筈。

[ ぽつりと呟く声は小さいまま、溶ける ]*

(36) 2019/03/16(Sat) 12時半頃

山師 グスタフは、メモを貼った。

2019/03/16(Sat) 13時頃


【人】 山師 グスタフ


[ グスタフはこの船で10年少し程になる。
 ヒューより後に入って来た当初は
 元海軍という事もあり反感を買う事もあった。
 だが何とか丸め込み今に至る。
 その手段は単に殴り合いの喧嘩もあったが
 言葉で説き伏せる事だってあった。

 船長により下っ端の面倒を見ろと任されてからは
 戦い方の指導から海の上での暮らし方など
 面倒を見る事もあった ]

(61) 2019/03/16(Sat) 19時頃

【人】 山師 グスタフ


[ ただ、グスタフが此処に訪れる前に
 海兵の一人が不審死した事が一部では噂になり
 それは当然船長の耳にも入っている筈だ。
 腕に噛み付かれたような痕跡があったと。
 しかし軍では都合が悪く、
 転落死したと処分をした、との噂。

 船長が伝えているならば副船長の耳にも
 入っている情報だろう。
 一部の下っ端にも運悪く漏れてしまい、
 グスタフが関与しているのではと
 疑われる事もあるにはあったが、
 あの頃は船長に庇われ事無きを得ていた。

 だが、グスタフ自身が否定した事はない。
 何故なら、簡単だ。

 関与しているのは嘘ではないからだ ]

(62) 2019/03/16(Sat) 19時頃

【人】 山師 グスタフ


[ 死んだ海兵の男はグスタフの友人であり
 その男が好いた女は化け物だった。

 人の肉を喰らうルビーよりも鮮明な深紅。
 女の細腕の癖にあり得ない速度で
 人を襲う人ならざる者。

 不意を打っていなければ殺されたのは此方。
 海に投げ込んだ際の悍ましい姿を
 まだこの目は覚えている。

 人を喰らう人狼の眼差しを ]*

(63) 2019/03/16(Sat) 19時頃

【人】 山師 グスタフ

  ―第三甲板:8号室―

[ 室内に兎は見当たらない。
 混乱のままに逃げ出してしまったのか。
 だが、今は都合が良かった。
 
 扉の叩く音>>40
 弾かれたように顔を上げて耳を澄ます。
 扉越しに聞こえるのは何処か草臥れた
 副船長であるハワードの声だ。

 常ならば、副船長の業務で忙しいハワードが
 グスタフに船員の様子を聞きにきたのだと
 何の疑いもなく扉を開けるだろう。

 だが今は、腰に提げた獲物を確かめた ]

(64) 2019/03/16(Sat) 19時頃

【人】 山師 グスタフ


[ 今、この部屋には自分以外誰もいない。
 好都合のように思えた。
 もし、ジャーディンがいたのなら
 忙しいと断りを入れる必要があった。
 それ程ジャーディンの事は信頼していた ]

  よォ、ハワード、いるぜ。
  随分疲れ切った声だなァ。
  そりゃあ、無理もないか。

[ 声色はいつもと同じものを装った。
 警戒するまま扉を開けよう。

 獲物はいつだって自分の右手に。
 抜ける場所に用意をしながらも
 何故、此処に来たか探るよう目を動かした ]*

(65) 2019/03/16(Sat) 19時頃

【人】 山師 グスタフ

  ―回想:食品貯蔵庫―

[ 話してしまうか悩んだもの頷く ]

  人狼の飢えは人間の肉でしか満たされない。
  人間にとってのご馳走は
  人狼にとってのご馳走じゃない。

  人狼にとってのご馳走は俺たち人間だ。
  生きる為に喰らう必要があるんだろう。

[ 焚きつけるような発言かもしれない。
 だがこの船の人間を家族のように大事にしている
 そのように思えるエルにだからこそ伝えた ]

(66) 2019/03/16(Sat) 19時半頃

【人】 山師 グスタフ


  だからこそ疑問なんだ。
  どうしてサイモンはあんな殺され方をしたのか。
  食うだけなら、腕や脚を切る必要はない。
  船長をやったように首に噛み付いて殺せばいい。

[ 想像を膨らますエルゴット>>46に嘯く ]

  不確かなことが多過ぎる。
  だから俺たちも見て確かめる他ない。

  そうじゃなきゃ、食われるのは俺達だ。

[ この場にいる者達全員に聞こえるよう
 言い切って、視線を張り巡らせた。

 例えこの中にいても人狼がいても殺せるよう
 決意を深める為の行動だった ]*

(67) 2019/03/16(Sat) 19時半頃

山師 グスタフは、メモを貼った。

2019/03/16(Sat) 19時半頃


【人】 山師 グスタフ

[ グスタフはハワードに拾われた訳ではない。
 船長がグスタフの何を気に入ったのかは
 今もグスタフには分からない所だが、
 拾って貰った恩と庇ってもらった借りを
 忘れた訳ではなかった。
 
 あの女は死にゆく前に言っていた。
 お前達の情報をとある海賊船にいる男に売ったと。
 その船の名前までは分からなかったが、
 姿を隠し人を喰らう存在が船の上にいると知れた。

 もう二度と会いたくないと思っていたが
 だがこうした機械に舞い込んだ。

 転落死したと処理された海兵の腕に残る
 狼にでも喰われたような傷跡の謎。
 腹を何度も切り裂いたような女の死体。

 復讐は成されたと思っていたが、だが。
 同じように奪うなら、奪うまで ]

(113) 2019/03/16(Sat) 22時頃

【人】 山師 グスタフ


  ( 仲間を助ける為に仲間を殺す )*

(114) 2019/03/16(Sat) 22時頃

【人】 山師 グスタフ

  ―8号室―

[ 一見してハワードはいつも通りだ>>92
 浮かべる笑みすら人らしいものに思える。

 だが、何故ヌヴィルに対してだけ
 あのような辛辣な言動が出来たのだろう。
 ヌヴィルに疑いが集中するような
 そんな不躾な発言が出来たのだろう。

 彼ならば、誰かに疑いを被せることなく
 解決ができたのではなかろうか。
 そんな疑問が浮かんでは消えない。

 ニールの言う通りハワードは頭が切れる>>86
 彼が人間で味方であればどれ程力強いか。
 しかし裏を返せば彼が人狼なら、
 どれ程厄介なものか。
 思考を張り巡らせながら口を開いた ]

(115) 2019/03/16(Sat) 22時頃

【人】 山師 グスタフ


  変わった事、か。
  あれから船長の死体を貯蔵庫の方に持っていったが、
  その時あの場にいた奴らに不審な面は
  特に感じられなかったな。

  エルも落ち込んではいたが
  今は持ち直してニールの手伝いを買っていた。
  ピスティオもシーシャもこんな状況なのに
  しっかりとやっているし、
  ヒューも大した違和感はなかった。
  先生もいつも通りだったさ。

[ 何故それを今聞くのだろう。
 だが、こんな時だからだろうと決め括る。
 用はそれだけだろうか。
 こんな事態に自室を尋ねに来たのだ。
 他にも用があるのではないかと視線を向け
 少しの時間の後、与えられた問い>>93
 口角を上げて、笑った ]

(116) 2019/03/16(Sat) 22時頃

【人】 山師 グスタフ


  人狼?
  確かに知ってるさ。
  アンタも俺の噂くらいは聞いたことがあるんだろう。
  船長もあの時気にしていたしな。

  だが、それでも尻尾は掴めない。
  そんな中でも可能性として考えていた事はある。

[ 対峙する眼差しは人のものだ。
 あの心臓の血を垂れ流したような赤ではない、が ]

  おかしいな、ハワード。
  アンタが疑っていたヌヴィルはこの場にいないのに
  まだ他に人狼を探しているのか?

[ 問いに対して質問を投げ返す ]

(117) 2019/03/16(Sat) 22時頃

【人】 山師 グスタフ


  とはいえ死体は複数あったらしいな。
  俺が見たのは船長だけだが、
  サイモンも酷い目に遭ったんだとか。

  アンタこそ、どう思う?
  人狼はやはり複数いるのか。
  それから、アンタの目からして
  誰が人狼だと疑っている?

[ 俺が疑っているのはアンタだとはまだ告げず
 返答を待つように部屋の壁に凭れかかる。
 室内に足を踏み入れるなら拒まず、
 場所を変えた方がいいなら従うつもりで
 まっすぐと視線を交差させた ]*

(119) 2019/03/16(Sat) 22時半頃

山師 グスタフは、メモを貼った。

2019/03/16(Sat) 22時半頃


【人】 山師 グスタフ

  ―第三甲板:8号室/ハワードと―

[ 質問の裏側にある意図>>134は推し量れない。
 殺し方について問われる>>135
 人間であるならば当然の問いだろう。
 人狼であったとしてもそこに対する探りに
 気づく事は出来ないのだから口を開けた ]

  心臓を潰せばいい。
  首があるなら刎ねてもいいかもな。

[ 人狼をどう思っているのか。
 この答えを聞けば理解は出来るだろう。

 ハワードの言い分>>136は尤もだ。
 人ならば誰だって誤ちを犯す。
 なのにこの落ち着かなさは何なのだろう ]

(153) 2019/03/17(Sun) 00時頃

【人】 山師 グスタフ


[ ハワードはガストンから報告を聞いたらしい>>138
 確かにシーシャからの報告だけでは
 現状の把握は難しいだろう。

 見極めようとしている。
 その言葉に不思議と嘘偽りの類は感じない。
 グスタフは詐欺師や商人といった類ではないが、
 感覚的にはすんなりと受け止められた ]

  何故、ヌヴィルを人狼だと思う。
  アンタはヌヴィルが自分の技量を測れないほど
  バカな男だと思っていたのか……。

  それとも、アンタがヌヴィル個人に思うことがあったのか
  そこは俺には分からない事情、だが。

(154) 2019/03/17(Sun) 00時頃

【人】 山師 グスタフ


  さっきのアンタはらしくなかった=B

[ あくまでグスタフの目線から見た
 ハワードという男の印象だ。

 長年肩を並べた船長の死に冷静を保とうとして
 視界が狭くなっている可能性だって否定出来ない。
 分かっていても自分を納得させる為に
 誰かを人狼像に押し付けている自覚だってあるから ]

  アンタこそ、後ろには注意する事だな。
  寝首を狩られないように。

[ 室内に足を踏み入れられない。
 ならばそのまま見送り現状把握に努めるのみだが ]

(155) 2019/03/17(Sun) 00時頃

【人】 山師 グスタフ


  ハワード。
  俺はアンタを疑ってるよ。
  あの船長が気を許す相手なんて、
  アンタかギリアンしか思い浮かばなかった。

  アンタが誤った方にみんなを導くなら
  俺はアンタを殺す。

  でももしアンタが人ならば
  俺はアンタに協力する。

[ その背を見送りながら言い捨てる。
 彼の姿が見えなくなるまで扉の前に立っていた ]*
  

(157) 2019/03/17(Sun) 00時頃

山師 グスタフは、メモを貼った。

2019/03/17(Sun) 00時頃


【人】 山師 グスタフ

  ―自室―

[ どうも思考が固まってしまっている。
 ハワードとも交友がなかった訳ではない。

 仲間の事を打ち明けながら話す酒は
 美味かった記憶だってあるというのに
 疑心暗鬼に囚われていた。
 仲間との友情と天秤にかけながら
 答えのない正解を探していた。

 ハワードを見送りながら扉を閉じようと
 そうするのをやめたのは擦れ違うように
 ゆらりと近く血の気が引いた蒼白い顔>>162 ]

  ――――ッ、! ジャーディン !

[ 先生、とつけるのも忘れて傾く躰>>165
 腕の中に抱き止めた ]

(169) 2019/03/17(Sun) 01時頃

【人】 山師 グスタフ


[ 抱き留めた体は広い有様だ>>167
 男にしては線が細い体が状況も相まって
 酷く弱々しくこの目には映った ]

  ……そりゃそうだ。
  あんな状況で普通の人間がマトモでいられる筈がない。
  アンタは十分やってるよ。休むといい。
  誰か何か言ってきても追い出してやる。

[ もしまた死体が増えてしまったら
 ジャーディンの負担を重ねてしまうだろう。

 自分にも医学の心得があれば良かったが、
 一般常識程度にしか分からない。

 また彼を頼らざる得ない状況が出るだろう。
 だが少しでも休息が必要に思えた。

 だって、こんなにも、熱い>>168 ]

(170) 2019/03/17(Sun) 01時頃

【人】 山師 グスタフ


  ……先生、アンタ熱があるのか?
  兎に角着替えて寝た方がいい。
  そうじゃないと治るものも治らない。

[ 心配そうに見下ろすアンバーは
 金糸で縁取られた目尻へと向けられる ]

  アンタの言ってた病、治すんだろ。
  
[ 自分の肩に彼の腕を回そうとした。
 自然と首元を晒す格好を平然と選んだのは

 ジャーディンの事を信頼していたからだ ]

(171) 2019/03/17(Sun) 01時頃

【人】 山師 グスタフ


[ 熱に魘された時。
 親友の死に悪夢を見た時、
 病でなくとも、治してくれたひと≠
 グスタフは愚直なまでに信じていた。

 彼だから、
 彼が彼であるからこそ、
 この船に乗った理由を明かした。

 いつか船を手に入れて気儘に旅したいと
 そんな夢を描いては散ってしまった
 死んだ親友の夢と無念を叶えて晴らす為だと。

 秘密の共有を得てからグスタフは願った。
俺にもその病を治す手助けをさせてくれ≠ニ。
 申し出たあの日の事を忘れてはいない ]

(172) 2019/03/17(Sun) 01時頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:グスタフ 解除する

犠牲者 (5人)

グスタフ
16回 (4d) 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.171 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび
下記の場所以外では、人狼議事内キャラチップ
の利用を許諾しておりません。ご了承ください。

議事総合トップ
人狼議事lobby
人狼議事morphe
人狼議事cafe
人狼議事perjury
人狼議事xebec
人狼議事crazy
人狼議事ciel

SoyBean
Sangria
@7korobi