人狼議事


258 夏合宿はじめました

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


メモを貼った。


季節巡回 こころは、メモを貼った。

2018/07/21(Sat) 23時半頃


季節巡回 こころは、メモを貼った。

2018/07/21(Sat) 23時半頃


[懐中電灯は何処かで落とした。

窓が無ければ月明かりも入らない
無個性の世界には非常ベルの赤ランプすら無く。

少しづつ、少しづつ。闇に閉ざされていく閉鎖世界
至近距離からあの声を聞いた瞬間、
視界の全てが黒に塗り潰された。]


[きっと、様々な面で考えが甘かったのだろう。

ホンモノを求めるあまりに、
収集した情報の何割かを偽りと切り捨てた。

とても楽しいことなのだからと、
大人には許されないイベントを企画した。

遭遇することを願っていた癖に、
部員達を連れてきた。

自分達の前に現れる霊がいるのなら、
どのような種類か思考しなかった。

彼らが害を与えられる可能性を真剣に考えなかった。

一人で来るべきだったのだと今なら分かる。
それならば、こうなることも受け入れられたのに。]


[自分のせいで周りの者が────……そんな可能性。

まるで、あの頃に戻ったようだ。

巡る後悔と過去の想起は僅かな時間
すぐに意識が闇の中に落ちてゆく。]*


──── 校舎・廊下 ────

[無人の廊下──視聴覚室から少し先に懐中電灯が転がる。

それは何の前触れも無く、宙より出現し落下した。]

  ……戻って来た?

[すぐ傍らに立つ男と共に。

しかし、仮に誰かがやって来たとしても
見つけるのは落とし物だけ、その姿を見ることは無い。]*


メモを貼った。


【人】 季節巡回 こころ

[すぐに電源が落ちてしまったスマホ。
七海からのメッセージ>>8>>10を受け取る事はできなかったのだけれど。

七海や麻衣と、偶然お互いが目的とする場所の方から移動していたものだから。
遭遇できたのは、わりと必然だったのかもしれない。]

[だけど。
相手は、百均の懐中電灯とスマホの頼りない灯りで。
麻衣も足音を立てない様に気を付けていた>>20からか。
曲がり角、人が出てくるとは思わなくて。]

 ひゃっ!

[出会い頭、少し大きな驚き声が出てしまったのは、許して欲しい。]

(21) 2018/07/22(Sun) 20時頃

【人】 季節巡回 こころ

 あっ。七海、麻衣!
 ……無事で、良かった……。

[二人の無事を確認できた安堵からか、少し項垂れて、二人の腕を掴もうと腕を伸ばしつつ、息を吐いて。
けれども。]

 ……横戸先輩……は…?

[続いて、姿が見えない横戸先輩の行方を問う。*]

(22) 2018/07/22(Sun) 20時頃

【人】 季節巡回 こころ

[そっちこそー、に眉を下げて、仄かに笑み>>31。]

 ごめん。

[そう謝罪するけれど、その笑みも一瞬のもので。]

 天宮君、は……。消えちゃった。

 一度、見失っちゃって。
 だけど、階段の踊り場の鏡の前、
 赤い瞳の少年と居る所、見つけて。
 逃げよう、って、腕引っ張ったんだけど。
 逃げろ、って、強く押されて。

 顔上げたら、天宮君、居なくて。

[声が喉に貼り付いた様で、上手く喋れなかったけれど。
状況を告げると、彼の残したiPhoneを見せる様にして。]

(33) 2018/07/22(Sun) 21時半頃

【人】 季節巡回 こころ

 みんなに危ないって知らせなきゃって。
 天宮君助ける方法探さなくちゃって。思って。
 部長と麻衣は、何か考えないかなって。探してた。

 ……えっ!?

[けれども。視聴覚室であった事を聞けば、愕然として。]

 七海と麻衣、無事で、良かった。けど。
 部長、が……?

 ……わ、わた、わたし、行ってみる。視聴覚室。
 だって、まだ間に合うかもしれない。

[天宮君の時と同じならば、もう、横戸先輩も姿を消してしまっているかもしれないけれど。
まだ、無事だったら?

とても怖くて、怖くて、泣いてしまいそうで。だけど。]

(35) 2018/07/22(Sun) 21時半頃

【人】 季節巡回 こころ

 麻衣が落とした懐中電灯、
 あったら、取ってくるから。

(36) 2018/07/22(Sun) 21時半頃

季節巡回 こころは、メモを貼った。

2018/07/22(Sun) 22時頃


【人】 季節巡回 こころ

[大きな声>>41に、びくりと肩を震わせて。
それから、涙がぽたり、零れた。]

 でも、先輩、一人にできないよ。
 先輩、幽霊に会いたいって言ってた。けど。
 怖い思いしてるかも、しれないし。

[自分の感覚で考えたとしても、私とは色々と違うひとだから、それは分からないけれど。でも。]

 心配、だもん。
 
 私も消されちゃうかもしれなくても、
 一人にするのはいやだ。
 一人ではどうにもならなくても、
 二人なら何かできるかもしれないし。

[私は足手纏いになる可能性も、あるけれど。]

(52) 2018/07/22(Sun) 22時半頃

【人】 季節巡回 こころ

[続く提案>>44には。]

 うん。七海と麻衣と櫛谷先輩は、そうしてほしい。

[なんて、眉を下げて笑んでみる。
だって、三人には絶対、無事でいてほしいもの。]

(53) 2018/07/22(Sun) 22時半頃

【人】 季節巡回 こころ

 ごめん。 私、行くね!!
 櫛谷先輩、二人を、お願いします!

[そう言って一人、懐中電灯の
灯りだけを手に、真っ暗な廊下を走り出す。]

[回した手をぐりぐりっとしてくれた事>>40
私を心配して、怒ってくれたの、とても嬉しかった。
それなのに。
もっと心配かけること、して、ごめん。]

(55) 2018/07/22(Sun) 22時半頃

【人】 季節巡回 こころ

[真っ暗な廊下は、どこまでも続く様な気がしたけれど。]
 横戸先輩ーー!!
 無事だったら、返事して下さい!!

 ……幽霊は、居ても返事しないで。

[などと、名を呼びながら駆けていれば。
視聴覚室の手前、転がっている懐中電灯を見つけて。]

 これ、麻衣の。 

[手を伸ばし、それを手に取った、その時。]
 
[チャイムの音が、聞こえ気がした。
深夜の校舎で、チャイムの音を聞いた人は――……。**]

(57) 2018/07/22(Sun) 23時頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:こころ 解除する

処刑者 (5人)

こころ
21回 (5d) 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.187 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび