人狼議事


268 Werewolves of PIRATE SHIP-V-

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


/*
俺はあくまで思いついた案を出してるだけなんで、赤がやりやすいのが一番いいから、適度に無視してくれ。

今日は21時過ぎには着席、その前に一撃したい(希望)ってあたりなんで、
俺の昨日のラス発言以降の展開はガストンが確定で進めといてほしい。
こっちはガストンの負傷状況が変わらない程度の返しの予定だ。

じゃぁな**


/* はよ、言葉がおかしかったから追記
の「進めといてほしい」は「進めて構わない」って意味合いだから、「進めとけよオラ」ってやつではない。
方針相談やリアルも大事なんで無理せずにな。

んじゃ、今度こそ**


/*
色々考えてたんだが時間がなさすぎた!
ジャーディンもごめんなと思いつつお昼くらいになんか言えたら!


 ―フェルゼの裏工作―

[サイモンを、船長を、殺してしまった時点でもうどうしようもないのは分かっていた。

 ガストンが目覚め、立ち去った後。
 慌てて甲板に上がってきた船員達を前にして
 ハワードに話しかけた。


  「この船に人狼が居るのは決定的だね。
   そう言えば、武器庫に緊急避難用の簡易ボートが何台かあったし
   丁度船も赤谷諸島を通り過ぎるところだから
   青島が見えてくる頃合な筈……」


[直接言ったわけではない。
 しかし、ただそれだけでも
 人狼騒動で不安定になっている船員を煽るには充分だった。
 ハワードが更に彼らに声を掛ければ盤石だ]


  「ああでも、あのボート、数が少ないんだよね……」


[船員達は我先にと武器庫からボートを出し
 第一甲板に運び上げる。

 “ボートで外に逃げられるらしい”
 “早い者勝ちだ”

 そんな言葉を周囲の者に伝えながら。


 丁度ザーゴ、ピスティオ達が下に降りるのと入れ替わりの形で
 第一甲板にボートが揃う]


[その後、何が起きるか。
 数少ないボートのパイを奪い合う、殺し合いだ。
 仲間は大切だ。共に生きてきた。
 殺したくなんかない、そんなことはしたくない。

 しかしそれすらも飲み込むのが、恐慌という精神状態であり
 一人の警戒の動きに群れ全員が理由抜きに従い逃げる
 まさに野生動物を彷彿とさせる、動き。

 貨物船のでは被験動物による人狼実験が行われていた
 争いの周りを飛び回る鶏や兎達が人間を煽り
 野生化を促進する物質を感染させ、更に理性は消し飛ばされる]


[勝った者はボートに乗り込み
 負けた者は海に叩き込まれ。


 極限状態で、船の甲板の端に数多の血痕を残したまま
 惨劇の跡を残し、勝者は船を離れた]


[野生のような極限状態の殺し合いならば
 人狼に目覚めやすいのではないか。
 その目論見が成功したのかどうか、フェルゼが知ることはない。

 人狼に目覚めれば、ハワードの赤い一聲で、ボートでの脱出をやめてこちらに戻ってくるだろうし
 それなりに分の良い賭けとして仕掛けていたが
 残念ながら、覚醒した者はいなかったようだった]


[時間は少し巻き戻り、ハワードに話しかけた時間。
 慌てて駆け降りて行った船員を見ながら
 またひとつ、ハワードに対して呟く]


  『このやり方、何年前だっけ?
   あの時殺したのは、密告者だったね。

   ボートに穴を開けて、板で隠しているだけなのに
   追い詰められると気付けない。
   自分から出て行くから、皆の心にも優しい。
   相手を選ぶけど、便利な作戦を考えたものだね。

   ああ、そう言えば
   あのボートの残骸らしきもの、赤島に流れ着いてて
   海鳥の巣になってるんだってさ』


[ボートを得た勝者は
 沈みゆく船と共に、海の底**]


/*
生存組も大変だろうし
コレ表に貼ってください

ハワードが昔やった作戦でどーん
人狼実験で更に悪化中☆


/*
ガストンありがとー!

船が超軽くなってそう


/*
ブッカだブッカだ[ぶんぶん]

フェルゼ神様ありがとう。


/*
ブッカに滾るお昼時。
あとフェルゼ本当にすごい。(拍手)
体調に関してはごめんな。

赤側本当に大変だよな。
フェルゼは本当にありがとう。
なんか俺も出来ることあったら頑張りたい気持ち。

そして俺の顛末だが希望的には襲撃された方がやりやすくある。
というのも発砲しちゃってるのもアリ。
ジャーディンの希望も見えてるから出来うる限り応えたい気持ちもあるっちゃあるかな。
俺の遺体は好きなようにしてくれ。
とはいえジャーディン理由考えるの大変そうなら、喀血だとか何か適当な理由つけて死ぬのは出来るっちゃ出来るよ。


/*
これだけイキってた男が恐怖死のもなかなかにシュールで面白そうっちゃ面白いのかもしれねェ。
多分フェルゼ神のナイフの呪いとか何かとかで死んだら死ななかったりなんかその辺りは適当に色々出来る、ので、で。
だからジャーディンが本当に厳しそうなら言ってくれ。
夜にはなるが勝手にビビって死ねる時は死ぬ。**


/* 昼一撃、ロルはたぶん夜になる。

フェルゼはお疲れさん。これすげぇな…今なら船飛べるわ。
赤の負担、俺もデカくしてたと思うんで、ごめんな。
知恵出せって言われたら呟くだけはできると思う。**


/*
キャーブッカたーん!
無茶振り受けてくれてありがとうブッカたん

今気づいたんだけど
俺は宝物庫でヨアヒムと一緒に寝てたんだね……


/*
>>*41
やったぜ、ありがとう。
いいことってなんなんだと知的好奇心が刺激される中
楽しみにしてる!ありがとう。
だがアンタはアンタで楽しんでくれると幸い。
お互い出来る限り好きなようにやりあえたらいいなとは!

いや〜地上熱くていいな!
また赤の雰囲気が優しくてとってもいいと思います。**


/*
ヨアヒム
ギャアアアアアアアア(宝石を海の果てへ遠投)


/*
あ、でも投げるのもったいないな……

ヨアヒムが朝目の前で寝てる宝石なら
俺は全力でザーゴのベッドに添い寝させて
次の日の朝の絶叫が見たい


/*
ヨアフェルくっそw
ザーゴの枕元おいて!


─ 合間 ─

[幽霊は結構便利だ。
俺あての声ならどこにいても届くし、
ニールみたいな奴には大体どこにいても、
届けようと思えば俺の声が届くらしい。

幽霊と、ニールみたいな奴を連絡係にすりゃあ
便利な気もするが、
今までないって事はきっとなんか不便なんだろう。]

 おー、残念だったなー。
 俺についてくりゃぁ、
 そこそこ稼がせてやれたんだけどなー?

[シーシャの声に返事する。
まったく残念だ。
あいつがいればぶち壊すのも捗って、
キンキラキンキラ楽しい人生だったろうに。]


[誰に殺されたか?]

 そりゃあ、じんろーだよ。

[あれは俺の知ってるガストンじゃなかった。
ガストンの手は作る手、直す手だ。

壊すのは俺の役目だったってのに。]**


メモを貼った。


メモを貼った。


露店巡り シーシャは、メモを貼った。

2019/03/18(Mon) 17時半頃


[重てぇ
だから巨体を相手取るのは嫌なんだ。
後退るままに着いてきた事も悪手か。
ここはガストンの城だ。

ヒューが削り殺すか、それ共ガストンが突き殺すか。
どっちが早いなんて知れてる。
それがわからない程、馬鹿じゃない。

大人しく死んでやる気はなかった。
後の者に託すなんて殊勝な性格もしていない。
だからこれは意地で、八つ当たりだ。
奪い返せないのなら、最期に限界まで削り取るのだと。


やられて嫌な足掻きは、経験でこそ培われる。]


[与えた物は、傷と、死角と、疲労と、
―――隙

その仕上げに返してやる、人でなしの腕を。

ガストンと床の間で振るうカトラスは、いくら短く持っても致命傷など無理で。
ただ削る、薙ぎ、突き刺し、肉を削ぐ。
ガストンの右は、左目に負けないくらい真っ赤だ。
重力に従い、ヒューにもそれが降り掛かる。
宝石の赤より、見慣れた赤。

―――返り血こそ、RedWolfの赤に相応しい。]


[返り血だけが相応しいのに、
これほどヒュー自身の血が流れたら、意味がない。

腹から抜ける爪は一際深く刺さった。
臓腑を穿き、下手をすると骨をも。
もう起き上がる事すら出来ない。

仰向けで、ガストンを見上げながら、
手放したカトラスが男の右腕を狙うのを見た。]




 「――いい義肢、だったろ」


[二人で作り上げた義肢だった。
銃を仕込んでみたが、あれは鉛玉が重過ぎて駄目だ。
鈍器として使うから鉄板を厚くしろだとか、
やっぱり刃物がいいだとか、散々注文を付けて、
出来たのがコレだ。

約束した、今度はダイヤを付けてみると。
見つけたら持ってくるって言ったのに、ヒューはなかなか宝石を持ってこないから、なかなか適わなかったが。]


[そうだ。
コレはお前が作ったんだ。
お前のその手が作ったんだ。
狼の一撃に耐え得る、腕を。
だから、これは自慢の腕だ。


"奪いたいなら奪え"ばいい。
それが勝者の特権だ。]


 ―――――――――


[目は開いているのに、笑っているのに、もう何も映さない。

ただ遠くで、カトラスが落ちる音を聞いた、――気がした。**]


メモを貼った。


/* うっす。

昨日言ったとおり、俺の動きは白に置いてきたので終わりなんで(白から見えないところで生やすのもなってのもあって)、自己満足のソロールを投下した。反応不要だ。反応しようがない。
書かれたものにはやっぱり何らかの形で返したかったってだけだ。


ちらちらは見れんだけど、まとまった時間まではまだかかるな**


/*
の追記っつーかなんつーかアレだけど、
「白から見えないところで生やすのもなって」は、ガストンからかなりの時間もらってじっくり書かせてもらったんで、あれ以上足すのは蛇足だな…と思っていた、そんだけ。

言葉選び悪くて、申し訳ない。


情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:シーシャ 解除する

生存者
(5人 0促)

シーシャ
13回 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.164 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび