人狼議事


268 Werewolves of PIRATE SHIP-V-

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


/*
どちらも難しいよな。

4d生きてたら誰かに喧嘩ふっかけようと思ってた脳筋だったな。
殺し合いは楽しいものだ。そして襲われるのもまた良きかな。
目の前に焼き鳥があったら食わずにいられねェ。そういうもんだよな。


/*
ザーゴとフェルゼはなんか色々と似ているような気がして似ていなくてやはり似ている気がする。


/*
グス君
商人の本気出しちゃうよ〜
1.ウェディングドレス(正統派)
2.メイド服(クラシカルメイド)
3.チャイナ服(エキゾチックでいいよね)
4.町娘ワンピース(ドイツのディアンドルみたいなやつ)
5.王宮の姫衣装(コルセットで締めてふわふわのスカート)
6.白ワンピース布(ヴィーナス像が着てるようなやつ)


/*
俺とザーゴの噛み合わなさは
理系と文系というところだと思っているよ……


/*
フェルゼ
2を振るが全部に決まってるだろ。
日替わりジャーディンランチ(語呂が良い)。
最後の日はありなままな。

>>*87
わかってしまったか……。
アンタみたいな察しのいい坊やは推せるぜ。


/*
理系と文系わかりやすい例えに頷く俺。
メイド服が好みらしい。冥土の世界で思う俺。


/* 目を離した隙にジャーディンがメイド服に


/*
どっちが理系で文系がすっごくワクワクするんだが。

>>*88
それはご褒美ということだろ。俺は体格いいつもりだったしなァ。

どうだろうなァ。
イヤイヤに俺はうんうんしつつ幽霊になる準備も始めねばなるまいてて。


/*
>>*89
俺も拝む(拝む)
愉悦にわかるとしか言えない。今度美味い酒を飲もう。
のんびりしてたらすごい時間だな。色々考えたりしてこよう。


/*

なんということでしょう。
一言突っ込まなくてはと。

さーーてどうすっかな。


【人】 肉屋 ニール

 ピスティちゃん驚かないのね。

>>112むしろ、どことなく落胆しているかのようにも思えたほど。
 あっさりと受け入れられたのは、安堵でもあり、拍子抜けでもあった。]

 あぁ、それよりお腹空いたでしょう。
 これからどうするにしても、空腹じゃ頭も回らないし体力だってなくなっちゃうわ。
 昨夜のシチューと、鶏とイモ団子のスープ、どっちがいい?

[勿論、両方だっていいのだと伝えながら、ゆっくり鍋を掻きまわす。]

(122) 2019/03/18(Mon) 23時頃

【人】 肉屋 ニール

 そうそう、あたしもちょっと気になってたのよ。
 若い子たちが、なんか騒がしくしてたでしょ、そのわりに誰もごはんは食べに来ないし。
 もし敵が来たとかだったら、副船長とかからの伝令くらいありそうじゃない?

>>121シーシャに同意示しつつ、自分も食事をとらねばと、スープを椀によそって]

 ……って、ピスティちゃん?!

[いま、「副船長を殴りに行く」>>120と聞こえた気がした。]

(126) 2019/03/18(Mon) 23時頃

 ―――ハ、何してんだよ

[――近くで、カトラスが落ちる音を聞いた。

男はそこに立ち、見下ろしていた。
さっきまで見上げていた男を。
その顔に表情はなかった。]


[男は気付いたらそこにいた。
床に転がる自分と、寝台に転がる男を見ている。

奪えるはずの物を奪わなかった。
容赦なく宝を奪うのが海賊だと言うのに。


ガストンは、全てを奪いきらなかった。]


[そこに不満がある訳でもない。
奪う側に権利があるのだから。


ガストンが奪わずにいたせいかどうなのか。
立っている男の右腕には、義肢がついていた。
今の体には、ガストンに付けられた傷はないのに、
その義肢には生々しく戦闘の痕が残る。

装甲は所々凹み、抉れ、何度となく男の危機を救ったのだと刻まれている。
その腕を見て、男は溜息をついた。]


 直すやついねぇのに、どうすんだよ、これ

[だが、そんな常態でも、
試してみたら、錐は引っ込んだ。
それは注文通り、丈夫に出来ている。


きっと作った奴の自信作なのだろう。*]


― 11号室 ―

[戦いの終わった"元"部屋に俺は座っている。
気に入りのハンモックはちぎられちまったから、
仕方ない。

ガストンは結局、カトラスを外した。
あいつは、壊さなかった。
あいつは、あいつのままだった。

それでいい。
だって、"強く"なったあいつはすごくおかしかったしな。
手に入れたばっかの力に溺れて、
すごく偉そうにしやがって、さ。
なんていうんだ、こういうの。
こけこっこ?

え?お前もだって?
聞こえねぇな。]


[あいつは仕方がないとか、
俺のせいじゃないとか言ってたけど、
そうじゃねぇ。]

 認めちまえよ。
 作りたいのも、壊したいのも、お前だろ。

[で、思い切り生きやがれ。
人の身体を食っといて、さっさと死んだら許さねぇ。

だから、聞こえてきた声にはべー、だ、べー。]


[シーシャもニールもエルゴットも、
生きててくれた方がそりゃあ気持ちがいい。

エルゴットなんてずっと変な人形もって、
水も浴びねぇし爪噛みまくる不気味ちゃんだったが、
家族だなんだって懐いてくりゃあ、な。
悪い気はしねぇもんだ。
俺は高いところ苦手だったから、
見張りしてくれんのはすげぇ助かってたしな。

でも、だめだ。
教えねぇ。]


[それにしても、ガストンは中々戦える奴だった。
お上品じゃあなかったけどな。
結局、俺が知らなかったってだけなんじゃないか。
ずっと同じ部屋にいたのに。

ヒューの事もそうだ。
ずっとやり合ってたが、
あいつの腕前くらいしかまともに知らねぇ。
初めてまともに知りたくなったのが、
死ぬ前だったなんて、な。

人生なんてそんなもんなのかもしれない。
いつ最後の時がくるかわかりゃしない。
最後の時くらい笑っておわれりゃ良かったんだが。
中々そういうわけにはいかないらしい。

ああ、ザーゴとはそんな感じだったな。
あいつには大分世話になったから、
礼を言っとけて良かったんじゃないか]


[なんだかんだ考えてたら、二人目のヒューが現れた。
自分の身体をつっついている。]

 いいだろ、傷は男の勲章っていうじゃねーの。

[なんて、後ろから声かけてやったが、
驚くだろか?]*


[自分の死体の隣に立ったまま、歪になった義肢を見ていると、
後ろから、声がした。
振り向いたら、変な奴が座っている。

顔を見ればすぐに、眉間に皺が寄った。]

 ………お前、いつから。

[驚きはしない。この状況を、頭でなんとなく理解していた。

コイツは突然現れたんではなく、ここにいたのだ。
見えなかっただけで、止められない戦闘を、見ていたのだろう。

問題は、男がヌヴィルの死を確認した勢いのまま、ガストンに殴りかかった事。
それが知られるのは、どこか居心地が悪い。

なお、言葉はあえて無視した。*]


【人】 肉屋 ニール

 船から逃げ出すですって?
 陸地が近いなんてあたし初めて聞いたけど、そうなの?

 ……だとしても…………。

>>133我先に、だなんて。
 怒りや苛立ちより、呆れのほうが強く、かなり派手に溜息をひとつ。]

 分かったわ、おイモのスープね。

[それから、ピスティオに、鶏とイモ団子のスープをよそる。]

(139) 2019/03/19(Tue) 00時頃

【人】 肉屋 ニール

 え?
 あぁ、だってピスティちゃんが、副船長を殴るとか言い出すもんだから。
 一体どうしたのって、驚いちゃったのよ。

>>135手を止めるピスティオに、理由を説明しながら、シーシャとエルゴットの前にもスープの椀を置く。
 自分も今のうちに少し食べておこう。

 それから、少し声を潜ませて]

 ……ピスティちゃん、もしかして何か知ってるの?
 まさかとは思うけど、副船長のこと、人狼だって……

[ありえないと思いたいが、あの副船長なら、船長の隙をつくこともできるかもしれない、とも思うから。
 ひどく困惑した声で、問いかけた。*]

(140) 2019/03/19(Tue) 00時頃

[振り向いたヒューは驚いちゃあくれなかったが、
ああ、すげぇいい顔だ。]

 さぁ、いつからだろな?

[ずっとお前のケツ追っかけてた。
なんて言いたかねぇ。]

 やっぱお前、つええじゃん?

[敗けたけど。
いや、そういう意味じゃない。
俺のモノサシにゃ強いかどうか位しかないのがいけない。
ちくしょう、伝わらねぇ。

お前がお前のまんまだったって事が言いたいんだ。
ちくしょう。]*


【人】 肉屋 ニール

 ええ、分ったわ。
 こっちのお椀はとっておくから、行ってらっしゃい。

>>138ヒューとガストンのところへ行くというシーシャのため、一度出したスープのお椀を、さげておく。
 これはシーシャ用だと、何か印をつけておこう。]

(141) 2019/03/19(Tue) 00時頃

メモを貼った。


[無視したせいか、質問ははぐらかされた。
だが、知ってる。
それはだいたい男の都合が悪いところも見てるって顔だ。]

 あぁ、お前とキルマーク争う程度にはな。

[謙遜など不要、海賊は力を誇示する生き物だ。
強さには躊躇うことなく肯定で返す。

敗けたけど。
敗けたから、ヌヴィルと話しているのだけど。]

 ………で?
 強いから、何だ?

[何が言いたいのかわからないと、義肢を擦りながら解せない会話の続きを促した。**]


メモを貼った。


【人】 肉屋 ニール

 ムカついたからって……。

>>144本当にそれが理由なのだろうか。
 けれど、あまりに事も無げに言われたもので、それ以上の追及は今はできなかった。
 かわりに、少し派手に肩を落とした。]

 ピスティちゃん……エルゴちゃんやシーちゃんもだけど、あんまり単独で、危ない真似するんじゃないわよ。
 フェルちゃんの言ったことが本当なら、この船にはまだ3人も、人狼が潜んでるってことなんだから。

[逃げ出したというボートに、人狼が乗っているとは、到底考えにくいし。]

(150) 2019/03/19(Tue) 00時半頃

【人】 肉屋 ニール

[一体、どこに潜んでいるのだろう。

 ……あれっきり、ヌヴィルからの返事はないし。
 やはりあれは、自分に都合がいい空耳だったのか、それとも答えられないことなのか。

 考えながら、スープを口に運んだ**]

(152) 2019/03/19(Tue) 00時半頃


[ ふつり、――浮上する。
 眠気まなこの視界はぼんやりと曖昧だ。
 状況が分からないまま首を傾げていた ]

  此処は、何処だ……?

[ 辺りを見渡す。
 弾丸の跡があちこちに残る室内。
 それ以外は見慣れた部屋。

 放心したまま、視界に金色を見て ]

  え……はァ……? 俺、か……!?

[ その体越しに見つけた自分の体に目を見開いた。
 状況が読めないまま混乱して視線を泳がす。
 涙を流し懸命に応急手当てを施す友の背を見た ]


情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:ニール 解除する

生存者
(5人 0促)

ニール
12回 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.132 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび