人狼議事


268 Werewolves of PIRATE SHIP-V-

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


弁務官 ジャーディンは、メモを貼った。

2019/03/16(Sat) 01時頃


【人】 弁務官 ジャーディン

─ 医務室へ ─

[医務室への道は慣れたもので、
 思考に耽っていても躓くこともなく。

 途中、ヒソヒソと噂を囁く下っ端を目にして、
 その噂に、集中して耳を欹てていた。
 概ね、船長室の騒ぎが漣のように広がり、
 疑惑がヌヴィルに向いているのに溜息が漏れる。

 恐怖は、狂気は、怒りは伝播し、
 膨れて破裂するときには手が施しようもなく、
 人間の傲慢さで排斥が始まるのだろう]

(16) 2019/03/16(Sat) 11時頃

【人】 弁務官 ジャーディン


  医者が治せない病など、ひとつでいいのにな。


[罅割れた言葉の本来の意味を知るものは、
 この場にはいない──己ですらも。

 柳眉は寄ったまま、唇は震えたまま、
 船長を診た折の血で汚れた姿で溜息を籠らせて。
 噂の蔓延の綻びを縫うように医務室へと]


[未だ扉に留められたメモを手に扉の内へ。
 汚れた上着を脱ぎ捨て着替えながら、
 手近なシーツや包帯を新たに鞄へと入れ直す。

 表情は未だ失せたままだった。
 最もそれは常と変わらず、
 短めのノックの音にも反応は薄い。>>2

(17) 2019/03/16(Sat) 11時半頃

【人】 弁務官 ジャーディン


  少なくとも狂人の凶行なのは確かだな、
  喉を噛み千切るなど、正気の沙汰ではない。
  そして、その狂人が間違いなく船に居る。

[薄い唇を歪めてただ事実だけを伝え、
 そうして、改めて紅い瞳でシーシャを見据えて。

 唇が歪んでいるのは恐らく彼も気付いた事だろう。
 それが嫌悪に見えるか、
 果たして別の何かに見えるかは兎も角として]

(18) 2019/03/16(Sat) 11時半頃

【人】 弁務官 ジャーディン


  狩りの準備がしたいなら好きにしろ、
  それは強みでも弱みでもある。

  きみの信念が否と言わないなら武器になるだろう。
  仲間だった者を前に決意を挫けさせない限りはな。
  
 
[それで、シーツは、と続けた言葉は静かで、
 怒りに満ちたような響きはどこへ向けたものでもなく。
 半眼となった眼差しだけがシーシャを射抜いている**]
 

(19) 2019/03/16(Sat) 11時半頃

弁務官 ジャーディンは、メモを貼った。

2019/03/16(Sat) 11時半頃


【人】 弁務官 ジャーディン


  そうも簡単に切り替えられるのなら、
  君にとって弱みにならないものなのだろう。

  私は……医者だ。
  医者は病を治すための存在で、奪う側には──…


[言葉を途中で閉ざし、視線は力なく床へ。
 吐き出した音は沈んで震え、それこそ弱さを晒す。

 前髪が紅い双眸どころか顔の半ばを隠しただろうか。
 俯いた時はそう長くはなかったが、
 キルマークだなんだと騒がしい仲間とは一線を引き、
 過去に一度もその戦果を上げて居ないのは彼も知る筈。

 治療の甲斐なく未来が閉ざされた者へ、
 慈悲のための尊厳死とは違う、殺人の発想。
 自衛の為であっても命を奪うことなど考えたこともない。
 ───そう、今までは]

(68) 2019/03/16(Sat) 19時半頃

【人】 弁務官 ジャーディン


  ……聞くに堪えない惨状だな。


[喧騒からは遠い医務室で響くシーシャの報告に、>>55
 吐き出したのはそんな言葉と、
 もとより白い肌に青みを足した顔色のみで。

 片手は口元を覆い隠して吐き気を堪えるように、
 喉奥まで迫り上がる何かを耐えて、呼吸を整える。

 言葉より連想した光景が意識を揺らし、
 胸奥に疼く何かを熱い吐息と共に掌の内へ吐き出して]

(69) 2019/03/16(Sat) 19時半頃

【人】 弁務官 ジャーディン


  わかった、診る。
  本来検死など私の仕事ではないはずだが、
  そうも言ってられないんだろ。

  ついてきてくれ、シーシャ。
  今この船で、……ひとりは、拙い。


[鞄を掴んで、ふらつく足取りで扉へ。
 問いかけには背を向けたまま、>>55
 逡巡の間を以て、ゆるりと首を横へ振る]

(70) 2019/03/16(Sat) 19時半頃

【人】 弁務官 ジャーディン


  人狼……、私は、病かと思っていた。


[思い出すのは、昨夜、食堂での仲間との会話。
 傲慢だと交わした言葉も脳裏に甦り、苦笑して]


  病ならば治せるもの……だともな。
  だがそれは、私の傲慢だったのだろう。


[扉を押し開く掌は未だ赤く汚れていて、
 拭き残した血の汚れに視線を落とし息を飲みながら。
 後は静かに、シーシャが後続しようがしまいが、
 迷いなく行く先は捕虜牢へと]

(71) 2019/03/16(Sat) 19時半頃

【人】 弁務官 ジャーディン

─ 廊下 ─

[うん、捕虜牢へ行くつもりだった。
 だったのだが、何故か死体袋を抱え、
 うろつくギリアンと出会うハメになった。>>60

 下っ端たちが妙に戦いて居るかと思えばこれだ。
 予想もつかない行動に呆気に取られたが、
 現場保存の観点などないだろう彼に小言も通じまい]


 ……食品貯蔵庫が遺体安置所になりそうだな。

 ニールが許可を出さない理由もなさそうだが、
 あれは、怒ると怖いタイプだと思うぞ。

 
[頭痛でも起こしたかのような口調で溜息を一つ。
 だが、診ることを望まれているなら放置もできず、
 とりあえずは食品貯蔵庫へと運ぶように指示をして]

(72) 2019/03/16(Sat) 20時半頃

【人】 弁務官 ジャーディン

─ 食品貯蔵庫 ─

[なんの因果かまた戻ることになってしまった。
 ニールの許可は得られただろうか。
 いや、得られずとも、他に安置する場所もない。

 検死が済めば海葬できるといい含め説得し、
 貯蔵庫で誰かを共にし麻袋の中を確かめようと紐解いて。

 その惨状に目を背け口元を覆った。
 肉の匂い、血の匂い、赤黒い染み、そして食事の痕跡。

 尋常ではない光景を前にした人間ならこうなる、
 そんなお手本のような反応は、恐らく見学者も同じか。

 手足の拘束、切り開かれた胸板。
 そこへ直接口をつけたのだろう食事を容易く想像できる、
 柔らかな内蔵や、心臓のない肉体──]

(73) 2019/03/16(Sat) 20時半頃

【人】 弁務官 ジャーディン


  恐らく、拘束が先だ。
  鬱血の痕が濃い、縛られ、身動きできなくされ、
  その後に血を流さなければこうはならない。


[千切れかけた腕と脚の鬱血を指差し、それから]
 

(74) 2019/03/16(Sat) 20時半頃

【人】 弁務官 ジャーディン


  切開痕も不慣れな者の犯行だろう。
  切り口は失敗の痕が見られる──
  拷問というよりは切開行為に慣れない切り損じ。

  刃は船長の喉を切り裂いたものより鈍く、
  少なくとも斧ともう一つ何かといったところ。

  ……だが、そうだな。


[並べ立てる言葉はどれも空虚めいていて、
 事実でありながら他人事のような響きもまた少し。

 現実から目を背けたかのような感覚のまま、
 サイモンを調べるに至って再び汚れた衣服や手足に、
 悲壮に満ちた曇った双眸を見学者へ向けて]

(75) 2019/03/16(Sat) 20時半頃

【人】 弁務官 ジャーディン


  内蔵を食った者と、
  サイモンを切り開いたものは別人だろう。
  人間の中身を食い荒らす鋭いものがあるなら、
  こんな拷問めいた行為をする必要はないと思える。

  私の見解はこうだ。
  人間がサイモンを殺し、獣が食った。
 

[鞄に詰めたシーツを取り出して、
 今はもう肉片でしかないサイモンを包んでやりながら。
 バラバラな手足を繋ぎ止める針も糸もなく、
 布で巻いて形だけでも人へと戻すことしかできない]
 

(76) 2019/03/16(Sat) 20時半頃

【人】 弁務官 ジャーディン


[不和の、不審の、不穏の、共鳴を避けていた。
 それは己の信念とは別の何か、
 防御反応であったのだろうと今更思いながら。

 シーシャを見て、ふっと息を吐く。
 疲れ切った顔のそれは妙に柔らかく届くだろうか]

 
  ……狩りを、するべきなのだろう。
  少なくとも自衛はするべきだな、絶対に。


[彼への答えを、いま定まったかのように。
 色濃い疲労を隠さずに、そっと、崩壊の背を押した*]
 

(77) 2019/03/16(Sat) 20時半頃

弁務官 ジャーディンは、メモを貼った。

2019/03/16(Sat) 20時半頃


【人】 弁務官 ジャーディン


  共存、依存、或いは主従──、
  関係性は不明だが敵対はしていないだろうな。


[懸命に思考を巡らせる姿は好ましく、>>97
 張り巡らせた緊張を僅かに緩めて柔らかく息を継ぐ。

 いい添えた言葉の意味は不和の種に為りかねない。
 けれどこんな時にすら腹を鳴らす彼ならば、>>98
 不審を芽吹かせることなどないのかもしれないが]
 

(128) 2019/03/16(Sat) 22時半頃

【人】 弁務官 ジャーディン

 
  私は、部屋で休む。
  暫くはなにも食えそうにないと、
  ニールに伝えておいてくれ。


[厨房で食事の支度しているらしき彼に、>>86
 頼むよりは自分で伝えたほうが早いかもしれないが。
 この場にいる理由が検死を終え薄れてしまえば、
 蒼白は白に近く染まり、体調は休息を訴えている。

 ふらりとした足取りは覚束なく、
 今日ばかりはギリアンの傷痕を気にする余裕もなく、
 伝言を残し寝台を求めて貯蔵庫を出るだろう。

 行き先はいつもの通り医務室──ではなく。
 単独行動を否定した言葉を口にした今、
 乾きを帯び、罅割れて、否定する感情が喚こうとも、
 衝動のままに自室へと向かうしかない]

(129) 2019/03/16(Sat) 23時頃

【人】 弁務官 ジャーディン


[すれ違うようにやってきた鑑定人へは一瞥のみ。>>110
 何かに怯えるような──それでいて揺れる瞳で、
 掠れた吐息だけを残滓とし、喉を鳴らして去った**]
 

(130) 2019/03/16(Sat) 23時頃

弁務官 ジャーディンは、メモを貼った。

2019/03/16(Sat) 23時頃


【人】 弁務官 ジャーディン

─ 自室へ ─

[船の揺れですら忌々しく、
 視界はどうも掠れてチラつく何かに舌打ちし、
 眉根も寄ったまま顔色は何時にも増して青白い。

 壁に手を付き進む脚は引きずるようだった。
 一夜にして塗り替えられた世界を移す双眸は揺れて、
 血玉の如き赤は伏せがちに自室へと戻り来れば。

 去りゆく背にひゅっと喉を鳴らして留まった。>>139
 こくりと喉を鳴らすも唾液は乾き、
 辛うじて届く会話の意味を考えようとしても、>>157
 疲れ切り、熱さに蕩けた脳は上手く働かない]

(162) 2019/03/17(Sun) 00時半頃

【人】 弁務官 ジャーディン


  …………。


[疑惑は膨れて破裂して、
 傲慢に人を裁いた人間もまた裁かれ、食われ、
 終わったあとの船には何がのこるのか、などと。

 のろりとした思考は底まで行き着くのが限界で、
 ハワードの姿が視界から消えれば重い足を引きずり、
 扉を塞ぐグスタフの横を、一言述べ、通ろうとして。
 
 寝台を目にした安堵のせいか、
 くらりとした目眩に耐えきれず視界は歪み、倒れ込む。

 受け止められたのなら腕へ、そうでないなら扉へと]
 

(165) 2019/03/17(Sun) 00時半頃

【人】 弁務官 ジャーディン

 
  すまない、……2人は流石に疲れて、な。
  休ませてくれないか。


[サイモンを診たせいで汚れた格好はそのままで、
 拭いはしたが、手も服も血で汚れている。

 ”病”を治す手段を探す為に乗船したのだと、
 過去、言葉にして伝えたことがある人間は彼にだけ。

 連続して死体を検めた疲労は重く、
 普段が普段だけに、弱みを晒す躊躇いはあれど、
 ひとりで居ることもできない現状で選ぶとするなら。

 彼にだけだ。
 彼だからこそ、……もしかしたら、まだ]

(167) 2019/03/17(Sun) 00時半頃

【人】 弁務官 ジャーディン


[瞼を鎖して息を吐く。
 火照った何かを、抑えきれず逃すように**]
 

(168) 2019/03/17(Sun) 00時半頃

弁務官 ジャーディンは、メモを貼った。

2019/03/17(Sun) 01時頃


弁務官 ジャーディンは、メモを貼った。

2019/03/17(Sun) 01時頃


【人】 弁務官 ジャーディン

[崩れ落ちる刹那に揺らめく記憶の断片は、
 ひどく過去のもののように感じて双眸が揺らぐ。

 伏せた瞼の内側で爛々とする紅は未だ陰りを帯び、
 届く声音に留められて、肺に貯まる息を吐き。>>170

  熱い──喉が焼けるようだ。
  乾いた──潤いが欲しい。

 辛うじて踏み留まっていた沼の淵の足元を崩され、
 一度知らされてしまった甘露の記憶は、
 遠ざかる縋った何かより生々しく焼き付いたまま]


  ……ふ


[腕に支えられた安堵に肩を震わせ、笑う。>>171
 俯いて震える己が滑稽で笑いは収まらず、
 眼前の肉に意識が眩んでも尚、唇は歪んで苦く笑うのみ]

(214) 2019/03/17(Sun) 12時頃

【人】 弁務官 ジャーディン


  情けないな、私は。
  病を治すどころか、こんな有様では……


[その呟きは震えて力なくとも、
 小さな燈火として胃に落とし衝動を未だ留めて。
 見下ろすグスタフを見返す双眸は、>>173
 ただの紅のまま、温厚な光だけを讃えて彼を映している]

(215) 2019/03/17(Sun) 12時頃

【人】 弁務官 ジャーディン

[熱に魘され、夢に溺れ、>>172
 物資に乏しくなれば知りうる限りの知識を尽くし、
 寄港予定がなくとも船長に詰め寄り、説得までして。
 
 病と戦ってきた過去は、己の目的に沿ったから。
 誰かの為ではなく、己の為だ。
 少なくとも自己犠牲の精神を持ち合わせてもいないし、
 グスタフのように誰かの無念を晴らす為など、
 真っ直ぐで崇高な意思があったわけでもない。

 だから、熱病に臆さず専心した治療も、
 悪夢に魘された夜に暖かな薬草茶で沈め、
 彼が自然な眠りに落ちるまで付き合い続けた夜も。

 己の目的である病の研究と人間観察の線上、
 それだけの理由でしかなかった筈だ──筈、なのに]
 

(216) 2019/03/17(Sun) 12時頃

【人】 弁務官 ジャーディン


[不思議と彼の前でだけは、
 安らいで要られたのに気付いたのは何時だったか。

 物心ついた頃よりの自覚から幾年も懸命に抑え続け、
 張り詰め続けていた気を緩めても、
 業病に落ちる懸念を、彼の前だけは抱かずにいれた。

 ───そして今、その彼を選んでここにいる]
 

(217) 2019/03/17(Sun) 12時頃

【人】 弁務官 ジャーディン


  ……グスタフ


[疲れた言葉と共に寝台へ視線をそらした。
 運んで貰えばのろのろと汚れた服へ指を這わせて、
 ゆっくりとした仕草で脱ぎ捨てていく]


  私は、病だと思うか


[問いかけは、傍にいるだろう彼を見上げて。
 未だその瞳は、穏やかなまま**]

(218) 2019/03/17(Sun) 12時頃

弁務官 ジャーディンは、メモを貼った。

2019/03/17(Sun) 12時頃


【人】 弁務官 ジャーディン


  誰かの 命を うばう ……


[誰か──人間の、命を、奪う。
 繰り返した言葉が谺し、鈍い思考を満たし、
 伸ばされた掌に誘われるように顔を上げて。

 翳された影に紅の双眸が陰る。
 逃れもせず撫でられて、
 その掌に柔らかな髪の質感を返し唇を歪ませた]

(251) 2019/03/17(Sun) 18時半頃

【人】 弁務官 ジャーディン

 
  人狼が、この船にいる。


[唐突だったことだろう。
 震えた声音は未だ残滓として残ったが、
 伸ばされた掌を縫い止めるようその手首を掴む。

 海兵だった男と違い、医療器具を扱う細い手で、
 ぐ、っと掴んだまま話さず、唇は歪のまま。
 ただ影がおちた双眸だけが揺れて、
 まるで、泣き出す前の子供であるかのように]

(253) 2019/03/17(Sun) 18時半頃

【人】 弁務官 ジャーディン


  私が癒やしたい病は、
  人狼……獣に染まる病、だった。


[病を自覚してより、人の側には寄らず。
 線引をして自制できるまでは孤独に過ごし、
 その時間を全て治療への情熱として注いで生きた。

 常に新しい治療を模索し続けて、
 その治療を試す相手を探して海賊船にまで乗って。
 海上ならばたったひとりの船医に頼らざるを得ず、
 陸では他に逃げられた患者も得られ、知識も積めた。

 つまりは、たったそれだけの関係だったはずだ。

 けれどこうして胸に閊えていた言葉を、
 訥々と語り出してしまっている理由など一つきり]
 

(254) 2019/03/17(Sun) 19時頃

【人】 弁務官 ジャーディン


[この状況でも尚笑顔を浮かべる男の善性に、
 眩んで、挫け、強く惹かれたのだと自覚した。

 それこそ傲慢だと言いのけた人間の眩さに、
 その側でありたかった、自ら堕ちた己の昏さに、
 歪にした唇から嘆息めいた吐息を吐き出して]

 
  治したかったんだ。
  ただ……それだけ、だった。


[未だ拭えずにいた血に汚れた手指に、
 一見、力など籠めていないように見えるだろう。
 
 だが、膂力というものから程遠く、
 治すためだけのものであった白くて細い手指は、
 捉えた獲物を逃さず留め、己へ引き寄せすらして]
 

(256) 2019/03/17(Sun) 19時頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:ジャーディン 解除する

処刑者 (4人)

ジャーディン
12回 (6d) 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.164 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび
下記の場所以外では、人狼議事内キャラチップ
の利用を許諾しておりません。ご了承ください。

議事総合トップ
人狼議事lobby
人狼議事morphe
人狼議事cafe
人狼議事perjury
人狼議事xebec
人狼議事crazy
人狼議事ciel

SoyBean
Sangria
@7korobi