人狼議事


244 原罪の伽藍テーブル

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


【独】 白銀∴秘星 マユミ

/*
(わたし何味なんでしょう)(決めてなかった まったく決めていなかった……

(-2) 2017/04/09(Sun) 01時半頃

【独】 白銀∴秘星 マユミ

/*
あんまり甘くないとは思うわ。
雪ちゃんに隠れていたくらいだから。

……杏仁豆腐……?

(-6) 2017/04/09(Sun) 01時半頃

白銀∴秘星 マユミは、メモを貼った。

2017/04/09(Sun) 01時半頃


【墓】 白銀∴秘星 マユミ



 “フォークでも、ないくせに”


[それ>>4:74は、奇妙なほどにはっきりした断定だったけれど――わたしはその瞬間、不思議には思わなかった。だってここはケーキの場所。今その前提が崩れようとしていても、甘い香りが常に漂う、ケーキのための場所]

[“五体の損なわないものも疑え>>3:10
 そんな言葉が交わされていたことをもしも知っていれば、違和感を抱く事も出来たのだろうか。わたしはあのとき、痕が残る傷はひとつも負わなかったし、そのことはスタッフさんも知っていた。身体を隠したことはなく、夏服だって普通に着ていた]

[わたしは、疑われてしかるべきだった。
 呉羽さんが、疑心暗鬼のさなかに在ったのならば]

(+2) 2017/04/09(Sun) 02時半頃

【墓】 白銀∴秘星 マユミ

[次に問われたのは、わたしの味>>0
 ――求められているのはきっと、藤也くんが伝聞としてわたしに告げた>>3:83みたいな答え。フォークでなければ知り得ない感覚の話]

[見上げた黒曜>>1に、冗談のやわらかい気配なんてひとつもなくて、けれど呉羽さんは確かに、淡くとも――笑んでいる]


 ……ああ……


[このひとは、フォークだ。
 演技の可能性なんて考えもせずに、わたしはそう確信する]

(+3) 2017/04/09(Sun) 02時半頃

【墓】 白銀∴秘星 マユミ

[わたしと違う>>4:84、フォーク。
 きっと、犀川さんを食べたひと、もしくは“犯人”を知っているひと。
 わたしが見つけ出そうとしていたひと。
 ――わたしが、あの子を追憶する時間を損なった、その原因に携わっているひと]


 ……どうして。
 どうして、始めてしまったの。


[じわりと――情報が頭に染み入る中、回答を押し退けて、別の言葉が出て来てしまう。震えはなく、声は硬い。けれど、胸の内で渦を巻きだした感情が、どういうかたちを持っているのか、わたし自身が判らない。
 縋るように伸ばした両の指先は、片側に鋏を、その刃を向けたまま。
 傷つけるには弱く、掴むには邪魔になる、どっちつかずの状態は、わたしの心を模っている]

(+4) 2017/04/09(Sun) 02時半頃

【墓】 白銀∴秘星 マユミ


 どうして、呉羽さん。


[わたしの手から鋏を奪うのは、呉羽さんにとってすれば、きっと他愛もないこと。体格差を埋めるものなんて、何も持ち合わせていない。
 それでも警戒はできなかった。
 どうすればいいのか、なんて、いま考えられない、考えていられない]

(+5) 2017/04/09(Sun) 02時半頃

【墓】 白銀∴秘星 マユミ


[――呉羽さんの喉元で、淡く、杏仁の香り]*
 

(+6) 2017/04/09(Sun) 02時半頃

白銀∴秘星 マユミは、メモを貼った。

2017/04/09(Sun) 03時頃


【独】 白銀∴秘星 マユミ

/*
きっと雪ちゃんはココナッツ。

……おなかすいたわ……お好み焼き焼きましょう……

(-18) 2017/04/09(Sun) 03時頃

【墓】 白銀∴秘星 マユミ


 ……分かりません、わたし、には


[愉悦の滲む声>>*0に、否を唱える]


 “ケーキ”は、甘くておいしいもので
 愛していたから、誰にもやりたくなくて


[それだけならば、よく分かること。気付いてしまいそうな犀川さんを、おいしそうな犀川さん>>*1を、食べて――独り占めしてしまうのは、何の不思議もないこと]

(+12) 2017/04/09(Sun) 20時半頃

【墓】 白銀∴秘星 マユミ


 ――でも。
 わたしは、ここで止まってしまいたかった
 どこへも行きたくないから、ここにいたのよ


[偲ぶだけのつもりだった。
 藤也くんにしたようなことは、みんな、夢想で終えるつもりだった。
 それは、わたしがケーキでもあるが故に望み得た、別の答えだったのかもしれないけれど。そうでなければ、そのつもりがなければ、ケーキばかりで閉じられたここに来ることなんてなかった]

[我慢を、我慢だと思うことがなかったから、わたしはここに来たのに]

(+13) 2017/04/09(Sun) 20時半頃

【墓】 白銀∴秘星 マユミ


 どうして、呉羽さんは、ここに――、ッ


[来てしまったの、とは、言えなかった。
 掴まれた手首>>*2の軋む感触に、わたしの言葉は途絶え、鋏が床へと落ちていく。かしっと、床の傷つく音。体温を分かち合える距離で、呉羽さんの頭はわたしの首筋に預けられ、暖かく湿った感触が触れてくる]


[肌を震わす感覚は、きっと、情交にもあるのでしょう。
 でもわたしは、藤也くんに同じことをしていて――その、先は]

(+14) 2017/04/09(Sun) 20時半頃

【墓】 白銀∴秘星 マユミ


 っ、あ、ぅ……!!


[鋭い痛みに身体が跳ねた。
 呉羽さんの歯、だと思う、硬いものが食い込む度に、傷口は熱くなり、肩口をしどどに濡らすものが何であるか分からなくなって――あるところを境に、身体が指先から冷えていく。布越しのはずなのに、呉羽さんの身体がひどく熱い]

[――生命の、失われる気配]

(+15) 2017/04/09(Sun) 20時半頃

【独】 白銀∴秘星 マユミ

 
          ――雪ちゃん
 

(-34) 2017/04/09(Sun) 20時半頃

【墓】 白銀∴秘星 マユミ

[何を呼ぶ声も、音にはならなかった。
 あの子はもういない。
 嬉しいことも怖いことも、分かち合っていたい掌には、もう届かない]

[呉羽さんの掌を振り解こうと、無闇に暴れることはなく。でも痛みからは逃げたくて、身を捩り、背に回った片腕へ身体を押しつけ、掴まれていない片手で呉羽さんの服を握る。力を込めた。
 手先の感覚が薄れ、自然と、緩んでくるまでは]


[――わたしは泣くことも、怒ることも、笑いかけることもできずに。
 面に少しばかりの苦痛を映して――真っ白な闇が、全てを覆う]*

(+16) 2017/04/09(Sun) 20時半頃

白銀∴秘星 マユミは、メモを貼った。

2017/04/09(Sun) 21時頃


【墓】 白銀∴秘星 マユミ

[ぶちりと、肉の離れる感触>>*3――そこまでは、それと感じることが出来ていた。水音に混ざってひゅっと喉が鳴る。甘い香り。わたしの。杏仁豆腐に似た味わいは淡く、少しばかりの爽やかさを残して鼻を抜ける。それを“棘”と呉羽さんが感じたことは知らねども、きっと容易く飲み続けられるほど淡白でしょうから、美味しいと、そう言われること自体は何の不思議もなく]

[でも、焦点の合わない黒瞳を、呉羽さんのほうに向けた。
 どうして笑うの>>*4。
 残念だって、笑ってみせるの。
 生まれた疑問は氷解しない、応えは返らない――ああそもそも、もう問えていないのだもの、仕方のないこと。横たえられたこと、硬い平板の、呉羽さんの腕ではないものに触れて悟ったのが、最後の知覚]

(+30) 2017/04/10(Mon) 01時頃

【墓】 白銀∴秘星 マユミ

[振り下ろされたものの感触は、届かない。
 身体が揺れたのは突き刺す>>*5勢いによるもので、馴染みの、初めて振るうのではない凶器が肌を這うころには、震えることもなく、鼓動は弱く、漣のような感覚は意識を震わすことができず]


[――わたしのお腹から、ひとつ、欠けたものがあると知ったのは。
 わたしの身体を見下ろす意識が、宙に浮かんでからのことだった]*

(+31) 2017/04/10(Mon) 01時頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:マユミ 解除する

犠牲者 (4人)

マユミ
14回 (5d) 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.125 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび
下記の場所以外では、人狼議事内キャラチップ
の利用を許諾しておりません。ご了承ください。

議事総合トップ
人狼議事lobby
人狼議事morphe
人狼議事cafe
人狼議事perjury
人狼議事xebec
人狼議事crazy
人狼議事ciel

SoyBean
Sangria
@7korobi